ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時も笑顔といっしょ~

ハッピー介護トッシーのブログ。Webは「介護は今よりラク~にできる!」 https://happykaigo.jp/

嬉しいなぁ~! 懐かしいなぁ~!

2012年02月07日 | 施設の皆様に感謝

 toshiです。いつもありがとうございます。

 夜出かけて10時過ぎに帰って来たら、とっても嬉しいメールが届いていました。

 母が生前、大変お世話になった、デイサービスセンターの方からでした。

 「うわぁ~!久し振りぃねぇ~。懐かしいなぁ~・・・。」

 

 そういえば今日選んだカテゴリーは、「施設の皆様に感謝」 です。

 これって、本当に久し振りですね。

 一昨年の4月に母が他界してから、しばらくはこのカケゴリーでも書いていたことはありましたが、その後は先ず無かったと思います。

 本当に懐かしくて嬉しいメールをいただいたことで、また当時のことをいろいろ思い出しています。

 いやぁ~、本当にいろいろありましたね~。

 普段は頭から離れていますが、こうして何かのきっかけで、またまたいろいろ思い出すんですよね~。

 本当に有難かったですねぇ~。

 

 その方、以前お世話になっていた当時は、時々メールをいただいていたんですが、母が天国に旅立ってからは、そういったこともなくなっていました。

 今日パソコンの受信メール一覧の見慣れない表示に気づき、masaに、友達?って聞いたぐらいでした。

 でも、読み始めてすぐに分かりましたね。

 それが先ほど書いた、「うわぁ~!久し振りぃねぇ~。懐かしいなぁ~・・・。」 なんですね。

 メールアドレスも、表示名も、以前とは違っていたので誰だか分らなかったのですが、それもすぐに分かりました。

 つまり、以前は携帯電話のメールでしたが、今回はパソコンを購入されたということで、いろいろと違っていたんですね。

 う~ん、そういうことだったのかぁ~。

 

 当時、よく思ったものです。

 その方、ブログも読んでいただいていたのですが、よくも携帯電話で読んでいただいているなあ~って・・・。

 小さい画面で・・・。写真も小さいだろうし・・・。

 有難いなぁ~・・・。

 

 お蔭で、当時のいろんなことを思い出すことが出来ました。

 当時お世話になっていた施設の皆さんのことも思い出しました。

 本当に良くしていただいたなぁ~って・・・。

 勿論、母のこともですね。

 うん、いろいろとねぇ~。(笑)

 

 母が天国に旅立ってから、介護施設で笑いヨガをさせていただくことが多くなりましたが、利用者さんにお会いしていると、毎回のように母のことを思い出すんですよね~。ほんと・・・。

 中には母によく似た人もおられて、たまらなくなる場面もあるんですよ。 

 そして、ホント、私設の皆さんは大変だったんだろうなぁ~って思いますね・・・。

 母がお世話になった施設へは行っていませんが、頭の中ではいつもその施設のことが浮かんでくるんですよ。

 ホントに、有難かったですね~。

 感謝ですよねぇ~。

 

 写真は、母の90歳の誕生日にその方がくださった花に付いていたカードです。

 クローゼットのドアに貼ってある母の写真をバックに、先ほど写したものです。

 このカードを今でも持っていることを、今日いただいたメールの返信でお伝えしようと思います。

 まだ持っていたの~?なんて、喜んでもらえるかな~?(笑)

 ブログ更新したら、すぐにメールの返信をさせていただきまぁ~す。

 ありがとうございまぁ~す。

 

 今日はこれでおしまいで~す。

 いつもお読みいただき、ありがとうございまぁ~す。(toshi)

コメント (2)

母をお世話いただいた皆様に、改めて感謝しています!

2010年10月01日 | 施設の皆様に感謝

 いつもありがとうございます。toshiです。

 今朝、年に1回ほど回って来るリサイクル当番をやって来ました。

 今日は、ガラス類と紙容器でした。

 え~と、え~と・・・、今回は、「エヘン!エヘン!」 でしたよ(笑)

 ???って思われるでしょ?

 実は前回はすっかり忘れていて、電話がかかってきてから慌てて飛んで行った・・・という経緯があるんです。

 だから、今回は、「エッヘン!エッヘン!」 なんで~す。

  まっ、ちっとも自慢することじゃない・・・ですね・・・。

 

 早朝にこういうのをやってると、 もう、新鮮なことがいっぱい!

 普段味わえないいろんな楽しいことが体験できます・・・。

 ・地域の人たちと多く会える。

 ・一緒に担当するもう一人の人ともいろいろ話せる。この人とは、普段ほとんど交流がないので、とってもいい機会です。

 ・登校する小学生とも朝の挨拶ができる。みんな元気に挨拶できて、感心、感心。嬉しそうな笑顔の子供がいれば、いつも見んオッサンやなァっという顔しながら通ってく子供もいる。これがまた子供らしくて、なかなか楽しい・・・。

 子供は、みんなの宝!

 「いいぞ、いいぞ、イェ~イ!」 (笑)

 ・通勤する大人の人たちとも、勿論 「おはようございま~す!」

 私はこういう時、全く知らない人にも挨拶。にっこり笑顔で。(笑)

 元気に明るく挨拶すれば、ほとんどの人から 「おはようございます」 って返ってくる。これって、ミラ-効果かな・・・?

 「いいぞ、いいぞ、イェ~イ!」 (笑)

 年に1回ほどあるリサイクル当番。私は結構楽しくて好きですね。

 

 一緒にやっていただいたもう一人の方。初めはご主人でしたが、途中から奥様が交代して来られました。

 交代された奥様も、今日は出勤を1時間遅らせて出かけられるとか。

 以前は、介護施設で管理職をされていましたが、仕事がきつくて職場を変わられ、今はパートさんとして同業の施設で働いておられます。管理職時代は夜も呼び出されるなど、相当きつかったようです。

 「認知症の方も見えて、本当に大変だった。でも仕事だから職場を離れればいいけど、家で一緒に生活されている人はとっても大変だと思うわ・・・」

 話の中で、そんなことを語られました。

 私の家のことを意識して言われたのかどうかは分かりませんが、それを聞いた時、「ああ、そうか。私たちは、そういうことを家でやって来たんだ・・・」って単純に思いました。その時は、そんな程度でした・・・。

 

 ところが、今こうしてブログを書いていて改めて思ったことがあります。

 それは、母がお世話になった施設の皆さんのことでした。

 私たちの前に現れる皆さんは、このブログで何回も書かせていただきましたが、皆さんそれぞれが本当に明るく笑顔で対応してくださいました。

 その笑顔に、母をお世話いただいている私としては何かホッとし、ある意味、安心していたような部分がありました。

 母をお世話いただく皆さんのその笑顔で、どれだけ救われていたか・・・。

 「ああ、母は、なんとか、ここでやっていけてるんだ・・・」

 うまく表現できませんが、そういう笑顔に、甘えていたかもしれません。

 

 ところが実際には、皆さんの真の姿、働いている時の心の部分まで、私は見ていなかったな・・・と、今日感じました。

 送迎時に会う皆さんの笑顔だけを見て、働いておられる皆さんの本当に大変な部分を、全く見落としていたことに、今、気が付いたのです。

 あの笑顔に隠れた、皆さんの心の中までは見ていなかったなぁ~。

 いやいや、そんなことはない。ちゃんと分かっていたはずだよ・・・。

 う~ん・・・。

 管理職でありながら仕事がきつくて退職され、今は別の施設でパートとして働いておられるその方のお話を聞いて10時間以上経った今、このブログを書きながら、そんなことを思っています。

 今はただ、本当に有難かったなぁ~。感謝だなぁ~・・・。

 そんな気持ちでいっぱいです・・・。

 

 写真は、今朝、リサイクルステーションで写したものです。

 JRの踏切工事の為、車の通行量がめちゃ少ないお蔭でとっても静か。

 立ってる男性は、そろそ来る小学生を待つ地域サポーター。

 最近は、近くにあるリサイクル品集積施設「エコドーム」に持って行かれる人が多くなり、ここを利用される人がめっきり減少・・・。

 そんなこんなで、予想に反して、とっても静かで落ち着いた今日のリサイクル当番でした。

 静かなお蔭で、トントン、トントン・・・と心に響いた小さなサインに、何とか気付くことができました。

 良かったです。こういうことに気付いて・・・。

 ブログ書くことで、学ぶことって、とっても多いですね。

 

 今日もお読みいただき、ありがとうございまぁ~す。(toshi)

コメント

大きかった! ショートステイ施設の存在

2010年05月14日 | 施設の皆様に感謝

 toshi & masa のブログ、ついてるついてるハッピーライフへようこそお越しくださいました。

 いつも、ありがとうございます。

 写真は、ショートステイ施設利用時の母のコラージュ写真です。

 これは、「チェリービラ広見苑」 さんの職員の方が、通夜の会場に持って来られた物で、会場スタッフの方がコルクボードに貼って、入り口近くに設けられていた写真コーナーにきれいに飾ってくださいました。

 これを持って来られた若いスタッフの方々にお会いした時、いつも親身になってお世話いただいた方ばかりでしたので、それまでのいろんな光景が脳裏に浮かび、胸にジ~ンとこみ上げるものがありました。

 それにしてもこの写真、母が亡くなったという知らせを受けてから急いで作ってくださったことを思うと、そのお気持がとても嬉しく、もうそれはそれは感謝ですね・・・。

 お心の込もったコラージュ写真を、本当にありがとうございました。

 

 いつも安心して利用させていただきました

 チェリービラさんでも、デイサービスセンターの幸の里さんと同様、いつも親切に対応していただきましたので、いつも安心して利用させていただいておりました。

 ショートステイの場合、施設への送迎は自分たちで行うことになっていましたので、施設のスタッフの皆さんとはよくお会いすることができました。更に、施設の中まで入っていくことも多かったので、母が実際に過ごす場所や利用者の皆さんの様子なども分かり、結構、施設での生活をイメージすることは容易でした。

 親切で優しいスタッフの皆さんや、とっても素晴らしい環境の施設でしたので、いつも安心して母を預けることができました。

 私達は、母がお世話になっている環境全てに満足していました。

 

 多かったショートステイの利用 

 母がショートステイを利用する期間は、3~4日間が多かったですね。中には1泊2日、そして急な用事でどうしても預けなくてはいけなくなった日など、無理をお願いしたことも何回かありました。

 このようにショートステイを利用させていただく時は、まず、masaの都合が悪い場合が多かったですね。勿論、私の都合も悪くて利用させていただくこともありました。

 私たち二人は何かと忙しく動いてましたので、土日などを主に、ショートステイを利用させていただくことが結構多かったです。

 振り返ってみると、ショートステイのような施設は、私たちの生活にはなくてはならない存在でした。

 本当に有難かったですね・・・。

 

 利用しながら悩んでいたことも・・・

 こういう生活をしていて、正直な話、ふと悩むこともありました。

 ケアマネージャーさんから発行される 「サービス利用票」 や手帳を見ていて、気がついたら日曜日がほとんどショートステイで埋まっている・・・。そんな月があった時など、

 「日曜日には、もっと、家で母と一緒に過ごさなくては?」

 そんな気持ちが、ふっと頭に浮かんで来ることも・・・。

 そのことを masa にちょっとだけ話したこともありましたが、その直後には、それは masa には酷な話だなと思いました。

 それを耳にした masa の表情を見て、現実、どうすることもできないことで辛いと思う、そのことが痛いほど感じられたのです。

 

 こんなに良くやってくれてるのに・・・

 そうなんですよね。

 masa は、本当に良くやってくれてるんですよね。

 月の大半、平日はずっと。しかも、毎日忙しい中で、本当に良くやってくれてるんです。

 そのことに対しての感謝の気持ちをどっかにやってしまって、たまたま見たその月の土日の状態だけで不満を漏らす・・・。

 イカンイカン・・・。

 施設を利用している土日でも、仕事であったり、ボランティアであったり、なんら自分だけの娯楽のようなもので時間を使っているわけではないんですね。

 それなのに、つい不満が出てしまった自分を反省しました。

 私自身に用事がない時であっても、masa の都合でショートを利用したことも多かったですが、これなどは、私に余り負担をかけないように・・・という、masa の気持ちからだったと気がつきました。 

 

 なくてはならない施設でした

 自分たちの生活をちゃんと維持しながら、母を家で看る・・・。

 私たちの場合は、どちらかと言えばそんな考えでやってきました。

 そのお陰で、母と接する時は、そのことをちゃんと受け入れて、前向きに、そして、「母のお仕事」 という(私の)意識改革以降は、本当に楽しくハッピーにやって来れたように思います。

 今思えば、すべて母のために自分の時間を使っていたとしたら、このブログは生まれなかったかもしれません。

 私たちが認知症の母とハッピーに暮せたのは、ショートステイやデイサービスなどの施設を利用させていただいたお陰だと思っています。

 その意味で、ショートステイ広見苑さん、幸の里デイサービスセンターさんは、私達にはなくてはならない存在でした。

 ケアマネージャーさん、ヘルパーさんも全く同様ですね。

 母をお世話頂きました皆様には、本当に感謝しています。

 このブログで、そのことが少しでも伝われば、嬉しく思います。

 

 久しぶりにブログを書くことができました。

 ブログを書くと、いろんなことを思い出します。すると、やはり出るんですね、涙が・・・。思い出すたびに涙が出るんです・・・。

 まだまだ…ですね。

 長文をお読みくださり、ありがとうございまぁ~す。(toshi)

コメント

ショートステイの皆さん、ありがとうございましたぁ~!

2010年05月06日 | 施設の皆様に感謝

 toshi & masa のブログ、ついてるついてるハッピーライフ!へようこそお越しくださいました。

 いつもありがとうございます。

 またまた久しぶりの更新になってしまいました。

 masa も私も元気ですので、ご安心ください。

 

 さあて、この写真って、なぁ~んか面白いでしょ?(笑)

 母がショートステイでお世話になった時に頂いたものです。

 荷物の中にあったこの写真を見つけた時、なぁ~んか面白くていかにもトミスケって感じで、いっぺんに気に入りました。

 でも、まさかこれが最後のショートステイになるとはまったく思ってもいませんでした。これからも、ず~と3人の愉快な生活がいつまでも続くとばかり思っていましたから・・・。

 まぁ、人生って、こんなもんでしょうね・・・。

 ショートステイの皆さん、母が本当にお世話になりました。そして、楽しい写真をありがとうございました。

  

 実は、母がこういう介護施設でお世話になった最初の施設は、その当時 masa がお世話になっていた老健施設でした。

 いよいよショートステイへ・・・となった時、自分が働いている施設に連れて行った masa の気持ちは、どんな思いだったんでしょうね。母のことが心配で自分の目に届くところで・・・、という気持ちがあったんでしょうかねえ・・・。

 勿論その頃の母は、手足は丈夫、どこへでも出歩ける、何でも食べれるし良くしゃべれる・・・。つまり、まったくの元気。おまけに認知症が大の得意、成長株?でしたね。(笑)

 こうして書き始めると、やはり当時のことがいろいろと思い出されますね。今となっては、すべてが懐かしく、いい思い出ばかりです。

 しかし、その当時の私の頭の中には、いつも心配な事ばかりが支配していたように思います。心配と、そして、寂しさ・・・かな?

 でも、それが普通かもしれませんね・・・。

 

 そんな私たちが、このブログで書いて来たように、目出度いくらい楽しくハッピーに生活できるようになったんですから、人生って、めちゃめちゃ面白い・・・。

 それが実現出来たのが、お世話になった各施設の皆さんや地域の皆さんのお陰でしょうね。

 それと、物事に対する考え方かな?

 なにせ、目の前で起きてることは全く同じなのに、見方を変えるだけでとってもハッピーになれちゃうんですからね・・・。

 要は、自分がどこに焦点を当てるか・・・でしょうね? 明るく楽しいところにフォーカスするか、暗くて辛いところにフォーカスするか・・・。

 まっ、かっこ良く言えばそういうことでしょうが、実際にはそんなに簡単じゃないですよね。

 でも、そこで本当に大きな助けになったのが、先ほどの各施設の存在でしたね。これらが無かったら、やっぱ、難しかったと思います。

 

 ということで、次回は母が月に1~2度お世話になっていたショートステイ施設、「チェリービラ広見苑」 様のことを書かせていただきます。

 チェリ-ビラさんでお世話になる場合は、送り・迎えとも私たちが行うため、そこでの母の様子がある程度は分かるんですね。

 でも、もうそこへ行くこともないんだと思うと、やはり寂しいなぁ~。

 そんなことで寂しがっていてもトミスケは喜ばないので、元気で行きましょうか。

 もうゴールデンウイィークも終わって、さあ今日からまたスタート!

 ついてるついてる、ハッピーハッピー・イェ~イ!(笑)

 さあ、今日も元気で行きましょうねぇ~!

 

 お読みいただき、ありがとうございまぁ~す! (toshi)

コメント

本当にいい人たちに囲まれて、トミスケは幸せでしたぁ~!

2010年04月28日 | 施設の皆様に感謝

 toshi & masa のブログ、ついてるついてるハッピーライフ!にようこそお越しくださいました。

 いつもありがとうございます。

 母は、本当に多くの皆様のお世話になりましたので、このブログで少しでも感謝の気持ちをお伝えしたいと書かせていただいています。

 ところが、時々ですが、たまらなく涙が出てくることがありますね。

 通夜、葬儀の際の喪主としてのご挨拶ではまったく平静に出来たのに、パソコンと向き合って一人でいると、どうしても・・・。

 「としおぉ、おまぁ~挨拶の時は、ちった泣かなアカンぞぉ~」

 って従兄弟から言われましたが・・・。

 大丈夫、安心して。一人の時にはちゃんと泣いとるでね。(笑)

 

 今日は、もう一日 「幸の里デイサービスセンター」 さんの事を書かせていただきます。

 母は、基本的に月曜日から土曜日まで、デイサービスセンターさんのお世話になっていました。私たちの都合でショートステイへ行く日を除けば、かなりの日数を幸の里さんにお世話になったことになります。

 朝、家を出るのが大体8時45分ごろ、そして帰ってくるのが、大体夕方の5時ごろ・・・。実に多くの時間、施設の皆さんにお世話になったことになりますね。

 本当に有難いことですね。助けていただいたんですね・・・。

 

 そんな多くの時間を、幸の里さんで過ごしていた母トミスケ。

 お世話いただいた皆さん、母は認知症だということで、その分大変だったと思います。本当にありがとうございました。

 特に昨年の入院後は、大きな声が出るようになり、職員の皆さんだけでなく、他の利用者様にも大変ご迷惑をおかけしていました。

 「今日は、どうでしたか? ご迷惑をおかけしませんでしたか?」

 「本当にダメなようでしたら、遠慮なく仰ってくださいね」

 ある時期から、こんなことをお聞きすることが多くなりましたね。

 正直、私としてはそのことばかり気になっていたことも事実です。

 そんな時、いつも、

 「大丈夫ですから、心配なさらないでください」

 と、やさしく笑顔で仰ってくださいましたね・・・。

 この言葉を聞いて、どれだけ安心し、嬉しく思ったことか。

 運転手さんからも、いつも優しいお言葉をいただいていました。

 もう、本当に、本当に有難かったですね。

 

 母が帰ってきた時、母の元気な姿、何とも言えない笑顔をみると、本当に幸せ感に包まれました。嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

 皆さんのもとで楽しいひと時を過ごして来たんだなぁ~、良かったなぁ~、本当に有難いなぁ~・・・。そんな気持ちになれるんです。

 実は、昨年の8月に退職してからは、ちょっと迷うこともありました。

 「私が会社に行かないのなら、母を看れるんじゃないのか?」

 「自分で看れるのに、今迄同様、デイサービスにお任せしている」

 「自分で看なければいけないのじゃないのか?」

 などなど・・・。

 でも、やっぱりデイに出かけた方が、母にとってはいいんだ!

 多くの皆さんと一緒だし、いろんな刺激もあるから、私と一日家にいるよりは絶対いいはずだ・・・。

 それでも・・・。

 そんな自分を、やっぱりこれでいいんだ!と納得させられたのが、帰って来た時の母の元気な姿、母の嬉しそうな表情、何とも言えない癒される笑顔に接した時でした。

 こういった母を迎えた時、先の迷いから解放されるんです。

 幸の里デイサービスセンターの皆様の大きなお力をいただくことで、私たちは母と一緒に楽しく生活することができたんです。

 全てが有難いこと、全てが感謝することばかりでした。

 幸の里デイサービスセンターの皆様、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

  

  写真は朝のお出かけ風景です。

 手前の介護職員Tさんは、帰ってきて別れる時など、母をギューと抱きしめながら、「とみえさん、大好きぃ~」 と・・・。そんな光景を何度も見ましたね。

 「とみえさぁ~ん、おはようございまぁ~す」

 「今日もお元気ですねぇ~」 

 「とみえさ~ん、また明日ね~! 待ってるよ~!」

 どなたからも優しい声をかけられた母は、本当に幸せでした・・・。 

   

 「私は、幸の里の皆さんのこと、大好きやったよ~!」

 「皆さ~ん、ありがとうございましたぁ~。ワッワワワワァ~」

 んっ? 今、トミスケの声、聞こえなかった?

 やっぱ、聞こえたでしょ? 

 ワッワワワワァ~って言ってたでしょ!(笑)

 

 お読みいただき、ありがとうございましたぁ~! (toshi)

コメント (2)