ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時でも笑顔といっしょ~

脳出血で人生が変わったトッシーのブログです。ハッピー介護の記事は2009年3月から。
プラス思考で全てがハッピー!

欠点には触れない

2018年08月17日 | 本っていいな!

お盆休みも昨日までで終わり、いよいよまた日常生活に戻りますね。

孫たちと楽しく過ごした余韻を胸に、まだまだ厳しい残暑を乗り切ろうと思います。

 

・・・・・・・・・・

 

人の欠点に触れないようにする

 

 鯛を買ってきた。

 きれいに洗ってから刺身を作る。内臓だけを見て、「この鯛は汚い」と、ケチをつけて捨てる人はいない。内臓はそっと捨てるもの。

 人の欠点も同じこと。

 他人とのつき合い方も、相手の長所とだけつき合えばよいのである。相手の欠点、短所に、お互いに触れなければ、相手を嫌ったり傷つけてしまうことはないのである。

 相手が傷つきやすい子どもであればなおさらのこと。子どもは、欠点を指摘されると、冬の荒野に放り出されたような気持になってしまう。

 家庭とは、温かいところである。温かい家庭とは、欠点をやさしくカバーしあえる場所のことである。

 欠点は、カバーされると、スッと消えてゆく。

 

   自分にとって、かけがえのない妻の欠点は見ずに

   長所だけを発見し

   その長所を言葉で妻に伝えることにしよう

   自分にとって かけがえのない夫の欠点は見ずに

   長所だけを発見し

   その長所を言葉で夫に伝えることにしよう

   自分にとって かけがえのない子どもの欠点は見ずに

   長所だけを発見し

   その長所を言葉で伝えることにしよう

 

 どんなことがあっても、家族はお互いに、そのままを認め合うこと。すべてを受け入れ、味方になりきること。

 温かい家庭、仲のよい夫婦、笑顔のある家庭からは、けっして横道にそれる子は出ないものである。

 

               山崎房一著「心がやすらぐ魔法のことば」より

 

・・・・・・・・・・

 

この期間、有難いことに例年よりも休めたmasaが、孫を迎える準備も本当に精力的にやってくれました。そんなmasaの行動を見ていて、改めて感謝の思いが湧いてきます。

妻の欠点など何も見えず(笑)、ただただ感謝の日々でした。

後は、そのことを言葉に出して、「凄いね!良くやってくれたね。本当にありがとう」と、妻に伝えるのみではありますね。(笑)

 

今日も一日、先ずは、楽しくいきましょう!

いつもありがとうございます。トッシーで~す。

コメント

欠点があってもいいから・・・

2018年08月11日 | 本っていいな!

今日もありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・

 

無理して自分に100点満点をつけよう

 

人間は だれでも欠点がある

 その欠点を見て 自分に40点をつけると

 40点のような気分になって

 40点の行動をするから

 40点の人生を送ってしまう

自分は40点だ と思い込んでいると

 いくら努力しても

 40点を50点にするのは不可能だ

 

自分に100点満点をつけよう

 自分は40点だな と思っていても

 無理をして100点満点をつけていると

 自然に自分の古い殻が敗れて 新しい自分に変わる

 

 

人生は楽しく

 

 欠点や短所があっても

 いいではないか

 泣いても 笑っても

 たった一度の人生だ

 神経を 太くして

 生活は 楽しくやろう

 知らぬまに 幸せがやってくる

 悲しいときも

 失意のときも  

 楽しいように ふるまっていると

 いつのまにか 幸せがやってくる

 幸せの神は 

 笑顔に惹かれてやってくる

 

               山崎房一著「心がやすらぐ魔法のことば」より

 

・・・・・・・・・・

 

①言葉はいつもポジティブ!

②なりたい自分を爽やかに演じる!

③いつでもどこでも明るい笑顔!

 

この3つの言葉は、名刺の裏に書いている「自分を変える3箇条」です。勿論、いろんな人の言っていることを参考に、自分なりに3つの言葉にまとめたものです。(笑)

あえて言えば、②のなりたい自分を爽やかに演じる!が、自分を変えるために一番必要な要素かな~。

意識が変われば、人って瞬時に変わると思うから・・・。

 

欠点があっても意識は100点満点で行きましょうか~。

コメント

人間は考えているものになる。

2018年08月08日 | 本っていいな!

朝の6時に更新すると決めて今日が5日目、と言っても、実際に書いているのは前日です。そのため、後で、「アレッ?」と気づくおかしなこともありました。

話は更新日前日のことを書いているのに、読むと今日の話に・・・。

書く時は気をつけないと、またおきそうです。(笑)

でも、こんなことも脳のためにはいいかも。

今日は間違えないように・・・、昨日から暦の上では、もう秋になりましたね。

少しは涼しかったように感じていましたが、さて、今日はどうでしょうかねえ~? 

 

・・・・・・・・・

 

自分の思考に気をつけよ。

人間は、その人が考えているものになる。

 

 古来より現在にいたるまで、多くの賢人が思考と人生のあいだの密接な関係を強調してきました。いくつかの例を紹介しましょう。

 

 心の中で思っていると、人間はそのとおりになる。

          ソロモン(古代イスラエルの王)

 

 人生とは、思考がつくり上げるものである。

          マルクス・アウレリウス(ローマの5賢帝の一人)

 

 人間はその人が考えているものになり、人格はその人の思考の集大成である。

          ジェームズ・アレン(イギリスの哲学者)

 

 何を思い、何を信じようと、心はそれをなしとげることができる。

          ナポレオン・ヒル(アメリカの自己啓発の大家)

 

 偉大な思考で精神に栄養を与えよう。人間は自分の思考より高いところに到達することはできない。

          ベンジャミン・ディズレーリ(イギリスの政治家)     

 

 思考は人生の突破口を開く強い力を持っています。行き詰まったときは、偉大な思考で自分を奮い立たせることが必要です。

 

      アンソニ・バーグランド著「人生が変わる習慣」より

 

・・・・・・・・・・

 

やりたいこと、やらなければいけないこと等いろいろありますが、なかなか思うようには進みません。できない理由として、脳出血の後遺症に意識を向けそうになりすが、そうじゃないですよね。

ついつい弱音を吐きそうになった時、今日ご紹介した言葉が、「そんなことでは良くならないよ!」 と、諭してくれているようです。

どんな時も、前向きに生きたいですね。

 

さあ、今日も元気に行くよ!トッシーで~す。

いつもありがとうございま~す。

コメント

知らない人にも進んでほほえむ

2018年08月05日 | 本っていいな!

今日もまた朝が訪れました。生かされてることに、感謝です。

トッシーです。いつもありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・

 

知らない人にほほえみ、目を合わせてあいさつ

 

 私たちがどれほど他人と目を合わせないようにしているか、気づいたことは? それはなぜ? 怖いから? 私たちが他人に心を開こうとしない理由は?

 その答えは私にも分からないが、わかっていることが一つだけある。それは、他人にたいする態度と自分の幸福度はつねにパラレルだということだ。言いかえれば、しかめっつらをして人を避けてうなだれて歩いている人に、穏やかな心で楽しんで生きている人はいないということになる。

 心を閉ざさずに社交的になれと提案しているのではない。他人の人生を明るくするために数トンもの余分なエネルギーを振りしぼれとか、必死で愛想のいいふりをしろとすすめているわけではない。

 私が提案したいのは、他人がちょっと自分と似ているな、と思ってみるということだ。

 知らない人に思いやりと敬意を寄せるだけではなく、ほほえんだり目を合わせたりするようにつとめれば、自分の心に思いがけない変化が起きることに気づくだろう。

 そうすれば、ほとんどの人は自分と似ていると思えるようになるーーみんな家族があり、愛する人がいて、悩みや不安をかかえ、好きなこと嫌いなことがあるんだな、と。

 こっちから先に行動すれば相手がどんなにやさしく反応するか、それにも気づくだろう。人はみな自分と同じ人間だと気づくと、すべての人の中にある純粋さが見えてくる。その純粋さに気づくと、心の奥から深い幸せ気分がわいてくる。

 

   リチャード・カールソン著「小さいことにくよくよするな!」より

 

・・・・・・・・・・

 

自分の目の前に起きていることは、自分を反映して起きている・・・。言い方はいろいろですが、多くの賢人が同様のことを語っています。

トッシーも、このことは本当にそうだなと思いますね。

人とのコミュニケーションについても、こちらから積極的に働きかければ、全く新しい展開になることに驚きます。

いや~そんなことないよ、と言われそうですが、やった人には分かるんです。

それもまた自分を反映していて、今の自分のレベルに応じて起きてることが・・・。

 

 

全ては自分、自分次第ということでしょうかね~。

今日もいいことがドンドン起きる予感がしてきました。

暑さは笑顔で吹き飛ばし、素敵な一日となりますように!

いつもありがとうございます。トッシーで~す。

コメント

自分を作ったのは自分

2018年08月04日 | 本っていいな!

今日も、熱くなりそうですね。

トッシーです。いつもありがとうございます。

今日から、午前6時に更新することにしました。勿論、事前に入力しておく予約更新です。

短くてもいいから、毎日続けて更新することを目指します。以前やっていたように、その日に意識に入った言葉などを、ただご紹介をさせていただくことが多くなるかもしれません。

よろしかったら、毎日覗いてくださいね。

 

・・・・・・・・・・

 

人間は自分の人生を描く画家である。

あなたを作ったのはあなた。

これからの人生を決めるのもあなた。

 

「運命」というと、あたかも自分には、いかんともしがたいもののように思われます。しかし、変えられないものは「宿命」であり、「運命」の「運」という字は「運ぶ」「動かす」という意味です。つまり「運命」は自分で「動かす」ことができるもの。これまで自分で「動かしてきた結果」なのです。

 私たちのこれまでの人生は、遺伝子や生育環境、生まれ育った地域や入社した会社など、多くの事柄に影響されてきたことでしょう。しかし、それを大きく上回る決定要因は私たち自身が下してきた数百万、数千万回の様々な決断です。その決断は誰かに強制されたものではなく、自分が、自分の意志で、下してきたものです。

 今の会社を選んだのも自分。今の会社を辞めずに働き続けると決めたのも自分。今の配偶者を選んだのも自分。親の価値観を受け継いだとしているとしたら、受け継ぐと決めたのは自分。嫌ならばいつでも拒否する力と権利を私たちは持っています。嫌ならば会社を辞める権利。親の価値観にノーと言う権利。それを私たちは持っているのです。

 これまでの人生を作ったのは自分。これからの人生を作るのも自分。そう考えると、人生はなんと素晴らしいものか、と思えてきます。「できないことはない。人はどんなことでもできる」。アドラーの力強い言葉です。

   

   小倉 広著「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」より

 

・・・・・・・・・・

 

なんやかやと、今の自分に悔しい思い、残念な思いもあります。

でも、でも・・・、今日の言葉を本当に理解できれば、そんなこと言ってていいの?って思えてきます。

だって、まだまだこれからがあるんですから。

これからをどう生きるのか、決めるのは自分なんですから。

そう思ったら、なんか楽しくなってきましたね~。

 

 

 

暑い夏には、この歌です!
お坊さんって、とってもが歌がお上手なんですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=-lDxggG1vks

 

今日も一日、まず笑顔で、明るく楽しく過ごしてみましょう!

さあ、明るい笑顔で、「行ってらっしゃ~い!」

コメント