ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時でも笑顔といっしょ~

脳出血で人生が変わったトッシーのブログです。ハッピー介護の記事は2009年3月から。
プラス思考で全てがハッピー!

思い出します、伊勢湾台風!

2018年09月03日 | 大切なこと

いよいよ、久々の強い台風上陸ですね。

いつもありがとうございます。トッシーです。

 

最近は、台風が上陸しても、この地域ではほとんど被害は有りませんでした。

これは要注意!ということが何回もありましたが、それでもやっぱり吹かなかったね・・・ということの連続。これは本当に、本当に、ラッキーだったと思います。

それが今回の台風21号でも、今まで大丈夫だったから・・・という、「台風大丈夫ボケ?」なる危機意識の少ない自分になってはいないだろうか?そんな気がします。

台風21号、今にも上陸しそうな勢い、非常に強いまま上陸する久々の大型台風です。

 

この台風の報道を見ていて思い出された、あの伊勢湾台風。調べれば昭和34年、トッシーがちょうど10歳の時でした。

この時の事では、思い出したくないほどの多くの被害が出ました。

このことは、今日は横に置いといて、何か楽しいことを・・・と記憶をたどっても、やっぱり悪い記憶ばかり。

今日のニュースを見ていても、今回のような非常に強い台風の上陸は、20年振りだとか・・・。

伊勢湾台風を10歳の時に体験した身としては、どおりで最近は何回来てもこの辺は来ないからいいなあ、ここはいい所やなあ~という意識になったとしても、不思議ではない。

今日のニュースを見て、最近は台風が来ないなあと危機意識が低くなった仕組み?が、なんとなくわかったような気がしました。

今も鮮明に覚えている、伊勢湾台風の、いろんなシーン。

ホントに、凄い台風だったんですね。

 

この地域でも、明日の9時ごろから影響が出ると言われている、非常に強い台風の上陸。

今度ばかりは、強い風が吹くことは避けられそうもないようです。

被害が少ないことを、ただただ祈るばかりです。

 

 

明日は、楽しいブログが書けますように・・・。

いつもありがとうございま~す。トッシーで~す。

コメント

障害と向き合う。

2018年05月28日 | 大切なこと

ハッピー介護の動画公開中です。 検索は、「姫幸房」でどうぞ。https://www.youtube.com/channel/UCqAahVQ5rPCVu5aYMzyWaUA 

 

いつもありがとうございます。トッシーです。

今日名古屋へ行って、実際にその人たちと会うまでは、こういう活動をされている団体があることを全く知りませんでした。

と言っても、この人たちの存在を知ったのは、今から10日ほど前ですが。

自分の視野の狭さを、こんな所でも、改めて知ることになりました。

脳卒中患者に特化した活動を行っている、特定非営利活動法人 ドリーム です。

http://npo-dream.org/

 

ここを教えていただいたのは、名古屋で活動する笑いヨガ仲間のYさん。

トッシーが脳出血で倒れたことを知ったらすぐにここの資料が届き、その後事務局の方から、今日の講演会を教えていただきました。

Yさんから資料が届いた時にも、脳卒中後遺症患者の生活実態調査の報告会があり誘われましたが、その時は都合がつかず欠席でした。

今日実際に参加して、当事者や家族だけでなく脳卒中専門の看護師さんの講演も聞け、勇気づけられたり自分を顧みたりして、とてもいい機会となりました。

まず一つ強く感じたのは、トッシーは、脳卒中の後遺症となった自分及び後遺症と、真剣に向き合って来なかったなあ~ということでした。

このことは、ブログの中で、またボチボチと書かせていただきます。

 

外に出る機会を持つこと。

人とつながること。

障害と向き合うこと。

これらがとても大切なことを、再確認できた一日でした。

正直、身体はちょっときつかったですが、そんなこと言ってる自分が恥ずかしいほど、今の自分に感謝した一日でもありました。

 

いつもありがとうございます。トッシーで~す。

コメント

西城秀樹さんは特別な存在

2018年05月17日 | 大切なこと

母の認知症介護が楽しくなった秘密等をYouTubeで公開中です!https://www.youtube.com/channel/UCqAahVQ5rPCVu5aYMzyWaUA
検索は「姫幸房」で。チャンネル登録、いいね!もお願いします。 

 

 

いつもありがとうございます。トッシーです。

毎日毎日様々なことが起き、テレビ、ラジオ、ネット等で報道されています。

今日も多くの報道がなされ、連日繰り返されているものや新しいものなど、そのネタには事欠かないようです。

今日、トッシーには他人ごととは思えないニュースが、突然飛び込んできました。

 

普通であることが素晴らしい

 

この言葉、NHKのニュースの中で、昨日死去された西城秀樹さんが語っておられた言葉です。

多くの方が同様のことを言っておられますが、トッシーは、特別の思いで受け止めていました。

「普通であることが素晴らしい」というこの言葉、これに真に気づけるのは、普通で無くなった時・・・。

西城秀樹さんも、病気になって分かったこととして、この言葉を話しておられました。

 

西城秀樹さんは脳梗塞で、トッシーは脳出血という違いはありますが、いずれも脳血管障害。言語障害や手足の半身麻痺などが残ることも多く、命は救われても、後遺症で苦しむことの多い病気です。

トッシーが入院中に、医師や看護師さんからよく聞いたことが、「今度出血したら、この程度の後遺症では済まないよ」ということでした。従って、トッシーの頭の中には、この次倒れたら・・・という、大げさに言えば恐怖心がトラウマのようにありました。

今年になって、足の動きが悪くなった時に救急車を読んだのも、このことが頭にあったからです。

西城秀樹さんは、そんな心配のある2度目の脳梗塞も起こされていたにもかかわらず、コンサートを開くなど芸能活動を再開されていたのです。 

2度も倒れながら、良く頑張っておられるなぁ~。元気もらえるなぁ~。

西城秀樹さんは、脳出血で倒れたトッシーにとっては、特別な存在として映っていたのです。

63歳の若さで亡くなられた、西城秀樹さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

 

何かにつけて不満の思いが出やすい、右半身に麻痺の残った体ですが、でも、でも・・・。

そんな今の体であっても、やっぱり感謝しなければいけないと、本当に思うようになりました。

それは、今のこの体の具合が、この先もずっと続くとは限らないからです。

毎日毎日、足の具合も変わったりすることがあるからです。

大切なことは、今の体や境遇に感謝して、明るく生きてゆくことではないでしょうか?

この前向きな生き方・考え方こそが、自分自身の体をも好転させるということを、やっと理解できるようになりました。

とにかく、目出度いほどポジティブに生きることが、やっぱりいいようですね~。

 

 

今日は、西城秀樹さんの訃報から、こんなブログになりました。

今日も一日、無事生かされたことに、改めて感謝したいと思います。

いつもありがとうございます。トッシーで~す。

コメント

忘れられない・忘れない

2018年03月11日 | 大切なこと

トッシーです。いつもありがとうございます。

 

2011年の今日午後2時46分、あの東日本大震災が起こりました。

宮城県南三陸町の職員、遠藤未希さん 当時24歳が、町の3階建て庁舎から防災無線で非難を呼びかけた言葉がこれです。

「大きい津波が来ています。早く、早く、早く高台に逃げてください」

この言葉、当時のテレビで、何回耳にしたことでしよう。

あの時の映像・音声が、7年経った今でも、鮮明に思い出されます・・・。

自身も逃げなければいけないのに放送を続け、そのまま津波に流されたのです。その時間、何と30分間。逃げようと思えば、逃げられたかもしれません。

その年の秋には、好きな人との結婚を控えていたという遠藤さんが、どうしてそこまでのことができたのでしょうか。

その時の様々な状況を想像すると、何とも言えない、考えさせられる出来事でした。

 

この後用事で出かけますが、ここまでの投稿を、地震が起きた時刻に合わせて予約投稿させていただきます。

続きは、今日の夜、書きたいと思います。

今日の動画は、当時話題になった、「桜よ」という歌です。

この歌も、この時期になると、忘れられない歌になりました。

 https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E6%A1%9C%E3%82%88&tid=46fb2b42eacce750381715267f1b2728&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

 

 

忘れてはいけない大切なこと・・・。

写真は、地震のあった翌日から1年間の、中日新聞の1面記事です。1面だけでなく、2面とテレビ番組表のある最終面及びその前のページもあり、当時のことを知る貴重な資料です。

7年経った現在の復興状況を見た場合、これら1年間だけの新聞を見たとしたら、当時は誰一人思いもしなかった暗い現実も多いであろうことが容易に想像されます。

何せ、死者数ひとつとっても、地震が起きた翌日の1面では、数百人と書かれていますからね。実際は・・・。

ましてや、廃炉を含めた原発の諸問題を見ても、そのほとんどが初めて直面することばかりなんですからね。

残念ながら、こんな大きな大災害でも、7年も経つと徐々に記憶から離れる人も・・・。トッシーも含め、画面からしか知ることのない人にとっては、残念ながらそれが現実かもしれません。

でも、でも、でも・・・。

そんな私たちにとっても、実際に被災された人々のことを忘れない思いは大切。いつかまた繰り返すことがあることを思うと、未来に生きる人のためにも、こういった災害を忘れない努力は必要でしょうね。

実際に被災された人は「忘れられない」、幸いにも今回は被災を免れた人は「忘れない」。

そんなことを思った、7年目を迎えた、今日3月11日 東日本大震災の日でした。

 

 

今日のブログは、出かける前に一度更新し、そして今、その続きを更新させていただきました。

ケーブルテレビさんに行ったのですが、用事を済ませたのが2時40分頃。で、そのままケーブルさん1階のソファにいて、地震の起きた時刻に合わせて、1分ほどの黙祷を捧げました。

夜、続きを書いていた時、誤って更新されてしまったため一度公開を停止させていただきました。話の内容が内容だけに、トッシーなりに、少しでも慎重に書きたいとの思いがあったからです。

また、大切なことを忘れないための方法として、トッシーの今回の病に関してちょっと???という思いがあるのですが、次回にそのことを書かせていただきますね。

 

今日もありがとうございました。トッシーで~す。

コメント

上手下手より、気持ちを寄せる

2018年01月24日 | 大切なこと

いつもありがとうございます。トッシーです。

 

近くに住むおばあさんが、昨日のまだ夜明け前に、105歳で旅立たれました。

文字通り、天寿を全うされた、この地では歴代最年長の方でした。

トッシーの父と同年の方で、満年齢では103歳だとか。

そうかぁ~、父も生きていれば、もうそんな年齢なんだ。

すごいなぁ~

 

通夜は亡くなられた昨日遅くに行われ、幸い家にいたmasaに乗せてもらいました。受付では記帳カードに住所氏名を書くのですが、右手が麻痺のため、まあこんなもんかぁ~です。

葬儀は今日行われましたが、昨日お香典を渡してあり、今日は欠席させていただきました。

ただ、今にして思えば、昨日の記帳ではちょっと反省すべきことが・・・。

 

トッシーは元々が字が上手くなく、それに加えて、今はバッチシ麻痺があります。

イカンイカン、軽い麻痺でしたね。(笑)

しかもただでさえ書く文字が大きいのに、昨日は手の動きがおかしくて、名前の最後が枠をはみ出してしまったのです。

でも、これでいいんだ、麻痺だから。

不自由な足で立って書いてるんだし。

だから、仕方ないんだよ・・・。

 

でもでも、仕方ないではなく、やっぱり反省しました。

麻痺だからって、ホントにそれでいいの?っと思ったんです。

麻痺だからいいんだ!仕方ないんだ!という、なんかね、甘えがあり過ぎのような気がしたんですね。

前に も書いたのですが、その時の気持ち、心はどうだったのかなぁ~お通夜ということもあるけど、そういうことじゃなくても大切なことを忘れてない?

文字を書く時に下手とか上手いとかじゃなく、それを書く時の気持ち、亡くなった人、ご家族のことを思って、もっと心を寄せて書くことが大事じゃないのかな~。例え書かれた文字が下手であっても、人が見れば分かるよね。気持ち・心が込もってるかそうじゃないかって・・・。

昨日でも、麻痺があって動きがおかしい上に、急いで書くもんだから・・・。

これからは、そういったことにも、もっと意識を向けた方がいいと思いましたね~。

麻痺だから仕方ないさ! じゃなくてね~・・・。

 

話す言葉を選ぶ前に、

話す気持ちを選ぶ

          福島正伸

 

 

元気なのは体だけでなく、心・気持ちも・・・なんですよね~! 

トッシーで~す。今日もまたありがとうございま~す。

コメント