goo

ここで第一志望は下げない

=============================================================
慶應3校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================

志望校を考えている段階で、やはり気になるのは子どもの成績でしょう。

偏差値と合格可能性80%偏差値を比べてみると、やはり弱気の虫が出てくるものです。

「これは届かないかなあ、だとしたら、別の学校を考えないといけない」

というのは、多くのご家庭で経験されることだと思います。

ただ、現在は受験人口の下降期なので、やはり多少偏差値がぶれます。倍率があまり変わらなくても、受験している層が下がっていることもあるわけで、トップ校は別にして多少やはりやさしくなってくる部分はあるのです。

だからといって強気一辺倒でもいけないのは当然のことで、抑える学校や実力相応校というのも視野にいれておかないといけない。

私は良く「狙うべきは狙う、抑えるべきは抑える」というお話をしますが、第一志望は子どもたちが勉強する大事な動機です。ここに合格したい、と思うからがんばる部分は大きいので、それなりに魅力のあるものでないといけない面がある。だから、ここは多少偏差値が離れていても狙うべきでしょう。

一方で第二志望以下は、お父さん、お母さんがしっかり考えていかないといけない部分なので、これはこれからデータを見ながらだんだんと決まっていくでしょうが、安全面をある程度考慮しなければいけないわけです。

大事なのはバランスなので、弱気になりすぎてもいけないし、強気になりすぎてもいけない。

ただ、今は第一志望の対策を考える時期ですから、多少強気になられている方が良いでしょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第5回 サレジオ学院

今日の田中貴.com
3年は長すぎる

6年生の教室から
ミスを記録する

慶應進学特別から
まだこれから

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 自分で変えら... そこまでやら... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。