らくしゅみ

写真や音楽、その他気の向くままに綴ってみたいと思います。 楽に趣味をらくしゅみ。

スーパームーン

2015年09月29日 | 今日の一枚

一昨日が十五夜なら昨日は満月、スーパームーンでした。

以前撮ったニコンの800mmを使っての撮影です。以前と異なるのは今回はD4sを使った事です。(以前はD3です)

 

こうやって書いていて気付きました。前回の2013年の撮影は、十五夜と満月が一緒だったのですね。

 

こういうので科学に興味を持つ子が増えると良いですね。

コメント

ココナッツディスク吉祥寺店

2011年04月04日 | 今日の一枚

今日は子供の友達が遊びに来るというので、街に出かける事に。普段あまりできない事をと思い、地元の中古レコード屋へ。ココナッツディスクです。

Cr_01

その昔は良く通ったのですが、子供が出来てからというものは少し足が遠のきました。

Cr_02

入り口を入ると、大滝詠一のヘッドフォンコンサートのポスターがあります。

Cr_03

今日ゲットしたレコードはこちら。ロニー&ザ・デイトナス、モノラル盤です。レコード番号はMALA4002です。

Cr_04

30年ぶりくらいかな? 私の先輩はこのレコードのステレオ盤(MALA4002-S)を持っていて、テープにコピーして聞かせてくれたものです。

Cr_05

A面の5曲目のBE GOOD TO YOUR BABY、これが松田聖子のアルバム風立ちぬの中の、一千一秒物語の本歌です。

Ip_01

で、帰りに井の頭公園を通って帰ると、すでに夕方。まるでレコードジャケットの様な逆光です。

Ip_02_2

サクラの見頃は今週末でしょうか?

Cr_06

あ、そうそう、店には大滝詠一のサイン色紙もありました。

コメント

PET SOUNDS RECORD A LONG VACATION 30th Anniversary Edition

2011年03月26日 | 今日の一枚

やっと入手しました。今週は出かけるのが難しいので南米の奥地に予約をしたのですが、待てど暮らせどやってきません。

Petsounds_01

意を決してCDを買いに24日の昼休みに出かけました。武蔵小山の駅前もきれいになりました。

Petsounds_02

PET SOUNDS RECORDへ行ってきました。引っ越してからというもの家とは違う方向になってしまったので、なかなか行く事が出来ません。前回のエントリーはこちら

 

もう30年も経つのですね。CD良かったです。小林旭の『熱き心に』のカラオケも声の下には色々な音が隠れているものなんだと思って聞いたものですが、今回もカラオケが新鮮でした。

 

お店では色々とおまけを頂きました。ラッキー。

コメント

暗い夜 ブルーライト横浜

2011年03月19日 | 今日の一枚

先日、夜が暗いですと書きました。

 

夜が暗いのは当たり前の事ですが、そんな事も忘れてしまう位東京は明るいです。地震が起きて以降、本来の暗さにもどりました。

Bly

街の灯りがとてもきれいね、と歌われた横浜ですが、ジャケットの写真は少しさみしいです。でも充分明るかったのです。自分の家の辺りとは違う明るさです。

 

この頃からでしょうか? 日本が上り調子になって行ったのは。

 

でも好きでした、この歌。イントロが良いです。夢が広がる感じの出だしです。夜が暗いと街の灯りが印象的で、愛の言葉が欲しくなるのでしょうか? この後はホテルの小部屋でたそがれてしまうのでしょうか・・・

 

バンドホテルの事がWIKIに書いてあります。2曲はここで繋がっていたのですね。懐かしいなぁバンドホテル。




コメント

カスヤナガト

2010年09月05日 | 今日の一枚
先日の神様のカルテ、これのイラストを描いている人を、カスヤナガトと書きました。

Subaru_01
改めて自分の周りを見回してみると集英社小説すばるが。



Subaru_02
久保寺健彦のC調サバイバーのイラストを描いていました。




R0015263
Mac Fan(マック ファン)の9月号の中にもイラストがありました。













何気に目にしていたのでした。


コメント

ヴァン・ダイク・パークス THE 1969 WARNER/REPRISE SONGBOOK

2010年03月07日 | 今日の一枚
ヴァン・ダイク・パークスのことを先日書きましたが、今日の一枚はこれ。
Vdp_01
ワーナーが出したTHE 1969 WARNER/REPRISE SONGBOOKです。ヴァン・ダイク・パークスの他のレコード(CD)は皆さんお持ちでしょうから、ここには載せません。




Vdp_02
中の解説です。



Vdp_03
続きです。



Vdp_04
中のスリーブです。



Vdp_05
レーベルです。



Vdp_06
のアップです。





その昔、ビーチボーイズから始まって、当然スマイルにいく訳ですよ。で、スマイルならば、ヴァン・ダイク・パークスとなる訳だこれが。どうだ、全し。






で、ヴァン・ダイク・パークスのアルバムをしこしこ買い集めて聞いていたら、ある日、とある人物に『おたくさぁー、これ聞いた事ある?』と尋ねられました。それがこのアルバムに入っている、ダットサンのCMソングです。いやぁ、一生懸命探しましたよ。本当に。






ミュージシャンズミュージシャンと呼ばれ[要出典]、細野晴臣の記事にこれは素晴らしいと出ていた(ような気がする)。そんな事もあり、私の気持ちは一気にヒートアップしました。が、冷静になってみると私はミュージシャンではありません。つまりそういうことです。私には理解出来ません、これの何処が素晴らしいのか。いえ、決してけなしているのではありません。私が理解出来ないのです。誰か解説して下さい。












コメント

スーザン・ボイル 夢やぶれて

2009年12月01日 | 今日の一枚
ちょっと日にちが経ってしまいましたが、買ってきました。
Sb_01
『Britain's Got Talent』に出演した時の映像がYOU TUBEで流されると、瞬く間にネットを駆け抜けた話題の人、スーザン・ボイルですが、CDが発売になりました。





Sb_02
日本では早速アニメの主題歌にもなる様です。かつ、日本版のみボーナストラック付きで、『翼をください』が入っています。




Sb
アルバムのジャケット写真は審査員のひとりのこのポーズをもじったのでしょうか?



日本語にすると『夢やぶれて』なのでしょうが、原題のままで直訳の方が好きです。そして何故かアマゾンに彼女の素敵なカラー写真があります。ごめん、ソニーU.S.A.にもっと良いページがありました。一体日本はどうなっているんだ? ビデオも見られるし、曲も聴けます。





歌は心だよね。でも、こういうタイプの人はアメイジンググレイスを歌わされるのが私は嫌いです。本人が好きなら良いのだけれど。

コメント

A LONG VACATION from Ladies

2009年11月07日 | 今日の一枚

以前にご本人?より情報を頂きました『A LONG VACATION from Ladies』ですが、4日に発売になりました。

Alv_02

出張から帰国後気になっていて、なかなか近所で売っていなかったのですが、ようやく手に入れました。

Alv_01

俺のとは違うぞと言っています。

 

まだ、聞き込んでいませんが、感想は後ほど。

コメント

STEVE HIETT スティーヴ・ハイエット

2009年10月01日 | 今日の一枚

ちょっとピークは過ぎてしまいましたが、私のブログで意外と多い検索が『STEVE HIETT スティーヴ・ハイエット』です。しかも外国からの検索が多いのです。やはり暑い時に聞きたくなるのでしょうか?

昨年にも書きましたが、今度はレコードと写真集を載せてみたいと思います。

Sh_01

レコードジャケットの表です。

Sh_02

裏です。

Sh_03

レコードのA面です。

Sh_04

スリーブです。

Sh_05

スタッフのクレジットのアップです。

Sh_06

写真集の宣伝を兼ねたポストカードが入っています。

Sh_07

裏には略歴が書かれています。

Sh_08

写真集の表です(多分)。

Sh_09

当然こちらが裏になります(多分)。

Sh_10

開くとこう。

Sh_11

その写真集の中で好きな写真がこれ。もちろん他にも有るのですが、これが気分です。

 

ポストカードとかもう一冊の写真集とかもあったのですが、サルベージ不可能です。もう一冊の写真集は『視覚の造形』といいますが、こちらのブログに出ているので、リンクしておきます。

2017年8月訂正、リンクが切れています。

 

コメント

OPCELL 永井博

2009年07月21日 | 今日の一枚

7月18日に書いたブログにコメントを頂きました。ありがとうございます。貴重な情報も含まれていますが、大丈夫なのでしょうか?いずれにしろ10月の発売を楽しみに待ちたいと思います。

そんな訳(どんな訳?)で、今日はこれ。

Opcell_01

OPCELLです。それ以上の事が分かりません。いわゆるジャケ買いです。にしては良い曲です。でもちょっと音が薄いかな。だけど気分です。えーぃ、どっちなんだ、上げたり下げたり。

Opcell_02

拡げるとこんな感じ。

Opcell_03

内側にはこんな絵もあるので、原画はジャケットの絵よりももっと上があるものと思われます。プロポーションに無理があるので下もあるのではないかと思っています。と、思ったら、ホームページに全体が描かれたものがありました。

 

ちょっと絵に不自然さがあるのですが、例えば影の出来方とか、なんですが、昼のような、夜のような、不思議な感じがたまらない一枚です。ひょっとしてこれって日食? 昼間から星が見えるって言うし。そんな感じの絵です。ごめんなさい、音楽はどこかにいってしまいました。イラストの勝ちです。

 

資料にならないといけないので書いておきます。CD番号VICL-634 ビクターエンターテイメント株式会社 (Roux)より1995年1月21日発売です。



コメント (3)

ドナ・サマー

2008年09月03日 | 今日の一枚

これが先日竹内まりやの所で書いたドナ・サマーのアイ・リメンバー・イエスタディです。

Doy_02

1977年発売のアルバム、I Remember Yesterdayからのシングルカットです。アルバムは1曲目と2曲目が繋がっていて、流れる様に進んでいきますが、シングル盤はそれをフェードアウトで音を絞って無理矢理終わらせています。2曲目はフィル・スペクター風の曲で好きでした。プロデューサーはもちろんジョルジョ・モロダーです。ヒット曲あり過ぎで憶えられません。もちろんホット・スタッフも。

コメント

竹内まりや 『ドリーム・オブ・ユー』 

2008年08月24日 | 今日の一枚

竹内まりや30周年記念のアルバム『Expressions』(エクスプレッションズ)が10月1日に発売になります。まりやファンとしてはもちろん購入するのですが、同じものばかり買うのはイヤだなというのが本音です。しかしこれはお布施です。つべこべ言わずに買いましょう。

今回の目玉は何と言っても『ドリーム・オブ・ユー』のシングル・バージョンです。ホームページにも書いてありますが、今回初のCD化です。

Doy_01

これがシングル盤です。イントロが凄くかっこいいのですが、急に『ひとみとじれば~』になってしまうのに違和感を憶えたものでした。それもそのはずで、イントロはドナ・サマーのアイ・リメンバー・イエスタディです。ドナ・サマーの方はイントロの後スムーズに繋がっていきますが、竹内まりやの方は今ひとつです。LPバージョンの方が違和感無く聞けます。

もう一つの目玉は『不思議なピーチパイ』『September』のオリジナル・カラオケです。ホームページには本邦初公開とありますが、『September』は知りませんが、『不思議なピーチパイ』は以前にレコードが出ています。

Doy_03

といっても市販されたものではなくて、資生堂の非売品のカスタムレコードですが。

Doy_06

Doy_04

ジャケットの裏もかわいいです。

Doy_05

B面はカラオケです。CDはまた違うバージョンが入るのでしょうか?

 

他にも山下達郎とのデュエットの『Let It Be Me』のスタジオバージョンが入るとの事、これも楽しみですね。

 

話は違いますが皆さんどのバージョンが好きですか? 勿論全部を聞いた訳ではないので、ディープな事言われても困るのですが、一番有名なのはナイトライダーでお馴染みのデビッド・ハッセルホフでしょうか? 相手役のキャサリン・ヒックランドのWikiには二人の写真が載っています。私はクローディーヌ・ロンジェとエバリー・ブラザースです。

 

早く発売にならないでしょうか? こうして色々待っているうちに一年が終わってしまうのです。

コメント

Barry & The Tamerlanes / バリー・アンド・ザ・タマレーンズ

2008年07月23日 | 今日の一枚

今日はBarry & The Tamerlanes / バリー・アンド・ザ・タマレーンズの発売日です。

Barry

世界初CD化です。先日購入したコニースティーブンスと同じ発売日が設定されていたのですが、今日発売に変更されていました。ワーナー・ブラザーズ・レコード創立50周年記念フォーエバー・ヤング・シリーズです。何週か前の山下達郎のサンデー・ソングブックシェルビー・フリントの曲がかかっていたのですが、彼女をプローデュースしたのがバリー・アンド・ザ・タマレーンズのバリーです。それを聞いて買い忘れていた事に気がついたのですが、うっかりしてました。

 

聞いた事のある人はほとんどいないと思いますが、それが聞ける様になるなんて夢の様です。で、この人、実は何で有名かというと、『妖精コマネチのテーマ』原題『Nadia's theme』です。知ってた? 全米8位まで行きました。私、個人的にはテレビシリーズの反逆のテーマ (特別狙撃隊S.W.A.T.)が好きでした。

 

『妖精コマネチのテーマ』原題『Nadia's theme』はPerry Botkin Jr.と組んで作った曲です。スペクター好きな人にはここで繋がる訳ですが、Perry Botkin Jr.はジャック・ニッチェの後を継いで、フィル・スペクターのアレンジャーになったひとです。ハリー・ニルソンとか、バン・ダイク・パークスとかも繋がっていきます。

 

全然関係の無い話ですが、このバリー・アンド・ザ・タマレーンズ、ふと発音すると、ばりーあんど多摩霊園と言ってしまうのですが、地方の方には分からない話ですよね。近所に(といっても少し離れていますが)多摩霊園という墓地があるのですがタマレーンズとたまれいえん、似てないですか?

 

コメント

井の頭線 ガード下

2008年07月22日 | 今日の一枚

会社の人に富士フイルム社のTX-2を借りたので、しかも30㎜付きで、以前に書いたひし美ゆり子の写真集に出ていた所を撮影してみました。井の頭線の井の頭公園駅のすぐそばのガード下です。

01

別段TX-2でなくても良い様な写真ですが、なかなか楽しいカメラです。

02

こんな写真を撮る事しか思いつかない自分が悲しいです。

000004

彼は大道芸人Mr.Dai(ミスターダイ)と言います。うちの子供たちは彼で育ちました。今、一番下の子のお気に入りです。10年以上同じ芸なのですが、(厳密には細かい所が違う)飽きないです、ほっとします。

コメント

CONNIE STEVENS

2008年07月06日 | 今日の一枚

コニースティーブンスです。6月25日発売でした。ワーナー・ブラザーズ・レコード創立50周年記念フォーエバー・ヤング・シリーズです。

Connie

いやぁ、すっかり忘れていました。あぶないあぶない。でも本当、良い時代になりました。何回でも言います、長生きはするもんだと。『ON A SLOW BOAT TO CHINA』名曲です。この曲を作った人は他にも良い曲を作っていて、何といっても、『BABY, IT'S COLD OUTSIDE』です。全てのバージョンを聞いた訳ではないので、大きな事は言えませんが、Margaret Whiting とJohnny Mercerのデュエットが最高です。

コメント