かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

「ヤマト」、観に行ってきました。

2013-01-19 21:11:00 | Weblog
 土曜日の今日、ようやく時間が取れたので、大阪まで「宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防」を鑑賞しに出かけました。これまでは大体公開最終日ぎりぎり、というような日程ばかりだっただけに、十分余裕をもって出かけられたのが嬉しかったです。
 今回は、4話を通じて血沸き肉踊る戦闘シーンはあまりありませんが、色々と謎の多い部分が少しずつ明らかになってきていたり、敵味方ともにちょっと複雑な人間関係が描かれていたりして、話に深みをつける掘り下げが多いように感じました。まあしかし、地球側が先制攻撃を仕掛けた、とは、さて、描かれたお話はともかくとして、この設定はやや無理があったりはしないのでしょうか? 異星人との初めてのファースト・コンタクトを軍が主導して、しかも有無をいわさず砲火でもって迎えるなど、少々乱暴過ぎるストーリー展開に思えます。各研究機関や政治家は、何をしていたのか、と疑問に思うばかりです。あるいはそういう物の見方こそがこれまでの映画などに毒された夢想家の戯言で、実際にもし異星人とのコンタクトがあるとしたら、我が国の政府においても、先制攻撃を是とする対応をとったりするのかもしれません。出来ればそれは違う、ということになっていて欲しいですが、ちょっと引っかかってしまいました。
 あとちょっと噴いたのは、精神安定剤として佐渡先生が「トランキライザー」を処方(?)した件。まあ精神安定剤の総称としての名称ですが、200年も進んだ人類がいまだトランキライザーに頼っているのか、とニヤニヤしてしまいました。「トランキライザー」って「正露丸」みたいだな、と。
 ところで、新しい「ヤマト」は、ちょっと打たれ弱い感じがしますね。次元航行艦の放った魚雷でピンチになっていたりしますし。旧作の、やられてやられて派手に煙を噴いて飛びながらも、ゾンビのように沈むことだけは絶対にない、というのもどうかと思いますが、もう少しこれまでの地球艦とは一味も二味も違う強靭さ、なんてのが観られたらいいなあ、と思うことがあります。とはいえ、同じ地球艦なのにヤマトだけ特別装甲が強い、というのもいくらなんでも変だなと思いますが。
 さて、次は4月。きっと暖かい良い季節になっていることでしょう。燃えたぎるドメル艦隊との決戦を期待しています。

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 日本人が酷い目にあっている... | トップ | iPhone充電に電子レン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (A.Na)
2013-01-19 22:50:59
>異星人との初めてのファースト・コンタクトを軍が主導して、しかも有無をいわさず砲火でもって迎える

地球側が先に発砲したとしても、それを地球側首脳部が決断するに至った経緯が不明なので、何とも言えませんね。

地球側が攻撃を決断せざるを得ないような何らかの行為を、ガミラス側が故意に行った、という可能性も否定できません。
Unknown (かっこう)
2013-01-20 20:16:09
先制攻撃を決断した経緯は描かれていなかったので、なんとも言えないというのはその通りだと私も思います。
想像されるものとして、外宇宙に放ったボイジャーみたいな観測機が謎の攻撃っぽいデータを最後に送ってきてその後通信が途絶えたり、冥王星等の太陽系最外縁部に設置してあった観測拠点などが破壊されるといったような前段階があったのかもしれません。
 それで、地球側が警戒水準を上げたところにガミラス艦隊がやってきた、とかならば、先制攻撃を是認する考え方も理解できないことはありません。
 ラストまでにそういうふうな行き違いの誤解を解いて和平を結ぶような話になってくれないかと期待しているところです。
 なにせ旧作ではガミラスを文字通り殲滅して民族浄化してしまいましたが、今作であふれる一般民衆をヤマトが砲火でなぎ倒す、なんていう描写はさすがに観たくないですからね。これを一体どうまとめるか、本作の楽しみの一つです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

映画鑑賞「宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防」 (気ままな絵日記)
映画公開から時間が経ちましたが、ネタバレ含みで感想を書きます(^^; 1月20日