かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

iPhone充電に電子レンジとか1億円上げますとか、騙されるのを抑止する方法って無いものでしょうか。

2013-01-20 20:20:38 | Weblog
 電子レンジでiPhoneを数十秒チン!すると充電できる、なんていうデマがネットに流れ、実際に試して壊してしまったヒトが結構な数出ているそうな。youtubeにも実験の動画が上がっていたりして、なんとチャレンジャーというか豪気というか、一台数万円の精密機械を使ってよくそんな危ない真似ができるな、と呆れるやら感心するやら、ですが、なんでそんなものを安易に信じてしまうのか、実に不思議な話です。引っかかる要因の一つに、iphoneを含むスマートフォン一般に電池のもちが悪い、という現状がありますから、それが改善できるならと飛びつきたくなる気持ちはわからないでもないです。こんなありえない話に騙されるのがどうかしている、と言えなくもないですが、私自身、過去色々なもので結構馬鹿馬鹿しい類の「機能改善」グッズとかに手を出したりもしていましたから、あまり「どうかしている」とまで言い切るのもどうかな、と思ったりもします。電子レンジのマイクロ波で云々、なんて言われたら、なんとなく出来そうな気がするのかもしれませんし。私としては、ネット上の怪しげな情報に惹かれて裏付けもなしに高価な物を生贄に捧げるその性急さの方が、騙される云々よりも驚きといえるかもしれません。
 騙されるといえば、先日も「余命少ないのに2億の宝くじが当たったので、あなたに1億上げます」という引掛けに2000人もの人間が引っかかり、誘導された有料サイト等で1億9千万円あまりが騙し取られる、という事件があったことがニュースになっていましたが、この手の情報に釣られてしまう困ったヒトが世の中には一定数存在するんだ、と改めて知りました。ただ、うちに来ているスパムメールでは、この手の「プレゼント」企画や当選モノは最近めっきり減りましたね。それより今は、ロトが当たるというのと相変わらずのH系、それと、有料放送が無料で見られる魔法のカード、というのばかりです。ニュースに掛かった時には詐欺の手口は既に更新されてしまい、新たな被害者を生み出す、というのでは、国民に情報を周知する報道機関としては後手に回りすぎている様に感じます。このへん、もっと何とかならないのでしょうかね? ネット社会が当たり前のように言われるようになってきている今日、例えば、この手のネット上での詐欺に対してテレビや新聞がもっと感心を高め、それこそ天気予報並みに、最新の手口をドシドシ公開して注意を呼びかけるとか位してもいいんじゃないかと思います。あるいは、抗ウイルスソフトのような、スパムメール専用のワクチンを創って随時データ更新して受信拒否や受信しても直ちに削除するような判別ソフトとか。
 それなりに考えてはいるんでしょうが、騙されないようにするための教育、なんてのも充実させる必要もあるんでしょうねぇ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「ヤマト」、観に行ってきま... | トップ | インフルエンザ発生! さて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事