かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

香港二日目は大雑把な印象です。

2018-11-16 21:12:38 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は6.2℃、最高気温は18.7℃、五條市の最低気温は4℃、最高気温は18.9℃でした。今日も朝から良く晴れて、強い冷え込みとなりましたが、昼過ぎからは曇り空になっていたようです。
 さて、香港2日目の今日は仕事でほぼ1日立ちっ放しでした。まあ昼食休憩の時は一応座っていましたが、逆に言えばその時しか座ること無く過ごしました。足腰ともガチガチに固まってししまいましたが、あと2日ありますから頑張らないといけません。幸い、あれほど寝られなくて難儀していた夜が、昨夜はぐっすり眠る事ができた事です。夜寝られたらなんとかなりそうです。
 とりあえずの香港の印象は、1970年代と2020年代が道一つ挟んで同居している街、という感じです。
70年代の方は、自分の子供の頃のあの雑然とした雰囲気が伺えて妙に懐かしいですし、新しい方はただ感心するばかりですし。でも、お金がおもちゃ臭く感じるのは、トルコの時と同じですね。国は違うのに妙な所で似通っているものだと思いました。

コメント

早朝から飛行機に乗るために、余計な努力をしております。

2018-11-15 20:17:49 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は6.6℃、最高気温は17.2℃、五條市の最低気温は4.8℃、最高気温は16.2℃でした。今日は朝から良く晴れて、強い冷え込みとなりましたが、昼間の奈良の空模様はしばらく分かりません。まだまだ夜中な4時から起き出し、5時過ぎの始発電車に乗るべく暗い中出発しましたので。いつぶりか記憶も定かではありませんが、久しぶりに車窓から朝日が上るのを拝みました。そんな朝早くからどこに行っているかというと、関西空港を経て香港まで来ております。9時半の出発で2時間前集合と言うので、家から2時間はかかる私としては致し方なく始発に乗る事を選択せざるを得ませんでした。ここで一番の問題は、トイレです。朝一番の電車は各駅停車相当で、関空行きに乗り継ぐための大阪阿部野橋(天王寺)駅まで行くのに1時間ばかりかかります。朝は標準的な日でも体調を崩して腹具合が悪化しやすく、過去何度も到着した駅でトイレに駆け込んだりした事があり、それが嫌でできる限り車内でもトイレを確保できる特急に乗るように、最近はしております。しかし、こんな朝早くから特急など走っておりませんから、何とか1時間凌ぐか、途中トイレ休憩を取るゆとりを生み出さねばなりません。そこで時刻表を精査して、万一途中下車しても後続の電車で間に合うよう時間を調整し、更に、起き抜けにお腹を刺激しないよう、軽く白湯だけ飲んで朝食は食べずに出発し、もう一つ保険に電車に乗って直ぐ第1世代型花粉症用抗アレルギー点鼻薬を吸引して眠気を惹起し阿部野橋まで寝てしまおうとしました。たまたま昨夜もまた寝られず、驚いた事に一時間毎に目覚めて時計を確認する、というのを一晩中してしまいました。そのために眠気が強く出たのか、電車で寝てしまう、というのは思いの外うまく行きました。まあ熟睡とは言い難いですが、腹具合の制御には成功したのですから、個人的にはそれで十分です。もっとも、最近抗アレルギー剤による睡眠導入がうまく行かない事が多くなってきています。昨夜も点鼻薬を使ったのに寝られなかったですし、身体が妙に慣れてしまったのか、何とも困った話です。
 何はともあれ香港には無事着きましたし、初日の予定も消化できましたので、明日に備えて早く寝ると致しましょう。枕が変わってひょっとしたら思いの外眠る事ができるかも知れませんし、期待しながら寝るといたしましょう。

コメント

2時半に目が覚めて寝られなくなる、というのも大概情けないものです。

2018-11-14 20:20:59 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は8.7℃、最高気温は14.4℃、五條市の最低気温は5.5℃、最高気温は11.7℃でした。今日も一日曇り空で日差しがなく、薄ら寒い一日になりました。今朝はそれなりに寒かったですが、明日朝はもっときつい冷え込みになるそうです。既に現時点で昨日より2−3℃気温が低くなっており、このまま下がってくれば、冬と変わらないところまで下がってくるんじゃないかと思われます。11月も中盤に来て、ようやく季節が追いつきつつあるようですね。

 さて、明日は始発に乗って出かけないといけないのでとっとと寝るべきなのですが、あまり眠くないのが困ったものです。昨夜は22時に就寝し、ふと目覚めて時計を見るべく枕元においてあったタブレットのスイッチを入れましたら、2時38分、と表示されていました。できれば二度寝でしっかり時間が取れるから4時過ぎ位であってくれ、と願いつつ時計を見たので、寝ぼけもあったのか、一瞬自分が何を見ているのか判らなくなったりしましたが、すぐに理解して拍子抜けしました。就寝から4時間半というと、ちょうど眠りが浅くなって夢を見るタイミングのはずですが、だからといって草木も眠る丑三つ時に目が覚めなくても良さそうなものです。まあならばゆっくり寝直そうとそのまま横になっていたのですが、これが今度はまたなかなか寝付けません。さすがに朝まで3時間も眠ることもできずにただ横になっていた、という訳でもないでしょうから、途中幾ばくかはおそらくは寝たのでしょうが、その感触がなく、意識的には5時半に起きるまで、ずっと寝られなかった、という不満が残りました。それならそれで今時分はもう眠くてたまらない、という状態になっていて欲しいものですが、何がおかしいのかそんな眠気もなく、もう無理やり薬を使って寝ることにはするものの、体調とか本当に一体最近どうしたのだろう、と気をもむことしきりです。やっぱりここはキチンと時間を取って然るべき医者にかかるべきなのでしょうね。明日からの出張を終えたら、今度こそ医者を探して診察してもらいに行くといたしましょう。といったのがフラグで、「あの時行っておけばよかったに・・・」なんてことにならないように、祈っておきたいです。
 というわけで、明日以降少し更新が乱れるかもしれません。まあ書き込むための環境はありますので、後は時間次第でしょうね。

コメント

都バスの運転手って2千人もいるんですね。その大脳データが得られれば、色々判ることもあるのかも?

2018-11-13 20:13:45 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は12.8℃、最高気温は17.2℃、五條市の最低気温は11.1℃、最高気温は14.2℃でした。今日は昨日の雨が残っていたのか、朝から雨模様の天気でしたが、程なく雨は上がり、後はずっと曇り空のまま一日を終えました。やや肌寒い一日でしたが、それでも11月半ばと思えば割と暖かな日だったのではないかと思います。しかしこの暖気もとりあえず明日までくらいのようです。明後日木曜日からは冷え込みが一段と厳しくなる予報で、それが暫く続くようです。明後日はちょうど早朝から始発の電車に乗って出かけないといけないというのにそんな寒さになりそうとは、自分のめぐり合わせの悪さを痛感いたします。せめてできる限り暖かくして出かけたいですが、そうすると昼間は荷物になるし、何かと厄介ですね。

 さて、東京都で、都バスの運転手約2,000人の全員を、4年かけて脳のMRI検査にかけることを決めたとのことです。一人あたり約2万円、合計4000万円あまりの検査費用は、都の予算を組んで全額出すのだそうな。近年、運転中に乗務員が意識を失って危険な状態になるバスが出ていることから、そのような危険を未然に防ぐため、脳の検査を実施、脳梗塞などが発見された場合は直ちに勧告し、医師の診断や精密検査を受けるように勧めつつ、運転から外して営業所業務や、駅のロータリーでの誘導業務などへの配置転換も検討するとのこと。まあ運転手といえば乗客の命を預かるお仕事ですから、やらないよりはやった方が安心はできるでしょう。ただ、日頃の健康管理も大事ですし、脳梗塞も今はなくても数年後にはできるやもしれず。確実な安全を期するなら、1回全員やったら終わり、ではなく、定期的に続けていかねば安心とは言えないでしょう。まあそれはともかく、一度しっかりやってみたら良いデータが得られると思います。運転手をしている働き盛りの男性(女性もいるんでしょうか?)の2千人分の脳MRI画像データがあれば、結構色々なことが判ったりするんじゃないでしょうか? そのうち、都の他の職員も、全額はさすがにどうかとは思いますが、多少は補助して一斉に脳MRIにかけてやれば、職種による違いとかも見えてくるんじゃないでしょうか?

コメント

かっこうのつれづれ、開設5,000日達成!

2018-11-12 19:53:23 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は10.5℃、最高気温は18.2℃、五條市の最低気温は8.2℃、最高気温は17.6℃でした。今日は昨日とは打って変わって朝から曇り空で、一日日差しもないまま夜を迎え、雨が降ってきました。幸い私が帰宅するときにはたまたま雨がほぼ上がって、たまにポツリと頭の上に雨粒が落ちてくるくらいでしたが、昨夜の夢で鳥の糞が頭に落ちてくる、というのを観たせいか、まさか雨じゃなくて鳥か? と少し構えてしまいました。幸い夢と違い雨だったので胸をなでおろしましたが、夢とはいえ汚物を頭に落とされるというのは気分の良いものではありません。とはいえ、夢占い的には糞便は金を表し、自分が汚物に汚されると、幸運とか金運とかが上昇するというのが相場です。この所体調がいまいちで困ったものではありますが、何かいいことがあるのだとしたら期待したいですね。

 さて、今日は見逃さずにちゃんと記念日を押さえることができました。拙ブログ「かっこうのつれづれ」、ついに開設5,000日達成です! わー!パチパチパチ! とはいえ危ないところでした。なにげに1週間ほど前、ブログ会員ページの入り口で、開設499○日目、というのを観たおかげで、なんとか忘れず見逃さずに今日を迎えることができました。これまで割と記念日を当日はスルーしてしまい、後から気がつく、というパターンを踏んでいましたから、こうして無事キリの日を記録できたのは僥倖でした。ちなみに開設した5000日前は、今はもう遠い2005年の3月5日のこと。以来たまに忘れたりしつつも更新を続けて13年半余り、よくもまあ続いたものです。投稿数は、今日も含め5,427本。小説で複数投稿した日もいくつかありますから、5000を少し超えていますが、実際投稿してない日はほとんど無く、あっても年に数日のはずですから、9割9分はきっちり投稿しているはず・・・、と思い数えてみたら、投稿してない日が64日ありました。惜しい、9割8分7厘2毛、でした。開設初期の2006年に16日、7年に11日、14年に9日(これはトルコに行って更新できなかった分ですね)が大きく、他の年も2,3日とか5日とか割とこまめに抜けていました。完全に1年書き通したのは2011年と2012年の2年だけ。大分気合も入っていたんでしょうね。ちなみに今年は、残念ながら1月から1日休んだ日があって、現時点までで3日書いていません。まあこのままなるべく書き忘れを伸ばすこと無く、7千日目には9割9分を達成できるように、もう少し頑張ってみることにいたしましょう。

コメント

こうのとり搭載の「魔法瓶」が無事領海内に着水、回収されたとの朗報がありました。

2018-11-11 19:29:48 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は8.3℃、最高気温は20.5℃、五條市の最低気温は4.8℃、最高気温は19.2℃でした。今日は朝から良い天気でしたが、風がなくよく晴れたために朝は何日かぶりに強い冷え込みとなりました。夜になってまた気温が下がり始めているので、この調子なら明日朝もそれなりに下がってきそうです。とりあえず、風邪など引かぬよう暖かく過ごすのが吉ですね。

 さて、国際宇宙ステーションでの無重力条件下での実験で作成したタンパク質などの試料を日本に迅速に持ち帰るため、宇宙貨物船「こうのとり」7号機に搭載した専用カプセルが予定通り南鳥島近海の日本領海内に着水、近くで回収のため待機していた船が無事カプセルを回収することに成功した、とのニュースがありました。これで日本は独自に実験試料などを回収するシステムの構築に成功、しかも高い精度でそれを目標に落とすということにも成功しました。
 こうのとり自体は、行きは物資を積んでいますが、帰りは不要物などを積んで、機体がきっちり燃え尽きるよう国際宇宙ステーションから地球に自由落下するします。ようするにゴミの焼却処分というわけですが、そのために必要なものを持ち帰る訳には行かず、その必要がある時は、ロシアの宇宙船などに依頼する必要がありました。当然日本に届くまで時間がかかるわけで、新鮮さが求められるようなものは、なかなか難しかったそうです。
 そこで今回は、大阪の魔法瓶メーカーであるタイガー魔法瓶株式会社へ特注した専用のステンレス容器を用いて、内部温度を4℃に保ったまま海上に落とすという実験を行い、無事に成功した、というわけです。はやぶさの時はただ自由落下してくるだけのものでしたが、今回はエンジンを噴射して姿勢を制御しつつ減速をかけ、試料への衝撃を少しでも減らしながら落ちてくるように作られています。高真空層を挟むことで断熱された内部は、容量20Kgとまだまだ僅かなものですが、いずれ更に大型化できれば、人も乗せて地上と宇宙を往還できる装置にできるかもしれません。
 今回の実験で、JAXAは運んだ試料を研究者に引き渡す一方で、カプセルの性能について検証を加えて行く予定です。それらの情報をもとに改良などを行い、2年後予定のこうのとり9号機で再び実験を試みる、という可能性があるとのこと。

 日本の宇宙開発はこれまでいまいち頼りない気がしてましたが、限られた予算でこうして次々と成果を上げていくのを観ておりますと、いずれ独自の有人宇宙探査もできるようになるのでは、と期待も高まります。そのためにも、もっと予算をかけ、人材を育成し、研究をつないでいかないと、と強く思います。

コメント

消費税増税、なんでもっと単純に考えて議論しないのでしょうね。

2018-11-09 21:33:39 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は17.3℃、最高気温は21.7℃、五條市の最低気温は13.4℃、最高気温は21.2℃でした。今日は朝からしっかり雨が降り、8時過ぎに一旦小止みになって、その後昼頃には晴れ間が見えてきたのでこれで雨も終わりかと思っておりましたら、帰宅する頃にはまた降り出してきました。帰りの近鉄大和西大寺駅で、どこかで大雨があって列車が5分ほど遅れている、とアナウンスがありましたが、まさかそんなに雨が降るとは思いませんでした。この雨も今夜限りで明日は一日上天気になるようです。明日はちょっと大阪まで出かけようと思っていたので、都合の良い天気になりそうでよかったです。もちろん目的は、「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第6章回生編」を観に行くことにあります。まあ大阪なので雨が降っていてもあまり影響は無いですが。まあ楽しめればそれで良しなので、とにかく明日はのんびり出かけるといたしましょう。

 さて、消費税増税、色々と議論が瞑想しているみたいです。それもこれも、軽減税率とか景気対策とか余計なことを考えているせいですね。そもそも売るものとか売り方とかで税率を変えようなど、現場知らずの混乱のもとでしかありません。上げるなら上げるでごくごく単純に一律で上げればよいのです。景気対策だって、下がるのはしょうがないと諦めればいいんじゃないでしょうか? そんな事は3%のときも5%のときも8%のときもあったことで、そのうち落ち着いて来ることでしょうし、景気対策は商品券配ったりわけのわからないポイント付けたりする小手先の技よりも、もっと根本的な方法を検討してしかるべきでありましょう。大体、景気が悪化するのが嫌なら増税を止めればよいのです。一時それを理由に増税するのを見送ったのですから、また同じことをすればよろしい。その上でしっかり景気対策を検討し直して、これなら行けるという政策が出来上がってから、景気対策を打つのと同時に増税すればいいでしょう。議論が本末転倒というかピンぼけと言うか、目の前の混乱を観て自分もその渦中にわざわざ嵌まりに行くからわけがわからなくなっているのであって、一歩引いて冷静に考えれば素人でもある程度どうすればよいかそれなりには思い浮かぶのですから、プロの政治家ならそれぐらい朝飯前にやって欲しいものです。


 
コメント

京都市バスの市直営が半分になっていたとは、今の今まで知りませんでした。

2018-11-08 20:22:07 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は10.7℃、最高気温は23.9℃、五條市の最低気温は8.2℃、最高気温は22.8℃でした。今日も一日よく晴れて暖かな一日でした。明日は西から低気圧が近づいてきて雨になるようですが、足が異様に早いので雨が上がるのも結構早くなるのかも。うまく行けば、傘いらずで通勤往復できるかもしれないですね。

 さて、観光客大幅増で黒字が拡大している京都市バス、実は半分が民間バス会社への委託運行だったというのを、今日の「京阪バスが2019年度いっぱいで京都市バス事業から撤退」というニュースで初めて知りました。てっきり京都市が100%運営していて、運転手さんは公務員だと思いこんでいたのですが、実はそうではなかったのですね。京都市バスは818台のバスを運行しており、うち406台が民間会社6社が運行、うち京阪バスは6系統66台で全体の8%を占めるとのこと。京阪バスが撤退したところは新たな事業者を求めるか市の直営分を増やす必要がありますが、京阪バスの動きを見て他にも撤退や縮小を考えている事業者もいるそうで、このままだと京都市の経費がかさんでくる恐れがあると困っているらしいです。でも、経費がかさんでも黒字なら別に悪くないだろうと思うのですが、増収することと経費負担とが釣り合っていないのでしょうか? それならそれで民間がわざわざやるわけもないでしょうし、観光客増でバス需要は高まるばかりなのですし、今でも半分は直営しているのですから、あまり困ることもなさそうに素人目には感じられます。もちろん、とにかく人手不足の業界ではありますから、減った分の人材を手当するのは大変だろうとは思いますが、それはまあしっかり給料をはずんでヒトを集めるなり、役所の中の人材を抜擢して鍛え上げるなりするより無いでしょう。あるいは京都バスや近鉄バス、京阪バスなどに業務委託ではなく路線を譲渡するとか。
 ところで奈良の場合は京都ほどではないにせよ観光需要は増加しているはずです。事業は奈良交通バスが一手に握ってますが、間に合っているんでしょうか? 以前はあまり見かけなかった女性の運転手も、通勤で使っているバスではよく見かけるようになりましたし、女性ドライバーの積極的な登用もありではないかと思います。

コメント (1)

抜け毛にシナモンが効くとTVで出た途端品薄になったそうですが、作用からしたら他にも色々効果がありそう?

2018-11-07 19:51:20 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は11.6℃、最高気温は22.2℃、五條市の最低気温は10℃、最高気温は21℃でした。今日は朝から一日上天気に恵まれ、暖かくなりました。朝は少しひんやりしていたのでコートを羽織っていったのですが、帰りはすっかり荷物になってしまいました。しかし、11月だというのに少し暖かすぎます。これでは10月のほうがよほど寒かった気がしますが、気象庁の一ヶ月予報でも11月は高温で推移するのだそうです。また、3ヶ月予報では、1月まで高めの気温が予報されています。まあ高いと言っても流石に冬ですからそれなりにはなるのでしょうが、灯油も高いし血圧も高くなってきている身としては、そのまま予報が当たるのはありがたい話です。

 さて、テレビ東京系の「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」というバラエティ番組で、この10月24日に放送された内容が非常な反響を読んでいるのだそうです。なんでも、香辛料のシナモンに含まれる成分が抜け毛など髪が薄くなる現象に効果があるという内容で、一気にシナモンが品薄になったのだとか。シナモンには、tie2という成分が含まれ、これが髪の毛に栄養を運ぶ毛細血管を修復・強化する作用を持っているため、結果的に抜け毛が抑えられるとのことです。
 毛細血管を修復してくれるのなら、高血圧とか美容とかにもいいはずだろうと思い、その物質tie2とはなんぞや? とググってみましたら、結構その筋では知られている物質で、アンチエイジングの基剤の一つとして認知されているようでした。まあテレビなので、よりセンセーショナルに伝えやすい「抜け毛」に焦点を絞ったのでしょうが、問題は口から摂取して十分な効果を発揮しうるのかどうか、です。番組では、シナモンを多食するインド人は毛がふさふさな人が多い、という話が紹介されていたとのことですが、あちらはそれこそ半端ない量の香辛料を日々の食事に使っているはずですので、同じ効果を発揮するまでシナモンを食するというのは、よほど好きな人でないと、日本の食生活の中ではかなり厳しいんじゃないかと思います。シナモンはサプリメントも色々出ているみたいですし、どうせならそっちの方が摂りやすいんじゃないでしょうか?

コメント

189名ほぼ絶望、事故機は未だ見つからずという非常時でも営業再開というのには驚きました。

2018-11-06 20:09:04 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は15.1℃、最高気温は22.1℃、五條市の最低気温は15.1℃、最高気温は20℃でした。朝からけぶるような小雨が降る生憎の天気でしたが、雨はすぐに止み、昼前には日差しが戻ってきました。そんな天気だったせいか朝から随分生暖かな空気に包まれ、流石にコートを置いて出勤しましたが、薄手のセーターもいらなかったかもしれません。明日は朝から晴れのようですが、気温は相変わらず高めの模様です。昨日の夜も少し暑くて途中で掛け布団をどけて寝ていましたが、今夜も寝具は少し考えたほうが良さそうですね。

 さて、消息を絶ったインドネシアのLCCライオン航空のB737MAX8ですが、懸命の捜索にも関わらず、また、水深30m程とそれなりの深さではありますがそれなりに潜ることができる深度であるにも関わらず、未だにボイスレコーダーや機体の大部が見つかっていないのだそうです。事故などの際には自動的にシグナルを発する緊急位置発信機(ELT)の信号がなかった、との情報もあります。乗員乗客189名は既に絶望視されておりますが、事故前日のフライトでも不安定な飛行で乗客を不安がらせていたそうで、機体のトラブルは想像以上に深刻なものだったのかもしれません。しかし、新型機のまだそんなに飛んでいない新しい機体でそんなトラブルが発生するとは、一体何が原因なのか、ますます気になるばかりですが、驚いたことに、ラオン航空では早くも営業を再開、飛行機を飛ばしているのだそうです。同社は国内で最大のシェアを占めているのだそうで、インドネシア政府も強い対応を取れないとのこと。まあさすがに日本ではなかなか考えにくい話ですが、国が違えば色々常識も違う、ということで理解するより無いでしょう。私だったら、そんな原因もわからないのに平然と飛ばすような会社の飛行機には乗りたくないものですが、離島の多いインドネシアでは、ライオン航空が飛ばないととにかく困る、というようなこともあるのかもしれないですね。

コメント

朝から微弱ながらずいぶん長く揺れる地震がありました。

2018-11-05 20:21:57 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は12.1℃、最高気温は23.3℃、五條市の最低気温は12.9℃、最高気温は21.9℃でした。今日は朝のうちは曇っていましたが、9時を回る頃には雲も切れ、青空が広がりました。夕方前にはまた曇り出して夜はすっかり空が見えなくなりましたが、今夜半から明日にかけては雨ということですし、暖かい夜になるようですので、そのつもりで布団などを調整して寝るといたしましょう。

 さて、今日の朝8時23分ごろ、地震がありました。震源は先日の地震のやや南東寄りですが、震源の深さは50キロとのことでよく似た位置になります。マグネチュード4.5で先日よりやや控えめで、足元の震度は1の記録になっていましたが、ビルの5階に位置する職場では、ゆらーりゆらーりと長周期で随分長時間揺れ続ける地震になっていました。建物が比較的新しいですから、ひょっとしたらわざと揺れて力を逃がす免震機構でも備わっているのかもしれませんね。
 それにしても、こうも立て続けに有感地震に遭遇すると、「何か」の予兆か、とちょっと警戒したくなります。今回の震源も、もうすぐくるぞ、と言われている南海地震の予想震源域の東の端に当たりますし、地下深くで何が起こっているのかわからない以上、警戒するに越したことは無いでしょう。とはいえ、警戒って何ができるというものでもなし、突発的な事態には慌てたりしないように気をつけておくくらいしかできないでしょうね。

コメント

我が国の科学技術振興政策って、まさしく「仏作って魂入れず」になってしまってるんじゃないかと思います

2018-11-03 22:38:33 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は8.3℃、最高気温は20.4℃、五條市の最低気温は6℃、最高気温は19.1℃でした。今日も朝からよく晴れた一日でした。その割には朝はさほど冷え込まず、昼間も随分暖かくなりました。一進一退で少しずつ秋が深まっていくということなのでしょう。明日は朝のうち少し天候が悪化しそうですが、昼間はそれなりに晴れそうです。少し出かける予定もあるので、雨にならなければありがたいですね。

 さて、5年ごとに科学技術の振興に関する政策の方針を定めた「科学技術基本計画」について、2016年から始まった第5期がちょうど折り返し点を迎えています。現政権は、この5カ年で国内総生産600兆円を実現するため、科学技術を経済成長の柱と定め、5年間で26兆円の予算を確保してその振興を図ろうとしていますが、一方で研究現場では、論文の減少や若手の伸び悩みなど多くの課題を抱え、政府の思惑のようには事態は動いていないようです。この10月末に文部科学省総合政策特別委員会が、第5期の進捗状況を分析し公表していますが、その中で浮き彫りになった我が国の研究環境は、かなり厳しいものになっています。特に、これからを担う若手の育成は優先事項とされてきましたが、理系を敬遠したり、理系大学に進んでも大学院博士課程には進まなかったりという、研究を仕事にするヒトの育成はうまく言っているとはとても言えない状態になっています。また、大学の方も業績評価で予算が削られ、組織としての体力が失われており、大学の途方もない量の雑務が研究者に押し寄せ、もはや自由な研究が可能な環境ではなくなって久しいです。
 そんな現状をどこまで正確に分析し、打開策を検討しているのか、甚だ心もとない限りですが、そもそもからして、科学技術と一口に語るところからしても、科学と技術を一緒くたにして経済成長とリンクさせて考えること自体
が明らかにおかしいと何故思えないのか、不思議な気がします。
 今、毎年のようにノーベル賞を受賞したり有力候補に上がったりしているのは、大半は随分昔の研究の結果であって、今の科学振興政策の成果ではありません。では今の科学振興政策による成果が将来のノーベル賞を始めとする研究評価の対象となりうるのか、また経済発展のきっかけとなりうる成果を生み出せるのかと言うと、このような課題が噴出しているような状況で明るい未来を予測することなど到底できないでしょう。
 どうも個人的には文部科学省がテコ入れを考える度に現場が混乱して研究が滞るという悪循環が生まれているように感じるのですが、一度戦後数十年の科学技術関連政策のもたらした功罪を洗い出して点検してみるべきではないでしょうか? 

コメント

「もんじゅ」で懲りたのではないの? と思っていましたが、なかなかそうはいかないらしいです。

2018-11-02 21:58:38 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は6.8℃、最高気温は19.1℃、五條市の最低気温は3.8℃、最高気温は17.4℃でした。今日は朝からよく晴れた一日でした。朝の冷え込みも一段と厳しく、今日は手袋をして出勤しました。この分ですと来週にはマフラーも必要かもしれません。昨年よりも1週間ばかり早く冷えてきている感じですが、奈良公園の紅葉はまだ今一つの様子です。順調に行っても11月後半にならないときれいに色づかないのかも?
 ところで今日の夕方、5時少し前に地震がありました。ちょうど仕事でとあるホテルの4階にいたのですが、ゆらーりゆらーりと左右にゆっくり揺れたのが気味が悪く、その後ひょっとしたらガツン!とくるのか、と警戒してましたが、地震はそれで終わりました。震源は和歌山県沖、御坊と白浜の間、ちょうどみなべ町の沖合数キロ辺りで、震源の深さは50キロ、マグニチュード5.4、至近の和歌山や徳島では震度4も観測されたそうです。私がいた奈良の辺りは震度2とのことでした。しかし、地震などより驚いたのが地震警戒速報で、そこにいた人々のスマートフォンが一斉に地震が来ます!と大声を張り上げたのには何より驚かされました。まあ知らないよりは知った方がいいのでしょうが、あんなに周り中でけたたましく鳴り響かれては、かえってそれに驚いて適切な行動が取れなくなりかねません。あのシステムにはまだまだ改良の余地があるんじゃないかと思いました。

 さて、相次ぐトラブルで廃炉と決まりながら、その廃炉作業中にもトラブルが発生してたりする不運の高速増殖炉「もんじゅ」に代わる高速炉開発が計画されているのだそうです。経済産業省の作業部会で、もんじゅの建設・運営に携わった三菱重工業、電気事業連合会、日本原子力研究開発機構の各幹部が、「他国でも開発の主流で技術的蓄積もあり、2040年代までに運転開始できる」として、もんじゅ同様のナトリウム冷却炉の開発を継続するように要請を上げたとのことで、経産省ではその要請を受け、ナトリウム冷却炉を軸に検討し、今後10年の開発工程表を年内にまとめる方針とのことでした。
 うーん、ナトリウムは冷却効率に優れる半面簡単に発火して事故が起こりやすいという致命的な欠点を持つ冷却材だと素人目には思えるのですが、プロの目には、その欠点も克服できる見込みがある、ということなのでしょうか?設計上は安全でも施工が完璧に仕上げられるか、また、経年劣化への対策はどうなのか、とか、未知の要因が山のようにあってリスクの計算などそう簡単には成り立たなかろうと思いますが、それも所詮は素人のたわごとに過ぎないということなんでしょうか? いずれにしても、安全で間違いない、とのたまうのなら、もう少し言葉を重ね条理を尽くしてその安全性について国民に説明する義務があるだろうと思います。ただでさえ、もんじゅの体たらくや福島原発での事故で日本の原子力行政や開発機関への目は厳しくなっているのですから、それを克服するにはそれなりの努力が必要だと思います。

コメント

墜落したインドネシアの旅客機からブラックボックスが回収されたそうです。

2018-11-01 19:46:23 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は7.7℃、最高気温は17.9℃、五條市の最低気温は4.3℃、最高気温は16.7℃でした。今日は朝のうちは薄曇り、その後快晴の青空が広がって、午後はまた曇りがちになりました。そのためか昼間も気温が上がらず、肌寒さを覚える一日になりました。私も昨日の反省から朝はハーフコートを重ね着して出勤しましたが、マフラーや手袋もしても良いかもしれない、と今朝は感じました。五條市では5℃を割り込んでいますし、朝の気温だけならもう立派に冬の入口ですね。明日朝は更に冷え込むかもしれないようです。ここに来て冷え込みがきつくなってきましたから、昨日の夢が当たらないよう気をつけませんと。

 さて、インドネシアのLCCライオン航空が飛ばした最新鋭旅客機B−737MAXが離陸直後に墜落し、海没した事故で、待望のブラックボックスが捜索に当たるダイバーの手で一つ回収された、というニュースがありました。ボイスレコーダーかフライトレコーダーかまだ不明とのことですが、謎に満ちた墜落の原因の究明が、これで前進すると期待されます。
 ただ、乗員乗客はほとんどがまだ見つかっておらず、どうやらまだ海底の旅客機内に閉じ込められていると予測されているそうです。早くから全員が絶望視されていたのは何故だろうと思っていたのですが、不時着には程遠い状況で海に落下し、脱出する暇もなく沈んでしまったということなのかもしれません。
 事故原因などは今後の調査を待つよりありませんが、よくよく考えてみると旅客機って万が一の時の脱出方法がまともに装備されていない乗り物ですね。これが戦闘機だったら座席が射出されたり、この間宇宙に上がり損ねたロシアのロケットでも乗員を緊急脱出させる装備が仕事をしたりしていますが、旅客機の場合、緊急時に脱出できるかどうかは、機体がほぼ無傷で陸地なり海上なりに降りていることが必須の条件になっています。もちろん全座席に戦闘機のような射出座席が付けられるはずもないですし、訓練もしていない一般旅客がそんな装置で外に放り出されても助かることなどまずありえないでしょうから、同じような装置など不要には違いないのですが、それ以外の安全で簡便な緊急脱出方法が、研究・開発されてもいいんじゃないでしょうか? いくら旅客機は滅多に落ちない安全な乗り物だと言っても、いざ事が起こったときにはほぼ100%助かりっこない、というのは、いささか日常の乗り物としては不安が拭えないと思います。非常事態時に数百人も無事に機体から脱出させるような方法なんてどう考えてもやっぱり無理、ということになるのかもしれませんが、最初から諦めていては進歩もありませんし、ぜひ誰か、またはどこかでそういう研究に取り組んでもらいたいものですね。


コメント

あまりに長く不調が続くので医者に行ってみたら、とりあえずきっちり寝てみたら? と指導されました。

2018-10-30 19:35:16 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温は12.9℃、最高気温は19.9℃、五條市の最低気温は6.9℃、最高気温は18.6℃でした。朝から曇りがちで、どうやら明け方くらいに軽く地面が濡れるくらい雨が降ったような様子もありましたが、昼以降はすっかり晴れ、時折流れてくる雲に日差しが遮られる他は、総じて良い天気になりました。明日以降も週末までまずまずの天気が続くようで、過ごしやすくなるようです。
 ようやくそんな秋らしい天気になりましたが、個人的にはこの9月早々からどうも体調が思わしくなく、倒れるほどひどくはならないものの、不調の波が次々押し寄せるように、常に身体のどこかが具合が悪い、という日が続きました。主な症状は喉のいがらっぽさとお腹の調子ですが、時には胃が痛くなったり、左あごの奥、リンパ節に炎症が生じて一時食事するのも疎ましくなるほど痛くなったり、様々な症状が現われては、対症療法で適当な薬を使ってそれを押さえ込む、というのを続けていましたら、不調のまま2ヶ月たってしまった、という状況です。
 はじめは夏バテが顕在化したのだろうと思っていましたが、いつまで経っても治りませんし、これは仕事のストレスのせいではないか、とも思うようになってきました。そうは言っても過去ここまで不調が続いたのは記憶にないですし、長くなるとさすがに色々不安にもなってきます。そこで、たまたま時間がとれたので近所のかかりつけの内科医に相談してみることにしました。で、医者曰く。症状ごとに検査してみるのが通常の手だけれど、癌とかよほどはっきりした原因でもない限りは結局不明になることが多い。とれる手段は症状ごとの対症療法しかない。ましてやストレスが原因だとしたらなおのこと薬などでの対処は難しいだろうとのことでした。ただ、最近睡眠不足、というか早期覚醒で睡眠時間が削れ気味なことも話してみると、それを解消したら諸症状も落ち着くかもしれない、ということで、5年ほど前に一度処方してもらった睡眠導入剤を改めてもらって、試してみることにしました。
 まずは昨夜できる限り時間を切り詰め、処方された薬を飲んで21時過ぎに就寝。2時過ぎに1度目覚めてトイレに行き、4時頃再び目覚めてまた寝て、5時45分に起床しました。睡眠時間8時間余り。このところ6時間少々という日が続いていたので、随分とゆっくり寝た気がします。依然と同じく途中何度か目が覚めましたが、昨日までならその後寝られなくて難儀するところをまあまあの眠気で比較的速やかに2度寝3度寝しましたから、以前よりはましな睡眠の感じがします。まあこれで不調が快復するならありがたい話ですが、さすがに一晩くらいでどうこうもならないでしょうから、今しばらくは様子見です。
 ただ先日までは朝から眠気があったり腹の調子が悪かったりするような諸症状がありましたが、今日はそれが余り感じられず、比較的心身とも堅調に保たれています。ならばというわけで、今週はとりあえず睡眠導入剤を使いながらどうにかして少しでも早く寝るのを心がけることにしました。
 あと医者に言われたのが血圧の高さ。はじめ、血圧が上がったから不調なのかと医者に相談したら、高血圧は症状が出ないからやっかいな病気で、もしそれで不調になるなら年寄りの指導に医者は苦労しない。と否定されました。ただ念のため計ろうかというので見てもらったら、上は150オーバーという困った数字が出てしまいました。これも寝不足が解消されれば下がる可能性もあるが、それでも下がらないなら薬が必要になるだろうな、との御託宣。運動も余りしなくなりましたし、ひょっとしたら近いうちに高血圧の薬も必須になってくるのかもしれませんね。とりあえず寝るだけで改善されればよいのですが。

コメント