かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

4月から商品の値上げが相次ぐらしいですが、こんな状況で消費税アップって実現できるんでしょうか?

2019-03-31 20:10:14 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温8.9℃、最高気温は12.8℃、五條市の最低気温は6.7℃、最高気温は12.1℃でした。今日は強い西風が一日中吹き続け、多めの雲が高速で空を流れて時々日を隠す、という荒れた空模様でした。夕方5時頃には分厚い雲が流れてきて一時小雨がぱらつきましたが、風があったおかげか洗濯物は思いのほか良く乾きました。しかし、20時を過ぎて気温は朝の最低気温を下回り、更に下がっていくようです。折から、真冬並みの強い寒気が南下してきているそうで、明日朝は4月とは思えない冷え込みに見舞われそうです。

 さて、明日4月から、食品が色々と値上げされるのだそうな。原材料価格の高騰や物流費の上昇が響いていているのだそう。牛乳やヨーグルトは10円程度、1.5L入ペットボトルの清涼飲料水も20円程度、麺類やサバ缶なども値上げされるのだとか。
 人手不足による物流経費の上昇は、適正な賃金を得られるようにある程度消費者も応分の負担をせざるを得ないと思いますし、値上げもやむなし、という部分はあるように思えます。一方でTPPで輸入関税などが下がって安くなってくるものもありますし、消費への影響はそう大きなものにはならないのではないかと思いますが、一方で、国の統計が恣意的に操作されていた先般の「事件」などを鑑みると、今回の食料品値上げなどの動向を含め、この秋の消費税の増税は難しくなってきているんじゃないか、という気も素人目にはしてきます。複雑に過ぎる軽減税率などは今でも見直すべきだと私は思いますが、それ以前に、経済的環境が増税は無理、という状況であるのだとしたら、政府や野党の皆さんには少なくとも次の参議院選挙までにはどうするのか、どう考えているのかその方針を出した方がいいのではないかと思います。参院選の重要な争点の一つになるんじゃないかと思うのですが、さてどうなりますでしょうか。


コメント

ヒンドゥー教では誤って牛肉を食べてしまうとインドまで行って寺院で魂を浄化しないといけないのだそうな。

2019-03-30 21:28:33 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温7.9℃、最高気温は19.8℃、五條市の最低気温は4.9℃、最高気温は19.9℃でした。今日は天気予報で雨、と見たのですが、降ってきたのは午後遅くになってからでした。天気が崩れるという話でしたから洗濯を控えていたのですが、気温は高いし風もあるしで朝起きてからすぐに取り掛かっていれば十分に降り出すまでに乾いていたことでしょう。残念なことをしました。しかしながら、降り出してみるとバラバラと大粒の雨が強烈に落ちてくるわ雷がなるわで中々に激しい雨でした。一歩間違えて取り入れが遅れていたりしたらまた洗濯やり直しになっていたかもしれません。そう考えるとやっぱり手を付けずに明日に持ち越したほうが良かったかとも思いますし、何とも判断の難しいところです。

 さて、ニュージーランド在住のヒンドゥー教の教徒が、スーパーの表記ミスで羊肉のつもりで誤って牛肉を食べてしまい、魂を清める儀式を行い信仰を取り戻すため、インドまでの旅の資金を求めてもめているのだそうです。店の方は、信仰心を尊重して謝罪し、200ドル相当のギフト券をプレゼントしようとしましたが、教徒の方はその受け取りを拒否、訴訟も辞さず、怒りを露わにされているのだとか。
 私も、トルコの大学の方を迎えた際に、食事時の豚肉や豚関連製品には随分と気を使いましたが、宗教的な禁忌はよほど意識して気をつけないと、宗教に関して世界有数のいい加減さを誇る大半の日本人には理解できないでしょうし、それがどれほどそのヒトにとって大切なことか、想像することすら難しいことでしょう。ニュージーランドのスーパーが即謝罪して1万5千円相当の慰謝料を出したというのは、十分な対応に思えてしまいますが、信心されているヒトにとってはたまったものではないのでしょうね。しかし、魂の洗浄にインドの寺院まで出かけて神官による儀式を受けなければならないとは、しかもそれが1ヶ月以上に渡る長い儀式になるというのは、もう少しなんとかならないのか? と感じてしまいます。
 この一件、もし裁判になったとして、果たして信者の方の主張が認められるものでしょうか? エホバの証人による輸血拒否に関連した裁判で、信者の要請を無視して輸血を行った医師が最高裁で敗訴した例もありますし、日本でもある程度は勝ち目はありそうですが、インドまでの旅費を賄える程の慰謝料を早期に勝ち取れるかとなると、大変難しいのではないかという気がします。では日本人よりも宗教に対する信仰心は高そうなニュージーランドで司法はどういう判断を下すのか、興味深い話ではあります。

コメント

声優の白石冬美さん逝去。

2019-03-29 20:19:52 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温5.9℃、最高気温は17.9℃、五條市の最低気温は4.5℃、最高気温は17℃でした。朝は昨日同様曇りがちで気温もやや低めでしたが、日が出てからは春めいて暖かくなりました。ただ、残念ながら明日は雨になり、明後日も天気の回復は望めそうにないという、折角の休日に残念な空模様になりそうです。明日は一日のんびり部屋にこもって過ごすと致しましょう。

 さて、声優の白石冬美さんが逝去されました。享年82歳、虚血性心不全で意識不明となり、そのまま帰らぬ人となってしまったそうです。82歳、そこそこのお年ではありますが、女性の平均からすれば、まだ数年は寿命が残っていても不思議ではありませんでした。昭和から平成にかけて、アニメ史を支えてきた一人がまた逝ってしまいました。
 白石冬美というと、個人的には初代ガンダムのミライさんとパタリロ!ですが、巨人の星で物陰から主人公飛雄馬を見守る姉、星明子もそうだったと知って、ああなるほど、確かにあの声だ、と思い出しました。ただ、モノクロアニメ時代の「怪物くん」の主人公怪物太郎は、観ていたはずですがさすがに幼少時の事のせいか声を思い出すことができませんでした。あとオバケのQ太郎のドロンパもやっていたそうですが、これは逆に新しい観てない方だったため、全く判りませんでした。というか、オバQって3作もあったんですね。私はモノクロとその後の新オバQしか知りませんでした。

 故人の冥福を祈りたいと思います。合掌。


 
コメント (1)

愛知県で豊臣秀吉直筆の書状が発見されたとのこと。中々達筆なのが驚きです。

2019-03-28 20:17:01 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温12.9℃、最高気温は16.9℃、五條市の最低気温は12.3℃、最高気温は17.8℃でした。今朝は分厚い雲が空を覆い、時折、けぶるような小雨がぱらついておりましたが、程なく雨が止んだ後は、昨日同様薄曇りの青空とは言い難い空模様でした。朝の気温が非常に高かったからか、そんな空でも結構気温が上がりましたが、日が落ちてからはかなり急速に気温が下がり始めており、明日朝はそこそこ冷え込んでくる模様です。終末はあまり天気が良さそうにないですが、しばらく寒い朝が続きそうな予報で、4月と言うには少々肌寒い日もあるかもしれません。

 さて、豊臣秀吉が、朝鮮出兵の際に、第2軍を率いる加藤清正に宛てて出兵を命じる朱印状が、発見されたとのことです。愛知県刈谷市歴史博物館が発表したもので、文禄の役で1592年4月に清正が出陣する直前、3月23日の日付のある実物であると目されています。
 朱印状は、縦21.5センチ、横125・5センチ、軸装されており、その紙質や形状、竜のような形が特徴の秀吉の朱印が押されていることなどから、本物と断定されたとのことです。写真を見ると、素人目には中々流暢な運びの達筆に見えましたが、ググってみると、秀吉の筆運びは、うまいというより自由なのびのびした字なのだそうです。熊本城を建てた加藤清正はその後断絶しているので、加藤家関係のものは散逸し、発見されるのは大変貴重なのだとか。処分されたりすること無く、400年以上を経てこうして見つかるというのは実に素晴らしいことです。元大阪市民として、立志伝中の代表的な御仁である豊臣秀吉は好きな武将の一人ですが、その直筆とあれば、是非一度現物を拝んでみたいものですね。

コメント

アレグラでは対抗しきれない花粉が襲来? 妙な夢を見たのはそのせいでしょうか?

2019-03-27 20:04:02 | 夢、易占
 今朝の奈良市の最低気温5.4℃、最高気温は19.5℃、五條市の最低気温は1.8℃、最高気温は20.1℃でした。今朝はそこそこ冷えたようですが、通勤する時間帯にはコート無しで出歩くと少しだけ肌寒く感じる程度になっていました。昼間は職場から遠望される生駒山の山並みがモヤに隠れて見えなくなっていました。それで雲が多いのかと思いましたらそんなこともなく、日差しはそれなりに届いていました。そこで、これは早くも黄砂が来たのかと思いましたが、調べてみるとそうではないようです。一方で今朝から鼻がムズムズして何度もくしゃみが出ました。薬は飲んでいるのですが、どうやらそれでは間に合わなかったようで、この時のために用意しておいたステロイドの点鼻薬を使ってようやくくしゃみが収まりました。環境省の花粉情報を見ると、桁は一つ少ないながらも奈良県内でそこそこの花粉が飛んでいたようです。時期的にスギではなくヒノキであろうと思われますので、恐らく私はスギよりもヒノキの方により過敏で弱いのでしょう。思えば毎年3月にほぼ確実に体調を崩すのも、スギ花粉というよりもヒノキ花粉のせいだったのかもしれません。全く厄介なことです。

 さて、そんな中、今朝は朝4時に一度目覚めた後、珍しく2度寝して5時半に目覚めるまでに夢を見ましたので記録しておきましょう。
 私は、仕事関係の展示商談会に来ています。会場の前の広い空間は、大きなホテルの玄関ホールのようで、3階分くらいの高い吹き抜けの空間が明るく照らされています。広間の中央付近に入場者アンケートを記入する台が置かれており、その近くに私の恩師の先生(先日亡くなった方ではなく、その研究室で当時助手だった先生です)ともうひとり誰かが立っています。私はその先生に気を配りつつ、会場の入り口近くに設置された長机の方に移動しました。長さ180センチ幅45センチの定形の長机が2台付内で並んでおり、向かって左側はアンケート用紙などが積まれ、右側は、机の右端に60センチ四方くらいの立方体の台のようなものが置かれ、その上に福引のガラガラのようなモノが置かれています。その左側の空きに、数本の鉛筆が入っている筆入れが置かれ、ここでアンケートに記入できるようになっています。私はそのアンケートを答えておこうと。しっかり研ぎ上げられて先が尖っている鉛筆を一本取り、A4用紙ほどのアンケートの解答欄に記入を始めました。大抵展示会のアンケートは、仕事はなにかとか何を目当てに来たか、というような項目が並んでいるものですが、何故かそのアンケートは妙な設問が多く、回答に手間取りました(ちなみにどんな質問事項だったかは記憶に残りませんでした)。ようやく書き上げて提出しようと思いましたがその場所がありません。見ると、机の上に幅5センチ長さ30センチ高さ15センチ位の細長い装置があって、A4のアンケート用紙が手前側のスロットから吸い込まれ、後ろ側に抜けていくのが見えます。どうやらスキャナーかファックスらしいのですが、これに回答用紙を差し込むのか? と思いつつ、現在移動中の紙を観ていましたが、それが抜けきる前に、左手奥から係員が来て、私の用紙を受け取り、入場を促してきました。

 ・・・妙な夢ですが、やたら記憶がはっきりしているのが印象的な夢でした。何か象徴的なものがあるのかどうか、にわかには判りませんが、易の卦を立ててみるとあまり良い卦では無かったので、なにか注意をする必要があるのかもしれません。それがなにか判れば良いのですが。


コメント

両陛下来県!

2019-03-26 19:52:07 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温7℃、最高気温は18.1℃、五條市の最低気温は5.6℃、最高気温は17.4℃でした。朝から暖かい空気に包まれていましたが、その後は日差しもあって気温が上がり、冬装備では暑い位になりました。これでようやく一気に本格的な春になるのかと思いきや、まだ週後半から来週にかけて不安定で気温が下がる日があるようで、桜の開花など、冬に思っていたよりも遅れて始まりそうです。

 さて、今日は天皇皇后両陛下が我らが橿原市に行幸され、初代天皇こと神日本磐余彦尊を祀る神武天皇陵に退位のご報告に参られたのだそうな。日頃は人出も少なく緩やかな空気の天皇陵周りも、この日ばかりは大変な賑わいで両陛下をお迎えしたのだとか。初代が即位されてから125代2679年を閲し、もうすぐ、新たな万世一系の大君を戴こうとしていると思うと、まさに天地の精気溌剌と希望は踊る大八洲♪ なんて気分にもなろうものです。巷では新元号をリークした、なんていう罰当たりなことを言い出すヒトもいらっしゃるようですが、数十年に一度、人生でそう何度もお目にかかることのない践祚の時なのですから、せめて静かにかつ厳粛な心持ちでその時を迎えたいものです。
 

コメント

豚コレラにイノシシ用対策が始まりましたが、運任せなやり方は対策とは言えないのではないでしょうか?

2019-03-25 20:05:46 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温1.5℃、最高気温は14.6℃、五條市の最低気温はー1.4℃、最高気温は16.3℃でした。今朝も強い冷え込みでしたが、昼間はそこそこ気温が上がり、暖かくなりました。その分花粉も飛んだと思ったのですが、環境省のデータを見る限り、以外にその量はしれていました。ただ、今日は朝から軽いめまいがして午後にはそれが強くなるなど体の不調が現れていましたし、ここ最近の体調を鑑みると急におかしくなる要素も無く、花粉による全身のアレルギー症状を疑う方がわかりやすいです。3月は毎年ほぼ確実に体調を崩す月ですし、杉が終息した後のヒノキ花粉の方が、量は少なくとも身体への影響は大きいのかもしれません。いずれにせよしばらくは休む時間を増やして、無理しないように過ごすしかありません。

 さて、また新たに犠牲となる豚舎が出た岐阜県とその隣の愛知県の山中で、ようやく豚コレラ対策のための、イノシシ向けワクチン入り餌の散布が始まりました。散布と言っても地面にばらまいたりするわけではなく、数日かけて4万個の餌を、1万穴掘った中に数個ずつ入れて埋めていく、という中々気の遠くなるような作業です。イノシシが、餌を掘り返して食べるという性質を利用した給餌方法ですが、ワクチンの寿命が数日しか無いため、後でちゃんと掘り返して食べたかどうかを確認しに回らねばならないのだとか。そんな餌が多量にあるのなら、飼われている豚の方に施せば100%確実に豚コレラの被害を防げるというのに、何匹のイノシシが居るのかも判らず、本当に食べてくれるかどうかも判らず、ワカラナイづくしの対策は、なんとも迂遠で本当に効果があるのか疑いたくなるような内容です。これで豚コレラ禍を終息できたら奇跡としか言いようがない気がしますが、これは決断できずにズルズルいって終いに全てが破局する、我が国の駄目なときのいつものパターンだなと思わずにはいられません。ただでさえTPPや何やで安い海外産豚肉が黒船のごとく押し寄せてこようという今、一刻も早く事態を収拾するのが最も肝要なことでしょうに、何とも残念な事になりそうな気が致します。
 まあ心情としては成功を祈りたいところもあるのですが、考えれば考えるほど素人目にも怪しい効果しか期待できそうもありません。とりあえずは様子見ですが、本当にどうしようもなく致命的な事になる前に、決断すべきだと思います。




コメント

グレープフルーツが激減しているのだとか。そう言えば最近とんと食べなくなりましたね。

2019-03-24 20:23:34 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温2.4℃、最高気温は12.1℃、五條市の最低気温はー1.4℃、最高気温は12℃でした。今朝は真冬並みの寒さで昼間も気温はあまり上がりませんでした。よく晴れて日差しがあるところはポカポカ陽気だったのですが、昨日同様北西の風が冷たく、日陰では震える寒さになっていました。おかげで洗濯物はよく乾きましたが、お彼岸も過ぎたことですし、そろそろ春らしい気温に落ち着いて欲しいです。

 さて、最近、柑橘のグレープフルーツが激減しているらしいです。総務省が実施している統計の一つ、家計調査によると、我が国の1世帯あたりのグレープフルーツへの支出額が、2007年には全国平均で年間934円だったのが、2018年には240円と1/4近くに減少しているとのこと。そのために、若い世代ではそもそもグレープフルーツという果物自体知らなかったりする場合もあるのだとか。そう言えば、ここ数年自分もグレープフルーツって食べてないな、と思いましたが、ひところはスーパーの果物売り場でバラで山積みにされて売られていた果実が、最近はほとんど見かけなくなってきているのだそうです。今度少し意識して見るようにしてみましょう。
 グレープフルーツ離れの一因は、日本の柑橘が、ひところの「温州みかん、夏みかん、八朔」だけの状態から、色々な甘くて美味しく食べやすい品種が山のように現れ国産品が賑わいを見せることで、99%を輸入に頼り、食べる時も包丁でむくか輪切りにしてスプーンで掬って食べるかしないと食べられない面倒臭さが敬遠されたのではないか、と言われているようです。一方で1Lの紙パックジュースや清涼飲料水のタイプのものはまだまだ出回っていますから、食べにくさで敬遠、という話はそれ相応に信憑性がありそうです。
 また、大産地であるアメリカ・フロリダ州が一昨年強烈な台風(アメリカではハリケーンでしたね)で大損害を受け、グレープフルーツの生産も激減したのも、影響があったかもしれません。
 そう言えば、最近グレープフルーツについて見かけたのは、今服用している高血圧の薬の注意書きに、「グレープフルーツと一緒に飲まないこと」とあったことです。なんでもグレープフルーツの成分に高血圧の薬と飲み合わせの悪いものがあって、一緒に飲むと薬の作用が強く現れ、意図せぬ血圧低下を招いて危険なんだとか。普通に常食されていた昔ならいざしらず、今やグレープフルーツがこれだけ見かけなくなってくると、逆に気をつけていないと思わぬところで事故になりかねないかもしれません。忘れないようにしないといけませんね。

コメント

恩師のお葬式に参列すべく、ちょっと遠出してきました。

2019-03-23 20:50:50 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温4.1℃、最高気温は11.7℃、五條市の最低気温は1.8℃、最高気温は10.6℃でした。氷点下までは生きませんでしたが、結構冷え込みました。昼間も天気はさほど悪いわけでもないのに北風が冷たく、コートなしでは辛い様子でした。場所によっては時折しっかりした雨も降っており、安定感に欠ける空模様でした。明日も似たような天気になりそうで、不安定な状態はもう少し続くみたいです。

 さて、そんな中、今日は5時起きで香川県まで出かけてきました。昨夕、大学の恩師の先生の訃報を聞き、告別式に参列するため急遽出かけることにしたのです。式の開始が午前10時半だったため、新幹線で行ってもこちらを6時前に出発しなければ間に合いそうにありません。土日は早朝にバスも走っていませんし、20分かけて橿原神宮前駅まで歩き、近鉄、新幹線、瀬戸大橋線を乗り継いでなんとか間に合わせました。
 しかし、本格的なお葬式に参列するのは多分10年以上ぶりで、黒のネクタイとか数珠とかよくすぐに見つかった、と自分でも驚きでした。基本、葬式というのはどうも嫌いで、死んだらその時点で全て終了、後は個人との関係を自分の中で整理するだけでしかないのに、どうして仰々しく大勢集まり、既に単なる肉塊に過ぎない死体を前にして読経したり弔事を読んだり、色々と大金かけて行うのか、私には理解できないため、これまで仕事関係などでも極力出ないようにしておりました。それでも流石に世話になった恩師の最期ともなればと思い、かなり無理して出かけてきましたが、最初から最後まで参列して、やっぱりお葬式というものの必要性には疑問を覚えざるを得ませんでした。ただ、出棺の前の献花で故人の顔を拝んだのだけは、意味があったように感じられます。今の遺体管理技術が優れているのか、3日前に息を引き取って、既に身体の全細胞が活動を停止しているとはとても思えず、本当に寝ているようにしか見えませんでした。私の中でああこれが最後だな、と瞬時に感得することができた気が致しました。
 とはいえ、いずれ父や母が亡くなる時は故人の遺志を尊重してどうするか決めますが、遺言等無ければ葬式を挙げることはしないでしょう(まあ親戚関係には色々言われそうなのでその点は多少考慮しますが)。また、私自身が亡くなる時は、法に則り遺体を焼き、社会的な様々な手続きを完遂してくれたら十分で、絶対に葬式など挙げないようにと遺言しようと思います。まあ死んでしまえば後で何をされようとされまいとどうしようもないですから、結局は自己満足に過ぎないのではありますが。

コメント

イチローも引退するという事実に、とめどない時の流れの厳粛さを感じさせられます。

2019-03-22 20:42:24 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温12.1℃、昼の最高気温は12.9℃、五條市の朝の最低気温は11.7℃、昼の最高気温は12.1℃でした。回りくどい書き方をしているのは、最低気温は夜8時現在更新中、最高気温は、奈良市が0:03に16.5℃、五條市が3:25に16.9℃を記録していたためです。昨夜から朝にかけては異様に感じるほどの暖かさ、昼から夜にかけては季節が大分逆戻りした寒さ、という状況で、明日朝もそれなりに冷え込んでくるでしょう。明日は未明からお出かけしないといけないので、このような気候は全くもって願い下げなのですが、こうなったからには諦めて行くよりありません。久しぶりにガッチリ防寒装備を固めてのお出かけとなりそうです。

 さて、マリナーズのイチロー選手がついに引退を表明したという昨日の会見以来、随分ネットやマスコミを賑わしています。かつて、50歳まで現役を唱え、本当にそれが実現するのではないか、と思わせるような時もありましたが、若い超人たちがひしめくプロの世界でそこまで続けるのは流石に無理があったのかもしれません。それでもここまで現役を続けてきたというのは手放しで素晴らしいことで、ヒトの可能性の到達点を築き上げたのではないかと思います。

 しかし、時間はやはり誰しも平等に刻まれるものなのですね。平成もついにもうわずかとなった昨今ですが、将来、平成時代を代表する一人になるに違いないイチローがその最後の年に引退するというのは、なんとも象徴じみた光景に思われてなりません。


コメント

今や国民の6割近くが花粉症? 大気汚染対策はあれほど迅速・完璧に成し遂げたのに花粉対策は何故こんなに遅々として進まないのでしょう?

2019-03-21 20:20:58 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温10℃、最高気温は22.1℃、五條市の最低気温は9.4℃、最高気温は23.2℃でした。奈良市五條市どちらも20℃超え、しかももうちょっとで一日中2桁気温という暖かな日になりました。朝から雨が降り、曇りがちで日差しも殆どなかったにもかかわらずこの気温ですからこの後一体どうなるのかと思いきや、明日以降気温ががくんと下がって、しばらく肌寒い時間帯もあるみたいです。桜もこの2日間で随分蕾が膨らんだと思いますが、奈良県で咲き出すのはもう少しかかるかもしれません。ピークは過ぎたかと思っていた花粉もこの気温に誘われたかピーク時並みの大量噴出がありました。まだまだ油断ならないですし、次はヒノキにイネ科花粉と厄介なものが続きます。

 さて、その花粉症について、発症率の都道府県ランキングが発表されました。ウェザーニュースが北海道と沖縄を除く全国45都府県向けにこの3/15、16に聞き取り調査を実施したもので、9361人の回答を元に集計したものです。それによると、全体の58%が花粉症の自覚を持ち、首位山梨県では77%と3/4以上が花粉症持ち、2位群馬県69%、3位静岡県67%と過半数を超える県が33に登りました。我が奈良県は64%で6位と中々の高水準になっています。これを観るとやっぱり山が多いところが数値が高い様な感じがありますが、東京埼玉愛知といったところも奈良県の前後にありますし、どうも一概に山の多さと関係があるとも言い難いところがあるようです。逆に少ないところは青森県31%、鹿児島県35%などとなっています。
 かつての大気汚染の時はヘドラが登場したりして大いに公害が叫ばれ、その対策が迅速に進められて、今や光化学スモッグとかめったに聞かなくなりましたし、海も随分ときれいになったりしています。それと比べると花粉症がこれほど蔓延し、国民を苦しめる災害級の難病化している中で、その対策は遅々として進まないでいるのは一体どういうわけでしょうか? まだ花粉症では発生してないようですが、単に目や鼻だけの症状ではなく、皮膚炎や気力の減退、頭痛、体調不良なども惹起することが報告されており、いつそれが更に重症化してアナフィラキシーショックで死亡事故など重篤な被害が発生しやしないかと思うと、中々に肝が冷える毎日です。そんな悪夢がやってきた時、一体政府はどう責任を取れるのでしょうか? 70年代の運動や政策で、大都会中心に猛威を奮った酷い公害を見事克服したのですから、全国で過半数の国民を苛む花粉症には、かつての公害以上の努力を注いでもおかしくなかろうと思います。戦後の林業政策の失敗が現状を招いていることを思えば、国は総力を上げてその尻拭いをやるべきでしょう。

コメント (2)

佐賀県が大々的に売出し中の新品種イチゴが、2年も前に県職員の手で流出していたという衝撃的な話がありました。

2019-03-20 21:33:37 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温4℃、最高気温は20.9℃、五條市の最低気温は2℃、最高気温は19.6℃でした。奈良でもついに20℃超えです。やたら暖かい昼間だな、と思いましたが、そこまで気温が上がっていようとは思いませんでした。花粉もそこそこ多めに飛んでいますが、10日ほど前にピークを迎えた後は、かなり少ない数値になっています。暖冬の影響で短期間にどっと吹き出してしまったのでしょうか。それならこの後も安心なのですが。

 さて、佐賀県が今第第的に売出し中のイチゴ新品種「いちごさん」が、まだ品種登録されていない2年前の春頃、育種開発した県農業試験研究センターに勤務の60代の再任用職員の手により無断で持ち出され農家に流出、その農家から更に別の農家に流れ、増殖された苗が直売所で販売されてしまうという事件が発生していたことが佐賀県庁より公表されました。
 種苗法という農産物の新品種のための特許により、その苗を販売することはもちろん譲渡することも許されておりませんが、この職員は処分予定の苗を勝手に持ち出して知人の農家に渡すという犯罪行為を働いていました。これを受けて県では、苗の管理体制や知的財産の重要性に関する研修を徹底するなどの対策を強化すると発表、県農林水産部長から「ブランド確立に向けてさまざまな取り組みを進めている中で、誠に遺憾」などとするコメントが出ていますが、当の職員は18年3月に退職しており、「知人に栽培してもらい品質を見てみたかった。申し訳ない」との謝罪文を県に提出したとのことで、その処分などは特に発表されていないようです。
 もう既に退職しているから県として処分しようがない、ということなのでしょうか? 普通に犯罪行為だと思うので、告発して刑事事件として取り調べると良いと思うのですが。
 「いちごさん」自体は、個人的には正直なところそれほど美味しいイチゴとも思えないところもあるのですが、佐賀県が大々的なキャンペーンを張って積極的に売り込みをかけており、その名前の付け方もあって、県主導のブランド確立のやり方には少々注目しておりました。それがこの様な形で躓くのを見るとは、何とも締まらない話です。韓国に日本のイチゴなどが流出している例もあるように、農業の世界では知的財産がとかく軽視されがちでした。しかし、数十年前ならともかく、今や新品種は立派な知財です。それをないがしろにするような行為には、厳とした姿勢で取り締まっていただきたいものです。

コメント

なんと、渡り鳥同様ヒトにも地磁気を感知する機能が存在した、という研究成果が発表されました。

2019-03-19 21:44:07 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温6.4℃、最高気温は12.1℃、五條市の最低気温はー5℃、最高気温は10.2℃でした。朝の冷え込みは控えめでしたが、出かける時ちょうどバラバラと大粒の雨が降り出して、バス停までの僅かな距離で結構被弾してしまいました。その後は東京まで行ってたので奈良の気候は判りませんでしたが、東京の温かいことと言ったら! アメダスのデータを見たら19.2℃まで上がっていたんですね。奈良の朝晩を想定した服装で行ったら、たちまち手荷物が増えてしまったので、この時期の服装は選択が難しいです。

 さて、東京大と米カリフォルニア工科大などの共同研究チームが、人間にも地磁気を感知する機能を持つということを発見した、と学会誌に発表しました。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感に次ぐ第6感というべき感覚で、今後の研究次第ではなにか面白いことが見つかるかもしれないそうです。
 以前は、渡り鳥などと違い、ヒトには磁気を感じる能力はない、とされてきましたが、今回の実験では、18−68歳の日本人やアメリカ人などの男女34人の頭部に地磁気と同じくらいの強さの磁気を当て、脳波を観測したところ、磁気の向きに応じて無意識のうちに異なる反応する脳波が観測されたそうです。これにより、ヒトには地磁気を大まかにあんじとる能力がある、と判断されたわけですが、無意識下なので自覚されるわけではなく、利活用するにしても相当鍛えるなり補助的なデバイスを用意するなり、何らかの工夫がいりそうです。
 それにしても、地磁気のような弱い磁気に感応するとしたら、スマホとかヘッドフォンとか頭の近くで磁気を発するものを使うのはなにか影響しそうな感じがしますし、強烈な磁気を浴びせるMRIなどは大丈夫なんだろうか、とか思ったりしますが、それらについてもまだまだ研究していく必要があるということなのでしょうね。
 私など天性の方向音痴ですから、大まかでも方角が判るようになればありがたい場面もありそうなものですが、ひょっとしたらそもそも磁気を感知する能力が弱いから方向音痴になる、ということもあったりするのかもしれませんね。
 今後の研究の進展に期待したいです。

コメント

高血圧ガイドラインが厳しく低めを突いてくるらしいです。

2019-03-18 20:06:15 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温0.2℃、最高気温は15.4℃、五條市の最低気温はー0.4℃、最高気温は14.2℃でした。朝は冷え込みましたが、快晴の空がたっぷり日差しを届けてくれたおかげで昼間はかなり気温が上がりました。ただ、午後遅くには薄い雲が空を覆い、夕方以降は段々雲が厚くなってきて、満月4日前の丸さが増してきた月に傘がかかるような感じになっていました。明日は昼から雨の天気予報ですが、仕事で東京に出かけるので、ひょっとしたらあまり降られずに往復できるかもしれません。

 さて、日本高血圧学会、という我が国のお医者さんの血圧関連の方々で組織される学会が、この程、高血圧の基準値を改定されるそうな。これまでは上140下90からを高血圧、としていた「高血圧治療ガイドライン」d、この4月の改訂で上130下80未満、を降圧目標値として定める方針なのだとか。我が国には、140−90以上のヒトが4300万人いるとされますが、これが130−80になると6300万人と2千万人も一気に増加することになります。国民の半分が高血圧とは、まさに病膏肓に入る、という感じがしますが、高血圧基準値と降圧目標値は目的が違い、2019年版でも高血圧基準値は140−90のまま、そこに130−80の「降圧目標値」を新たに設定する、ということらしいです。
 降圧目標値とは、高血圧とまでは言わないけれど、「生活習慣の改善が必要だよ」と呼びかける設定値とのことで、いわゆる高血圧予備軍、というやつに似ています。
 ただ、アメリカでは2017年に高血圧基準値を130−80に改めており、EUでも、2018年に降圧目標130−80未満に設定したそうです。このように高血圧基準の変更が検討され実施されている世界的な流れの中で、我が国の基準も改められることになります。
 130−80なんて薬なしだと今や絶対無理な数字ですが、薬を飲みだしてから、今や寝る前は110−70、朝は上下ともプラス10くらいに収まっています。これから暖かくなってきたら血圧もより落ち着いてくるでしょうから、生活習慣の改善に成功できれば、しばらくは心臓やなにかももちそうです。もっとも、運動嫌い、油もの好き、塩分好き、という習慣は、そうそう簡単には直らないので、しばらくは薬漬けの毎日ですね。

コメント (3)

ゲーム世界で無双すると現実世界での殺人に免疫ができたりするものなのでしょうか?

2019-03-17 20:54:19 | Weblog
 今朝の奈良市の最低気温1.8℃、最高気温は10.6℃、五條市の最低気温はー0.3℃、最高気温は9.6℃でした。今日も寒々しい一日でした。日が出る時もありましたが、基本曇り時々雨が一時強く降る生憎の天気で、しかも空気がやたら冷たいという厄介な日中でした。まあ朝のうちにあった自治会の総会の間は降りませんでしたし、出かけている最中も、車で移動中は降っていましたが、乗り降りする時は止んでいましたし、実害と言うほどのことは無かったのが幸いでした。明日はよく晴れるようですが、明後日はまた雨というのは変わらないみたいです。今週はとりあえず降ったり晴れたりを一日置きに繰り返す面倒くさい日々が続くようですね。

 さて、ニュージーランドでこの15日に49人ものヒトを殺害した無差別テロを起こした事件の主犯格のオーストラリア人28歳が、「(オンラインのシューティングゲーム)『フォートナイト』が私を殺人者になるべく訓練してくれた」と裁判所で発言して話題になっています。銃火器でヒト型のモンスターを撃ち殺していくゲームみたいですが、そんなもので発砲したりヒトを撃ち殺す訓練ができるものなのか、発言の趣旨はともかく、少々疑問には感じます。またゲームなどを危険視する論調が高まるのかもしれませんが、本当にゲームのたぐいがヒトの社会行動に何らかの影響を及ぼしうるのか、そろそろ本気でその脅威度を心理学その他の研究により、明らかにすべきなのではなかろうかと感じられます。個人的にそこまで影響されるものか? とその脅威度は低いと直感しているのですが、ある種の人物にはより強い影響を与えるのかもしれず、その様な条件なり遺伝的素養なりが発見できれば、ゲームの免許性なども検討の余地がありそうな気がします。18禁コンテンツが少子化に及ぼす影響とかも、場合によっては本気で研究すべき対象になるかもしませんね。
 しかし、コミカルにディフォルメされた3Dアニメーションで影響があるのなら、もう少したった未来に出てくる可能性のある全没入型のゲームなど、殺人鬼を量産しかねないとして極めて強い規制を受けるやもしれません。SAOの様なものは存在し得ない事になりそうですね。
 
コメント