かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

後少しです。

2005-07-31 21:41:38 | ドリームハンター麗夢
今日は家庭の所用で京都まで行かねばなりませんでした。この忙しいときに(以下昨日と同じ)、と言うわけですが、そうそう無下に断るわけにもいかず、しょうがなしに車で走りましたが、帰りは本当に眠くて眠くて、冗談抜きに危なかったです。もしこれで事故でも起こしたら夏コミがぽしゃってしまう、と自分を励ましつつ、歌を歌ったり太股をつねったり叩いたりして何とか無事帰ってきました。でも、色々試した意識を保つ方法って、実はあまり意味ないのかも知れませんね。歌を歌いながらも、ふとした拍子に一瞬だけ意識が無い状態が知覚されたりして、結構怖かったです。途中結局時間を割いて休息をとり、やっと安全に帰ることが出来ました。まさしく急がば回れ、です。
さて、そう言うわけで何とか無事、今日も夏コミ進行が続いております。
プリンタの両面刷りで怖いのは裏面印刷でのミス、と言うのは既に書きましたけど、もう少し具体的に言うと、ミスをする原因として、紙離れが良くないとき、数枚いっぺんにプリンタが呑み込んでしまうことがあるのです。それも、きれいにピッタリ重なり合った状態で呑み込んでくれればまだいいんですが、大抵数ミリづつずれて入っていきます。すると、その全ての紙に、無用な細いラインが印刷されることになり、その数枚は、わずか1ミリほどのいらない線が印刷されたがために、表面の成功印刷ごと処分しなければならなくなるのです。色々試して、結局一枚印刷するたびにその直下の紙を何らかの方法で抑えて動かなくする、という方法でしか、完全に防ぐ方法はない、と気づいたのですが、それを手動でやっているので、他の作業していたりするとつい忘れてしまうんですね。結果としてゴミと余分な仕事が増えるという精神的に相当ダメージを喰らう仕儀と相成るのです。
 それから、今回気づいた点は、PDFファイルというのは実は印刷にはあまり向いていないのではないか、と言うこと。前にPDFで一冊にしたとき、1頁印刷するのに5分以上かかっていたのですが、これは18頁印刷解像度のPDF書類が大きすぎたため、処理が重くなったのだろう、と思っておりました。ところが、今日最初からPDFで送って下さった原稿を印刷しようとしたら、単頁の小さなファイルだったにも関わらず、一枚打ち出すのに10分もかかってしまいました。これではやってられない、と急遽イラストレーターで開き、一枚物の絵になっていた文字部分を、フォントや字の大きさ、改行幅などを精密にトレースして全部打ち直し、フォトショップ形式で保存してフォトショップで印刷したところ、劇的にスピードアップ、1分強で一枚印刷できてしまいました。本当はイラレで印刷した方が手間がかからなくていいのですが、hpのドライバとイラレはどうも相性が悪いようで、今までうまく印刷できた試しがありません。そんなことで不毛な努力をする暇も根気もありませんので、イラレファイルの印刷が必要なときは、フォトショップ形式で出力してから、ソフトを替えて印刷するようにしているのです。
 そんなこんなの山谷を乗り越え、今、15人目の方の印刷が進行中です。今日用事さえなければ仕上げられたのですが、まあ取りあえずのゴールは明日にさせていただき、今日は多分16人目までは出来ると思いますので、そこで一旦終了しようと思います。

コメント

今日は仕事で大阪へ

2005-07-30 22:57:44 | Weblog
今日は仕事で昼間出ておりました。
この忙しいときに仕事などしていられるものか、と言いたいのをぐっと堪えて(笑)、取りあえず速攻で片付けて帰宅、「仕事」を続けております。
さて、両面印刷で怖いのは、片面印刷した後裏面の印刷でミスると、表の印刷も使えなくなる、と言う所にあります。順調にいっているときは別にどうと言うことのない問題ですが、一度トラブルとその分のやり直しだけでは済まず、もう一面のやり直しも必要で、都合倍の作業と時間が必要になるわけです。そう言うミスがちょっと続いて、印刷は少し停滞気味です。そう言いつつまあ6割強、つまり半分終えて裏面印刷に入っている状態になっているので、それなりに派進んでいると言えます。
 ところで今日の仕事は大阪だったので、ついでに日本橋によって色々ものを買いあさってきました。コミケカタログもそのうちの一つで、前回の冬コミでは初めてカタログ無しで臨んだのですが、どこで何をやっているか判らない悲しさで、到底ノーマルな男子が踏み入れてはならない区画に迷い込んでしまったりとなかなか大変な目に遭いました。そこで今度はちゃんと買おうと決意し、買ってきたわけで、これでようやく私も夏コミのサークルチェックに取りかかることが出来ます。と言いつつ、夏コミ進行が片づかないとなかなかそれだけの暇もできないわけですが・・・。
 あと、インクカートリッジを買ってきました。日本橋が変容したとつくづく感じたのはこのカートリッジ探しをしていたときで、端から端まで歩いてもほとんど目にすることがないのです。私があしげく通っていた時分はどこ向いてもPCショップばかりで、サプライ品など選り取りみどりだったのですが、エプソンやキャノンはともかく、HPのカートリッジなどなかなか出会えないのです。これなら、わが田舎の方が若干高くはありますが、こんなに苦労することはありません。
 ちょっと危なかったのは、歩き回っているうちに安いプリンタを見つけて、思わず買いそうになったこと。二台あれば作業効率は倍になるな、と思うと、ついふらふらと持って帰りそうになりました。夏コミ進行が終わった後どうするかを考え、何とか自制した次第。幾ら安いからと言っても、記念本にプリンタ代を上乗せするわけにはいきませんものねえ。
 そのインクカートリッジに交換して、印刷を続行中です。やっぱり初物はいいですね。きれいに印刷できて。

そうそう、仕事にいったりしたものだから、今日が土曜日だと言うことをすっかり忘れておりました。でも、恒例の種デスは総集編だったので、ある意味どうでも良かった回でした。あと話数はほとんど残ってないのに、こんなところで総集編入れて、ちゃんと終われるのでしょうね。
 来週は色々出てくるみたいで、ちょっと楽しみではあるのですが。
コメント

今回のトラブルはインクヘッドの寿命(但し深刻なものにあらず)

2005-07-29 22:05:45 | 夢、易占
 昨日はさすがによく眠ることが出来ました。久々にかなり深い眠りだったのか、今日は一日かなり快適に過ごすことが出来ました。ただ、夜の夢はなかなか興味深いというか難儀というか、つまりこういう夢でした。
 どうやらどこか土の広場にいます。所々はげた芝生が張ってあるようで、どこかの運動場か公園と言った風情の場所です。遠くに葛城山や二上山が見え、自宅近所であることが判ります。
すると、あまり天気が良くないと思う間もなく、次々と暗い雲が葛城山から押し寄せて来ました。どうやら夕立になるかも、と思いつつも、まだ雲が断片的で大きくないので不安になりつつも見ていましたら、一際大きな雲が一つ上空に流れてきて、その下部が大きく垂れ下がり、ゆっくりと渦をなしていくではないですか。竜巻だ! と直感した私が地面に伏せますと、渦は休息に地面に伸び、強い風が背中越しに吹いていきます。ですが、幸い雲が小さかったと見えて、風はそれほど強くならないまま、どこかに通り過ぎていきました。
 もう一つの夢は、職場でおとついの健康診断2ndの結果、数値が重度の病気と出ていて気が滅入っているという夢。ただ、自分ではそれほど加減が悪いとも思えないし、どうも何か数値を狂わせるものを直前に飲んだのではないか、と疑われている、という夢でした。
 
 さて、恒例夏コミ進行ですが、
 20周年記念本、順調に印刷を進めております。判ったのは、頁によって随分印刷速度が違うと言うこと。現状で一番かかるのは一枚印刷するのに5分30秒かかりますが、短いのは2分かかるかどうかと言うところ。全部5分以上かかっているといつ終わるのかと気の遠くなる気がいたしますが、どうやら何とかこれでさばけそうです。ちなみに現状は18頁中8頁目を印刷中で、今日中にこれは終われそうです。
 それと、送っていただいた表紙試し刷り用を印刷してみました。なかなかこうして表紙が印刷されますと、もうすぐ出来る、と気も軽くなって参ります。ただ、同時にプリンタヘッドが経立ってきているのが発覚。モノクロだとほとんど気づかないレベルでも、カラーベタになるとはっきり出るのでこれは交換するしかありません。ちなみにうちのhpのプリンタは、ヘッドとインクボトルが一体化しているカートリッジになっているので、これを取り替えるだけでヘッドを新調できるのです。ただ、このカートリッジが高い! その分本の価格に上乗せして元を取る、と言うのは冗談ですが、詰め替えインクで繰り返し使うので、充分元は取れる計算になります。ただ、取りあえず先立つものがいるのがちょっとつらいところです。いずれにしても無いでは表紙が印刷できませんので、明日にでも買ってこようと思います。
コメント

ようやく軌道に乗ったかも?

2005-07-28 19:52:37 | ドリームハンター麗夢
今日は眠たーい! 仕事中でも気を抜くとこっくりこっくりやってしまいそうで、
ただでさえ眠たい会議などが無くて幸いでした。もしあったりしたら、会議そっちのけで爆睡必至でしたから。
今でもキーボード叩きながらがくっと身体が横倒しになってしまいそうです。
うーん、このところ比較的睡眠時間は確保しているつもりなんですけどね。眠いときは寝るしかないと思うので、取りあえず今日は早めに寝るといたしましょう。

とはいえ、夏コミの準備はそう休息を許してくれるほど甘い状況ではないと感じています。
自分の分はあらかた出来るところまでは済み、ちょっと小休止状態なのですが、
20周年記念本はとにかく印刷あるのみ。ところが朝からプリンタヘッドのトラブルなどで
遅々として工程が進みません。現在、ようやく5頁分が終わりつつあるところで、今日中にもう1頁分出来るかどうか、と言う状況です。全18頁、ようやく三分の1に差し掛かるところですが、あと、表紙と私の提案で作ることになってしまった帯の印刷を含めて残り日数を考えますと、結構ぎりぎりの印象です。この土日も仕事やら何やらで時間が余り取れないですし。・・・ちなみに私は乙女座の血液型A型ですので、少しくらいの余裕では全く安心できない質なのです。と言いつつ私は星占いも血液型もあまり信用していないのですが、自分の性格だけは間違いありません。その私にとっては、この状況は結構不安を惹起するに足る模様なのです。いざとなったら開き直るしかないのですけどね。
 ともかく、現在は数々のトラブルを克服し、何とか順調に時間と共に仕事が進んでいく様なので、あとはマシントラブルなど時間を消費する問題が出てこないことを祈るばかりです。
出来ればこの日記をご覧頂いている方も、20周年記念本の製作が無事滞りなく進みますよう、祈っていただければ幸いです(苦笑)。


コメント

健康診断でまた血を採られました(苦笑)

2005-07-27 20:49:36 | Weblog
今日から夏コミ準備も新展開です。
と言っても、20周年記念本の印刷を始めただけなんですけど(笑)。
ところがしょっぱなからいきなり失敗。
1頁目の裏に2頁目を印刷しているんですが、2頁目の上下を間違えて都合14枚が無駄になってしまいました。
どうも前途が暗示されているのではないか、と不安にさせられる展開です。
もう一つ、やっかいなことにうちのもう年代物なPC環境では、PDFファイルの印刷にやたらと時間がかかることです。
1頁分30枚を印刷するのに2時間近くかかるようです。
全18頁だと36時間、ぶっ続けで1日半かかる計算とは、表紙だってあるのにこれは
ちょっと考えないと間に合わないかも知れません。

自分の新作は、紙折り、頁並べを終えました。あと1頁分だけ到来を待っている原稿がありまして、それが届き次第印刷して加えることで、遂に本の体裁が整います。早く表紙をはっ付けて、裁断に移りたいものです。

個人的には、今日健康診断の2回戦に行って参りました。
実は一月前の健康診断で血圧が高過ぎ! 糖尿病の疑いあり! と判定されたために、再検査が義務づけられたのです。また痛い思いして血を採られて参りましたが、これも給料のうちと諦めております。取りあえず血圧は前回よりもましになっていました。この一ヶ月梅肉エキスを常食していたのですが、その効果が出たのかも知れません。何にせよこんなところで倒れるわけにもいきませんので、しっかり食べて寝て動いて、調子を整えて参りたいと思います。

その帰りに100円均一ショップに寄って、夏コミで使えそうな展示用グッズを捜して来ました。
実は松山でたまたま入った100均でいい物を見つけたので、こちらでも無いか捜してみたのでした。
結局あるにはあったのですが、数が揃いませんでした。しょうがないので後日別のお店に行って探し、似た奴を少しずつでも入手していこうと思います。

コメント

台風、結局大したこともなく行ってしまいました。

2005-07-26 21:54:55 | ドリームハンター麗夢
ちょっとマンネリ気味の夏コミ進捗状況ですが、つまるところ今がモノの出来を左右する切所なわけでして、このマンネリな作業を黙々と愚直に続けることが出来て初めて満足できる一冊の本になるのです。そう言うわけで、今日もひたすら作業進行中です。

 まず私の新作は、紙折り80%終了。明らかに残りの紙が少なくなってきました。明日明後日には紙折も終了し、次の頁並べに入ります。

 20周年記念本は全データを集め、一つのPDFファイルにまとめるところまで来ました。
私だけ持っていてもしょうがないので、印刷担当の方に見てもらえるよう、うちのホームページサーバーに上げとこうと思ったのですが、12、9MBに達する大ファイルを置くだけの容量が無く、しょうがないので皆さんに頂いたCGの数々とアニメのファイルを一時的に削除し、何とか場所を空けました。皆さんに頂いたものの中には、既にネットから撤退なさったかしてもう行方知れずになった方のモノもあります。もちろんバックアップは用意しておりますので、夏コミ進行が終わり次第、元に戻すつもりです。

 台風、随分東に曲がって行ってしまいましたね。地震の次は台風なんて、関東はこの夏随分いじめられているようです。せめて夏コミの間くらいはごく普通の夏になって欲しいものですが、さて、いかがあいなりますことやら。関西は台風一過青空が広がり、また暑さが帰ってくるそう。今日は過ごしやすい涼しい一日でしたけど、夏らしいと言うのは、これはこれで困ったものではあります。

コメント

台風、来て欲しくもあり、避けて欲しくもあり。

2005-07-25 20:20:31 | Weblog
今日の夏コミ進捗状況。

私の新作は、最後の挿し絵を頂戴し、現在鋭意印刷中です。これで原稿はほぼ全て集まりました。
実はあと2ページ分、届くのをお待ち申し上げているのがあるのですが、それは基本的にそれほど大きなモノでもないはずですので、もう出来たも同然! という気分なのです。紙折りは更に進んで半分を超えたところ。もうこれまで何千回もしてきたためか、随分スピードが上がっている気がします。

20周年記念誌は、取りあえず最後のお一方の分をのぞいてアクロバットを使って一つにまとめてみました。すると、9.5MBというサイズになってしまいました。あの一人+投稿者リストを入れるともう少し大きくなるはずです。分割した方がいいのか、どこか適当な場所にアップするのがいいのか、ちょっと悩んでおります。うちのサイトのサーバー、容量余っていたかな?

さて、今日は台風7号がじりじり近づいてくるのが気になっておりました。
本当に、今頃台風の心配をしなくてはならないなんて、面倒なご時世になったものです。
夏コミ、今年はどんな天気になるんでしょうね?
さて、水不足なので雨は欲しいのですが、きつい風は遠慮したいところ。
明日の夜再接近だそうですので、場合によっては職場に泊まり込みになるかも?
この忙しいときにそれだけは願い下げなんですが、さて、どうなることやら。

コメント

悪戦苦闘が続きます。

2005-07-24 18:49:46 | ドリームハンター麗夢
夏コミ今日の進捗状況~

 私の新作は、新たに頂戴した挿し絵1枚と、表紙を印刷しました。また、製本準備である紙折りをはじめました。今日で大体三分の一の紙を二つ折りにし、残りも順次折り紙して、その他諸々も含めて今週末~来週頭には何とか形になりそうです。

 20周年記念本は、まず印刷用のB5用紙作りからはじめました。取りあえず70キロ上質紙A4を200枚ほど裁断して、試し刷り用の紙を確保しました。
 次に、ほぼ原稿が集まりましたので、いよいよ編集に取りかかりました・・・、と意気込んでいたら、昨日に続いてページメーカーがトラブル! インストールし直したりあちこちネットで調べて試してみたりしたものの、どうしてもPDFに出力しようとしません。そこで古いバージョンを再インストールし、とあるサイトに掲載されていた裏技的テクニックでPDF化に挑戦しましたところ、今度は何とか無事16ページのPDF書類になってくれました。
 これでほっと安心したの持つかの間、ちゃんと出力できるかどうか試そうと印刷してみたら、テキスト主体の人のページがぼやけてボロボロになっています。これだけ集めてたった2.3MBにしかならなかったのでおかしいとは思っていたのですが、どうやらとんでもなくきつい圧縮をかけているようです。そこで圧縮のオプションをはずして見たら、見栄えは若干ましになりましたけど、まだ文字が滲んだような出力になるし、ファイルサイズは今度は20MB超という、とんでもない大きさになってしまったので、ページメーカーの利用を断念。まずテキスト主体の分はイラレから直接PDF化し、1ページ単品のPDF書類にしてみました。サイズは一枚500KB位ですが今度は美しく印刷されました。フォトショップ形式で頂いていた文字いりイラストもページメーカーでは文字がもう一つの出来映えだったのですが、モノは試しとフォトショップでPDFにファイル保存して印刷してみましたら、こちらもきれいに出てきました。とはいえ単品ばかり増えても整理しにくいので、アクロバットを使って単品PDFを一冊にまとめようと思っています。ただ現在手元にアクロバットが無いので、明日それが使える環境の所に持っていって、加工してみます。
 あと、若干名の方の原稿がまだ届いていないとか、名前一覧が出来てないとか、グレースケールとモノクロではグレースケールの方がきれいに印刷できるとか、でもコントラストと明るさをいじらないととっても眠い画像になって見られないとか、色々越えなければならないハードルがいっぱいあってなかなか最終版までたどりつけませんね。もうすぐそこにゴールは見えていると思うんですが。

コメント

カガリのカリスマも大したもんです。

2005-07-23 23:20:38 | アニメ特撮
今日の夏コミ進捗状況。

まず私の新刊は、挿し絵2枚と表紙の印刷を完了しました。表紙は夢防人様のサイト(http://www.ztv.ne.jp/sakimori/)に公開されておりますのでご覧下さい。可愛らしさ満開の素晴らしい表紙になっております。

次に20周年記念本ですが、今日で15名の方の原稿が集まり、ページメーカーで取りあえずレイアウトしてみました。順番はアトランダムにとにかく一度出力できるように、と考えての準備です。ただ、PDFに出力しようとしたらどう言うわけかエラーが出てしまいます。
うーん、ついこの間までは何の問題もなく出力できていたのに。
明日午前中くらいいじってみて駄目だった場合は、ちょっと別の方法を考えないとなりませんね。

 そんなこんなで一週間が経ってしまったのですが、今週の種デス、先週のキラの余韻が未だ残る中で見たせいか、やたらとカガリが格好良かったですね。あの劇的な政権交代劇は、なかなか期待以上に良かったと思います。それにしてもあの黄金のガンダム。ウズミ氏の遺言だそうですが、スペックなど全く不明なのがちょっと気になるものの、取りあえずカガリが乗っていても結構強そうです。とはいえ、シンのデスティニーに突っかかっていくのは勇み足だと思うのですが、まさか、ここで墜とされて戦死しちゃう何てことないでしょうね。あるいはキラがまた天空から舞い降りてきたりするんでしょうか? 
 アスラン、まだ起きられないんですね。コーディネーターでも比較的身体は弱い方なのでしょうか? キラが特別過ぎということもあるんでしょうが、早く元気になってキラとコンビ組んで飛び回って欲しいもんです。
 デュランダル議長、発言が随分積極的かつ高圧的なものに変わってきました。着々と独裁者への道を歩みつつあるようです。一方 ジブリール氏は恐らく月までは何とか逃げ延びるんでしょうね。そこで「レクイエム」なるものを発動させようというのでしょうが、ラスボスは議長かこの人か、ちと気になるところです。そう言えばシンの心がきしみを上げている様ですが、今ごろこういう話を持ってきて、ラスト一体どういう風に話をまとめるのでしょう? すっきり終わらして欲しいんですが、期待するだけ無駄なのでしょうか(笑)?

コメント

実は四国に行っておりました。

2005-07-22 20:46:23 | Weblog
昨日はネットはおろか、携帯すら満足に使えない日本の「秘境」に行っておりましたので(何て言うと地元の人に怒られそうですが・・・)、更新もままなりませんでした。
どこに行っていたかというと、四国は松山市から香川の山の中へ、縦断していたのです。
松山市はさすがに四国一の都会だけあって何とかなりましたが、香川県の山中はもうどうしようもなく、諦めるしかなかったのでした。
 松山では仕事の合間を縫って松山城、秋山兄弟生誕地、正岡子規記念館を、町中を縦横に走り回る路面電車を使って渡り歩きました。一回の乗車賃150円、昭和37年製の車体なのにちゃんとクーラーも利いて、本数も多く、いい乗り物でした。かっこうは昔々の小学生のみぎり、交通事故や排ガス公害など、車社会の到来に伴う弊害をどうするかという社会科の質問に、街では車を全廃し、全て路面電車にしたらいいと発言して笑われましたが、松山の状況を見るに付け、ン十年前の私はけして間違ったことは言ってない、と再確認いたしました。何といっても、40年以上前の車体がいまだに現役で活躍しているんですから、これほどエコ社会にマッチしたものもないんじゃないでしょうか? あの値段の安さも、設備投資に対する減価償却がとっくに済んでいるから実現しているのでしょう。日本中の各自治体は、路面電車の効用を今一度見直すべきだと思います。

 松山城は残念ながら工事中でしたが、中には入れましたし、それなりに眺望も楽しめました。城のある街はいいですよね。私自身、これも子供の頃は大阪城のお堀が遊び場の一つと言うところに住んでいたせいか、城のある風景に懐かしさを加味した憧憬を覚えるのです。あと、富士山が生活する風景の中にあるような所もあこがれますね。

 秋山兄弟は言わずと知れた日露戦争における陸海のヒーローですが、地元ではちゃんと縁のある所を整備して大切にされているのが判ってうれしかったです。日露戦争というと海は東郷、陸は乃木、というような覚えられ方をしているように感じるのですが(若い人達はこの二人すら知らないかも?)秋山兄弟こそもっと日本人に知られていい人物じゃないかと私は思います。せっかく今年は戦勝100周年に当たるのですから、もっともっとこの戦争について掘り下げた報道や書籍があっていいんじゃないでしょうか。

 正岡子規はそれほど興味がある人ではないのですが、夏目漱石の周辺に必ず現れる人であり、漱石が世に出るきっかけを作った人ですから、せっかくの機会とのぞいてみました。時間が余り無くて足早に展示を流し見したのですが、結構しっかり作り込まれた感があって、もし次の機会があれば、もう少しじっくり時間をとって見ておきたいと思いました。

食べ物は「タコ」がよかったですね。刺身、煮付け、酢蛸、天ぷら、地元産の新鮮なタコを使った料理が美味かったです。あとたまり醤油もなかなか美味で、フルーティーな地ビールで頂きました。

 
 さて、夏コミ進行は私の新刊の表紙が上がって参りました。
 早速印刷して行きたいと思いますが、少し紙が不足気味ですので、まず明日紙を手配してから、
一気に仕上げる予定です。
 20周年記念本は、新たに1名の方から原稿を賜りました。一応締め切りは明日になっているので、残りの方からも原稿が届くのではないかと期待しております。この週末はこの原稿の整理と編集ですね。

コメント

出先から進捗状況更新です。

2005-07-20 22:10:45 | ドリームハンター麗夢
突然夏らしく暑くなってきましたが、何とかPCも熱暴走もなく、問題なく動いております。

ただ、今日と明日は出先からの更新になりますので、とりあえず簡単に進捗状況だけ記しておきます。

まず私の新刊は、カラー頁3頁目を印刷終了。紙折りを始めました。

20周年記念本はとりあえず今日までに集まった9名の方について、出力してみました。
B5ということで集めた原稿ですが、最初からB5で印刷するか、A4に印刷してからカットするか、
まだ決めかねています。トンボを打ってA4で印刷するのがいいようにも思うのですが、表裏で全くずれなく印刷するのは殆ど不可能ですので、もう少し工夫を考えてみたいと思っています。
いずれにしても、23日に原稿が集まり次第、改めて順番も含めて色々検討しなければなりませんので、
それまで工夫を考えてみましょう。
とりあえず今日はここまでです。
コメント

今日も仕事以外はひたすら「仕事」

2005-07-19 22:24:07 | ドリームハンター麗夢
まずは夏コミ進捗状況から。
私の新刊、テキスト部分は全て印刷を完了いたしました!
挿し絵も現在3枚目を印刷中です。まずまず順調な仕上がりです。
印刷が終わったところから、今度は紙折りが始まります。何度か書きましたが、私はDTPソフトでA4用紙にA5、2ページ分を割り付け、それを両面印刷して、都合4ページを一枚の紙に作ります。ちょうど背中合わせになるようにしてますので、1、2、3、4と言うページがあるとすると、1、4を表、2、3を裏に印刷して、2、3を内側にして折れば、4ページ分の小冊子が出来るのです。この小単位を次々重ねて25個繋げると100ページになります。これをがちゃん! と大型のホチキスで止め、天地と袖を裁断してきれいに整えれば、一丁上がり、と言うわけです。もちろん折るときに細心の注意を払って見事真二つに折ることが出来れば、仕上がりもより美しくなるのですが、もともと紙というのは完璧に真四角ではありませんので、どんなに頑張っても多少はずれます。ようは美しさと効率のバランスが取れるところでがんばるわけです。もちろんその際、2、3枚まとめて折るなどと言うのは御法度で、一枚一枚丁寧に素早く折って行きます。
折り紙が趣味の一つのかっこうにしても、これは結構重労働なのです。

もう一つ、20周年記念誌は表紙もほぼ決まり、後は原稿が揃うのを待つばかりです。多分22日から23日にかけて、残りが一息に集まることになるのでしょう。こちらも印刷が一段落付きますので、いよいよ頂いた原稿の出力チェックに入ることにします。

その寸暇にちょっと欲をかいて別企画を密かに立ち上げ中だったりします。うまくいくかどうか判らないので詳細は伏せますが、もし日の目を見るようなら、いずれこの場で公開いたしますので、何かあったら、そう言えば19日の日記に何かほのめかしていたな、と思い出して下さればありがたいです。

コメント

梅雨がやっと明けました。

2005-07-18 20:40:44 | Weblog
夏コミ進行は、まず私の新刊から。
テキスト部分の印刷は、現時点で約90%弱の進行。ちょっと遅れ気味なのは、別の作業をしている内にインク切れに気づかず、40枚ほど印刷を失敗したのが響いております。まあ量的には折り込み済みの失敗なのですが、その分の時間は余分にかかるわけで、結局今日中に終われるかどうか微妙です。まあ無理せず明日仕上げるくらいの気持ちでいたほうが、失敗が無くていいんですけどね。
カラー挿し絵は2ページ目を頂戴して早速印刷。色合い絶妙の見事な出来映えになっております。

20周年記念本は現在8名の方の原稿が集まりました。頂いた原稿を無くすと大変ですので、現在2台のPCとUSBメモリ、及びRAMディスクにバックアップを取っております。自分の原稿印刷を終え次第、皆さんのデータを出力しておこうと思います。これで、万一雷でも落ちてデータが全滅するような羽目になっても、最低限の出力は可能になるでしょう。あ、火事にでもなったら結局一緒か。まあ、そこまでの不幸は早々訪れないでしょうし、そうなったらなったで夏コミどころではなくなりますので、考えないようにいたしましょう。

さて、やっと梅雨が明けました。その割にもう一つすきっとしない天気だったような気がするのですが、暑さはやっぱり夏の暑さになっているようです。特に室内はPCが一日中稼働しているので暖房しているようなものですね。クーラーでもいれられたらましなんでしょうけど、うちは諸般の事情で夏冬とも空調はまず使わない家庭なのです。せいぜい扇風機と石油ストーブ。でもストーブも朝寒い時間帯に少しつけるだけで、灯油もほとんど使いません。おかげで暑さ寒さには慣れるのか、夏コミも冬コミも暑くて寒くて参った、と言うようなことはただの一回もなかったのですが、作業環境としては結構つらいモノがあります。工場なんかで見るスポットクーラーみたいな奴の家庭用でもあれば、まだ使えるんですけどね。でもその代わり夏コミでばてばてになってしまっても困るし。PCの排熱だけでも部屋から外に放り出す工夫が出来たらいいんですが。
コメント

今日は夏コミ進行だけで。

2005-07-17 23:23:43 | ドリームハンター麗夢
今日は一日PCの前に張り付いて、ひたすら夏コミ準備に邁進しておりました。
お天気がどうとか、事件がこうとか言うことからはほぼ完全に逃れ、ただただ缶詰状態。
おかげでかなり進展が見え、完成が見えて来つつあるかな、と言うところです。

と言うわけで、私の新刊は、今日はいよいよ印刷を開始いたしました。最終チェック用冊子を元に原稿の校正を済ませ、プリンタの調子を見ながらぼちぼちはじめてみましたが、案外進んで、
現時点で約4割の印刷を完了しました。
今回は例年通り25冊刷るつもりなのですが、1冊当たり106ページ、左右割付、両面印刷で一枚に4ページ納めます。途中インクが切れたり単純なポカなどで少し無駄紙が生じてしまいますが、それも加味して700枚くらいA4/70kg上質紙を消費いたします。
カラー挿し絵は今回8枚。うち早々に頂いた1枚を今日印刷してしまいました。見るからに「ホワッ」と湯気を噴いてしまいそうな、超絶的かわいらしさ一杯の挿し絵です。
この調子で、取りあえずテキスト部分だけは明日中に印刷を完了したいと思っています。

20周年記念本は、更に原稿が集まりまして、現在5名の方から頂戴しています。私のも取りあえず完成したので、都合6人分、半分まで後少し、と言う状況です。



ですけどまだ寝ません(笑)。
コメント

やっぱりキラは「神様」でないと。

2005-07-16 21:58:38 | アニメ特撮
 まずは夏コミ進行から。
 私の新刊は、表題、目次、人物紹介も挿入し、最終チェック用の冊子を印刷・製本いたしました。
 これは、挿し絵が下描き段階なのとあとがきがまだ抜けている以外は、ほぼスペースに並べるのと同じモノになっております。この本の目的は、最終的に誤植を拾い上げるのと、ルビをうつところを検討することが主で、話の内容に手を付けることはもうやりません。余程ひどい錯誤でも見つければ別ですけどね。確認したところから順に必要なら修正、不要なら印刷に取りかかります。

 次に20周年本は、ぼつぼつ原稿が集まりだしたところです。現在4名の方から頂きました。
そろそろ冊子状に編集してみて、具合を確かめてもいいかな、と思っております。
 自分のもようやく下描き段階です。早く仕上げませんとね。

 さて、土曜日と言えば種デスですが、この寸秒を争う時でも、しっかりこの30分だけはテレビにかじりつくという生活を律儀に守っております(笑)。
 往々にしてその出来に泣かされることも多かった作品ですが、今日は私的には実に良かった! あんな機体、いつ誰がどこでどうやって作ったのか、何て言う極当然の疑問もなきにしもあらずなんですが、そんなことを忘れさせる展開がうれしかったです。やっぱりキラにはとんでもなく強力な機体に乗って神様ぶりを発揮してくれないと、面白くないですね。しかもドラクーンシステムまで積んでて、それがキラの叫びと連動して動いていましたし、あのノリは、まるで必殺技の名前を叫んでいた昔のロボットアニメっぽくて結構燃えましたよ。フリーダムでも結構無敵だと思っていたのに、あんなのが出てきたら、一体釣り合う敵って現れるんでしょうか? 
 トラさんも25対1で、良く生き残りました。普通の空戦ならまずどんなベテランでも墜落必至な状況でしょう。それで致命傷も受けずにキラの登場まで間をもたすのですから大したものです。

 ところで、ジブリール氏はやはりオーブに逃げ込んだようですね。一体この期に及んで敗残の将をかくまって、あの親子にどうさせるつもりなのでしょう。講談モノならジブリールの寝首をかいて議長に差し出し、和を乞う、と言う姑息な策略を巡らせている図が見えてくるのですが、ラクスの言葉にもあるように、どうしてもこの番組はオーブ対ザフトを演出したいようですので、楽しみに来週を待ちます。あのちらちら見える金色の奴も気になりますし。

 ラクス達をかくまっていたファクトリーとやらは一体何者なんでしょう?オープニングを見る限り、あのドムを動かす新キャラが3人でてくるみたいですし、あんまり残り和数もないのにそんな色々出していて大丈夫なのか? と心配になってきます。恐らく、クライン家も地球で言うロゴスメンバーみたいな人達で、ああいう軍需産業とつながりをもっていたのかも、と想像しております。

 議長の「ディスティニー計画」とはなんぞや? コーディネーターとナチュラルを一緒くたに扱う新秩序構築、と言う話ですが、それが政治の話でなく、遺伝子研究と密接に関わりを持つというのが判りにくいです。もしかして、この世界では何故か遺伝子操作は卵の時しかできないそうですから、たとえば現在普通に行われている遺伝子治療のごとく、生まれたあとの人間もコーディネートできる技術を開発しよう、と言うようなことだったりすると、ちょっと興ざめかな、と思う次第です。
コメント (1)