かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

ヒジキには高濃度でヒ素が含まれていて危ないと言いつつ、長生きするにはバランスの良い食事を取れと結論。

2017-01-31 20:34:52 | Weblog
 今朝の最低気温は0.2℃。最高気温は7.2℃でした。そんなにきつい冷え込みでは無かったですが、昼間も曇りがちであまり日差しがなく、弱いながらも北風が吹き続けて、やたらと寒く感じた1日でした。昨日までが暖かく推移していたので、余計に寒さが身に沁みたのではないかと思います。これからしばらく、暖かくなったり寒くなったりを数日おきに繰り返すようです。スギ花粉もいよいよシーズン入りしたそうですし、私もこの間から目がしょぼついたりくしゃみが出たりと怪しい状態になりつつあります。花粉+気温の変化でとにかく身体に負担がかかる季節、何とか無事やり過ごしたいものです。

 さて、今週の週刊誌に海藻のヒジキに無機ヒ素が多量に含まれており、その害はタバコをも上回る、というような記事が掲載されたそうです。まあ週刊誌の書くこと、話半分でちょうどよいくらいだろうと高をくくっておりましたが、それなりに気になって検索してみると、あまりぞっとしない情報も出てきました。確かに海苔やわかめなど他の階層に比べてヒジキは無機ヒ素の含有量が桁違いに多く、イギリスでは食べないように当局が勧告しているそうです。我が国においても厚労省による調査研究など情報としてはしっかりあり、基本、通常のヒジキの摂取量からすると心配する必要はない、という結論になっているようです。ただヒ素というと慢性的に身体に蓄積していって、何十年単位で体を害する毒物ですから、心配ないと言われても、ヒジキが好きな人間としてはなんとなく不気味な感じはします。
 もっとも、日本人は昔から比較的ヒ素を多量に摂取している民族ではあります。そもそも自然界にヒ素は普通に存在して、例えばお米のような主食にもわりかし入っていますし、日本の土地に住む以上、ヒ素フリーと言うような生活はありえないと言えます。そんな環境下にあっては、ヒジキ一つでがたがた言うのもどうかという気もします。その記事も結局末尾には「長生きするには、バランスの良い食事を取るにこしたことはない。」などと書いていました。週刊誌のネタは所詮週刊誌のネタということなのでしょうね。

コメント

滅びる時は内側からおかしくなるものなんだな、と後で振り返る事になるのかもしれませんね。

2017-01-30 19:54:11 | Weblog
 今朝の最低気温は6.3℃(3:58)、最高気温は13.7℃でした。まだ暗いうちに最低気温を記録しましたが、夜が明けるまであまり変わらず6−7℃で推移していました。午前中は雨模様の天気で気温もあまり上がりませんでしたが、午後空が晴れ上がって日が照りだすとたちまち跳ね上がり、今冬でも最高クラスの暖かい日になりました。寒冷前線が東に去って、明日からは少し寒くなるようですが、週末にはまた気温が上がってくるようですし、2月に入るといよいよ春の姿が垣間見えてくるようになりそうな塩梅です。

 さて、先日からツイッターを始めて何をどうしたものか、と試行錯誤しつつその内容を楽しんでいるところですが、あまりの手軽さにうっかり仕事中に手を出しそうになって、危ない危ないと手を引っ込めるという事がありました。たとえ休憩時間でも職場内でやるのはっどうかと思いますし、ましてや業務時間内となれば見ることだってご法度と言うのが一般的な倫理というものだろうと思います。
 ところが、どうも公党の党首ともあろう方が、仕事の最中にツイッターに書き込みをされるという事をなさったようで、随分ネットを賑わせておられるようです。うーん、本当に国会審議中に書き込みなどしたのだとすると、流石にこれはあまりにみっともなさ過ぎるのではなかろうか・・・。
 
 個人的には、自民党一人勝ちという現況はどうにも危なっかしい部分も無きにしもあらずなので、ここは有力な野党勢力が必要だろうと思うのですが、残念ながら野党第1党にはその気概も矜持もなく、自滅を繰り返しては支持率を下げ続けるという有様で、観ていて痛々しいばかりです。もうあっさり党を解散して、政策の一致する人、意見の合う人同士で結集し直した方が、一時は混乱しても結局は良くなるんじゃないか、と思ったりもするのですが、今の状態を維持するのに汲々として、まるで展望が無いようなのが残念です。パフォーマンスに明け暮れるよりはひたすらマジメに仕事した方がよほど国民の支持を集められると思うのですが、貧すれば鈍するとはこういうのを言うのでしょうかねぇ。

コメント

今や、いい年して何しているの? というのは、もはや意味のない死語なのかもしれませんね。

2017-01-29 19:16:45 | Weblog
 今朝の最低気温は−1.2℃。最高気温は11.6℃でした。朝から薄曇りで徐々に厚さを増す雲に、いつ雨が降り出すのか、と思っておりましら、ほとんど暗くなりかけの頃からようやく降り出してきました。今夜中に雨雲は抜けるかと思っていましたが、天気予報では明日昼頃までぐずついた空模様が続くそうです。まあそんな天気なら、今夜はさほど気温が下がる事はなさそうです。

 さて、ニュースまとめサイトのニュースを観てましたら、去年の7月に起こった事件が今頃また掲載されているのを観ました。初めは半年前の話とは気づかずに読んでいたのですが、書いてある日付が9日と随分ズレていますし、月が書いていないのでそもそも何月の話か判りません。そこで事件の概要をググってみましたら、昨年の7月9日の話とわかった次第です。まあそれでも、当時は気づかなかったかはたまた流し読みして指して注目もしていなかったのか、記憶には全く無い話だったので、内容自体はそれなりに興味深く読みました。
 事件の現場は大阪市西成区花園北、国道26号線沿いの居酒屋付近。時刻は午後11時頃。その居酒屋で飲んでいた客4,5人が、外で暴走行為に及んでいる100名程の暴走族に「うるさい」と自転車やごみを投げ付けて喧嘩を売り、大乱闘になって、現場に急行したパトカー20台により交通規制が行われるなど騒然とした夜になったとのことです。結果、3人が頭などにけがを負ったものの、命に別条はなかった、と。100人相手に4,5人で立ち向かって3人が怪我したのみというのも驚きですが、なにより驚くのが、その双方の年齢が30−40代だった、という情報でした。居酒屋の4,5人の方は、まあそういう年齢でも不思議ではないでしょうが、暴走族と呼ばれる100人の集団の方までそんな年寄り連中で構成されていたという話が何より驚いたのです。暴走族なんて、その昔カミナリ族と呼んだ頃から、10代から20前後位の若いにーちゃんがオラオラしているものだという抜きがたい想像をしていたのに、今や高齢化の波はこのような不良集団にも及び、まさしくいい年して何やってるの? と言わずにはおれない年齢層の人たちが中核になっているというのです。まあ私も30−40頃にコミケでブース構えて自作同人誌を売るという、別の意味で年甲斐もなくオラオラしていたのでそれを考えるとあまり驚くのもどうかとは思いますし、そもそもけが人の少なさも、結局はある程度年齢にふさわしく心にリミッターがかかっていた、と思えば理解もできそうな気がします。まあそれでもやっぱり、40過ぎて暴走族はないだろう、とは思わずにはいられません。
 この田舎町でも時折夜中にマフラーを外したのか、大音量のスクーターを走り回らせている元気なのが居ますが、ひょっとしてあれもいい加減お年を召したヒトだったりするんでしょうか? 確かに我がニュータウンは県下でも有数の高齢化が進んだ地域。メット外してみたら白髪白髯シワだらけのおじいちゃんだった、としても不思議ではないかもしれません。なんとも妙な時代になってきたものです。

コメント

とうとう中国にも噛み付いた新大統領ですが、果たして南シナ海波高し!となるんでしょうか?

2017-01-28 21:24:51 | Weblog
 今朝の最低気温は0.3℃。最高気温は12.1℃でした。一週間ぶりに最低気温が氷点下を上回り、昼間も気持ちのよい青空の広がる快晴で、干していた布団もフカフカによく乾いてくれました。明日以降も季節外れの高温が続くそうで、東京では最高気温20℃と春らんまんな気温になるとの予想が出ていました。もちろん一時的なもので、それが過ぎたらまたぐっと冷え込んでくるに違いありませんが、寒暖の差が近年富に大きく広がってきているように感じられることから、身体への負担も相応に厳しくなっていると想像されます。季節の変わり目にとにかく弱い私としては、極力体調保全に意を尽くしたいところです。

 さて、良くも悪くも有言実行(?)なトランプ大統領が、今度は中国に噛みついたとのこと。実際には、大統領自らが拳骨を振り上げたわけではなく、自ら抜擢したティラーソン国務長官が、この1月上旬に中国に対して「島での建設活動を停止する」ことと、「中国は島に触れない」ことの2点を要求したことと、パイサー米大統領報道官がこの23日に、具体的な島については言及しなかったものの、これらの島は「事実上の国際海域にあり、中国の一部ではない」とし、米政府が戦略的に意義のある航路上の「国際的な領海を守る」方針であって、ある国による占領行為を防ぐ、という話をしたとのことでした。当然ながら中国も猛反発して、中国政府は南沙諸島に「争い難い」主権を持つと主張したそうですが、さてこの意地の張り合い、アメリカや中国がどうなろうが知ったことではなく、要は我が国にとってどう影響するのか、という事のみが重要でありましょう。まあ外交なんぞ、表に出ている言葉ややり取りと裏の水面下で蠢いている話とは違ってたりすることもままあるのでしょうが、例えばこのまま激烈な言葉の叩き合いを続けていくうちには、アメリカと中国が武力衝突するような可能性もあるわけで、半世紀前の朝鮮戦争の時のようにうまく焼け太ることができるのか、はたまた渦中に巻き込まれて色々面倒なことになるのか、考えてみるだけなら楽しい妄想が捗りそうです。多分本当にやり合いだしたら堪ったものではない、というような羽目になる気がしますし、核を持つ大国同士がやり合わないという補償はどこにもなく、かつてキューバを挟んで核戦争一歩手前まで行ったことだってあったわけですから、それを思えば、ただ妄想を楽しんでいれば良いわけでもなかろうとは思います。
 しかし、中国は今や世界最大級の食料輸入国であり、主要穀物こそ何とか9割以上自給していますが、大豆は8割以上輸入しており、国民の生活向上に伴って肉を生産するために必要な穀物がうなぎのぼりに増大し続ける一方で、国内の生産は枯渇する水資源に広がる砂漠などの問題で全然需要に間に合っておりません。従って、アメリカ海軍に海上封鎖でもされれば、いえ、一隻でも潜水艦が居て輸送船を何隻か沈められたらたちまち音を上げざるをえないという、まるで我が国とさして変わらない脆弱な構造になってしまってます。これでは、素人目には戦争などやりたくてもやれそうに無いように見えますが、果たしてどうなることか。
 これからも新大統領が何を言い出して何をしようとするか、当分目が離せそうにないですね。




コメント

ついに鳥インフルエンザがヒト−ヒト感染能力を獲得したかも?

2017-01-27 21:03:04 | Weblog
 今朝の最低気温は、ー2.4℃(2:51)。最高気温は14.1℃でした。夜中から明け方にかけてほとんど気温が変わらず、夜明けとともにゆるゆると上がり始めましたが、昼過ぎにいきなり跳ね上がりました。北方を通過しつつあった前線めがけ、南から暖かい空気が大挙して押し寄せて来たようですね。お陰で季節外れの陽気になってしまいましたが、ちょうど今日は1日中空調の効いた室内に居たために、その気色悪いほどな陽気には触れずに一日を終えてしまいました。

 さて、花粉の件を除けばこのまんま春まで一直線に行ってくれればありがたいくらいなのですが、まだ1月ですし紆余曲折は当然ながらあることでしょう。そんな最中、同僚の子供が通う学校でも学級閉鎖が相次ぐなど相変わらずインフルエンザが猛威をふるっておりますが、日経メディカルに空恐ろしい感じがするニュースが掲載されていました。
『中国でヒト-ヒト感染が否定できない集団感染例も 鳥インフルエンザH7N9感染者が急増、200人超える』
 というニュースです。会員ログインして全文を読んでみましたら、香港衛生署衛生防護センターやWHOの情報で、江蘇省、浙江省、安徽省、広東省と言った中国各地で鳥インフルエンザのヒトへの感染例が多数報告されており、2016年11月22日から12月29日までに106例を確認、うち80人は、鶏を飼っていたり市場で鶏を扱っていたりした人たちで、報告時点で死数35人、重症例57人となっていました。しかし、それだけではなく、江蘇省と安徽省では集団感染も発生。鳥からヒトではなく、ヒトからヒトへ感染したとみられる例があったとのことで、これまで、ヒトには感染ってもそこから更に感染を広げることがなかった鳥インフルエンザウイルスが、ひょっとしたらついにヒト−ヒト感染能力を獲得したかもしれない、という恐ろしい話です。現在、これら鳥インフルエンザ感染が認められた各省では生きた鳥を商いする市場を閉鎖、規制強化に乗り出しているそうですが、既にニューヨークや韓国では猫への感染もみられているとの情報もありましたし、果たしてこれでパンデミックを抑え込むことができるのかどうか、中国当局のやる気と能力を祈る気持ちで信じるよりない事態です。
 まあ鳥インフルエンザの蔓延を阻止できなかった韓国よりは多少は信頼できるやもしれませんが、いつ我が国にヒトーヒト感染能力を持った強毒性鳥インフルエンザが上陸するか、予断を許さない事態に突入したかもしれません。

コメント

就任から飛ばしに飛ばす新大統領には、ぜひもっと日本の事を知っていただきたいものです。

2017-01-26 20:25:47 | Weblog
 今朝の最低気温は−3.8℃。最高気温は9.3℃でした。天気図を見ると、西から大きな移動性高気圧にすっぽり覆われ、風も無く明け方の放射冷却で一気に気温が下がったみたいです。なにげに今冬一番の冷え込みになりましたが、まるで春のような天気図のせいか昼間はよく晴れてポカポカ暖かくなりました。午前中仕事で南の五條市に出向いていたのですが、山間はしっかり雪が残り、道も翳ったところは真っ白に凍りついていました。一昨日からの雪で10センチ以上積もったところもあったらしく、その雪が残っていたようです。五條市の今朝の最低気温は−5.7℃でしたから、凍りつくのも当然ではありますね。

 さて、トランプ大統領、就任直後から飛ばしに飛ばしていますね。早速TPP離脱を宣言したかと思ったら、メキシコ国境に3200キロもの壁をこさえるというそれどこの万里の長城? と言いたくなるような大統領令を発布、更にホワイトハウスのスペイン語サイトを閉鎖、国内のヒスパニック系住民に衝撃を与えていたりと、とにかく話題に事欠きません。日本にもアメ車を買え! となんだか2,30年前にも聞いたような内容の文句を付けてきたそうで、まあできたてホヤホヤの新人大統領が、これほどハナから飛ばしまくるのは中々観たことが無かったような気がします。かのレーガン大統領だって、初めはもうちょっと静かだったんじゃないでしょうか?
 まあアメ車に関しては、日本でも売れる内容の車を作ってくれれば、関税は0なんですし自然に売れることでしょう。実際ドイツ車は結構町中走っていますし、フランスやイタリアもそれなりに車を日本に出しています。日本のメーカーと提携していた企業も結構あったのに一体何をしていたんだ? と逆に問いかけてみたいところです。
 ただ、我が国の車の各種税金とか車検制度とかガソリン代とか、諸々の経費がやたらと高くついて車が売れにくくなっている部分も確かにあるでしょうから、トランプ大統領におかれては、同じ圧力をかけるならそういった我が国固有の車排除多重トラップをざっくり無くすよう、安倍総理に掛け合って欲しいものです。まあそれが実現したとしても、アメリカの自動車会社が日本向けの商品企画を真面目にやらなければ何の得にもならないでしょうが。

コメント

大体10年前と思っていましたが、本当にちょうど10年目だったので驚きました。

2017-01-25 20:44:01 | ドリームハンター麗夢
 今朝の最低気温はー2.2℃、最高気温は7.3℃でした。朝から抜けるような見事な青空が広がり、朝は寒いけれど昼間はかなり気温が上がりそうだ、と思っていたのですが、昼頃から雲が多くなり、午後はすっかり曇って、朝の想像ほどには気温は上がりませんでした。ただ明日からは、昼間は更に気温が上がって小春日和になるようです。ようやく春の兆しを微かながら感じられる用になるかもしれませんが、そうなると困るのは花粉ですね。多いのか少ないのか、は私のような易感受性の人間にはあまり意味がない話で、それよりも早いのか遅いのかが重要です。早い年には1月にはもう花粉が飛び始めているので、注意が必要とされます。はたして今年はどうなることか。

 さて、先日来ツイッターを始めて試行錯誤をしておりますが、ようやくツイートの方法が理解できたようです。まだリツイートとかいいねとか、操作方法に戸惑いを覚える部分もありますが、おいおいそれなりに使えるようになってくることでしょう。ただ、画像の方はまだ慣れが必要ですね。投稿したのを見るまで気づかなかったのですが、今日のアップしたのはあまりに大きすぎました。やり直すのも面倒なのでそのままにしておきますが、次は気をつけないと。
 それにしても、今アップしている「麗夢ちゃんタロット」、製作時の事を少し思い出そうと当時のブログなどを見直しているのですが、本格的に制作に取り掛かろうと決意をしたのは、どうやら2007年の1月21日、インテックス大阪で開催された同人誌即売会コミックトレジャーに参加して、数名の同志の方々と打ち上げを難波か何処かでやった時の話のようです。当時麗夢の旧作のDVD化が進行しており、それに合わせてファンの側も色々動こうとして、合同で記念誌という名前の同人誌を作ったりしておりましたが、一つ関西の同志だけで何かやりたいな、と言う話は以前から出ていて、タロット案もそれなりに前から話としてはあったように記憶しています。それが具体的な計画になったのが1月21日夜の話です。早速、22枚の大アルカナカードそれぞれに何を描こうか、というような話で盛り上がり、その場で6月の同人誌即売会コミックコミュニケーションまでに作ろう、という話になったかどうかは記憶が定かではありませんが、夏までに、という意識はあったとは思います。
 そこでフリーの掲示板を一つ作って意見交換の場とし、絵の内容や、カードですから裏側のデザインをどうするか、表の絵の枠のデザインをどうするか、誰が何を描くのか、などの議論を行い、かいかいさんの秀逸なデザインを私の方でイラストレーターで再現して枠と定めて皆さんの絵をはめ込んでいく、という作業を進めました。最終的には5月末までに完成にこぎつけられましたが、色々ドタバタして果たして6/10までに間に合うのか、とヒヤヒヤしていたのをなんとなく覚えています。まあそれよりも、楽しかった思い出のほうがずっと大きいのですが。
 というわけで、大体10年位と思っておりましたが、正真正銘構想からピッタリ10年目に当たる企画でした。このブログの方では、少しずつ当時の思い出して時々まとめてアップしてみようと思います。

 ちなみに、当時は各カードの製作者からカード一枚づつについて一言コメントをもらい、それを小冊子にまとめてカードにつけていました。今日アップした魔術師はこんな具合です。
「自ら理想の麗夢ちゃんを「創造」する鬼童海丸です。当初、麗夢ちゃんで実験!も考えたのですが、流一様の3D麗夢ちゃんを見て、これで行こう! となりました。(かっこう)
 連携作業第二弾。手の中の麗夢は裸にしてカプセルみたいなのに入れて錬金術師風と提案したのですが、ヌードはダメとのこと断念しました。チャンスがあれば!(輝川流一)」
 ツイッターの方で上げようかと思いましたが、字数オーバーしているようだったのでこっちに上げておきます。
 次からツイッターでアップできる文字数の時は、そちらで上げるつもりです。
 それにしても「チャンスがあれば!」ですか。当時の馬力は流石にもうありませんので今更カードづくりなどできそうにありませんが、ネット上で「チャンス」を作って作品を楽しむくらいなら、今でもまだまだできそうではありますよね?






コメント (3)

色々問題はあったにせよ、無理して事故を起こさずに済んだのは僥倖でした。

2017-01-24 22:04:47 | Weblog
 奈良市の今朝の最低気温は−1.4℃(1:03)、最高気温は6.7℃でした。夜中の1時に最低気温を記録した後はじわじわ気温が上がり、本来なら最も低くなってしかるべき朝5ー7時の時間帯は、ー0.5℃前後で推移していました。朝の通勤時間帯には雪がちらついていましたし、歩道にはところどころ雪が残って白くなっていたりもしましたが、総じて昨日と比べれば寒さもマシだったように感じます。とりあえず今後の天気は、真冬の寒気の底を一旦抜けて、週末にかけて少しずつ温かみが増してくるそうです。このところ冷えたせいか最近腰痛が強くなってきましたので、ありがたいと言えばありがたいのですが、その後はまた冷え込んでくるそうですから油断もなりません。三寒四温の言葉の通り季節は移ろいゆくのを感じつつ、それが絶叫系遊具のような乱高下にならないよう切に祈りたいと思います。

 さて、20日夜のこと、中国ジェイアールバスが運行する呉発大阪ユニバーサルスタジオ行きの夜行高速バスが、途上の福山サービスエリアで立ち往生し、8時間もの間お客が放置されたとの事件がありました。原因は運転手の体調不良で、予定外の福山SAで停車して、車両下の乗務員用仮眠スペースで横になり、そのまま寝込んでしまった為でした。この間、バスはエンジンをかけっぱなしで空調は効いており、トイレも車内備え付けの物があったようですが、ドアは施錠されて外に出ることができず、異常に気づいた乗客が110番して救助を求め、8時間後にようやく開放されたそうです。
 さて、色々問題もあるとは思うのですが、一番は安いツアー系バスならいざ知らず、割と高級扱いされるJRの高速夜行バスで乗務員が1人しかいないというのが驚きでした。確か関西から東京に向かうやつとかは2人乗っていて途中のSAで交代していたと思うのですが、最近は違うのでしょうか? 
 あとは体調不良の乗務員が何故仮眠前に会社に連絡しなかったのか不思議です。本人はほんの30分ほど仮眠するだけのつもりだったとか、JR西日本の福知山線事故で知られるようになった悪名高い日勤教育が、バス会社の方でも採用されていたとかで体調不良での乗務を知られるのを恐れたとか、色々想像はされるのですが、それらが明らかにされる日は来るのでしょうか?
 まあ何にせよ、不調を押して運転を続行した挙句事故発生、というような事にならなかったことは素直に良かったと思います。もし大惨事になっていたりしたら流石に言えませんので安堵して一言添えておきますが、なぜ狭苦しいとは言え乗務員は完全に横になって一眠りできるのに、どうして客たるものがあのような窮屈な椅子で身体を斜めにして眠らなければならないんでしょう? 道交法で規定されているからだそうですが、乗務員がよくて客が駄目というのは、やはりどう考えても理不尽に思えてならないのです。



コメント

個人的には、時代劇の大御所の一人、松方弘樹が逝ってしまいました(合掌)。

2017-01-23 20:23:01 | Weblog
 今朝の最低気温はー0.2℃。最高気温は4.1℃でした。午前中から雪が舞う天気でしたが、午後、一時向こうが見渡せなくなるほどどんどん雪が降り、少しの間だけ道が白くなりました。そんな天気のせいか気温は一向に上がらず、ひたすら寒い底冷えする一日でした。明日もまた雪混じりの寒い一日になる予定。朝凍らないと良いんですが。

 さて、俳優の松方弘樹さんがお亡くなりになりました。享年74歳、我が国の平均寿命からすればまだ少し早いですが、脳リンパ腫というガンに侵されての事となれば、まずはよく頑張られた方ではないかと思います。この脳リンパ腫、発生確率は10万人に1人という珍しいタイプのガンのためか、原因が今ひとつわからないそうです。また、リンパ腫は全身をめぐるリンパのガンのため、外科手術で腫瘍を取り除く、という根治療法ができないとのことで、もっぱら抗がん剤と放射線治療に頼ることになるのだとか。軽くなってきたとは言え、副作用は無視できませんし、たびたび脳梗塞を起こされたそうですから、その闘病は相当厳しかったのではないでしょうか。まずは冥福をお祈りしたいと思います。
 
 ご本人の思い出としては、強面の悪役に正義の味方、現代劇も時代劇もバラエティも幅広くこなした良い俳優さんだったと思います。ただ個人的に、「仁義なき戦い」などは観たことがなく、唯一強く印象に残っているのが、時代劇の「遠山の金さん(調べてみたら番組名は「名奉行 遠山の金さん」でした)でした。ただ私にとって「遠山の金さん」は、「気前が良くて二枚目で〜」の主題歌の中村梅之助の印象が一番強く、どうも松方弘樹の金さんには違和感を覚えてしょうがなかったために記憶に残っている、という、ご本人にはいささか失礼な覚え方をしておりました。あとは「大江戸捜査網」で隠密同心をやっていたのは辛うじて覚えていますが、なにせこのシリーズ、杉良太郎や里見浩太朗など錚々たるメンバーがやたらと目立つため、松方弘樹の印象はあまり無いのです。他にはバラエティに出ていたのを少し観たことがあるくらいで、こちらのせいではないとは言え、少しばかり申し訳なく感じられますね。
 
 それにしても、恐らくはもう少しでガンも制圧される時代が来ようとしているように感じられる昨今、こうして間に合わずに先に逝ってしまわれる方が出るのは、残念な話です。こればかりは、運、もしくは天命と言うよりなく、まさに致し方ないことではあるのですが、こうなると、一刻も早くガンが普通に治療できる時代になって欲しいと願わずにはいられません。


コメント

今更ながらツイッターでアカウントを取ってみました。

2017-01-22 22:18:59 | ドリームハンター麗夢
 今朝の最低気温は−1.3℃。最高気温は6.3℃でした。今日は朝のうち日が出ていましたが、その後はやや強めの冷たい雨が降ったり止んだりする寒々しい一日でした。そんな天気ではありますが、休日に洗濯をしておかないと後が面倒なので、朝から洗濯をこなし、乾ききらなかった分は夕方に室内に移して、ストーブの近くで乾燥を促しました。これで部屋も温まり、乾燥した空気も適度に湿り、洗濯物も乾いてくれます。もっとも、乾燥最優先だったので、思わず室内の温度を上げすぎ、汗ばむ陽気にしてしまったのがもったいない話でした。

 さて、昨日の集まりで、皆さんツイッターを主要な連絡手段にされている、と聞いたので、物は試しとアカウントを取ってみました。どうも今までは、このブログもありますし、そもそも新しいサービスというものは食わず嫌いでずっと敬遠していたのですが、麗夢の公式アカウントもあることですし、世の中の趨勢を鑑みてとりあえず始めて見ることにしたのです。とは言え、のっけから一体何をしたら良いのかと迷うばかりで、これから本当に手探りで少しずつ覚えて行かねばなりませんが。しかし、このいかにも恐る恐るという感覚は随分久しぶりのものです。ワクワク感、というのとは少し違いますが、今まで観てなかった新しい世界に目が向くというのは、中々に新鮮な驚きがあります。今後どうしていくか判りませんが、当面は色々と試して行くことに致しましょう。というわけで、ブログと連携ができるとのことだったので、早速このブログと繋いでみました。とりあえずは今日はここまでですね。

 いまのところ、設定は使い慣れているMacのブラウザ上で行いましたが、いずれタブレットにも設定して、いつでも気軽に使えるように態勢を整えていきたいものです。しばらくは試行錯誤して、どう使うのか方向性を見い出せて行ければ良いなと思います。

コメント (1)

同志の皆様と楽しいひと時を過ごしました。

2017-01-21 22:07:03 | ドリームハンター麗夢
 今朝の最低気温は0.2℃、最高気温は8.4℃でした。朝、氷点下は割り込みませんでしたが、体感は真冬の空気そのもので、中々に厳しい冷気でした。そんな中、午後は大阪・難波に出かけ、麗夢ファンの皆さんと美味しいビールを飲みながらしばしの歓談の時を持ちました。昨年末の冬コミで、関東の同志の方にご苦労をかけ、入手頂いた麗夢新作ドラマCDとそれに関連する各種グッズをお渡しするために集まってもらったものです。こうして会するのは、記憶が間違って無ければ2012年11月に御大を関西にお招きし、大阪で歓迎の宴を行って以来の事、実に4年ぶりになります。その4年前にも御大よりお話を伺っていた「諸々の動き」が、2014年2月のゲームと今回のドラマCDとして結実したわけですが、元気にこうしてまた昔の話から最近の話まで4時間近く話をできたのは大変嬉しいことでした。また機会をみてこうしてお会いできればありがたいと思います。

 それにしても、少々残念な話ではありましたが、皆さん年を取って身体にあちこちガタが来ているんだな、というのが改めて感じられました。自分自身、昔の日誌やらこのブログの過去ログなどを読み返して感じることですが、やっぱり身体のあちこちに問題が発生し、気力体力が失われてきています。ざっと10年前の2007年に関西連合で「麗夢ちゃんタロット」を作り上げたりしましたが、あの時の熱気をもう一度、と言うのは流石に難しいものがありそうです。
 ただ、こうして楽しい話題に花を咲かせていると、ちょっと新しい話を作ってみたくはなってきます。2008年を最後に小説は書いておりませんし、同人誌も2011年に4コマ漫画を描いたのが最後で、以来めっきり創作活動は手を引いてしまっていました。でも、こうしてうずうずと何かしてみたくなるということは、まだ私の中の熱が冷めきっていないということなのでしょう。果たしてこれが形になるかどうか今はまだ判りませんが、せっかく公式が色々と動いてそれが形になってきていることですし、ファン活動の方も相応に動きを見せていければいいな、と意欲を新たにした一日でした。

コメント

寒いと言えば京都のはずなのですが、今日は奈良の方がよほど寒いです。

2017-01-20 21:25:04 | Weblog
 今朝の最低気温はー2.4℃(3:41)、最高気温は9.1℃でした。よく冷え込んだ夜でしたが、この冬は大体−2℃程度が気温の下限のようです。まあ寒いのは寒いですが、これくらいならストーブを炊いていれば大体凌げます。油も値上がりしていますが、多分あと18Lのポリタンク1個追加するくらいで冬は越せるような気がします。まあ2月の冷え込み次第ですね。

 さて、今日は仕事で京都まで行って来ました。天候の悪化を覚悟して出掛けましたが、昼日中は時折しぐれて小雨がぱらついた他は大したことはなく、傘も差さず仕舞いで歩き回ることができました。そんな仕事を終えた帰り、少し時間があったので、近所の北野天満宮に「初詣」に参ってきました。



 境内のあちこちに、先日の雪の溶け残りが見られる状況でしたが、既に梅が咲き始めていたのが驚きでした。梅は普通2月頃から咲き始めると思っていましたが、北野天満宮の早咲きの品種はもう前年の12月から花が開き出すのだそうです。そんな厳寒の時期に咲いて一体どうするのだろう、と思わずにはいられませんが、個人的にはまさかの梅花を見ることができて、わずかながら春の空気を感じることができました。もっとも、本格的な見頃になるのはやはり2月中頃から3月にかけてだそうですので、機会があれば、またその時分にでも訪ねられたらいいな、と思います。
 写真は大鳥居から入ってすぐの楼門です。ちょうど今年の干支の鶏の絵馬が掛けてあったので撮影してみました。中華タブレットで撮影したのですが、カメラ機能は性能が低いのでとりあえずほんのメモ代わりですね。なんとなく色味が昔のフィルムカメラみたいに見えるのが「味」な感じもしないでもないです。


 

コメント

17年前の日誌に、今日までの軌跡の最初を見て取りました。

2017-01-19 22:06:55 | ドリームハンター麗夢
 今朝の最低気温は2℃、最高気温は9.6℃でした。冷え込みは昨日よりも随分とマシになり、昼間は同じくらい暖かくなりましたが、一日室内に篭って仕事していたために、あまりその恩恵をうけることはありませんでした。明日は仕事で京都に出かける予定ですが、天気が下り坂の上、22時前に0.1℃を記録するなど、また気温が急降下しているのが気になります。本格的な雨もしくは雪は午後遅くということのようですので、明日は早め早めに仕事を切り上げ、とっとと帰宅したいところです。

 さて、少し思い出したい内容があって、2000年の業務日誌を読み返しておりました。当時はまだ業務日誌というより備忘録に近いもので、仕事のことだけじゃなくて日々思いついたことなどを少しばかり記録したりする、いわばこのブログの前身みたいなことも紙に書いていました。目的の項目は程なく見つかったのですが、昔の書付というのは今読むとなかなか楽しいもので、少し時間を逸脱して内容を読み進めておりましたら、8月某日の項目に、東京で初めて御大とお会いしたことの様子が書きつけてありました。
 当時はまだ夏冬のコミケに出張る元気があって、それまでAvenue REMのうつりぎゆきさんのブースに間借りしていたのをとうとう自前で一コマ借り受け、Avenue REMのお隣で自分の同人誌を並べるというようなことをやりだした頃でした。当時の新刊は長編4作目「夢都妖木譚 平成京都編」ですが、その作成作業たけなわの頃、うつりぎさんから御大の元に遊びに行こうと言うお誘いを受け、初めて当時吉祥寺にあった御大の事務所を訪れたのでした。
 その際聞いたのが新作アニメの構想で、随分胸躍る思いをしたということがその日誌に書きつけてありました。そう言えばそういう話もあったな、と思わず遠い記憶を手繰り寄せたのですが、そう言えばその時分はよく新聞のテレビ欄に「ドリームハンター」の文字を見つけて喜ぶ、というような夢を観ていたのを何処かに記録してあったはずです。夢に観るほど嬉しかったのでしょうね。
 それから17年経て、色々紆余曲折はありドラマCDと言うかたちで新作構想が実現し、更なる飛躍も期待されるところまで来ました。なんとも驚くべき息の長さですが、そう思うと今日再発見した記録は中々に貴重で意義深いものがあるような気が致します。
 それからしばらく夏冬欠かさず出張って新作を披露してはそれを御大に捧げる、という行動を取っておりましたから、調べればまた色々な足跡を見つけることができるでしょう。また隙を見て、少なくともこのブログが始まるまでの数年分の記録を、改めて読み返してみようと思いました。

コメント

豊洲の市場、安全安心どころか色々ヤバそうな塩梅になってきています。

2017-01-18 20:57:35 | Weblog
 今朝の最低気温は−2.8℃、最高気温は9.9℃でした。この冬一番の冷え込みに、駐車場の車のフロントガラスが今冬で初めて凍りつき、また、通勤途上のほとんどのカーブミラーも真っ白になっていて、まるで役に立ちませんでした。もっとも、今日は朝から見事な冬晴れの青空で、凍てついたミラーなども日が当たると瞬く間に溶けてしまいました。こういう時のお日様の力というのは実に偉大ですね。
 明日は冷え込みも少し和らぎ、明後日は雨になるそうです。明後日は仕事で京都に出かけないといけないのですが、ひょっとして雨でなくて雪なら、先日の雪化粧した名所の数々を見ることもできるでしょうが、流石に今回は無いでしょうね。

 さて、未だ決着がつかない東京の築地市場の豊洲市場への移転問題、地下水検査で、基準値を大幅に上回るベンゼンや、ヒ素、シアンと言った毒物が検出、特にシアンは環境基準が「検出されないこと」とされる猛毒なこと、また、これまでの検査では、検出されないか低濃度の検出に過ぎなかったベンゼンが、急に桁違いの濃度で出てきたことが、関係者にショックを与えている模様です。
 施設はそもそも地下水の使用を前提としてないので、少々地下水が汚れていても上屋の市場施設の安全性には何の問題もない、というのは今でもそれなりに通用する見方かと思いますが、「食」を預かる天下の台所である卸売市場の地下に毒物がある、というのは、たとえ安全と言われても気味が悪いのは否めないでしょう。都は3月にも再調査するとの事ですが、もし仮に毒物が検出されなかったとして、果たしてそれで安心できるでしょうか? 問題ないことを証明するのは極めて難しいのは言うまでもありませんし、もちろんまた「何か」出れば、もはや如何ともなし難いことになるでしょう。その時は、何故これまでの検査ではその毒物を検出できなかったのか、という点が問われると思います。ネットでまことしやかにささやかれているような利権がらみの陰謀があったのか無かったのか。いずれ明らかになってくれるかと期待したいところですが、何か本当にあったとしたらこれはもう一大スキャンダルに発展するやもしれません。
 一方、奈良のような地方から東京に出す野菜や果物も、これからは豊洲に出荷されるのですし、大規模の中央卸売市場に集まった荷が地方の市場に流れていく物流ネットワークもあるでしょう。それを考えると、この問題は一東京の問題というより、全国的な問題の側面もあります。一応は市場を通した体にして、実際には直接業者と地方が荷物をやり取りしている例も多いように聞きますが、豊洲の目玉施設になるはずだった温泉「千客万来」の着工が先送りされることになるなど、既に影響が露呈していますし、早期の解決が望まれるところです。

コメント

元旦の陛下の予定は超過密ですが、神事以外は整理して工夫すれば譲位の儀は執り行えるんではないでしょうか?

2017-01-17 20:54:00 | Weblog
 今朝の最低気温は0.7℃。最高気温は8.9℃でした。土日の寒気の底を越えて少し気温は上がってきましたが、特に朝は厳しい冷え込みが続きます。20時現在で1.1℃まで下がっていますし、明日朝はまた一段と厳しい寒気に晒されそうです。
 そんな寒い中ではありましたが、今日は仕事で大阪・天満橋に出かけておりました。先日からどういうわけかタルタルソースを添えた白身魚フライが食べたくなり、今日の大阪行きのランチはそれで行こうと決めて行ったのですが、いざ探すと思うように見つけることができず、結局時間切れで適当な定食屋の日替わりを食べてしまいました。こんなことなら、少し満足度が低くなりますが、マクドのフィレオフィッシュでも食べておけばよかったです。適当な洋食屋ならありそうに思ったのですが、そもそもステーキとかスパゲティとかはあるのですが洋食屋がなかなか見つからず、あってもエビフライは出しても魚フライが無かったりで、探すのに思わぬ苦戦をしてしまいました。次に出かける時は、少し下調べしてから出かけることに致しましょう。
 
 さて、宮内庁の西村次長が、今日の定例会見で、政府が検討中の来年元旦の譲位と改元について、皇室として極めて重要な日で行事も目白押し、譲位、即位の行事を底に押し込むのは難しい、という見解を述べられました。我々からすると、両陛下や皇族の方々が国民に対して皇居で御手を振られている位しか元旦の行事というと思いつきませんが、実際には早朝の4時30分から起床されて、「四方拝」を始めとする年初行事が分刻みで行われるそうで、確かにそう聞くとなかなか簡単に新たな行事を組み入れるのは困難であろうという風には感じられます。ただ、行事の中には、皇族や元皇族、内閣総理大臣や閣僚、最高裁判所長官、宮内庁職員などから新年の挨拶を受けられる「新年祝賀の儀」や、駐在大使らと挨拶を交わす会などについては、譲位の儀式の重要性を鑑みれば、簡略化するとか後回しにするとか日を変えるとか色々と対応のしようはあるはずです。平安時代の正月の行事も元旦だけじゃなく数日かけて種々の神事・行事が行われていましたし、その中での融通はそれなりにつけられるんじゃないでしょうか。
 当の次長殿も、「一般論として申し上げれば」という前置きをして話をされているので、無理、といった訳ではなく、政府に対して配慮や工夫を求めたものだろうと思います。ただ、正月1日から新しい年号が使えるとかなれば国民生活としても助かる話ですし、宮内庁としても、頭からできない、と否定するのではなく、どうやればそれが可能になりうるか、どうしても無理なのだろうか? という視点で考えてみるべきではないでしょうか。年末の被災地視察を当てこすったどこぞの野党第一党の党首じゃあるまいし、正月から余計な仕事を増やしやがって、などというようなことは微塵も考えてはいないだろうと思いますし、天皇皇后両陛下の御為、また国民のために役立つ事を、検討して頂きたいです。

コメント