DUKE Train

台湾・京都中心に最新のニュースをお届けします

旧台鉄新北投駅にホームやレール復元 日本から輸入の車両も展示

2019年08月19日 | 臺灣鐵道 高鐵 捷運



展示会場となっている台鉄の35TP32850形客車




(台北 18日 中央社)日本統治時代に建設され、戦後まで使用された駅舎を復元した歴史建築、旧台湾鉄道(台鉄)新北投駅(台北市)の第2期工事が17日、完了した。今回の工事でホームやレールが復元されたほか、1969年に日本から輸入された車両の展示も開始。同駅の歴史を人々に伝えている。

台鉄淡水線の支線、新北投線の駅として1916(大正5)年に開業。1988年に台北メトロ(MRT)淡水線の建設に伴って新北投線が廃線となり、駅舎は中部・彰化県の台湾民俗村に移された。だが、2000年代に入って駅舎の里帰りを求める声が広がり、2016年、元の場所から約50メートル地点で移築工事が開始。2017年に復元された駅舎の一般公開が始まった。

台北市政府文化局は2018年に第2期工事に着手。ホームやレールに加え、照明や排水設備などが増設された。今回、展示が始まった車両は台鉄の「35TP32850型」で、日本から最初に輸入された両開き自動扉の通勤列車。新北投-台北間を走る一部列車に導入され、同支線沿線住民の通勤の足となった。

駅舎内では日本統治時代から戦後の解体、2度の移築などに至る同駅の歴史を古写真などで紹介する展示が行われている。
 

コメント

阿里山鉄道、大雨と地震で一部損壊 30日まで運休

2019年08月19日 | 臺灣鐵道 高鐵 捷運

地震と大雨で一部損壊した阿里山林業鉄路本線




(嘉義 18日 中央社)南部・嘉義県の景勝地、阿里山を走る阿里山林業鉄路本線(嘉義―十字路)は8月30日まで運休する。大雨と地震の影響で土砂崩れが起き、線路が大きく変形したのが原因で、31日に運転を再開する。阿里山林業鉄路・文化資産管理処が18日発表した。

嘉義県は15日、大雨に見舞われ、16日にはマグニチュード4.6の地震が発生した。これを受け、同線は16日から運行を停止。当初は土日を除く4日間での復旧を見込んでいたが、現場視察後に同線の樟脳寮駅付近で約80立方メートルの土砂が崩壊していることや線路の横ずれ、枕木の損壊などが見つかり、状況が深刻だったため、工期を11日間に伸ばした。

祝山線、沼平線、神木線の3支線は通常通りに運行する。
 

コメント

中華民国国旗で応援、擁護した男性が退場に 米で開催のソフト大会

2019年08月19日 | 台湾ニュース

大きな中華民国国旗を出して応援しようとしたところ、主催者側に制止された観衆ら



(アーバイン 18日 中央社)米カリフォルニア州で開かれたソフトボールの第13回女子U19ワールドカップ(W杯)で16日、台湾は中国と対戦した。試合中、観衆が大きな中華民国国旗を出して応援しようとしたところ、主催者側が制止。それに抗議した米国人男性が退場させられる騒ぎが起きた。

この日、一塁側スタンドでは台湾からの応援団や現地の台湾人らが小さな中華民国国旗を持って選手にエールを送っていた。6回を終えた際、現地の台湾人が大きな中華民国国旗を出すと、係員が駆け付けやめるよう要求。これに対し、台湾人の妻を持つ米国人男性が「ここは米国で、中国じゃない。われわれには言論の自由がある」と訴え、退場を命じられた。大会は約5分間、中止された。

大会を主催した世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は、男性の個人的行為に基づく退場要求であり、旗は関係ないと説明した。

台湾は同大会に「チャイニーズ・タイペイ(中華台北)」名義で参加し、中華オリンピック委員会旗を使用。大会初日の10日、中華民国国旗を掲げた観衆が注意を受けるトラブルがあり、主催者側は小型の中華民国国旗の使用のみ認めていた。

試合は台湾が3-2で中国に勝利。16チーム中5位で大会を終えた。
 

コメント

香港デモへの支持訴える活動、台湾各地で 在台香港人が呼び掛け

2019年08月19日 | 台湾ニュース

高雄駅前で座り込みし、香港デモ参加者への支持を表明する人々



(台北 18日 中央社)台湾に滞在する香港の若者でつくる団体などが17日、台湾各地でさまざまな活動を行い、香港で続く抗議活動への支持を呼び掛けた。香港では、容疑者の中国本土への移送を可能とする「逃亡犯条例」改正案の撤回などを求めるデモが続いており、警察との激しい衝突もこれまでに起きている。この日の活動では、香港市民にエールを送る台湾人の姿も多く見られた。

台湾在住の香港人による団体「香港辺城青年」によれば、海外の香港市民が17日から18日にかけて世界各地で集会などを実施。デモに対する支持表明や香港政府に主張を伝えることを目的としているという。台湾では17日、同団体を中心とした活動が北部や中部、南部で行われたほか、台湾人による活動も複数カ所で実施された。

台北では、超高層ビル「台北101」前の広場で、香港警察のデモ隊への暴力に対する抗議の座り込みが行われた。参加者の多くは黒いTシャツに身を包み、「台湾と香港の心は共にある」と書かれたポスターを掲げた。香港警察が11日、デモに参加していた女性の右目を負傷させたとして、右目に眼帯をして抗議の意を示す参加者も見られた。台北での活動を主催した香港留学生は、香港の状況を国際社会に知ってほしいと訴えたほか、台湾人の支持に感謝を示した。

桃園市では、デモ参加者へのヘルメットやガスマスクなどの寄贈を呼び掛ける活動が実施された。新竹市では、市中心部の地下道の壁面にデモの様子を捉えた写真やデモ隊の主張などが貼り出された。その周りには色とりどりの付箋紙が貼られ、香港市民を応援するメッセージや署名が数多く寄せられた。

高雄市では午後7時ごろ、高雄駅前で座り込みが実施され、200人余りが参加。与党・民進党の立法委員(国会議員)や市議も数人駆け付けた。座り込みに参加した人は、きょうの香港があすの台湾となることが心配だと話した。
 

コメント

東部・花蓮で地震、30分間に3回 最大震度5

2019年08月19日 | 台湾ニュース



(台北 18日 中央社)18日午後0時5分から33分にかけて、東部・花蓮県の沿岸部にある寿豊を震源とする地震が3回あった。中央気象局によると、午後0時5分に起きた地震の規模を示すマグニチュード(M)は4.8。同県内の磯崎で最大震度(台湾基準、以下同)5を観測した。震源の深さは5キロ。

午後0時21分、同33分にも地震が起き、マグニチュードはそれぞれ3.3と3.2で、いずれも磯崎で最大震度3と4を観測した。午後2時現在、この地震による目立った被害は確認されていない。
 

コメント

シャープ亀山工場の元外国人労働者ら、鴻海に陳情 雇い止め問題で

2019年08月19日 | 台湾ニュース

「我々はあきらめない」と書かれたプラカードを掲げる陳情活動の参加者



(新北 17日 中央社)雇い止めの撤回を求めるため、シャープ亀山工場(三重県)の元外国人労働者や同県の労働組合関係者らが16日午後、北部・新北市にある鴻海(ホンハイ)精密工業の本社前で陳情活動を行った。労働組合側の代表は鴻海側に陳情書を手渡そうとしたが、鴻海側は代表者を派遣せず対応しなかったという。

一行は労働組合の改革を目指す米の団体「レイバーノーツ」が16日から台北で開催中の会合参加者らと共に現場を訪れた。一部のメンバーは「我々はあきらめない」と書かれたプラカードを掲げ雇い止めの撤回を訴えた。また、安定した労使関係の構築を目指し鴻海はシャープの親会社として解雇された労働者の職場復帰や労働条件の回復、労働者の直接雇用などをシャープに要求すべきだと要望した。

鴻海の郭台銘前会長には、解雇されたり辞職を余儀なくされたりした労働者を職場に復帰させ、復帰までの間の賃金を支払うよう期待を寄せた。組合側は8月26日までに鴻海から返答がなかった場合、抗議行動の拡大を辞さない構えを見せている。

鴻海は2016年にシャープを買収。その後、鴻海が進める分業体制により、亀山工場の稼働率が大きく下がり、派遣社員として工場で働く数千人規模の日系外国人労働者らが雇い止めされた。
 

コメント

三浦春馬に似てる? 基隆市長の若い頃の写真が話題

2019年08月19日 | 京都のニュース

現在の林右昌・基隆市長



若い頃の写真




(基隆 17日 中央社)北部・基隆市の林右昌市長の若い頃の写真がインターネット上に公開され、ネットユーザーから「三浦春馬に似ている」など多くのコメントが寄せられ、ちょっとした話題となっている。

話題の写真は16日、フェイスブックページ「猫与邪佞的手指」に投稿された、林市長の高校・大学時代や兵役に就いていた頃に撮った計5枚。ネットでは、「福士蒼汰にそっくり」と当時のイケメンぶりに感嘆の声が上がる一方、「なんと残酷な歳月だ」など太ってしまった現在の体形を嘆く意見も出ている。

この投稿は17日午後5時半現在、3000回以上シェアされ、賛同を示す「いいね」数は1万5000を上回っている。

林氏は同日、メディアの取材に応じ、市長になってから運動やレジャーの時間がほとんどないと明かした。

また、写真を投稿した人が「私のダイエットのモチベーションを上げたがったのだろう」とした上で、「3カ月(だけ待って)ください」と減量に励むことを誓った。

与党・民進党のホープの一人とされる林氏は、1971年生まれの48歳。同党では広報担当や副秘書長(副幹事長)、代理主席(党首)などを歴任。2009年基隆市長選や12年立法委員(国会議員)選で敗れるも、14年に基隆市長に初当選し、昨年11月には再選を果たしている。
 

コメント

国家鉄道博物館の準備組織が発足 前身は日本統治時代の鉄道工場

2019年08月19日 | 臺灣鐵道 高鐵 捷運

「台北機廠」内の職員浴場



(台北 17日 中央社)日本統治時代の鉄道工場を前身とする台北市の「台北機廠」を国家レベルの鉄道博物館に転身させるための準備組織「国家鉄道博物館準備処」が行政院(内閣)の承認を経て正式に設立した。文化部(文化省)が16日、書面で発表した。鄭麗君文化部長(文化相)は、鉄道文化資産の保護を重視する政府の決意の表れだとして喜びを示し、「生きた鉄道博物館」と位置づけてハード・ソフト両面の整備を進めていくと意気込んだ。

同部の資料によると、台北機廠の前身は、1935(昭和10)年に落成した台北鉄道工場。戦後、台湾鉄路管理局(台鉄)によって引き続き使用されたが、2012年に工場機能が移転したためその歴史にピリオドを打った。台湾に現存する鉄道車両整備工場として最大かつ最古。2015年に敷地全体が国定古跡に登録された。

同部は17年、同地全域を26年までに鉄道博物館として修復・整備する10カ年計画に交通部(交通省)とともに着手。同地の名称は「台北機廠鉄道博物館園区」と改められた。今年6月には同園区の特色の一つとされる職員浴場などの修復工事が始まっており、来年以降は鍛冶工場や組立工場などの修復作業が相次いでスタートする予定。工事が行われていない一部の施設は予約制で見学できるほか、イベントなども開催される。

準備処の主要業務は、各分野の専門家による整備計画の推進や文物の収蔵、研究、メンテナンス、展示など。27年までに交通部と共同で独立行政法人を設立するという。
 

コメント

陸上の台湾代表、来月の世界選手権に向け静岡で合宿

2019年08月19日 | 台湾ニュース

出発前に空港でポーズを決める台湾の代表選手ら



(台北 17日 中央社)陸上の台湾代表チームは16日、合宿地の静岡市に向け桃園国際空港を出発した。

約1カ月続く合宿は、9月27日にカタール・ドーハで始まる世界選手権に備えて行われるもので、参加メンバーには、男子400メートルハードルの陳傑や女子マラソンの曹純玉らが含まれる。

陸上の台湾代表チームは2017年10月と昨年6月にも静岡市で合宿を実施している。
 

コメント

米中対立、台湾で先鋭化=新型F16売却

2019年08月19日 | 台湾ニュース

訪問先の米ニューヨークで記者団の取材に応じる台湾の蔡英文総統=7月12日




総額約80億ドル(約8500億円)規模の計66機の売却が決まった新型戦闘機「F16V」




【北京、台北時事】トランプ米政権が台湾への新型戦闘機「F16V」の売却を承認したことが明らかになった。

旧型F16を主力機とする台湾空軍の能力向上につながり、中国は一貫して反対していた。中国と対峙(たいじ)する台湾を米国が支援し、軍拡競争を助長する構図が鮮明となり、米中対立はさらに先鋭化しそうだ。

 米国が台湾に戦闘機を売却するのは1992年以来27年ぶりで、対象は総額約80億ドル(約8500億円)規模の計66機。蔡英文総統は17日、報道陣の取材に「米国は台湾関係法に基づき、台湾に十分な防衛力を持たせてくれることになる」と評価した。

 米国は7月にも戦車108両など総額22億ドル(約2300億円)相当の装備品売却を決定したばかり。台湾周辺で軍事活動を活発化させる中国をけん制するとともに、来年1月の総統選で再選を目指す蔡氏への支持を鮮明にした格好だ。

 台湾の中央通信によると、F16Vはレーダー性能を大幅に向上したほか、最新型の短距離空対空ミサイルを搭載できるようになったことなどが特長。拡大する一方の中国との軍事格差を踏まえ、空軍は旧型F16戦闘機144機についても順次、新型に改修する計画だ。

 中国外務省の華春瑩報道局長は16日付の談話で「中国の主権と安全保障上の利益を損ない、断固反対だ」と述べ、米側に抗議したことを明らかにした。さらに、台湾への武器売却の段階的削減などをうたう米中共同コミュニケに対する「重大な違反」だと強調し、F16Vの売却をやめなければ「強い対応を取る」と警告した。

 米国はこれまで台湾への新型戦闘機売却を見送ってきただけに、今回の決定は中国にとって一線を越える事態だ。米国は2010年に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)システムなどを台湾に売却したが、台湾側が強く求めた戦闘機は供与しなかった。それでも中国は米国との軍事交流を中断した。

 習近平指導部は、独立志向の民進党・蔡英文政権に対する圧力と台湾統一への強硬姿勢を強めている。7月に公表した国防白書は、台湾独立の動きには「武力行使も放棄しない」と明記。10月に建国70年の節目を控え、「核心的利益」の台湾問題で弱腰な姿勢を見せられない事情もある。
 

コメント

アオサギ営巣で樹勢衰え、巣を撤去へ 京都・宮津城名残の古木

2019年08月19日 | 京都のニュース

営巣するアオサギの数が減りつつある古木




 「宮津城の名残の木」とされ、アオサギが営巣して樹勢の衰えが懸念されていた京都府宮津市鶴賀の古木について、府丹後土木事務所が巣立ちを待って巣の整理や剪定(せんてい)を行うことが分かった。今月下旬にも着手する。

 木は京都府警宮津署向かい側の国道178号沿いにある。旧宮津城の二の丸東北端付近にあたり、今春、多くのアオサギが巣を作った。葉や歩道はふんで白くなり、住民らからは枯死を心配する声が上がっていた。

 同事務所施設保全室は「アオサギの数が減ってきている。今月下旬にはいなくなるのでは」としており、今後、早急に巣がある部分の枝を除去して巣を整理し、専門家の意見を聞きながら木の保全に向けて剪定する。その上で来年以降に巣が作られにくくなるよう、ネットを張ることも視野に検討している。

【京都新聞】
 

コメント

枯山水に新幹線?「日本庭園の美」楽しんで 京都駅ビルで催し

2019年08月19日 | 京都駅ビル














庭の魅力を紹介する企画展示「京都美風~京都で楽しむ日本庭園の美」が京都市下京区の京都駅ビルで開かれている。心落ち着く京の庭の楽しみ方をパネルで解説している。

 京都駅ビル開発とJR西日本の主催で、日本庭園の歴史や見方について写真や解説文で紹介している。池泉回遊式や枯山水、露地などの庭園の基本様式や夢窓疎石、小堀遠州など著名な作庭家についても理解できる。写真家・中田昭さんが推薦する京の庭園ベスト10のコーナーもある。

 会場の一角には、近代京都を代表する作庭家・七代目小川治兵衞の直系となる御庭植治(東山区)の小川勝章氏が手掛けたミニ庭園も設けた。「新幹線の庭」と題した庭は、石による新幹線やプラットホームのような趣で、小川氏は「枯山水では石を山に、コケを大陸に、白砂を大海にも見立てる。枯山水に京都駅ビルで縁あるものを見立ててみたく、新幹線になぞらえられないかと試みた」と話している。

【京都新聞】
 

コメント

朱色の応天門前でダンクシュート 平安神宮前で3人制バスケ

2019年08月19日 | 京都のニュース

平安神宮前の特設コートでプレーする3人制バスケットボールの選手




東京五輪で採用される3人制バスケットボールの国内トップリーグの公式戦が18日、京都・滋賀で初めて京都市左京区の平安神宮前で開かれた。炎天下の中、朱色の応天門をバックに日本代表候補やBリーガーらが熱戦を繰り広げた。

 同種目は屋内外を問わず開催でき、DJが大音響で会場を盛り上げるなどショー的要素を取り入れた都市型スポーツの一つ。1試合10分の21点先取制で次々と攻守が入れ替わる展開が見どころ。新種目の魅力を京都から発信しようと地元のプロチーム「KYOTO BB」が大会を誘致した。

 参道に仮設されたコートでは、選手が豪快なダンクシュートや鮮やかなパス回しを披露し、観客のどよめきを誘った。6球団が計9試合を行った前半の部で、KYOTO BBは準優勝した。

 今季から同チームに加入し、3人制の日本代表候補に選ばれた京都ハンナリーズの永吉佑也選手(28)は「良いロケーションでプレーでき、楽しかった」と振り返った。家族で観戦した第二大山崎小4年の男子児童(10)=京都府大山崎町=は「やられたらやり返すプレーの速さが面白い」と話した。

【京都新聞】
 

コメント

激辛料理の屋台20ブース並ぶ 24日に「夏祭り」、京都・向日

2019年08月19日 | 京都の祭り・行事






住民手作りの「向日市夏祭り」が24日、京都府向日市向日町の向日神社で開かれる。激辛料理の屋台が並ぶほか、誰でも参加できる盆踊りが行われる。

 地域住民の交流や親子が一緒に楽しむ場を目指して、住民有志や各種団体でつくる実行委員会が昨年に続いて企画した。

 当日は「京都向日市激辛商店街」に加盟する店舗の屋台など約20ブースが設置される。高校生までを対象に浴衣レンタルもある。舞楽殿のステージでは、空手の演舞や和太鼓演奏が行われる。地元で親しまれてきた「向日ふるさと音頭」なども盆踊りで楽しむ。

 実行委は「夏の楽しい思い出として、多くの人の心に残るイベントにしたい」と参加を呼び掛けている。

 午後3時から。小雨決行。15、16日にはイオンモール京都桂川でプレイベントがある。問い合わせは事務局070(2299)0654。

【京都新聞】
 

コメント

容疑者、社会から孤立か 京アニ放火殺人、依然重篤で聴取できず

2019年08月19日 | 京都のニュース



69人の死傷者を出した京都市伏見区の「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオ放火殺人事件は、18日で発生から1カ月。殺人などの疑いで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)=さいたま市見沼区=は重度のやけどで集中治療を受けており、京都府警が聴取できない状況が続く。「死ね」と叫んでガソリンに火を付けた男の心の奥底は見えないままだが、青葉容疑者を知る関係者を取材すると、交友関係が狭く社会から孤立気味に生活する容疑者の人物像が浮かび上がる。不可解な近隣トラブルを繰り返すなど、精神的に不安定な一面も垣間見える。

■事件直前トラブル、過去にも

 「殺されるかと思った」。青葉容疑者の自宅アパートの隣室に住む男性(27)は、おびえた様子で振り返る。普段から交流はなく、夜になると、部屋から頻繁に音楽や振動音が鳴り響いていたという。トラブルが起きたのは7月14日。青葉容疑者が突然、自室で大きな叫び声を出し、男性の玄関ドアをたたいてきた。男性が不審に思って青葉容疑者の部屋を訪ねると、胸ぐらをつかまれ、髪を引っ張られた。男性は「彼はいきなり『殺すぞ。自分には失う物はない』と迫ってきた。本当に怖かった」と話した。青葉容疑者はトラブルの翌日に新幹線で京都入りし、その3日後に事件は起きた。

 青葉容疑者はさいたま市緑区で少年時代を過ごした。小学校の同級生だった女性(41)は「どこにでもいるような男の子。あまり印象に残っていない」。知人によると、両親は小学校低学年のころに離婚し、父と兄、妹の4人で暮らしていた。生活は苦しそうで、中学進学後は欠席がちになったという。父方の親族は「(青葉容疑者とは)一度も会ったことがない。どう生活していたのか分からない」と話した。

■非正規、職を転々

 青葉容疑者を知る複数の関係者によると、青葉容疑者は同市浦和区の定時制公立高を卒業し、コンビニのアルバイト店員など非正規の仕事を転々とした。その後、リーマンショックなどの影響で「派遣切り」に遭い、2008年12月に行き着いたのが茨城県常総市の雇用促進住宅だった。

 同住宅の管理人男性(70)は、青葉容疑者をはっきりと覚えていた。当時、職をなくした人から次々と入居申し込みがあり、青葉容疑者もその一人だった。家賃約3万円は未納続きで、催促に何度か部屋を訪ねたことがあった。青葉容疑者は一度だけ、ドアを半開きにして応じた。「支払いはどうするんだ」と問いかけたが、黙りこくっていたという。

■壁に20センチの穴

 異変が起きたのは、入居から約3年半後の12年6月19日。近隣住民から「夜中にガラスが割れたり、壁をぶち破ったりするような音が聞こえた」と連絡があり、男性は警察とともに青葉容疑者の部屋に入った。室内の光景に息をのんだ。壁にはハンマーで壊されたとみられる直径20センチほどの穴が二つ。画面の割れたノートパソコンなどが散乱していた。青葉容疑者の姿はなく、このトラブルの翌日、青葉容疑者は県内のコンビニで強盗事件を起こし、逮捕された。

 青葉容疑者は12年9月、懲役3年6月の実刑判決を受けた。裁判記録によると、犯行動機について「仕事上で理不尽な扱いを受けるなどして、社会で暮らしていくことに嫌気が差した」と供述している。16年初めに刑務所を出所後、さいたま市浦和区の更生保護施設で一時居住し、同年7月に現在のアパートに移り住んだ。

 府警は先月26日にアパートを捜索し、京アニ関連グッズなどを押収。室内は物が散らかり、破壊された大型スピーカーもあった。

 事件直前に不可解なトラブルを起こすのは、京アニ放火殺人事件とコンビニ強盗の双方に共通する。京都入り直前の心理状態が、事件に何らかの影響を及ぼした可能性はあるのか。蘇生会総合病院(京都市伏見区)精神科の東徹医師は「現状では、青葉容疑者に関する情報が足りず、当時の心理状態について判断することはできない。なぜ事件を起こしたのか、青葉容疑者自身の言葉で語ってもらいたい」と語る。

【京都新聞】
 

コメント