博客 金烏工房

中国史に関する書籍・映画・テレビ番組の感想などをつれづれに語るブログです。

藤井有鄰館と祇園祭の宵山オフ

2006年07月17日 | 旅行・オフ会・展覧会
昨日は宣和堂さん主催のオフ会に行ってました。取り敢えず昼は藤井斉成会有鄰館を見学し、それから適当に時間を潰して夕方から祇園祭の宵山を見ようという流れです。

有鄰館を見学するのは3年ぶりぐらいですが、中の展示物がだいぶ入れ替わっているようでした。前に見たはずのものが無いなあと思う反面、こんなのは前に展示されていなかったよなあと思うものも…… ここは大体いつ行っても中はガラガラなのですが、昨日は我々と同じく祇園祭を見るついでにここも見ておこうというハラなのか、団体客が来てたりしてましたね。ここでバッタリ山科玲児さんにお会いし、展示物についてお話を伺うことに。北京の保利芸術博物館の青銅器についても少しお話を伺いましたが、保利の図録を持ってくればもう少しツッコンだ話が出来たのにと深く後悔……

※ ついでに有鄰館のサイトもリンクしておこうと思って久々にアクセスしてみたのですが、いつの間にか何だかよくわからないポータルサイトになっちゃってます。以前に見た時は普通に収蔵品などの紹介サイトになってたと思いますし、チケットの半券にもこのアドレスが記載されているのですが、有鄰館のサイトに一体何があったのでしょうか? ※

有鄰館を出たあとは昼食を食べたり平安神宮をぶらついたり、はたまた甘味屋に入ったりと宵山まで時間を潰すことに…… 甘味屋では小一時間ほど時間を潰すつもりが、韓流おばさん=呂布説とか、ジョン・ウーが現在制作中の『三国志』映画にまかり間違ってヨン様がキャスティングされると、女性週刊誌で『三国志』が特集されたり、『三国志』関係のイベントに濃いいヨン様ファンの女性が押しかけたりしてエラいことになるとか色々とバカ話で盛り上がり、気が付けば2時間以上居座ってました。

で、いよいよ宵山です。取り敢えず地下鉄の烏丸御池で下りて鈴鹿山の山鉾を見物。



しかしここで雨がパラついてきたので、夕食がてら居酒屋に避難。結局雨をしのぎながらバカ話をしてる時間の方が長かったのですが、これはこれで楽しかったです(^^;)
コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『PRIDE』その1 | トップ | NHKスペシャル『恐竜vsほ乳類』 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こわいよ (飯香幻)
2006-07-17 23:21:14
>韓流おばさん=呂布説



たしかに、呂布ってこわいよね。うんうん(いやマジで…ほんと…泣)。



(ぼそっ)三国演義がモトネタな別分野に萌えるおじさんたちも出現しそうで、これもなんだかなー、と言うだけ言ってみる。

Unknown (さとうしん)
2006-07-17 23:52:40
>(ぼそっ)三国演義がモトネタな別分野に萌えるおじさんたちも出現しそうで、これもなんだかなー、



まあ、でもこちらの場合は韓流おばさんほどの破壊力は無いと思われるので、いたらいたでちょっとウザいという程度じゃないかと(^^;)

コメントを投稿

旅行・オフ会・展覧会」カテゴリの最新記事