博客 金烏工房

中国史に関する書籍・映画・テレビ番組の感想などをつれづれに語るブログです。

『鬢辺不是海棠紅』その6

2021年04月13日 | 中国近現代ドラマ
『鬢辺不是海棠紅』第31~36話まで見ました。

商細蕊は寧九郎の代理で上海梨園を探訪するという名目で、程鳳台を追って上海へと向かいます。


ここで商細蕊の世話役林丹秋の妹として曾愛玉が再登場。

商細蕊は唐突に自分に生き別れの妹がいたことを思い出し、その妹というのが曾愛玉ではないかと思い当たります。商細蕊は幼い頃に家族で京劇を見に行った際に、父母や妹とはぐれてそのまま生き別れとなり、たまたまその時に興行していた水雲楼に引き取られたということらしいのですが、それはちょっと設定として無理がないでしょうか……

まあそれはともかく、ならば彼女の兄と称する林丹秋は何者かという話になるわけです。彼は借金を抱えていてヤクザ者から脅されて……というような事情を抱えていたのですが、一方で彼自身も商細蕊とは似たり寄ったりの過去を抱えており、まるっきり嘘ということで彼女を騙していたわけでもなさそうで、商細蕊は曾愛玉に事実を告げず、林丹秋に彼女を託すことにします。

その後商細蕊&程鳳台は上海で陳紉香と再会しますが、恋人と引き離され、彼女の家の者が雇った暴漢に足を折られたということですっかり酒浸りとなっておりました。


陳紉香は商細蕊・程鳳台の尽力で治療を受け、舞台復帰をするものの、最後は舞台上での自決を選ぶことに……

さて、北京に戻った程鳳台は妻范湘児と仲直り。しかし日中戦争の足音が…… ということで日中戦争編に突入です。北平に入城した日本軍は中日戯曲同好会を立ちあげ、京劇を日中友好の演出の手段としようとします。


そして一座の付き人として商細蕊を支えてきた小来が日本兵の犠牲に…… 于正ドラマに多く出演している李春嬡が演じてます。

同好会の会長に押し立てられそうになった寧九郎は出家して抵抗。商細蕊ら各劇団の親方連は休業で日本側への協力要請をやり過ごそうとしますが、侯玉魁は息子を人質に取られて舞台に引っ張り出され、商細蕊らも興行再開を強要され……というあたりで次回へ。
コメント

『山河令』その3(完)

2021年04月09日 | 武侠ドラマ
『山河令』第25~最終36話まで見ました。


ここまで義父・趙敬におとなしく従うというか言いなりになっていた蠍王ですが、趙敬と過去に関係を有していた喜喪鬼の口から彼の所行や本性について語られると、次第に彼に疑念を抱き始めます。趙敬は女嫌いのイケメン好きかなという印象でしたが、彼女の話を踏まえると、もっと精神の深い所でクズということみたいです。

武林では温客行が鬼谷谷主であるということが知れ渡り、それを知った葉白衣が温客行を成敗しようとしますが、周子舒がそれを阻みます。周子舒の方はそんなことなど先刻承知なのでした。温客行の関知しない所で起こったこととはいえ、張成嶺の一家を惨殺したのは鬼谷の一味ということになっているので、彼は成嶺に自分の正体を知られることを恐れているのですが…… 一方、曹蔚寧の方も相思相愛の仲の顧湘が鬼谷の一味と知り、一瞬動揺しますが、それでも彼女を愛し続けると誓います。


そして周子舒は晋王のもとへと連れ去られ、彼と訣別を宣言。この晋王はやはり五代の群雄の李存勗のようですが、周子舒とは母方の従兄弟同士という設定となっています。その間に温客行は細切れに失われた記憶を取り戻し、一度は助けられた両親を死に追いやったのが趙敬であることを思い出します。

で、第31話あたりから話が微妙に飛び飛びになるのですが、蠍王と温客行の間で密約が成立したり、英雄大会で群雄に追い詰められた温客行が崖落ちしたり、そんでもってやっぱり温客行が死んでなかったりして、群雄の面前で趙敬の過去20年ほどにわたる悪行が暴露され、その名声が地に落ちます。


これでひとまずめでたしめでたしと、鬼谷で曹蔚寧と顧湘の結婚式が執り行われることになりますが、が、が…… ここでようやく主役2人が広告ポスターの青服と赤服で登場。あとは(たぶんそのうち出るであろう日本語版の視聴者のための)ネタバレ防止につき大省略。琉璃甲の行方は、そして「天下武庫」に隠されたものとは、2人の運命は……? 

【総括】
ということで意外としっかり正統派の武侠してた本作ですが、『陳情令』とこちらとどちらを選ぶ?となったら、私なら躊躇なく『陳情令』を選びます。言葉でうまく説明できない部分で何だかイマイチ乗れないままで最終回まで来てしまったという感じです……
コメント

『鬢辺不是海棠紅』その5

2021年04月06日 | 中国近現代ドラマ
かなり間が空いてしまいましたが、『鬢辺不是海棠紅』の鑑賞を再開します。その間に『君、花海棠の紅にあらず』のタイトルで日本語化も決定しました。ということで第25~30話まで鑑賞。


劉漢雲や曹貴修を迎えた公演で商細蕊は憧れの寧九郎との共演が実現。劉漢雲は清朝の官吏であった若い頃に、西太后に寧九郎ら俳優を宮廷から退けるよう進言して処刑されそうになり、当の寧九郎の機転で救われるという因縁があったのでした。伝説の女形寧九郎を演じるのは、『さらば、わが愛/覇王別姫』に出演した雷漢。


そして公演の裏で劉漢雲と曹父子による三者会談により、曹司令(曹万鈞)は兵権を差し出して南京で官途に就くことに。曹司令の中の人はいろんなドラマでよく見る黒子です。

さて程鳳台は行きがかり上、義弟(妻の弟)范漣の子を懐妊した曾愛玉の面倒を見てやることになりますが、愛人に子どもを産ませたと妻の范湘児に勘違いされてしまい、更には生き別れになっていた実母春萱からの手紙が愛人からのものと決めつけられて燃やされてしまい、怒った程鳳台は赤子とともに水雲楼へと家出。赤子は女児で鳳乙と名づけられます。また劉漢雲の計らいでこの前後に小周子も水雲楼へと引き取られています。


春萱を演じるのは特別出演の李依暁。息子程鳳台とは死別と思いきや程家の父親と離縁しての生別だった模様。なお程家の三姉弟、美心、鳳台、察察児は全員母親が異なるようです。

そうこうしているうちに五年に一度の「梨園魁首」を決める投票が開始。最終候補に残った商細蕊ですが、憧れの寧九郎と競い合うことになってしまったのに気が進みません。しかし寧九郎自身が彼に投票し、実力と人気が認められることに。

そして春萱の件も、范湘児の計らいにより、春萱の弟子でその名を襲名した小春萱が奉天から到来。程鳳台は彼女から母の近況を聞いて安心し、仕事上のトラブル胥吏のために上海へと向かいます(ただ小春萱の回想によると母は既に病没しているようなのですが……)

改めて見てみると、同じ于正作品でも現在日本で放映中の『コウラン伝』とは脚本、映像ともに格段の差がありますね…… 于正が本気になればこんないい作品になるのかと。
コメント (2)

2021年3月に読んだ本

2021年04月01日 | 読書メーター
レイシズムとは何か (ちくま新書)レイシズムとは何か (ちくま新書)感想
前半でレイシズムに関する一般論について解説し、後半で日本の個別事情、特に在日コリアン問題について論じていくという構成。日本では欧米と違って反レイシズム規範が確立されておらず、反差別を訴えるうえで被害者に告発・証言を強いる歪な構造になってしまっているという問題、レイシズムとナショナリズムとの癒着関係、性差別など他の差別との関係がまとめられている。ルース・ベネディクト『レイシズム』の日本版、21世紀のアップデート版となっている。
読了日:03月01日 著者:梁 英聖

満洲国: 交錯するナショナリズム (967) (平凡社新書 967)満洲国: 交錯するナショナリズム (967) (平凡社新書 967)感想
満洲国の通史的な解説に加えて文芸・映画・思想・学術など文化面に着目しているのが特徴だが、内容的に中途半端になってしまった感がある。ナショナリズムと文化面に全振りしても良かったのではないか。冒頭の「でっちあげ」に関する議論も、計画性という面ではその通りだが、物事は単純化できないという以上の話にはならず、さして意味のある議論とは思えない。
読了日:03月03日 著者:鈴木 貞美

板垣退助-自由民権指導者の実像 (中公新書)板垣退助-自由民権指導者の実像 (中公新書)感想
知名度は高いがその事績については意外と知られていない人物の代表格。外遊の際は、交際関係の広さ、物事の吸収力や融通といった点で伊藤博文と対照的になってしまった。その外遊の時のスペンサーとの会見の様子など、実像と「伝説」の間の乖離がこの人物の特徴のようだ。有名な「板垣死すとも自由は死せず」についても「伝説」にすぎないと思っていたが、少なくとも類似の言葉を発していたのは事実とのこと。
読了日:03月05日 著者:中元 崇智

漢詩のレッスン (岩波ジュニア新書)漢詩のレッスン (岩波ジュニア新書)感想
漢詩はこう読む、こうも読めるという読解の手本。取り上げられているのは15首の唐詩、それも絶句に限られているが、最初の孟浩然「春暁」で、「暁を覚えず」というのは孟浩然が役人でないことを裏に含んでいるという解説ではや引き込まれた。
読了日:03月07日 著者:川合 康三

女帝の古代王権史 (ちくま新書)女帝の古代王権史 (ちくま新書)感想
『つくられた卑弥呼』の続考。推古~孝謙・聖徳を中心に、古代の女帝が男系継承を前提とした中継ぎというような軽い存在ではなかったこと、古代の皇位継承が族内婚を前提とした男女双系的なものであり、長老女性と年少男性による共治がパターン化しつつあったこと、草壁が皇太子であったというのは後付け的な理解であることなどを論じ、天皇位について男系継承とは別の伝統があり得たことを示している。
読了日:03月10日 著者:義江 明子

サラ金の歴史-消費者金融と日本社会 (中公新書 2634)サラ金の歴史-消費者金融と日本社会 (中公新書 2634)感想
サラ金の盛衰を切り口に、家計の管理という視点からの夫婦の関係、雇用と出世、「中の人」たちによる感情労働、顧客情報の電算化、そして中国式の管理社会化、サラ金の問題を民族問題として変換する動きと、意外かつ多様な方向へと話が広がっていく。現代日本の社会経済史として盲点を突いた書。
読了日:03月12日 著者:小島 庸平

曽国藩: 天を畏れ勤・倹・清を全うした官僚 (世界史リブレット人 71)曽国藩: 天を畏れ勤・倹・清を全うした官僚 (世界史リブレット人 71)感想
太平天国の乱の鎮圧、洋務運動と曾国藩の事績だけでなく、曾国藩の体現する教養、天地会などのその他の民衆反乱、当時の排外感情、そしてそもそも中国の近代化とは……と、背景も含めてコンパクトにまとめている。図表類もよく整理されている。
読了日:03月14日 著者:清水 稔

「敦煌」と日本人-シルクロードにたどる戦後の日中関係 (中公選書)「敦煌」と日本人-シルクロードにたどる戦後の日中関係 (中公選書)感想
敦煌文書の発見から「監獄」化した現在の新疆ウイグル自治区の状況まで、敦煌を含めた日本人の「自分探し」としてのシルクロード観を総ざらいした本、なのだが、それにとどまらず堺正章の『西遊記』や徳間書店の「中国の思想」シリーズなど、80年代頃の中国理解、中国体験や日中関係にも話題を広げている。往時の熱気が感じられる筆致。
読了日:03月15日 著者:榎本 泰子

中国の歴史9 海と帝国 明清時代 (講談社学術文庫)中国の歴史9 海と帝国 明清時代 (講談社学術文庫)感想
グローバルヒストリーの手法でとらえる明清史。朝貢、互市、日本との関係など海上交易だけでなく、時代区分の問題など、話題は多岐にわたる。個別の話題では、『三宝太監西洋記』が意外に参照に足る海外の情報が盛り込まれているという史料的評価、張保など19世紀の南シナ海の海賊が明代の倭寇とは異なり、歴史的な役割を果たせなかったという話が面白い。最後のマルクスと「ミッチェル報告書」の話も見事。
読了日:03月18日 著者:上田 信

三国志入門 (文春新書 1302)三国志入門 (文春新書 1302)感想
正史三国志の人物、戦い、格言などを紹介。見所をピックアップした入門編ということになるだろうか。ただ、出だしの「小説」をめぐる話は疑問。中国前近代の「小説」という語は欧米の「ノベル」とはイコールではないので、あまり意味のない議論だと思う。
読了日:03月20日 著者:宮城谷 昌光

漢字を使った文化はどう広がっていたのか: 東アジアの漢字漢文文化圏 (東アジア文化講座)漢字を使った文化はどう広がっていたのか: 東アジアの漢字漢文文化圏 (東アジア文化講座)感想
論文集というよりは、「漢字・漢文文化」に関係する事項の基本的な理解をまとめた教科書的な本となっている。類書よりも朝鮮半島やベトナムの状況についての項目が多いのが特徴か。この種の本としては中国の女書のやや詳しい解説を収めたものも初めて見た気がする。序文で言及される「漢字文化圏」という呼称の内包する問題の指摘はなかなかに強烈である。
読了日:03月23日 著者:

カラー版 王室外交物語 紀元前14世紀から現代まで (光文社新書)カラー版 王室外交物語 紀元前14世紀から現代まで (光文社新書)感想
近現代の王室外交だけでなく、その前提となる「外交」のはじまり、近代外交が形成されるまでの話がよくまとまっていて参考になる。世界最古の外交文書と位置づけられるアマルナ文書に、外交官特権の萌芽のような要素が既に見られるといった話や、中国の華夷秩序との比較がおもしろい。
読了日:03月24日 著者:君塚 直隆

お砂糖とスパイスと爆発的な何か—不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門お砂糖とスパイスと爆発的な何か—不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門感想
小説、映画、演劇等々英語圏の作品の批評を中心としたエッセイ集。なぜ善良な男がモテないのか?という問いに隠された罠、昔から文学の題材となっていた「キモ金」おじさん、本当にプリンセス願望を持っているのは誰か?シンデレラ物語に秘められた可能性、女だけの街に住む女性たちが本当に必要とするもの等々、ジェンダーの要素に着目してエンタメを鑑賞するためのヒントを与えてくれる本。
読了日:03月26日 著者:北村紗衣

今川のおんな家長 寿桂尼 (中世から近世へ)今川のおんな家長 寿桂尼 (中世から近世へ)感想
夫・氏親の死、そして子・氏輝の夭逝によって期せずして「おんな家長」の座につくこととなった寿桂尼。義元は彼女の実子ではなかったということで、2人の関係性は今まで思っていたものとはかなり異なってくることになる。当時の「おんな家長」の一般性、「男家長」との対比、「おんな家長」の歴史的な展開など、多くの問題を掘り起こしているという点でも面白い。
読了日:03月28日 著者:黒田 基樹

コメント

『山河令』その2

2021年03月29日 | 武侠ドラマ
『山河令』第13~24話まで見ました。


英雄大会を前に新キャラ登場。長明山の剣仙・葉白衣。不老長寿らしく、年齢は100歳を超えているようで、周子舒の師父とは昵懇の中だった模様。また、容炫の師でもあったようです。性格は武侠物でよく見る強いけど人の話をあんまり聞かない系のキャラですw


英雄大会では番狂わせがおこり、五湖盟の盟主・高崇が「毒蠍」の秘術により操られた愛弟子によりこれまでの悪事を暴露され、武林の領袖から一転武林の公敵となり、琉璃甲を粉砕して自害。高崇の中の人は古装でバリューのあるおっさん役がよく回ってくる黒子。

で、高崇の愛娘の高小憐は緑柳・桃紅の爺婆コンビに攫われてしまいます。実の所温客行も黒幕は高崇だと決めてかかっていたのですが、英雄大会での一連の経緯を目の当たりにして疑問を抱き始めます。


視聴者には五湖盟の二弟・趙敬が怪しいとバレバレなんですけどね (^_^;) 高崇の死後、彼は五湖盟盟主の座を継承し、義子である「毒蠍」の首領の蠍王らを駆使して暗躍を始めます。「趙玄徳」こと趙敬は本作の偽君子枠なんですが、蠍王をはじめやたらと若い使い手たちを義子として囲っています。

一方、周子舒&温客行は葉白衣、張成嶺らとともに「天下武庫」の創建に関わったという龍淵閣主に会うために蜀へと向かいます。その過程で親世代の過去の因縁やら温客行の過去も明らかに。容炫はもともと五湖盟の盟主たちの兄貴分だったのですが、何者か(おそらくは趙敬なんでしょう)の陰謀により毒薬が塗られた剣で傷つけられ、走火入魔してしまいます。

そして容炫の子かと思われた温客行は、実は容炫を治療しようとした神医谷の医師・甄如玉の子なのでした。彼ら一家はこれにより師門から追われたところを、一度は四季山荘の秦懐章(すなわち周子舒の師)に助けられ、幼年の温客行は四季山荘の二師弟となります。しかし彼ら一家は結局琉璃甲の行方を追う鬼谷の面々に殺害され、温客行は鬼谷の一員として育てられ、後に谷主の座を奪い取ったのでした。

最初から周子舒のことを師兄だと気付いていても、本人の前ではなかなか素直になれない温客行…… 一行は故郷とも言うべき四季山荘へと向かいます。このあたりの過去話は小出しの形で語られます。


その温客行の侍女であった顧湘は、相思相愛の仲となった曹蔚寧とともに、彼の師門である清風山へと向かいますが、どうやら温客行が鬼谷の谷主であることは武林中に知れ渡っているらしいと察知してしまい……というところで次回へ。
コメント