竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

資料編 天徳四年 内裏歌合(原文、解釈付)

2020年06月07日 | 資料書庫
資料編 天徳四年 内裏歌合(原文、解釈付)

 天徳四年内裏歌合とは、天徳四年(九六〇)三月三十日に、村上天皇によって宮中清涼殿で行われた歌合を指します。
 歌合では事前の歌題の提示から当日まで一月の期間をおき、歌会当日の歌合せの進め方や左右双方の衣裳、歌を書いた色紙を置く州浜(飾り台)など綿密に準備され、この歌合の次第が後世の歌合の基準となります。和歌の歴史では先行する昌泰元年秋(八九八)に行われた宇多上皇主催の亭子院女郎花合と称される歌合などとは趣を異にします。
 この天徳四年の内裏歌合の準備の為に三月初めに示された題は霞、鶯 、柳、桜 、款冬(山吹)、藤、暮春、首夏、郭公、卯花、夏草、恋の十二題です。記録では当日の歌合わせでは鶯と郭公が各二番、桜が三番、恋が五番の組み合わせがあり、それ以外の題では一番ずつの組み合わせで、計二十番で優劣を競っています。判者は左大臣藤原実頼、その補佐に大納言源高明が勤め、歌を披露する講師は左方を源延光、右方を源博雅が勤めています。また、それぞれ左右の歌人を応援する方人には歌人たちに縁を持つ女房たちが分かれて集い、それぞれ左方は赤(朱)、右方は青(緑)を基調に「かさねの色」を多用した唐衣裳装束を揃えるなどして趣向を凝らし華やかさを競ったと伝わります。なお、この時代、女性の十二単装束は生まれていませんが、十二単ではありませんが薄絹で五単ほどは重ねて華やかさと個性を出したとされます。
 天徳四年の内裏歌合では事前に左右の組に当時の有力歌人が分けられ、その左組、右組に選抜された歌人達が提示された歌題に合わせて秀歌を準備します。そうして歌会の当日に題に相応しい秀歌を組として選抜・披露し、相手方との歌の優劣を競う姿を取ります。天徳四年の内裏歌合以前では歌合の主催者の許に事前に歌を提出し、歌合の主催者が歌の趣向が似たもの二首を選び出し、組とし、その組毎に歌の優劣を判定し、歌合の当日に披露と評価の背景を説明するような次第でした。ある種の和歌の秀歌講習会のような雰囲気です。そのために歌合する左右一対の歌ですが同じ歌人が詠ったものを選択することもありました。そこには二人の歌人が同じテーマで歌を詠い技量や歌の優劣を競う姿はありません。
ところがこの天徳四年の内裏歌合では、完全に二人の歌人が同じテーマで歌を詠い優劣を競う方法を採用しています。今日の私たちが想像する歌合の姿です。つまり、和歌の世界では天徳四年以前と以降では違う世界の可能性があるのです。奈良時代までの和歌の宴は男女が左右に分かれて歌垣歌のような姿で歌を掛け合い、歌物語を紡ぐ姿があり、平安時代初期では和歌の秀歌とはどのようなものかを人々が和歌をテーマとした宴で合意形成する姿がありました。ところが、この天徳四年の時点では秀歌の基準は定まり、その秀歌の基準に従って歌人の技量を競う段階に達しています。全くに和歌への態度が違います。

天徳四年の内裏歌合で伝わる次第は次の通りです。
題 霞、鶯、柳、桜、款冬、藤、暮春、首夏、郭公、卯花、夏草、恋
歌人 左 朝忠卿、坂上望城、橘好古、大中臣能宣、少弐命婦、壬生忠見、源順、本院侍従
   右 平兼盛、藤原元真、中務、藤原博古、清原元輔
講師 左 源延光
   右 源博雅
判者 左大臣(藤原実頼) 補佐 大納言源高明


一番 霞
歌番号〇一
左:藤原朝忠卿(勝)
原歌 くらはしの やまのかひより はるかすみ としをつみてや たちわたるらむ
解釈 倉橋の山のかひより春霞としをつみてやたちわらるらむ
歌番号〇二
右:平兼盛
原歌 ふるさとは はるめきにけり みよしのの のかきかはらの かすみこめたり
解釈 ふるさとは春めきにけり御吉野の御垣の原を霞こめたり

二番 鶯
歌番号〇三
左:源順(勝)
原歌 こほりたに とまらぬはるの たにかせに またうちとけぬ うくひすのこゑ
解釈 こほりだにとまらぬ春の谷風にまだうちとけぬ鶯のこゑ
歌番号〇四
右:平兼盛
原歌 わかやとに うくひすいたく なくなるは にはもはたらに はなやちるらむ
解釈 わが屋戸に鶯いたくなくなるは庭もはだらに花や散るらむ

三番 鶯
歌番号〇五
左:藤原朝忠卿(勝)
原歌 わかやとの うめかえになく うくひすは かせのたよりに かをやとめまし
解釈 わが屋戸の梅が枝になく鶯は風のたよりに香をやとめこし
歌番号〇六
右:平兼盛
原歌 しろたへの ゆきふりやまぬ うめかえに いまそうくひす はなとなくなる
解釈 しろたへの雪ふりやまぬ梅が枝に今ぞ鶯春となくなる

四番 柳
歌番号〇七
左:坂上望城
原歌 あらたまの としをへつつも あをやきの いとはいつれの はるかたゆへき
解釈 あらたまの年をつむらむ青柳のいとはいづれの春かたゆべき
歌番号〇八
右:平兼盛(勝)
原歌 さほひめの いとそめかくる あをやきを ふくなみたりそ はるのやまかせ
解釈 佐保姫のいとそめかくる青柳をふきなみだりそ春の山風

五番 桜
歌番号〇九
左:藤原朝忠卿(勝)
原歌 あたなりと つねはしりにき さくらはな をしむほとたに のとけからなむ
解釈 あだなりとつねはしりにき桜花をしむほどだにのどけからなむ
歌番号一〇
右:清原元輔
原歌 よとともに ちらすもあらなむ さくらはな あかぬこころは いつかたゆへき
解釈 よとともに散らずもあらなむさくら花あかぬ心はいつかたゆべき

六番 桜
歌番号一一
左:大中臣能宣(持)
原歌 さくらはな かせにしちらぬ ものならは おもふことなき はるにそあらまし
解釈 桜花風にし散らぬものならば思ふことなき春にぞあらまし
歌番号一二
右:平兼盛(持)
原歌 さくらはな いろみるほとに よをしへは としのゆくをも しらてやみなむ
解釈 桜花色みゆるほどによをしへば歳のゆくをも知らでやみなむ

七番 桜
歌番号一三
左:少弐命婦(勝)
原歌 あしひきの やまかくれなる さくらはな ちりのこれりと かせにしらすな
解釈 あしひきの山がくれなる桜花散りのこれりと風に知らすな
歌番号一四
右:中務
原歌 としことに わかきつつみる さくらはな かすみもいまは たちなかくしそ
解釈 としごとにきつゝ我が見る桜花かすみも今はたちなかくしそ

八番 款冬(山吹)
歌番号一五
左:源順(勝)
原歌 はるかすみ ゐてのかはなみ たちかへり みてこそゆかめ やまふきのはな
解釈 春がすみ井手の川波たちかへり見てこそゆかめやまぶきの花
歌番号一六
右:平兼盛
原歌 ひとへつつ やへやまふきは ひらけなむ ほとへてにほふ はなとたのまむ
解釈 ひとへづゝやへ山ぶきはひらけなむほどへてにほふ花とたのまむ

九番 藤
歌番号一七
左:藤原朝忠卿
原歌 むらさきに にほふふちなみ うちはへて まつにそちよの いろはかはれる
解釈 むらさきににほふ藤なみうちはえてまつにぞちよの色はかゝれる
歌番号一八
右:平兼盛(勝)
原歌 われゆくて いろみるはかり すみよしの きしのふちなみ をりなつくしそ
解釈 我ゆきて色みるばかり住吉のきしの藤波をりなつくしそ

十番暮春
歌番号一九
左:藤原朝忠卿(勝)
原歌 はなたにも ちらてわかるる はるならは いとかくけふは をしまましやは
解釈 はなだにもちらでわかるゝ春ならばいとかく今日はをしまましやは
歌番号二〇
右:藤原博古
原歌 ゆくはるの とまりをしふる ものならは われもふなてて おくれさらまし
解釈 ゆく春のとまりをしふるものならば我もふなでておくれざらまし

十一番 首夏
歌番号二一
左:大中臣能宣(持)
原歌 なくこゑは またきかねとも せみのはの うすきころもを たちそきてける
解釈 なく声はまだきかねどもせみのはの薄き衣をたちぞきてける
歌番号二二
右:中務(持)
原歌 なつころも たちいつるけふは はなさくら かたみのいろも ぬきやかふらむ
解釈 夏ごろもたちいづるけふは花ざくらかたみの色もぬぎやかふらむ

十二番 卯花
歌番号二三
左:壬生忠見
原歌 みちとほみ ひともかよはぬ おくやまに さけるうのはな たれとをらまし
解釈 みちとほみ人もかよはぬ奥山にさけるうの花誰とをらまし
歌番号二四
右:平兼盛(勝)
原歌 あらしのみ さむきみやまの うのはなは きえせぬゆきと あやまたれける
解釈 あらしのみさむきみやまのうの花はきえせぬ雪とあやまたれつゝ

十三番 郭公(ほとゝぎす)
歌番号二五
左:坂上望城(持)
原歌 ほのかにそ なきわたるなる ほとときす みやまをいつる けさのはつこゑ
解釈 ほのかにぞなきわたるなる郭公み山をいづるけさのはつ声
歌番号二六
右:平兼盛(持)
原歌 みやまいてて よはにやきつる ほとときす あかつきかけて こゑのきこゆる
解釈 み山いでてよはにやいつる郭公あかつきかけて声のきこゆる

十四番 郭公
歌番号二七
左:壬生忠見(持)
原歌 さよふけて ねさめさりせは ほとときす ひとつてにこそ きくへかりけれ
解釈 さ夜ふけてねざめざりせば郭公人づてにこそきくべかりけれ
歌番号二八
右:藤原元真(持)
原歌 ひとならは まててふへきを ほとときす ふたこゑとたに きかてすきぬる
解釈 人ならばまててふべきを郭公ふた声とだにきかですぎぬる

十五番 夏草
歌番号二九
左:壬生忠見(勝)
原歌 なつくさの なかをつゆけみ かきわけて かるひとなしに しけるのへかな
解釈 夏草のなかをつゆけみかきわけてかる人なしにしげる野辺かな
歌番号三十
右:平兼盛
原歌 なつふかく なりそしにける おはらきの もりのしたくさ なへてひとかる
解釈 夏ふかくなりぞしにけるおはらぎのもりのした草なべて人かる

十六番 恋
歌番号三一
左:藤原朝忠卿(勝)
原歌 ひとつてに しらせてしかな かくれぬの みこもりにのみ こひやわたらむ
解釈 人づてに知らせてしがなかくれぬのみこもりにのみこひや渡らむ
歌番号三二
右:中務
原歌 うはたまの よるのゆめたに まさしくは わかおもふことを ひとにみせはや
解釈 むばたまの夜の夢だにまさしくば我が思ふことを人にみせばや

十七番 恋
歌番号三三
左:大中臣能宣(勝)
原歌 こひしきを なににつけてか なくさめむ ゆめにもみえす ぬるよなけれは
解釈 こひしきをなににつけてかなぐさめむ夢にも見えずぬるよなければ
歌番号三四
右:中務
原歌 きみこふる こころはそらに あまのはら かひなくてふる つきひなりけり
解釈 君こふる心はそらにあまのはらかひなくてふる月日なりけり

十八番 恋
歌番号三五
左:本院侍従(持)
原歌 ひとしれす あふをまつまに こひしなは なににかへたる いのちとかいはむ
解釈 人しれずあふをまつまにこひしなば何にかへたる命とかいはむ
歌番号三六
右:中務(持)
原歌 ことならは くもゐのつきと なりななむ こひしきかけや そらにみゆると
解釈 ことならば雲ゐの月となりななむこひしきかげやそらに見ゆると

十九番 恋
歌番号三七
左:藤原朝忠卿(勝)
原歌 あふことの たえてしなくは なかなかに ひとをもみをも うらみさらまし
解釈 あふことのたえてしなくばなかなかに人をもみをもうらみざらまし
歌番号三八
右:藤原元真
原歌 きみこふと かつはきえつつ ふるものを かくてもいける みとやなるらむ
解釈 君こふとかつはきえつつふるものをかくてもいけるみとや見るらむ

二十番 恋
歌番号三九
左:壬生忠見
原歌 こひすてふ わかなはまたき たちにけり ひとしれすこそ おもひそめしか
解釈 こひすてふ我がなはまだきたちにけり人しれずこそおもひそめしか
歌番号四十
右:平兼盛(勝)
原歌 しのふれと いろにいてにけり わかこひは ものやおもふと ひとのとふまて
解釈 しのぶれどいろに出でにけり我がこひはものやおもふと人のとふまで
コメント   この記事についてブログを書く
« 万葉集 集歌579から集歌583まで | トップ | 万葉集 集歌584から集歌588まで »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

資料書庫」カテゴリの最新記事