竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉雑記 色眼鏡 三三四 今週のみそひと歌を振り返る その一五四

2019年08月31日 | 万葉集 雑記
万葉雑記 色眼鏡 三三四 今週のみそひと歌を振り返る その一五四

 巻十八を、鑑賞しています。今週は非常にとぼけた歌の鑑賞をしています。標準的解釈では集歌4059の歌の末句「於保伎美」は「おほきみ=大君」として太上皇である元正太上天皇を指すとします。ところが、弊ブログのとぼけたところで、「於保伎美」は「王=おほきみ」として、葛城王であった左大臣橘諸兄と考えます。

河内女王謌一首
標訓 河内(かふちの)女王(おほきみ)の謌一首
集歌4059 多知婆奈能 之多泥流尓波尓 等能多弖天 佐可弥豆伎伊麻須 和我於保伎美可母
訓読 橘の下(した)照(て)る庭に殿(との)建てて酒みづきいます我が王(おほきみ)かも
私訳 橘の根元も輝くように美しい庭に御殿を建てて、酒を杯に盛っていらっしゃる吾等の王よ。

 このような解釈のため、集歌4059の歌は元正太上天皇をお迎えした御殿の持ち主である左大臣橘諸兄に対して、御殿が立派であることとその主である左大臣も立派であると誉めた歌と考えています。その時、歌の解釈において、前半の御殿の様子と後半の様子とがスムースです。末句「於保伎美」を元正太上天皇を指すとしますと、『万葉集釋注』の解説ように、「御殿の持ち主ではないが持ち主のように」とする解釈が必要になり、窮屈です。
 当然、日本書紀、古事記、万葉集では、大王や王は「おほきみ」と訓じることは標準ですが、鎌倉時代以降の標準解釈では、天皇、皇や大王は「大君」の解釈に統一しますから、ある時代のどこかで「大君」と「王(おほきみ)」がぐちゃぐちゃな区分になったようです。歌を丁寧に鑑賞しますと、天皇や皇は「すめらぎ」、大王や王は「おほきみ」と違うことは明白ですが、和歌道ではそれが難しいのかもしれません。
 当然、鎌倉時代以降の和歌道からの「大君」解釈では、歌の人物解釈が違う可能性がありますから、本来の歌意とは相違するでしょう。

 今回は鑑賞したものを再掲します。敬称に注目して鑑賞をしてみて下さい。標準解釈との相違が判ると思います。その時、河内女王の集歌4059の歌と大伴家持が後から詠った「後追和橘謌二首」の集歌4064の歌が呼応します。

太上皇御在於難波宮之時謌七首 清足姫天皇也
標 太上皇(おほきすめらみこと)の難波の宮に御在(いま)しし時の謌七首 清足姫の天皇なり
左大臣橘宿祢謌一首
標訓 左大臣橘宿祢の謌一首
集歌4056 保里江尓波 多麻之可麻之乎 大皇乎 美敷祢許我牟登 可年弖之里勢婆
訓読 堀江には玉敷かましを大皇(すめらぎ)を御船(みふね)榜(こ)がむとかねて知りせば
私訳 堀江には美しい玉を敷いたのですが、大皇よ。御船を操り遡ると、前々から知っていましたら。

御製謌一首 和
標訓 御(かた)りて製(つく)らしし謌一首 和(こた)へたまへり
集歌4057 多萬之賀受 伎美我久伊弖伊布 保里江尓波 多麻之伎美弖々 都藝弖可欲波牟
訓読 玉敷かず君が悔(く)いて云ふ堀江には玉敷き満(み)てて継ぎて通(かよ)はむ
私訳 美しい玉を敷かなかったと貴方が後悔して云う、その堀江には美しい玉を敷き満たして、何度も通って来ましょう。
左注 或云 多麻古伎之伎弖
注訓 或(ある)は云はく、玉(たま)扱(こ)き敷(し)きて
私訳 或いは云うには「美しい玉をしごきちりばめて」

御製謌一首
標訓 御(かた)りて製(つく)らしし謌一首
集歌4058 多知婆奈能 登乎能多知波奈 夜都代尓母 安礼波和須礼自 許乃多知婆奈乎
訓読 橘のとをの橘八つ代にも吾(あ)れは忘れじこの橘を
私訳 橘の、枝もたわわな橘よ、幾代にも私は忘れない。この橘を。

河内女王謌一首
標訓 河内(かふちの)女王(おほきみ)の謌一首
集歌4059 多知婆奈能 之多泥流尓波尓 等能多弖天 佐可弥豆伎伊麻須 和我於保伎美可母
訓読 橘の下(した)照(て)る庭に殿(との)建てて酒みづきいます我が王(おほきみ)かも
私訳 橘の根元も輝くように美しい庭に御殿を建てて、酒を杯に盛っていらっしゃる吾等の王よ。

粟田女王謌一首
標訓 粟田(あはたの)女王(おほきみ)の謌一首
集歌4060 都奇麻知弖 伊敝尓波由可牟 和我佐世流 安加良多知婆奈 可氣尓見要都追
訓読 月待ちて宅(いへ)には行かむ我が插(さ)せる明(あか)ら橘影に見えつつ
私訳 月の出を待って貴方の屋敷に行きましょう。私が髪に挿した清らかな橘、月の光に貴方が見て判るように。

集歌4061 保里江欲里 水乎妣吉之都追 美布祢左須 之津乎能登母波 加波能瀬麻宇勢
訓読 堀江より水脈(みを)引きしつつ御船(みふね)さす賎男(しづを)の伴は川の瀬申(もう)せ
私訳 堀江から水の流れを辿りながら御船を操る作業員の男達は、川の浅瀬を知らせなさい。

集歌4062 奈都乃欲波 美知多豆多都之 布祢尓能里 可波乃瀬其等尓 佐乎左指能保礼
訓読 夏の夜は道たづたづし舟に乗り川の瀬ごとに棹(さを)さし上(のほ)れ
私訳 夏の夜は水路がはっきりしない。小舟に乗って川の浅瀬毎に棹を指して道順を示しなさい。

後追和橘謌二首
標訓 後(のち)に橘の謌に追ひて和(こた)へたる二首
集歌4063 等許余物能 己能多知婆奈能 伊夜弖里尓 和期大皇波 伊麻毛見流其登
訓読 常世(とこよ)物(もの)この橘のいや照りにわご大皇(すべらぎ)は今も見る如(ごと)
私訳 常世の物と云はれるこの橘のように、常に一層光輝き渡る。吾等の大皇は、今、このように見るように。

集歌4064 大皇波 等吉波尓麻佐牟 多知婆奈能 等能乃多知婆奈 比多底里尓之弖
訓読 大皇(すめらぎ)は常磐(ときは)にまさむ橘の殿の橘直(ひた)照(て)りにして
私訳 大皇は常盤にいらっしゃるはずです。橘卿の御殿の橘の樹々が優れて輝くように。

 今回は「大君」と「王(おほきみ)」の呼称問題を紹介しましたが、当然、これは従来の万葉集読解での重大な欠点です。原文から正しく訓じればこのような間違いは生じませんが、「定訓」というものを採用しますと、まず、判らない世界ですし、間違いの世界です。
コメント

再読、今日のみそひと謌 金

2019年08月30日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 金

射水郡驛舘之屋柱題著謌一首
標訓 射水郡(いみづのこほり)の驛舘(うまや)の屋(や)の柱に題著(しる)せる謌一首
集歌4065 安佐妣良伎 伊里江許具奈流 可治能於登乃 都波良都波良尓 吾家之於母保由
訓読 朝開き入江漕ぐなる楫(かぢ)の音(おと)のつばらつばらに吾家(わがへ)し思ほゆ
私訳 朝に湊から船出して入り江を漕いでいる楫の音がつぎつぎとしきりにする、そのようにつぎつぎとしきりに私の故郷が思い出される。

四月一日掾久米朝臣廣縄之舘宴謌四首
標訓 四月一日に、掾久米朝臣廣縄の舘にして宴せし謌四首
集歌4066 宇能花能 佐久都奇多知奴 保等登藝須 伎奈吉等与米余 敷布美多里登母
訓読 卯の花の咲く月立ちぬ霍公鳥(ほととぎす)来鳴き響(とよ)めよ含(ふふ)みたりとも
私訳 卯の花の咲く月になった。ホトトギスよ、飛び来て鳴き、その声を響かせよ。花がまだつぼみでも。

集歌4067 敷多我美能 夜麻尓許母礼流 保等登藝須 伊麻母奈加奴香 伎美尓妓可勢牟
訓読 二上の山に隠(こも)れる霍公鳥(ほととぎす)今も鳴かぬか君に聞かせむ
私訳 二上の山に隠れているホトトギスよ、今になっても鳴かないのか、大切なお方にその鳴き声を聞かせたい。

集歌4068 乎里安加之母 許余比波能麻牟 保等登藝須 安氣牟安之多波 奈伎和多良牟曽
訓読 居(を)り明かしも今夜は飲まむ霍公鳥(ほととぎす)明けむ朝(あした)は鳴き渡らむぞ
私訳 ここにずっと居て夜を明かすとしても、今夜は酒を飲もう。ホトトギスは、夜が明けるでしょう、その明日の朝には、きっと、鳴き渡るでしょう。

集歌4069 安須欲里波 都藝弖伎許要牟 保登等藝須 比登欲能可良尓 古非和多流加母
訓読 明日よりは継ぎて聞こえむ霍公鳥(ほととぎす)一夜(ひとよ)の故(から)に恋ひ渡るかも
私訳 明日からはいつでもその鳴き声が聞こえるでしょう。ホトトギスに、立夏に一夜先立つからか、こんなに恋しく思うのでしょう。
コメント

再読、今日のみそひと謌 木

2019年08月29日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 木

粟田女王謌一首
標訓 粟田(あはたの)女王(おほきみ)の謌一首
集歌4060 都奇麻知弖 伊敝尓波由可牟 和我佐世流 安加良多知婆奈 可氣尓見要都追
訓読 月待ちて宅(いへ)には行かむ我が插(さ)せる明(あか)ら橘影に見えつつ
私訳 月の出を待って貴方の屋敷に行きましょう。私が髪に挿した清らかな橘、月の光に貴方が見て判るように。

集歌4061 保里江欲里 水乎妣吉之都追 美布祢左須 之津乎能登母波 加波能瀬麻宇勢
訓読 堀江より水脈(みを)引きしつつ御船(みふね)さす賎男(しづを)の伴は川の瀬申(もう)せ
私訳 堀江から水の流れを辿りながら御船を操る作業員の男達は、川の浅瀬を知らせなさい。

集歌4062 奈都乃欲波 美知多豆多都之 布祢尓能里 可波乃瀬其等尓 佐乎左指能保礼
訓読 夏の夜は道たづたづし舟に乗り川の瀬ごとに棹(さを)さし上(のほ)れ
私訳 夏の夜は水路がはっきりしない。小舟に乗って川の浅瀬毎に棹を指して道順を示しなさい。

後追和橘謌二首
標訓 後(のち)に橘の謌に追ひて和(こた)へたる二首
集歌4063 等許余物能 己能多知婆奈能 伊夜弖里尓 和期大皇波 伊麻毛見流其登
訓読 常世(とこよ)物(もの)この橘のいや照りにわご大皇(すべらぎ)は今も見る如(ごと)
私訳 常世の物と云はれるこの橘のように、常に一層光輝き渡る。吾等の大皇は、今、このように見るように。

集歌4064 大皇波 等吉波尓麻佐牟 多知婆奈能 等能乃多知婆奈 比多底里尓之弖
訓読 大皇(すめらぎ)は常磐(ときは)にまさむ橘の殿の橘直(ひた)照(て)りにして
私訳 大皇は常盤にいらっしゃるはずです。橘卿の御殿の橘の樹々が優れて輝くように。
注意 集歌4063と集歌4064の歌で、原文表記「和期大皇波」と「大皇波」の「大皇」を一般には「大君(おほきみ)」と訓みますが、万葉集での天皇と大王とは違う身分を示すと云う歴史感から、ここでは「大皇(すめらぎ)」と訓んでいます。ここに万葉集の基本的な解釈が違います。このため、集歌4059の歌の「於保伎美」は大王であり、左大臣橘卿を示します。
コメント

再読、今日のみそひと謌 水

2019年08月28日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 水

集歌4055 可敝流末能 美知由可牟日波 伊都波多野 佐加尓蘇泥布礼 和礼乎事於毛婆婆
訓読 帰廻(かへるみ)の道行かむ日は五幡(いつはた)の坂に袖振れ我れをし思はば
私訳 都へ帰る九十九折(つづらおり)の路を行く日には、五幡の坂で気持ちを送る袖を振ってください。私を、もし、思い出したならば。

太上皇御在於難波宮之時謌七首 清足姫天皇也
標 太上皇(おほきすめらみこと)の難波の宮に御在(いま)しし時の謌七首 清足姫の天皇なり
左大臣橘宿祢謌一首
標訓 左大臣橘宿祢の謌一首
集歌4056 保里江尓波 多麻之可麻之乎 大皇乎 美敷祢許我牟登 可年弖之里勢婆
訓読 堀江には玉敷かましを大皇(すめらぎ)を御船(みふね)榜(こ)がむとかねて知りせば
私訳 堀江には美しい玉を敷いたのですが、大皇よ。御船を操り遡ると、前々から知っていましたら。

御製謌一首 和
標訓 御(かた)りて製(つく)らしし謌一首 和(こた)へたまへり
集歌4057 多萬之賀受 伎美我久伊弖伊布 保里江尓波 多麻之伎美弖々 都藝弖可欲波牟
訓読 玉敷かず君が悔(く)いて云ふ堀江には玉敷き満(み)てて継ぎて通(かよ)はむ
私訳 美しい玉を敷かなかったと貴方が後悔して云う、その堀江には美しい玉を敷き満たして、何度も通って来ましょう。
左注 或云 多麻古伎之伎弖
注訓 或(ある)は云はく、玉(たま)扱(こ)き敷(し)きて
私訳 或いは云うには「美しい玉をしごきちりばめて」

御製謌一首
標訓 御(かた)りて製(つく)らしし謌一首
集歌4058 多知婆奈能 登乎能多知波奈 夜都代尓母 安礼波和須礼自 許乃多知婆奈乎
訓読 橘のとをの橘八つ代にも吾(あ)れは忘れじこの橘を
私訳 橘の、枝もたわわな橘よ、幾代にも私は忘れない。この橘を。

河内女王謌一首
標訓 河内(かふちの)女王(おほきみ)の謌一首
集歌4059 多知婆奈能 之多泥流尓波尓 等能多弖天 佐可弥豆伎伊麻須 和我於保伎美可母
訓読 橘の下(した)照(て)る庭に殿(との)建てて酒みづきいます我が王(おほきみ)かも
私訳 橘の根元も輝くように美しい庭に御殿を建てて、酒を杯に盛っていらっしゃる吾等の大王よ。
注意 原文の「和我於保伎美可母」の「於保伎美」は、一般の解釈とは違い、王(おほきみ)と解釈し、左大臣橘卿を意味します。

コメント

再読、今日のみそひと謌 火

2019年08月27日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 火

集歌4050 米豆良之伎 吉美我伎麻佐婆 奈家等伊比之 夜麻保等登藝須 奈尓加伎奈可奴
訓読 めづらしき君が来まさば鳴けと云ひし山霍公鳥(ほととぎす)何か来鳴かぬ
私訳 立派な御方がやって来られたら鳴けと命令した山ホトトギス。どうした訳か、飛び来て鳴きません。

集歌4051 多胡乃佐伎 許能久礼之氣尓 保登等藝須 伎奈伎等余米波 波太古非米夜母
訓読 多古の崎木(こ)の暗茂(くれしげ)に霍公鳥(ほととぎす)来鳴き響(とよ)めばはだ恋ひめやも
私訳 多古の崎の木立ちの暗い茂みに、ホトトギスが飛び来て鳴き声を響かせば、こんなにホトトギスを恋しいと思わないでしょう。

掾久米朝臣廣縄之舘、饗田邊史福麻呂宴謌四首
標訓 掾久米朝臣廣縄の舘にして、田邊史福麻呂を饗(あへ)したる宴(うたげ)の謌四首
集歌4052 保登等藝須 伊麻奈可受之弖 安須古要牟 夜麻尓奈久等母 之流思安良米夜母
訓読 霍公鳥(ほととぎす)今鳴かずして明日(あす)越えむ山に鳴くとも験(しるし)あらめやも
私訳 ほととぎすよ。今、ここで啼かないで、明日、都へと越えて行くあの山で啼いたとしても、甲斐がないものを。

集歌4053 許能久礼尓 奈里奴流母能乎 保等登藝須 奈尓加伎奈可奴 伎美尓安敝流等吉
訓読 木(こ)の暗(くれ)になりぬるものを霍公鳥(ほとときす)何か来(き)鳴かぬ君に逢へる時
私訳 木立の下が暗く茂る季節になったのに、ホトトギスよ。どうして、やって来て啼かない。貴方に歓談している時に。

集歌4054 保等登藝須 許欲奈枳和多礼 登毛之備乎 都久欲尓奈蘇倍 曽能可氣母見牟
訓読 霍公鳥(ほとときす)こよ鳴き渡れ燈火(ともしび)を月夜(つくよ)に擬(なそ)へその影も見む
私訳 ホトトギスよ。ここに啼きながら飛び渡ってこい。灯火を月の光になぞらえて、その姿を見てみたい。
コメント