竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉雑記 色眼鏡 二三四 今週のみそひと歌を振り返る その五四

2017年09月30日 | 万葉集 雑記
万葉雑記 色眼鏡 二三四 今週のみそひと歌を振り返る その五四

 今回は巻八に載る大伴坂上郎女が詠った歌に遊びます。ただ、個人の感想ですが正面からこの歌に向き合うと解釈が難しい作品ではないでしょうか。

集歌1447 尋常 聞者苦寸 喚子鳥 音奈都炊 時庭成奴
訓読 世し常に聞けば苦しき呼子鳥(よぶことり)声なつかしき時にはなりぬ
私訳 普通に言い伝えとして聞けば不如帰去(帰り去くに如かず)の故事から心切ない呼子鳥(ホトトギス)よ。その「カタコヒ(片恋)」と鳴く、その声に心引かれる季節になったようだ。


 最初に示しました弊ブログの解釈は標準的なものとは違います。そこを手順としてご笑納願います。なぜか。まず、本ブログでは歌に示す「喚子鳥」はカッコウ(郭公)であろうとして解釈しています。つまり、喚子鳥=郭公から、蜀の望帝伝説を思い、「不如帰去」と云う鳴き声を聞いています。さらに、時には弓削皇子と額田王をも思い出す必要があります。なお、万葉集ではカッコウとホトトギスとは同じ名を持つ鳥として分類されています。

集歌112 古尓 戀良武鳥者 霍公鳥 盖哉鳴之 吾戀流其騰
試訓 古(いにしへ)に恋ふらむ鳥は霍公鳥(ほととぎす)けだしや鳴きし吾(わ)が恋(こ)ふるそと
試訳 昔を恋しがる鳥は霍公鳥です。さぞかし鳴いたでしょう。私がそれを恋しく思っているように。

 確かに飛躍ですし、弊ブログ特有の酔論です。ですが、なぜ、鳥の鳴き声を日常的な、又は通念から聴くと「苦寸」のでしょうか。一方で「音奈都炊(音はなつかしき)」としますから、鳴き声自体が聞くに堪えがたい訳でもありません。この理屈の解釈が標準的なものとは立場が違うのです。
 さらに、中国の人は郭公の鳴き声を「不如帰去」と聴きますが、大和人は「片恋」と聴きます。同じ鳥の鳴き声ですが、聴き方には人種や国語などの背景により違うようです。従いまして、句の始めには中国故事からの理屈があり、句の後半では大和の片恋と云う感情があるのでしょう。
 ただし、もう少し、穿って歌を鑑賞しますと、常一般の人には季節を告げる時鳥の表記を持つ鳥ですが、歌を詠う本人にとっては、その鳴き声をそのままに聞くと「片恋」と聴こえ、恋煩いに悩まされるとも出来ます。弊ブログでは「不如帰去」と「片恋」との鳴き声比較を優先しましたが、可能性として「片恋」と鳴く郭公と晩春を告げる時鳥との対比があるかもしれません。

 もう少し。
 歌で奈良の都の春の野で若菜を煮る(炊く)と、目に入る歌の表記「音奈都炊」からは次のような歌が思い浮かびます。


集歌1879 春日野尓 煙立所見 感嬬等四 春野之菟芽子 採而煮良思文 (感は、女+感の当字)
訓読 春日野(かすがの)に煙(けぶり)立つ見し娘子(をとめ)らし春野しうはぎ採みに煮らしも
私訳 春日野に煙が立つのを見ました。宮の官女たちが春の野の野遊びで嫁菜を摘んで煮ているようです。

 さて、集歌1447の歌を詠う人は、春の野に着飾った乙女たちを見て恋をした男か、蜀の望帝伝説からの過去の片思いの恋を思い出す季節となったと思った男か、どちらでしょうか。
 この歌、どうしましょうか。万葉集の歌は直線的と思い込むとなかなか想像も出来ない世界ですが、時に、古今和歌集の歌よりも複雑な構造を持つ歌もあります。この歌もそのような歌ではないでしょうか。
コメント

再読、今日のみそひと謌 金

2017年09月29日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 金

集歌1443 霞立 野上乃方尓 行之可波 鴬鳴都 春尓成良思
訓読 霞立つ野し上(へ)の方(かた)に行きしかば鴬鳴きつ春になるらし
私訳 霞が立つ野辺の山の方へ行ったならば鶯が啼いていた。春になったのでしょう。

集歌1444 山振之 咲有野邊乃 都保須美礼 此春之雨尓 盛奈里鶏利
訓読 山吹し咲きたる野辺(のへ)の壷菫(つぼすみれ)この春し雨に盛(さか)りなりけり
私訳 山吹の花が咲いている野辺に咲く壷菫。この春の雨に遇って花盛りになったことです。

集歌1445 風交 雪者雖零 實尓不成 吾宅之梅乎 花尓令落莫
訓読 風交(まじ)り雪は降るとも実に成らぬ吾家(わがへ)し梅を花に落(ち)らすな
私訳 風交じりの雪が降ったとしても、まだ、実に成らない私の家の梅を花のままで散らすな。

集歌1446 春野尓 安佐留雉乃 妻戀尓 己我當乎 人尓令知管
訓読 春し野にあさる雉(ききじ)の妻(つま)恋(こひ)に己(おの)があたりを人に知れつつ
私訳 春の野に探し求める雉がその妻を恋しくて啼き、自分の居場所を人に知らせている。

集歌1447 尋常 聞者苦寸 喚子鳥 音奈都炊 時庭成奴
訓読 世し常に聞けば苦しき呼子鳥(よぶことり)声なつかしき時にはなりぬ
私訳 普通に言い伝えとして聞けば不如帰去(帰り去くに如かず)の故事から心切ない呼子鳥(ホトトギス)よ。その「カタコヒ(片恋)」と鳴く、その声に心引かれる季節になったようだ。
コメント

再読、今日のみそひと謌 木

2017年09月28日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 木

集歌1438 霞立 春日里之 梅花 波奈尓将問常 吾念奈久尓
訓読 霞立つ春日し里し梅し花先(はな)に問はむと吾(われ)念(も)はなくに
私訳 霞立つ春日の里の梅の花。その梅の花を真っ先に訪れると私が思っているのではありません。

集歌1439 時者今者 春尓成跡 三雪零 遠山邊尓 霞多奈婢久
訓読 時は今は春になりぬとみ雪降る遠き山辺(やまへ)に霞たなびく
私訳 季節は、今は春になったと、雪が降り積もる遠くの山並の景色に霞が棚引く。

集歌1440 春雨乃 敷布零尓 高圓 山能櫻者 何如有良武
訓読 春雨のしくしく降るに高円(たかまど)し山の桜はいかにかあるらむ
私訳 春雨がしきりに降るので、高円にある山の桜は、どうなっているのであろうか。

集歌1441 打霧之 雪者零乍 然為我二 吾宅乃苑尓 鴬鳴裳
訓読 うち霧(き)らし雪は降りつつ然(し)かすがに吾家(わぎへ)の苑(その)に鴬鳴くも
私訳 あたりに霧が立ち込め雪は降りつづく。そうではあるが、私の家の庭に鶯が啼いている。

集歌1442 難波邊尓 人之行礼波 後居而 春菜採兒乎 見之悲也
訓読 難波辺(なにはへ)に人し行ければ後(おく)れ居(ゐ)に春菜摘む児を見るし悲しさ
私訳 難波の方に恋人が行ってしまったので、後に残されて独りで春菜を摘む娘の姿を見るのが切ない。

コメント

再読、今日のみそひと謌 水

2017年09月27日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 水

集歌1433 打上 佐保能河原之 青柳者 今者春部登 成尓鶏類鴨
訓読 うち上(のぼ)る佐保(さほ)の川原し青柳は今は春べとなりにけるかも
私訳 天に昇るような佐保の川原の青柳の枝葉の姿は、もうすっかり春の様子となったことです。

集歌1434 霜雪毛 未過者 不思尓 春日里尓 梅花見都
訓読 霜(しも)雪(ゆき)もいまだ過ぎねば思はぬに春日し里に梅し花見つ
私訳 霜や雪の季節がいまだ過ぎ去っていないと思っていたら、思いもよらずに春日の里で梅の花を見ました。

集歌1435 河津鳴 甘南備河尓 陰所見 今香開良武 山振乃花
訓読 かはづ鳴く甘南備川(かむなびかは)に影(かげ)を見む今か咲くらむ山吹の花
私訳 カジカ蛙が鳴く甘南備の川面に映る姿を見たい。もう、咲くだろうか、その山吹の花は。

集歌1436 含有常 言之梅我枝 今旦零四 沫雪二相而 将開可聞
訓読 含(ふふ)めりと言ひし梅が枝(え)今朝(けさ)降りし沫雪(あわゆき)にあひに咲きぬらむかも
私訳 蕾が膨らんでいると云った梅の枝。今朝降った泡雪に出会って、その白い花を咲かせたのでしょうか。

集歌1437 霞立 春日之里 梅花 山下風尓 落許須莫湯目
訓読 霞立つ春日(かすが)し里し梅し花山し下風(あらし)に落(ちり)つこすなゆめ
私訳 霞が立つ春日の里の梅の花。山らか吹き降ろす強い風に花を散らさないでほしい。けっして。
コメント

再読、今日のみそひと謌 火

2017年09月26日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 火

集歌1426 吾勢子尓 令見常念之 梅花 其十方不所見 雪乃零有者
訓読 吾が背子に見せむと念(おも)ひし梅し花それとも見えず雪の降れれば
私訳 私の愛しい貴方に見せましょうと想った梅の花、その花がどこにあるのか判らない。雪が降ったので。

集歌1427 従明日者 春菜将採跡 標之野尓 昨日毛今日毛 雪波布利管
訓読 明日(あす)よりは春菜摘まむと標(し)めし野に昨日(きのふ)も今日(けふ)も雪は降りつつ
私訳 明日からは春の若菜を摘もうと。その人の立ち入りが禁じられた野に、昨日も今日も雪が降り続く。

集歌1430 去年之春 相有之君尓 戀尓手師 櫻花者 迎来良之母
訓読 去年(こぞ)し春逢へりし君に恋ひにてし桜し花は迎へけらしも
私訳 去年の春に御逢いした貴方を尊敬してきた桜の花は、今年も貴方を歓迎しているようです。

集歌1431 百濟野乃 芽古枝尓 待春跡 居之鴬 鳴尓鶏鵡鴨
訓読 百済(くだら)野(の)の萩し古枝(ふるえ)に春待つと居(を)りし鴬鳴きにけむかも
私訳 百済野の萩の古い枝に春を待つように留まっている鶯は、もう、啼き出したかなあ。

集歌1432 吾背兒我 見良牟佐保道乃 青柳乎 手折而谷裳 見綵欲得
訓読 吾が背児が見らむ佐保(さほ)道(ぢ)の青柳(あをやなぎ)を手(た)折(を)りてだにも見しめてもがも
私訳 私の愛しいあの児が見たでしょう。あの佐保の道の青柳を、その手折った枝だけでも、見せて飾ってあげたいものです。
コメント