竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉雑記 色眼鏡 三四七 今週のみそひと歌を振り返る その一六七

2019年11月30日 | 万葉集 雑記
万葉雑記 色眼鏡 三四七 今週のみそひと歌を振り返る その一六七

 今週も防人の歌ですが、防人の歌は集歌4436の歌までですので、今週紹介したものでほぼ終わりです。
 特に今週の特徴的な防人歌は任期を終えて帰国する時の歌が取られていることです。最短で3年間の任期を終えての帰国です。

集歌4425 佐伎毛利尓 由久波多我世登 刀布比登乎 美流我登毛之佐 毛乃母比毛世受
訓読 防人(さきもり)に行くは誰が背と問ふ人を見るが羨(とも)しさ物思ひもせず
私訳 防人に行くのは誰の夫ですかと問う人を見るのが羨ましい。何の物思いもしなくて。

集歌4426 阿米都之乃 可未尓奴佐於伎 伊波比都々 伊麻世和我世奈 阿礼乎之毛波婆
訓読 天地の神に幣(ぬさ)置き斎(いは)ひつついませ吾が背な吾をし思(しの)はば
私訳 天と地との神に幣を奉げ置き祈ります。無事にいて下さい。私の大切な貴方。私を思い出してください。

集歌4427 伊波乃伊毛呂 和乎之乃布良之 麻由須比尓 由須比之比毛乃 登久良久毛倍婆
訓読 家の妹ろ吾(わ)を偲ふらし真結ひに結ひし紐の解くらく思(も)へば
私訳 家に残るいとしいお前が私を懐かしんでいるようだ、しっかり結びに結んだ紐が解けるのを見ると。

集歌4428 和我世奈乎 都久志波夜利弖 宇都久之美 叡比波登加奈々 阿夜尓可毛祢牟
訓読 吾が背なを筑紫は遣りて愛(うつく)しみ帯(えひ)は解かななあやにかも寝む
私訳 私の大切な貴方を筑紫に旅立たせて、貴方が愛した帯は解きもしないで落ち着かない気持ちで寝るでしょう。

集歌4429 宇麻夜奈流 奈波多都古麻乃 於久流我弁 伊毛我伊比之乎 於岐弖可奈之毛
訓読 馬屋なる縄立つ駒の後(おく)るがへ妹が云ひしを置きて悲しも
私訳 「厩に居る手綱を切った馬が、どうして、そのままにいるでしょうか」と、いとしいお前が云ったのを、そのまま後に残してきたのが悲しい。

集歌4430 阿良之乎乃 伊乎佐太波佐美 牟可比多知 可奈流麻之都美 伊埿弖登阿我久流
試訓 荒し男(を)のい小矢(をさ)手挟み向ひ立ちかなる汝(まし)罪(つみ)出でてと吾が来る
試訳 荒々しい男の持つ矢を小脇に挟み防人の旅に向かい立ち、そのようなお前の責務と、私が出立して来た。
注意 原文の「可奈流麻之都美」は、標準解釈では「かなる間しづみ」と訓じますが、ここでは特別に訓じます。

集歌4431 佐左賀波乃 佐也久志毛用尓 奈々弁加流 去呂毛尓麻世流 古侶賀波太波毛
訓読 笹が葉のさやぐ霜夜に七重(ななへ)着る衣に増せる子ろが肌はも
私訳 笹の葉が風に騒ぐ霜置く夜に、たくさん着る衣にまして、いとしいお前のあたたかい肌だったようなあ。

集歌4432 佐弁奈弁奴 美許登尓阿礼婆 可奈之伊毛我 多麻久良波奈礼 阿夜尓可奈之毛
訓読 障(さ)へなへぬ命にあれば愛(かな)し妹が手枕(たまくら)離(はな)れあやに悲しも
私訳 拒否できない命令なので、いとしいお前の手枕を離れて、なんとも悲しいことです。
左注 右八首、昔年防人謌矣。主典刑部少録正七位上磐余伊美吉諸君、抄寫贈兵部少輔大伴宿祢家持
注訓 右の八首は、昔年(せきねん)の防人の謌なり。主典(さくわん)刑部(ぎやうぶの)少録(せうろく)正七位上磐余(いはれの)伊美吉(いみき)諸君(もろきみ)、抄寫(ぬきうつ)して兵部少輔大伴宿祢家持に贈れり。

 ここで理解しないといけないのは、この歌八首は防人としての赴任先で女を作り、家庭を持ったことが前提で、その九州で作った女との別れ歌なのです。
 つまり、男とはこういうものです。あっちで「お前が一番」と云い、こっちで「もう、忘れられない」などと云って、土地土地の女性と仲良くなります。
 逆に、防人が故郷を出立する時に詠った別れの歌を100%真に受けたらいけない可能性があります。それは、その場その場の定型の口説き文句なのかもしれません。当然、この別れ歌八首は屯田村で開かれた送別の宴会での儀礼的な歌でなければ、帰って行く防人と残される里の娘との夜の床での会話です。その防人の男は同じことを出発する里でもしていたのです。そのようなものとして、私たちは歌を鑑賞する必要があります。
 当然、防人の男はその場、その場で相手の女がとっても好きだったでしょう。それで誠意をもって付き合い、抱いたでしょうが、ただ、それはその時であって、今ではありません。今は九州の女に後ろ髪を引かれるのです。このような男の態度を関東の女が許すかは判りません。しかしもしこれが現代小説なら最初の別れの場面は偽りかと議論を呼ぶでしょう。

 一首単独で独立して歌を鑑賞するか、複数の歌を一つの塊りとして鑑賞するかでは、歌を詠う男の女への誠実と云うものの捉え方は大きく変わる可能性があります。同じ歌であっても、場合により180度正反対の捉え方が生まれる可能性があります。
 伊藤博氏が唱えた歌群の概念はここで示すように非常に重要です。本ブログは与太話と法螺話だけですが、可能性として、このような方向から鑑賞して見て下さい。
コメント

再読、今日のみそひと謌 金

2019年11月29日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 金

集歌4428 和我世奈乎 都久志波夜利弖 宇都久之美 叡比波登加奈々 阿夜尓可毛祢牟
訓読 吾が背なを筑紫は遣りて愛(うつく)しみ帯(えひ)は解かななあやにかも寝む
私訳 私の大切な貴方を筑紫に旅立たせて、貴方が愛した帯は解きもしないで落ち着かない気持ちで寝るでしょう。

集歌4429 宇麻夜奈流 奈波多都古麻乃 於久流我弁 伊毛我伊比之乎 於岐弖可奈之毛
訓読 馬屋なる縄立つ駒の後(おく)るがへ妹が云ひしを置きて悲しも
私訳 「厩に居る手綱を切った馬が、どうして、そのままにいるでしょうか」と、いとしいお前が云ったのを、そのまま後に残してきたのが悲しい。

集歌4430 阿良之乎乃 伊乎佐太波佐美 牟可比多知 可奈流麻之都美 伊埿弖登阿我久流
試訓 荒し男(を)のい小矢(をさ)手挟み向ひ立ちかなる汝(まし)罪(つみ)出でてと吾が来る
試訳 荒々しい男の持つ矢を小脇に挟み防人の旅に向かい立ち、そのようなお前の責務と、私が出立して来た。
注意 原文の「可奈流麻之都美」は、一般に「かなる間しづみ」と訓みますが、ここでは特別に訓んでいます。

集歌4431 佐左賀波乃 佐也久志毛用尓 奈々弁加流 去呂毛尓麻世流 古侶賀波太波毛
訓読 笹が葉のさやぐ霜夜に七重(ななへ)着る衣に増せる子ろが肌はも
私訳 笹の葉が風に騒ぐ霜置く夜に、たくさん着る衣にまして、いとしいお前のあたたかい肌だったようなあ。

集歌4432 佐弁奈弁奴 美許登尓阿礼婆 可奈之伊毛我 多麻久良波奈礼 阿夜尓可奈之毛
訓読 障(さ)へなへぬ命にあれば愛(かな)し妹が手枕(たまくら)離(はな)れあやに悲しも
私訳 拒否できない命令なので、いとしいお前の手枕を離れて、なんとも悲しいことです。


コメント

再読、今日のみそひと謌 木

2019年11月28日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 木

集歌4423 安之我良乃 美佐可尓多志弖 蘇埿布良波 伊波奈流伊毛波 佐夜尓美毛可母
訓読 足柄の御坂に立して袖振らば家なる妹はさやに見もかも
私訳 足柄の御坂に立って袖を振ったなら、家に残る愛しい妻は、はっきりと見るだろうか。

集歌4424 伊呂夫可久 世奈我許呂母波 曽米麻之乎 美佐可多婆良婆 麻佐夜可尓美無
訓読 色深く背なが衣(ころも)は染(そ)めましをみ坂給らばまさやかに見む
私訳 色濃くいとしい貴方の衣を染めれば良かった、足柄の御坂を越える日ははっきりと見えるでしょう。

集歌4425 佐伎毛利尓 由久波多我世登 刀布比登乎 美流我登毛之佐 毛乃母比毛世受
訓読 防人(さきもり)に行くは誰が背と問ふ人を見るが羨(とも)しさ物思ひもせず
私訳 防人に行くのは誰の夫ですかと問う人を見るのが羨ましい。何の物思いもしなくて。

集歌4426 阿米都之乃 可未尓奴佐於伎 伊波比都々 伊麻世和我世奈 阿礼乎之毛波婆
訓読 天地の神に幣(ぬさ)置き斎(いは)ひつついませ吾が背な吾をし思(しの)はば
私訳 天と地との神に幣を奉げ置き祈ります。無事にいて下さい。私の大切な貴方。私を思い出してください。

集歌4427 伊波乃伊毛呂 和乎之乃布良之 麻由須比尓 由須比之比毛乃 登久良久毛倍婆
訓読 家の妹ろ吾(わ)を偲ふらし真結ひに結ひし紐の解くらく思(も)へば
私訳 家に残るいとしいお前が私を懐かしんでいるようだ、しっかり結びに結んだ紐が解けるのを見ると
コメント

再読、今日のみそひと謌 水

2019年11月27日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 水

集歌4418 和我可度乃 可多夜麻都婆伎 麻己等奈礼 和我弖布礼奈々 都知尓於知母加毛
訓読 吾が門の片山椿まこと汝れ吾が手(て)触(ふ)れなな地(つち)に落ちもかも
私訳 我が家の門に咲く片山椿、本当にお前は私が手で触れないのに土に花を落とすのだろうか。

集歌4419 伊波呂尓波 安之布多氣騰母 須美与氣乎 都久之尓伊多里弖 古布志氣毛波母
訓読 家ろには葦火(あしひ)焚けども住みよけを筑紫に至りて恋(こひ)しけ思(も)はも
私訳 家では葦火を焚くけれど、煤けていても住み良いのに、筑紫に行ったなら恋しく思うだろう。

集歌4420 久佐麻久良 多妣乃麻流祢乃 比毛多要婆 安我弖等都氣呂 許礼乃波流母志
訓読 草枕旅の丸寝の紐絶えば吾が手と付けろこれの針持し
私訳 草を枕に苦しい旅を行き着のみ着たままで寝る衣の紐がちぎれたら、私の手と思って付けてください。この針を持って。

集歌4421 和我由伎乃 伊伎都久之可婆 安之我良乃 美祢波保久毛乎 美等登志努波祢
訓読 吾が行きの息づくしかば足柄の峰延(は)ほ雲を見とと偲はね
私訳 私の旅行きでお前が悲嘆にくれたら、足柄の峰に広がる雲を見ながら、偲んで下さい。

集歌4422 和我世奈乎 都久之倍夜里弖 宇都久之美 於妣婆等可奈々 阿也尓加母祢毛
訓読 吾が背なを筑紫へ遣りて愛(うつく)しみ帯は解かななあやにかも寝も
私訳 私のいとしい夫を筑紫へ旅立たせて、貴方が愛した帯は解きもしないで落ち着かない気持ちで寝るでしょう。
コメント

再読、今日のみそひと謌 火

2019年11月26日 | 再読、今日のみそひと...
再読、今日のみそひと謌 火

集歌4413 麻久良多之 己志尓等里波伎 麻可奈之伎 西呂我馬伎己無 都久乃之良奈久
訓読 真黒(まく)ら太刀(たち)腰に取り佩き真(ま)愛(かな)しき背ろが罷(ま)き来む月の知らなく
私訳 真っ黒な立派な太刀を腰に取り佩き、いとしい私の夫が役務から免除されて帰って来る月は、何時とは知らない。

集歌4414 於保伎美乃 美己等可之古美 宇都久之氣 麻古我弖波奈利 之末豆多比由久
訓読 大王(おほきみ)の御言(みこと)畏(かしこ)み愛(うつく)しけ真子が手(た)離(はな)り島伝ひ行く
私訳 大王の御命令を畏み、いとしいわが子が私の手を離れて、島伝いに旅行く。

集歌4415 志良多麻乎 弖尓刀里母之弖 美流乃須母 伊弊奈流伊母乎 麻多美弖毛母也
訓読 白玉を手に取り持して見るのすも家なる妹をまた見てももや
私訳 真珠を手に取り持って眺めるように、家に居るいとしい妻を、また、ふたたび逢いたいものです。

集歌4416 久佐麻久良 多比由苦世奈我 麻流祢世婆 伊波奈流和礼波 比毛等加受祢牟
訓読 草枕旅行く背なが丸寝せば家なる吾は紐解かず寝む
私訳 草を枕に行くような旅を行く、私のいとしい夫が、夜着に着替えずそのまま寝ると、家に残る私は、操の衣の紐を解かずに寝ましょう。

集歌4417 阿加胡麻乎 夜麻努尓波賀志 刀里加尓弖 多麻乃余許夜麻 加志由加也良牟
訓読 赤駒を山野にはがし捕りかにて多摩の横山徒歩(かし)ゆか遣(や)らむ
私訳 赤駒を山の野に放牧して捕らえられず、多摩の横山を徒歩にて貴方は旅を行くのでしょうか。
コメント