竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

古今和歌六帖 原文 第六帖 後半部

2017年03月12日 | 古今和歌六帖
古今和歌六帖 第六帖 後半部



歌番4329 いにしへを こふるとりかも ゆつるはの みゐのうへより なきわたりゆく
歌番4330 むらとりの たちにしわかな いまさらに ひとなしむとも しるしあらめや
歌番4331 ふゆやまに ひとりぬるとり よをさむみ ひとはたえける きをそもとむる
歌番4332 とりならは あたりのききに かくれゐて ほれたるこゑに わかなかましを
歌番4333 なつそひく うなかみかたの おきつすに とりはすたけと きみはおともせす
歌番4334 なつかりの たまえのあしを ふみしたき むれゐるとりの たつそらそなき
歌番4335 ゑにかける とりともひとに みてしかな おなしところに つねにとふへく
歌番4336 いもかてを とりこのいけの なみまより とりのねきこゆ あけそしぬらし
歌番4337 はなちとり ゆくへもしらす なりぬれは はなれしことそ くやしかりける
歌番4338 ひなとりの かさきりよわみ とはれねは すこもりなから ねをのみそなく
歌番4339 あけぬとて なにいそくらむ ひなとりの またとくらなる こゑにやはあらぬ
歌番4340 はるののに あさなくひなの つまこふと みをいたつらに なりにけるかな
歌番4341 あしたつの かひこめくつる すこもりの つひにかへらぬ みとやなりなむ
歌番4342 とりのこは かへりてのちそ なかれける みのかひなきを おもひしりつつ
歌番4343 かはかせに なひくあしたつ おのかよを なみとともにや きみはよすらむ
歌番4344 ちとせふと わかきくなへに あしたつの なきわたるなる こゑのはるけさ
歌番4345 あしたつの たてるかはへを ふくかせに よせてかへらぬ なみかとそみる
歌番4346 むれてゐる あしへのたつを わすれつつ みつにもきえぬ ゆきかとそみる
歌番4347 ちとせまて いのちたもてる つるなれは きみかゆききを したふなりけり
歌番4348 あふことの かたにおりゐる あしたつの すになくこゑは きこえやはする
歌番4349 たつのたつ さはへになみや さわくらむ あしのみきはの のとけからぬは
歌番4350 あまくもに はねうちつけて とふたつの たつたつしかも きみきまさねは
歌番4351 たつきなき あしへをさして とひわたり あなたつたつし ひとりさぬれは
歌番4352 あしたつの すむさはにおふる すかのねの ねむころにみる きみはたのます
歌番4353 わかのうらに しほみちくれは かたをなみ あしへをさして たつなきわたる
歌番4354 あしたつの すまふいりえの しらすけの しらすやきみは わかこふらくを
歌番4355 いとはやも なくぬるかりか しらつゆに いろとるききも もみちあへぬに
歌番4356 はるかすみ かすみていにし かりかねは いまそなくなる あききりのうへに
歌番4357 あやしくも きなかぬかりか しらつゆの おきにしあさほ ひさしきものを
歌番4358 あしへなる をきのはそよき あきかせの ふきくるなへに かりなきわたる
歌番4359 あきかせに こゑをほにあけて くるふねは あまのとわたる かりにさりける
歌番4360 ひさかたの あまくもおかす くもかくれ なきそゆくなる はつたかりかね
歌番4361 ことしけき さとにすますは けさなきし かりにたくひて いなましものを
歌番4362 かりかねの たかくなのりし みなれとも あきのこゑとそ ひとはいひてし
歌番4363 あきのやま きりたちわけて くるかりの ちよにかはらす こゑきこゆなり
歌番4364 ともともと おもひきつれと かりかねは おなしさとへも かへらさりけり
歌番4365 ものおもふと つきひのゆくも しらさりつ かりこそなきて あきとわけつれ
歌番4366 ことつけて とふへきものを はつかりの きこゆるこゑは はるかなりけり
歌番4367 はつかりの なきこそわたれ よのなかの ひとのこころの あきしうけれは
歌番4368 はるかすみ とひわけいぬる こゑききて かりきぬなりと ほかはいふらむ
歌番4369 としことに くもちまとはし くるかりは こころつからや あきをしるらむ
歌番4370 あまのはら かりそとわたる とほやまの こすゑはうへそ いろつきにける
歌番4371 ふるさとに かすみとひわけ ゆくかりは たひのそらにや はるをすくらむ
歌番4372 うきことを おもひつらねて かりかねの なきこそわたれ あきのよなよな
歌番4373 はつかりの はつかにこゑを ききしより なかそらにのみ ものをおもふかな
歌番4374 はるかすみ たつをみすてて ゆくかりは はななきさとに すみやならへる
歌番4375 ひたすらに わかきかなくに くもわけて かりそかりそと つけわたるらむ
歌番4376 あきかせに やまとひこゆる かりかねの いやとほさかり くもかくれつつ
歌番4377 まつひとに あらぬものから はつかりの けさなくこゑの めつらしきかな
歌番4378 なくかりの ねをのみそなく をくらやま きりたちはるる をりしなけれは
歌番4379 はるまけて かりかへるとも あきかせに もみちのやまを こえさらめやは
歌番4380 みよしのの たのむのかりも ひたふるに きみかかたにそ よるとなくなる
歌番4381 わかかたに よるとなくなる みよしのの たのむのかりを いつかわすれむ
歌番4382 つきみれは われてそひとの こひしきに いととくもゐに なきわたるかり
歌番4383 うちなひき はるさりくれは ささのはに をはうちふれて うくひすそなく
歌番4384 くたらのの はきのふるえに はるまつと すみしうくひす なきにけむかも
歌番4385 うめのはな さけるをかへに いへしあれは ともしくもあらす うくひすのこゑ
歌番4386 うちなひき はるさりくれは あをやきの えたくひもちて うくひすなくも
歌番4387 うちきえし ゆきはふりつつ しかすかに わかいへのそのに うくひすなきつ
歌番4388 はるのひに かすみたなひき うらかなし このゆふかけに うくひすなくも
歌番4389 うくひすの たにのそこにて なくこゑは みねにこたふる やまひこもなし
歌番4390 ふくかせを なきてうらみよ うくひすは われやははなに てたにふれたる
歌番4391 しるしなき ねをもなくかな うくひすは ことしのみちる はなならなくに
歌番4392 まつひとは こぬものゆゑに うくひすの なきつるえたを をりてけるかな
歌番4393 はるたては はなとやみえむ しらゆきの かかれるえたに うくひすのなく
歌番4394 はなのかを かせのたよりに たくへてそ うくひすさそふ しるへにはする
歌番4395 たのまれぬ はなのこころと おもへはや ちらぬさきより うくひすのなく
歌番4396 うくひすの たによりいつる こゑなくは はるくることを たれかつけまし
歌番4397 うめのはな ちるてふなへに はるさめの ふりてつつなく うくひすのこゑ
歌番4398 たけちかく よとこねはせし うくひすの なくこゑきけは あさいせられす
歌番4399 うくひすの おのかはかせに ちるはなを たれにおほせて ここらなくらむ
歌番4400 はるなから こころもゆかぬ うくひすは はなをみなから ねをのみそなく
歌番4401 うめかえに きゐるうくひす はるかけて なけともいまた ゆきはふりつつ
歌番4402 うめのはな みにこそきつれ うくひすの ひとくひとくと いとひしもをる
歌番4403 うくひすの なきつるこゑに さそはれて はなのもとにそ われはきにける
歌番4404 わかやとに きゐるうくひす はねよわみ とはぬはつらき ものにそありける
歌番4405 ゆきのうちに はるはきにけり うくひすの こほれるなみた いまやとくらむ
歌番4406 はるされは まつなくとりの うくひすの ことさきたてて きみをしまたむ
歌番4407 はるなれは つまをもとむる うくひすの こすゑをつたひ なきわたるかな
歌番4408 ふゆかくれ はるさりくれは あしひきの やまにものにも うくひすなくも
歌番4409 みそのふの たけのはやしに うくひすは しはなかましを ゆきはふりつつ
歌番4410 うくひすの こゑのほのかに きこゆるは いつらのやまに なくやまひこそ
歌番4411 むらむらの こつたふはるに なりぬらし やまのまにまに うくひすなくも
歌番4412 わきもこを うらまちかねつ ほとときす いたくなきかね こひもやむやと
歌番4413 わかことく きみにこふるは ほとときす このよすからに いねかてにする
歌番4414 ほとときす こゑきくをのの あきかせに あさちさけれや おとのともしき
歌番4415 もののふの いはせのもりの ほとときす いまもなかぬか やまのこかけに
歌番4416 ほとときす きなきとよます うのはなのと ともにやこしと とはましものを
歌番4417 たちはなの はなちるさとの ほとときす かたらひしつつ なくひしそおほき
歌番4418 わかやとに つきおしてれり ほとときす こころありこよひ きなきとよませ
歌番4419 ことしけき きみはきまさす ほとときす なれたにきなけ あさとあくへく
歌番4420 かききらし あめふるよるを ほとときす なきていぬなり あはれそのとり
歌番4421 いへにゆきて なにをかたらむ あしひきの やまほとときす ひとこゑもかな
歌番4422 ほとときす はなたちはなの えたにゐて なくはむかしの ひとやこひしき
歌番4423 もののふの いはせのもりの ほとときす いたくななきそ わかこひまさる
歌番4424 ほとときす いたくななきそ なかこゑを さつきのたまに あひぬるまてに
歌番4425 なつのよの ふすかとすれは ほとときす なくひとこゑに あくるしののめ
歌番4426 このさとに いかなるひとか いへゐして やまほとときす つねにきくらむ
歌番4427 さみたれの そらもととろに ほとときす なにをうしとか よはになくらむ
歌番4428 あしひきの やまのこすゑし たかけれは なくほとときす こゑはるかなり
歌番4429 むかしより なきふるしつつ ほとときす いくそのなつを こゑにたつらむ
歌番4430 つきをたに あかすおもひて ねぬものを ほとときすさへ なきわたるかな
歌番4431 はなもちり ほとときすさへ いぬるまて きみにもゆかす なりにけるかな
歌番4432 こかくれて さつきまつとも ほとときす はねならはしに えたうつりせよ
歌番4433 ほとときす はつかなるねを ききそめて あらぬもそれと おもほゆるかな
歌番4434 さつきこは なきもふりなむ ほとときす またしきほとの こゑをきかはや
歌番4435 ふたこゑと きくとはなしに ほとときす よふかくめをも さましつるかな
歌番4436 ほとときす われとはなしに うのはなの うきよのなかに なきわたるらむ
歌番4437 くるるかと みれはあけぬる なつのよを あかすとやなく やまほとときす
歌番4438 いそのかみ ふるきみやこの ほとときす こゑはかりこそ むかしなりけれ
歌番4439 ほとときす なくこゑきけは あちきなく ぬしさたまらぬ こひせらるはた
歌番4440 よやくらき みちやまとへる ほとときす わかやとにしも すきかてになく
歌番4441 さみたれに ものおもひをれは ほとときす よふかくなきて いつちゆくらむ
歌番4442 おとはやま けさこえくれは ほとときす こゑをはるかに いまそなくなる
歌番4443 ゆきやらて やまちくらしつ ほとときす いまひとこゑの きかまほしさに
歌番4444 ふすからに まつそわひしき ほとときす なくひとこゑに あくるよなれは
歌番4445 わかことく ものやかなしき ほとときす ときそともなく よよになくらむ
歌番4446 やよやまて やまほとときす ことつてむ わかよのなかに すみわひぬへし
歌番4447 なつやまに こひしきひとや いりぬらむ こゑふりたてて なくほとときす
歌番4448 つくはねわ わかゆけりとは ほとときす やまひことよみ なきなましとも
歌番4449 ほとときす よふかきこゑは つきまつと おきていもねぬ ひとそききける
歌番4450 たかさとに よかれをしてか ほとときす たたここにのみ ねたるこゑする
歌番4451 あひかたき きみにあへるよ ほとときす ことときよりも いまこそなかめ
歌番4452 さつきまつ やまほとときす うちはふき いまもなかなむ こそのふるこゑ
歌番4453 うちとけて いもねられねは ほとときす よふかきこゑは われのみそきく
歌番4454 みやまには くもゐたなひき あけにけり かはのせことに ちとりしはなく
歌番4455 あきくれは さほのかはらの かはきりに ともまとはせる ちとりなくなり
歌番4456 おほそらに わたるちとりの われならは をふのあたりを いかになかまし
歌番4457 かはちとり すむかはのうへの たつきりの まきれにたにも あひみてしかな
歌番4458 やまかはの いしまかくれに すむちとり ひとしれねはや こゑのきこえぬ
歌番4459 ちとりなく さほのかはらの ささらなみ やむときもなく わかこふらくは
歌番4460 さよなかに ともよふちとり ものおもふと わひつつあるに なきつつあやな
歌番4461 いとといとと ものおもひをれは かはちとり のにもやまにも なきみたれけり
歌番4462 おもひかね いもかりゆけは ふゆのよの かはかせさむみ ちとりなくなり
歌番4463 こたへぬに よるなとよめそ よふことり さほのかはらを のほりくたりに
歌番4464 とことはに きけはくるしき よふことり こゑなつかしき ときにはなりぬ
歌番4465 をちこちの たつきもしらぬ やまなかに おほつかなくも よふことりかな
歌番4466 わかやとの はなにななきそ よふことり なくかひありて きみもこなくに
歌番4467 かみなひの いはせのもりの よふことり いたくななきそ わかこひまさる
歌番4468 たきのうへの みふねのやまの あしへより きなきわたるは たれよふことり
歌番4469 いつしかも こえむとおもふ あしひきの やまになくなる よふことりかも
歌番4470 あさかすみ やへのやまこえし よふことり なくやなかくる やとはあらなくに
歌番4471 あかつきの しきのはねかき ももはかき きみかこぬよは われそかすかく
歌番4472 あさはらに さようちふけて たつしきの はこそしるらめ ひとりぬるよは
歌番4473 あかつきに はねかくしきの うちしきり いくよかいもか きみにこひわたるらむ
歌番4474 あかつきの しきのはねかき ももはかき かきあつめてそ わひしかりける
歌番4475 はるまけて ものかなしきに さよふけて とかはなくしき たかためかなく
歌番4476 あかつきと よからすなけと このやまの こすゑのうへは いまたしつけし
歌番4477 なつのよの こもちからすの さかそかし よふかくなきて きみをやりつる
歌番4478 あさからす いたくななきそ わきもこか あさけのすかた みれはかなしも
歌番4479 からすとふ おほおそとりの まさてにも きまさぬきみを ころくとそなく
歌番4480 たかしまや ゆるきのもりの さきすらも ひとりはねしと あらそふものを
歌番4481 みつまさる よとのかはせに たつさきの たちてもゐても なかぬひそなき
歌番4482 ひるよりも ゆるきのもりに すむさきの やすきいもねす こひあかしつる
歌番4483 みやまきに よるはきてなく はことりの あけはかはらむ ことをこそおもへ
歌番4484 はるたては のへにまつなく はことりの めにもみえすて こゑのかなしき
歌番4485 とりかへす ものにもかもな はことりの あけてくやしき ものをこそおもへ
歌番4486 かほとりの まなくしはなく はるののの くさのねしけき こひもするかな
歌番4487 あさゐてに きなくかほとり なれたにも きみにこふれは ときをへすなく
歌番4488 ゆふされは のへになくてふ かほとりの かほにみえつつ わすられなくに
歌番4489 よやさむき ころもやうすき かささきの ゆきあひのはしに しもやおくらむ
歌番4490 かささきの みねとひこえて なきゆけは なつのよわたる つきそかくるる
歌番4491 はるされは もすのくさくき みえすとも われはみやらむ きみかあたりをは
歌番4492 あきののの をはなかうれに なくもすの こゑききけむか かたきけわきも
歌番4493 くひなたに たたけはあくる なつのよを こころみしかき ひとやかへりし
歌番4494 つはめくる ときになりぬと かりかねは ふるさとこひて くもかくれなく

異本歌

歌番4495 くれはとり あやにこひしく ありしかは ふたむらやまも こえすなりにき
歌番4496 ひとりねの こもくちめやも あやむしろ をになるまてに きみをしまたむ
歌番4497 たかために これるなけきを うちつけに にほひもしらぬ われにおほする
歌番4498 いままてに なとかははなの さかすして よそとせあまり としきりはする
歌番4499 はるはるの かすはわすれす ありなから はなさかぬきを なににうゑけむ
コメント

古今和歌六帖 原文 第六帖 中半部

2017年03月12日 | 古今和歌六帖
古今和歌六帖 第六帖 中半部



歌番3967 あきのよの あくるもしらす なくむしは わかことものや かなしかるらむ
歌番3968 あきかせの ややふきしけは やまさむみ わひしきこゑに むしそなくなる
歌番3969 わかために くるあきにしも あらなくに むしのねきけは ものそかなしき
歌番3970 あきくれは のもせにむしの おりつめる こゑのあやをは たれかきるらむ
歌番3971 あきのよは つゆこそことに さむからし くさむらことに むしのわふれは
歌番3972 あきはやみ せみのなきつつ なけかれぬ つりなきひとの すむやまとほみ
歌番3973 せみのこゑ きけはかなしな なつころも うすくやひとの ならむとすらむ
歌番3974 いしはしる たきもととろに なくせみの こゑをしきけは みやこおもほゆ
歌番3975 さくはなは としにかへねと うつせみの よのためしにも ちるにさりける
歌番3976 いまもなほ われてそひとの うらめしき かかるさなかの なかになかれて
歌番3977 うつせみの むなしきからに なるまてに わすれむとおもふ われならなくに
歌番3978 あはれてふ ひとはなくとも うつせみの からになるまて なかむとそおもふ
歌番3979 たもとより はなれてたまを つつまめや これなむそれと うつせみむかし
歌番3980 なみのうつ せみれはたまそ みたれける ひろははそてに はかなからむや
歌番3981 よひのまも はかなくみゆる なつむしに まとひまされる こひにもあるかな
歌番3982 なつむしを なにかいひけむ こころから われもおもひに もえぬへらなり
歌番3983 まさりては われそもえける なつむしの ひにかかるとて なともときけむ
歌番3984 なつむしの みをいたつらに なすことも ひとつおもひに よりてなりけり
歌番3985 もゆるひに おもひいりにし なつむしは なにしかさらに とひかへるへき
歌番3986 なつむしの しるしるまとふ おもひをは こりぬかなしと たれかみさらむ
歌番3987 きりきりす いたくななきそ あきのよの なかきおもひは われそまされる
歌番3988 なかために あらせるやとか きりきりす よなかきひとの もとにしもくる
歌番3989 あきかせの ふきつるよひは きりきりす くさむらことに こゑみたりけり
歌番3990 わかことく ものやかなしき きりきりす まくらつとへに よもすからなく
歌番3991 あきかせの ややふきしけは きりきりす うくもよもきの やとをかるるか
歌番3992 あきののの つゆにぬれつつ たれくとか ひとまつむしの ここらなくらむ
歌番3993 こむといひし ほともすきにし あきののに ひとまつむしの こゑのかなしさ
歌番3994 あきののに きやとるひとも おもほえす たれをまつむし ここらなくらむ
歌番3995 ゆふされは ひとまつむしの なくなへに ひとりあるみそ こひまさりける
歌番3996 たきつせの うちにたまつむ しらなみは なかるるみをを をにやぬくらむ
歌番3997 あきののに われまつむしの なくといはは をらてねなから はなはみてまし
歌番3998 きみしのふ くさにやつるる ふるさとは まつむしのねそ かなしかりける
歌番3999 たまさかに けふあひみれは すすむしは むつましなから こゑそきこゆる
歌番4000 ひとのいも かるときくまて をみなへし もとことになく すすむしのこゑ
歌番4001 かりにきて のへにそまとふ すすむしの こゑはさやけき しるへなれとも
歌番4002 ひくらしの きなくゆふへの いくそはく ひとことにきけと あかぬこゑかも
歌番4003 いまこむと いひてわかれし あしたより おもひくらしの ねをのみそなく
歌番4004 ひくらしの こゑにやまのは ちかけれは なきつるなへに いりひさしけむ
歌番4005 ひくらしの こゑもいとなく なくなるは あきのゆふへに なれはなりけり
歌番4006 あきかせの いなはそよきて ふくなへに ほのかにしつる ひくらしのこゑ
歌番4007 ひくらしの なきつるなへに ひはくれぬと みえしはやまの かけにそありける
歌番4008 そまひとは みやきひくらし あしひきの やまのやまひと よるとよむなり
歌番4009 またもあらむ をりもなからむ ひくらしの ものおもふときに なきつつあやな
歌番4010 かくのみし あれはものおもひ なくさむと いてたちきけは きなくひくらし
歌番4011 ゆくほたる くものうへまて いぬへくは あきかせふくと かりにふけこせ
歌番4012 なつのよは ともすほたるの むねのひを をしもたえたる たまとみるかな
歌番4013 ゆふされは ほたるよりけに もゆれとも ひかりみねはや ひとのつれなき
歌番4014 さよふけて わかまつひとや いまくると おとろくまても てらすほたるか
歌番4015 ひるはなき よるはもえてそ なからふる ほたるもせみも わかみなりけり
歌番4016 すみとけむ いほたるへくも みえなくに なとほともなき みをこかすらむ
歌番4017 かりかねの はかせをさむみ はたおりめ くたまくこゑの きりきりとなく
歌番4018 あきくれは はたおるむしの あるなへに からにしきにも みゆるのへかな
歌番4019 いましはと わひにしものを ささかにの ころもにかけて われをたのむる
歌番4020 あきののに おくしらつゆは たまなれや つらぬきとむる くものいとすち
歌番4021 つねならぬ みはささかにの やとなれや あまつそらなる たのみかくらむ
歌番4022 おほえてら これはたれそも よのなかに あたなるてふに みゆるはなかは
歌番4023 いへはえに いはねはさらに あやしくも かけなるいろの てふにもあるかな



歌番4024 ふゆなれは はるへをこひて うゑしきの みになるまても かたまつわれそ
歌番4025 こととはぬ くさきなれとも うれしとや このあきよりは いはておもふらむ
歌番4026 かれはてぬ うもれきあるを はるはなほ はなのたよりに よくなとそおもふ
歌番4027 さくらはな にほふともなく はるくれは なとかなけきの しけりのみする
歌番4028 たかために これるなけきを うちつけに いままてなとか はなさかすして
歌番4029 はるののх ххххххх ххххх ххххххх ххххххх
歌番4030 あつまちの さやのなかやま しけくとも きみきまさねは おもかけもせし
歌番4031 ゆきかよふ やまのほそみち いかなれは しをりもみえて あとのたゆらむ
歌番4032 なにはつに さくやこのはな ふゆこもり いまははるへと さくやこのはな
歌番4033 ひさかたの ひかりさやけき はるのひに しつこころなく はなのちるらむ
歌番4034 ゆくみつに みたれてはなの ちれるをか きえすなかるる ゆきかとそみる
歌番4035 ちるはなに いへちまとひて このさとに われはよねにそ なかゐしにける
歌番4036 あつさゆみ はるのやまへを こえくれは みちもさりあへす はなそちりける
歌番4037 たちかはの なかれてこすは おもほえす みやまかくれの はなをみましや
歌番4038 あさほらけ したゆくみつは あさけれと ふかくそはなの いろはみえける
歌番4039 はるくれは さくといふことを ぬれきぬに きするはかりの はなにそありける
歌番4040 はなみれは こころさへこそ うつりぬる いろにはいてしと おもひしものを
歌番4041 おきふして をしむかひなく うつつにも ゆめにもはなの ちるをいかにせむ
歌番4042 わかやとの はなみかてらに くるひとは ちりなむのちそ こひしかるへき
歌番4043 ふなをかに はなつむひとの つみはてて さしてゆくらむ かたやいつくそ
歌番4044 うくひすは いたくななきそ にほひかに めててわかつむ はなならなくに
歌番4045 はなみれは うつるこころは いろにいてて あたにやあやな ひとにしらるる
歌番4046 をしめとも はなのちるらむ ひとにくく ものもいはてそ みるへかりける
歌番4047 ひさかたの そらもくもらて ふるゆきは かせにちりくる はなにそありける
歌番4048 こひしくは いかにせよとか かくはかり あたなるはなの もとにねぬらむ
歌番4049 としをへて はなのかかみと なるみつは ちりかかるをや くもるといふらむ
歌番4050 はることに はなのにほひは ありなめと あひみむことそ いのちなりける
歌番4051 ふくかせに あつらへつくる ものならは このひとえたは よきよといはまし
歌番4052 をしとおもふ こころはいとに よられなむ ちるはなことに ぬきてとむへく
歌番4053 こつたへは おのかはかせに ちるはなを たれにおほせて ここらなくらむ
歌番4054 はなのきも いまはりうゑし あちきなく うつろふいろに ひとならひけり
歌番4055 はなのいろを あらはにめては いろめきぬ いさくらやみに をりてとりてむ
歌番4056 はなのこと よのつねならは すくしてし むかしはまたも かへりきなまし
歌番4057 みるひとも なきのへなれは いろことに ほかへうつろふ はなにそありける
歌番4058 やともせに うゑならへてそ われはみる まねくをはなに ひとやとまると
歌番4059 いもかそて まきもくやまの あさきりに しほふもみちの ちらまくをしも
歌番4060 いろもまた みえぬもみちは あしひきの やまみつよりや なかれきつらむ
歌番4061 もみちはの なかるるときは たつたかは みなとよりこそ あきはゆくらめ
歌番4062 こころとて ちらむたにこそ をしからめ なとかもみちを かせのふくらむ
歌番4063 みるひとも なくてちりぬる おくやまの もみちはよるの にしきなりけり
歌番4064 からにしき たつたのやまの もみちはは くれなゐなから ときはなりけり
歌番4065 やまかせの ふきのまにまに もみちはも おのかちりちり ちりぬへらなり
歌番4066 うちむれて いさわきもこか かかみやま こえてもみちの ちらむかけみむ
歌番4067 ふくかせに ちりぬとおもふを もみちはの なかるるたきの ともにおつらむ
歌番4068 もみちはの ちりしくときは ゆきかよふ あとたにみえぬ やまちなりけり
歌番4069 あしひきの やまかきくもり しくるれと もみちはかりそ てりまさりける
歌番4070 なかれくる もみちはみれは からにしき たきのいとして おれるなりけり
歌番4071 やまちかき ところならすは ゆくみつも もみちせりとそ おとろかれまし
歌番4072 たつたかは あきにしなれは やまちかみ なかるるみつも もみちしにけり
歌番4073 みなそこに かけしうつれは もみちはの いろもふかくや なりまさるらむ
歌番4074 からころも たつたのやまの もみちはは はたものもなき にしきなりけり
歌番4075 あきかせの ふきにしひより おとはやま みねのこすゑも いろつきにけり
歌番4076 もるやまの みねのもみちも ちりにけり はかなきいろの をしくもあるかな
歌番4077 たちとまり みてをわたらむ もみちはは あめはふるとも みつはまさらし
歌番4078 あきのよの なかゐをやせむ はかなくて もみちのかけに ひをくらしつつ
歌番4079 かせにちる ききのもみちは のちつひに あきのみつこそ おとしはてけれ
歌番4080 かせふけは おつるもみちは みつきよみ ちらぬかけさへ そこにみえつつ
歌番4081 をしめとも つひにちりぬる もみちゆゑ ふるあめかせに ものをこそおもへ
歌番4082 しらつゆも しくれもいたく もるやまは したはのこらす もみちしにけり
歌番4083 あきかせに さほやまよりや ちりきつる いろみえぬへき ひかけたつねて
歌番4084 あたなりと われはみなくに もみちはを いろのかはれる あきしなけれは
歌番4085 おそくとく いろつくあきの もみちはは おくれさきたつ つゆやおくらむ
歌番4086 このはちる うらになみたつ あきなれは もみちにはなも さきまかひけり
歌番4087 つれもなく なりゆくひとの ことのはそ あきよりさきの もみちなりける
歌番4088 もみちはの なかれさりせは たつたかは みつのあきをは たれかしらまし
歌番4089 かりかねの なくなるなへに からころも たつたのやまも もみちしにけり
歌番4090 たつたかは もみちはなかる かみなひの みむろのやまに しくれふるらし
歌番4091 たてもなく ぬきもさためぬ をとめらか おれるもみちに しもふるなゆめ
歌番4092 さほやまの ははそのもみち ちりぬへみ よるさへみよと てらすつきかけ
歌番4093 やましろの いはたのもりの ははそはら みつつやきみか ひとりこゆらむ
歌番4094 さほやまの ははそのいろは うすけれと あきはふかくも なりにけるかな
歌番4095 あききりは たたすもあらなむ さほやまの ははそのもみち よそなからみむ
歌番4096 うつろふも うれしかりけり わかために ふかきまゆみの いろをみすれは
歌番4097 ひきよせて みれとあかぬは くれなゐに ぬれるまゆみの もみちなりけり
歌番4098 わかやとに もみつるかへて みることに いもをかけつつ こひぬひそなき
歌番4099 いまさらに こころはかへて よはへむと いひしことはに あさむかれつつ
歌番4100 よしのやま きしのもみちし こころあらは まれのみゆきを いろかへてまて
歌番4101 こもちやま わかかへるまて もみつまて ねむとおもふを いもはいかにそ
歌番4102 いくよへし いそのまつそも むかしより たちよるなみそ かすはしるらむ
歌番4103 いろのみそ まさるへらなる いそのまつ かけみるみつも みとりなりけり
歌番4104 われのみや かけとはたのむ しらなみも たえすたちよる きしのひめまつ
歌番4105 はなのいろは ちらぬまはかり ふるさとに つねにはまつの みとりなりけり
歌番4106 よのなかに ひさしきものは ゆきのうちに もとのいろかへぬ まつにそありける
歌番4107 おほはらや をしほのやまの こまつはら はやこたかかれ ちよのかけみむ
歌番4108 うちはへて かけとそたのむ みねのまつ いろとるあきの かせにうつるな
歌番4109 ふかみとり ときはのまつの かけにゐて うつろふはなを よそにこそみれ
歌番4110 はるふかき いろにもあるかな すみのえの そこもみとりに みゆるはままつ
歌番4111 たれをかも しるひとにせむ たかさこの まつもむかしの ともならなくに
歌番4112 わかせこか つかひこむかと いてたちし このまつかえを けふかすきなむ
歌番4113 かせふけは なみこすいその そなれまつ ねにあらはれて なきぬへらなり
歌番4114 いろかへぬ かへのはのみそ あきなれと もみちすること ならはさりける
歌番4115 まつかへの ときはににへき こころかは みたれてこひむ あやなかりけり
歌番4116 わかやとの いささむらたけ ふくかせに おとのさやけき このゆふへかな
歌番4117 ちよもたる たけのおひたる やとなれは ちくさのものは ものならなくに
歌番4118 みよしのの やまよりゆきは ふりくれと いつともわかぬ わかやとのたけ
歌番4119 もみちする くさきにもにぬ たけのはそ かはらぬものの ためしなりける
歌番4120 いまさらに なにおひいつらむ たけのねの うきふししけき よとはしらすや
歌番4121 うきふしも あらしとそおもふ なよたけの よをはかなしと おもひにしかは
歌番4122 しくれする おとはすれとも なよたけの なとよとともに いろもかはらぬ
歌番4123 たけのはに ふりかからなむ うめのはな ゆきのうちのを ほるとみるへく
歌番4124 うくひすの したかむなかに うめのはな ちりのこらなむ はるのかたみに
歌番4125 そてたれて いさわかやとへ うくひすの こつたひちらす うめのはなみに
歌番4126 なほさりに おもひつるものを うめのはな こきかにわれや こととしみなむ
歌番4127 うくひすの かさにぬふてふ うめのはな をりてかささむ おいかくるやと
歌番4128 くるとあくと めかれぬものを うめのはな いつのひとまに うつろひにけむ
歌番4129 ことしより はるしりそむる うめのはな ちるてふことは ならはさらなむ
歌番4130 うめのはな さきぬるときは くらふやま やみにこゆれと しるくそありける
歌番4131 うめのはな さくとしらすや みよしのの やまにともまつ ゆきのふるらむ
歌番4132 うめのかの かきりなけれは をるひとの てにもそてにも ちりにけるかな
歌番4133 わかやとに ありといひなから うめのはな あはれとおもふに あくときもなし
歌番4134 うめかえに ふりかかりてそ しらゆきも はなのたよりに をらるへらなる
歌番4135 かそふれは おほつかなきを わかやとの うめこそはるの しるへなりけれ
歌番4136 はるのよの やまはあやなし うめのはな いろこそみえね かやはかくるる
歌番4137 いつれをか わきてをらまし うめのはな えたもとををに ふれるしらゆき
歌番4138 ふるゆきに いろもまかひぬ うめのはな かにこそにたる ものなかりけれ
歌番4139 かをとめて たれをらさらむ うめのはな あやなしかすみ たちなかくしそ
歌番4140 うめのはな さきにけらしな ことしより よろつよふへき はるにあはむと
歌番4141 つきよには それともみえす うめのはな かをたつねてそ しるへかりける
歌番4142 うめのはな をれはこほれぬ わかそてに にほふかうつせ いへつとにせむ
歌番4143 ちるとみて あるへきものを うめのはな うたてにほひの そてにとまれる
歌番4144 よそにのみ あはれとそみし うめのはな あかぬいろかは をりてなりけり
歌番4145 さかつきに うめのはなうけ おもふとち のみてののちは ちりぬともよし
歌番4146 おもひいてて みちこさりせは うめのはな たれににほひの かをうつさまし
歌番4147 きみならて たれにかみせむ うめのはな いろをもかをも しるひとそしる
歌番4148 いつしかと このよあけなむ うくひすの こつたひちらす うめのはなみむ
歌番4149 わかやとの うめのそのえに かせふけは にほひはよそに なりやしぬらむ
歌番4150 かすみたつ かすかののへの うめのはな やましたかせに ちりこすなゆめ
歌番4151 ゆきとのみ あやまたれしを うめのはな くれなゐにさへ かよひけるかな
歌番4152 くれなゐと ゆきとはとほき いろなれと うめのはなには なほかよひけり
歌番4153 くれなゐに いろをはかへて うめのはな かそことことに にほはさりける
歌番4154 うくひすの すくへるえたを をりたらは こをはいかてか うまむとすらむ
歌番4155 いなむしろ かはそひやなき みつゆけは おきふしすれと そのねたえせす
歌番4156 いとをのみ たえすよりいたす あをやきを としのをなかき しるしとそおもふ
歌番4157 はることに たえせぬものは あをやきの かせのくりいたす いとにそありける
歌番4158 よるひとも なきあをやきの いとなれは ふきくるかせに かつみたれつつ
歌番4159 あをやきの えたにかかれる しらつゆを いともてぬける たまかとそみる
歌番4160 はるさめの ふりそめしより あをやきの いとのはなたそ いろまさりゆく
歌番4161 めにみえて かせはふけとも あをやきの なひくかたにそ はなはみえける
歌番4162 あをやきの いとよりかくる はるしもそ みたれてはなの ほころひにける
歌番4163 あをやきの いとよりかけて おるはたは いつれのやまの うくひすかきる
歌番4164 はなみにも ゆくへきものを あをやきの いとてにかけて けふはくらしつ
歌番4165 あをやきの えたにかかれる はるさめを いともてぬける たまかとそみる
歌番4166 はるのあめの うちふることに わかやとの やなきのすゑは いろつきにけり
歌番4167 はるくれは したれやなきの とををにも いろかこころに よりにけるかな
歌番4168 みつのうへに かけうちなひく あをやきを なみのあやおる いとかとそみる
歌番4169 いしはしる たきなくもかな さくらはな たをりもてこむ みぬひとのため
歌番4170 わかやとの ものなりなから さくらはな ちるをはえこそ ととめさりけれ
歌番4171 ももちとり こつたひちらす さくらはな いつれのはるか きつつみさらむ
歌番4172 をしみにと きつるかひなく さくらはな みれはかつこそ ちりまさりけれ
歌番4173 たまほこの みちはなほまた とほけれと さくらをみれは なかゐしぬへし
歌番4174 おほかりと おもふものから さくらはな みるところには やすくやはゆく
歌番4175 かつみつつ あかすおもへは さくらはな ちりなむのちそ かねてこひしき
歌番4176 さくらより まさるはななき はるなれは あたしくさはを ものとやはみる
歌番4177 はるたては さとにたなひく しらくもは さけるさくらの とほめなりけり
歌番4178 さくらはな ふるにふるとも みるひとの ころもぬるへき ゆきならなくに
歌番4179 ことならは さかすやはあらぬ さくらはな みるわれさへに しつこころなし
歌番4180 ひとをよふ ものならなくに さくらはな さけるをみれは こころこそゆけ
歌番4181 しらくもと みえつるものを さくらはな いまはちるとや いろことになる
歌番4182 さくらちる このしたかせは さむからて そらにしられぬ ゆきそふりける
歌番4183 ちるかうへに またもちるかな さくらはな かくてそこその はるもすきにし
歌番4184 そかことく ちりしまかへは さくらはな ふりにしゆきの かたみとそみる
歌番4185 さくらには こころのみこそ くるしけれ あきてちらせる はるしなけれは
歌番4186 いままてに ちらすはあれと さくらはな なきものとのみ おもほゆるかな
歌番4187 いつのまに ちりはてにけむ さくらはな おもかけにのみ いろをみせつつ
歌番4188 さくらはな わかやとにのみ ありとみは なきものくさは おもはさらまし
歌番4189 ゆきとのみ ふるたにあるを さくらはな いかにせよとか かせのふくらむ
歌番4190 かせふかぬ ほとにをりてむ さくらはな わかてからこそ ちらはちらさめ
歌番4191 うつつには さらにもいはし さくらはな ゆめにもちると みえはうからむ
歌番4192 をしみすは わかおいらくは さくらはな かさしてのちそ おいわすれける
歌番4193 わかことや ひともみるらむ さくらはな あくことしらぬ いろにもあるかな
歌番4194 さくらはな よのまちりなむ のちやいかに けふこそゆきて をらはをりてめ
歌番4195 いろもかも むかしなからに さくらめと としふるひとそ あらたまりける
歌番4196 ひさかたの ひかりさやけき はるのひに しつこころなく はなのちるらむ
歌番4197 まてといふに ちらてしとまる ものならは なにをさくらに おもひまさまし
歌番4198 いささくら われもちりなむ ひとさかり ありなはひとに うきめみえなむ
歌番4199 みてのみや ひとにかたらむ さくらはな てことにをりて いへつとにせむ
歌番4200 さくらいろに ころもはふかく そめてきむ はなのちりなむ のちのかたみに
歌番4201 さくらはな ちらはちらなむ ちらすとも ふるさとひとの きてもみなくに
歌番4202 はるかすみ なにかくすらむ さくらはな ちるまをたにも みるへきものを
歌番4203 たれこめて はるのゆくへも しらぬまに まちしさくらは うつろひにけり
歌番4204 えたにても あたにちりぬる はななれは おちてもみつの あわとこそなれ
歌番4205 はるさめの ふるはなみたか さくらはな ちるををしまぬ ひとしなけれは
歌番4206 さくらはな はるくははれる としたにも ひとのこころに あかれやはせぬ
歌番4207 みるひとも なきやまさとの さくらはな ほかのちりなむ のちそさかまし
歌番4208 ほともなく ちりなむものを さくらはな ここらひささも またせつるかな
歌番4209 かせさへも もてさわくかな さくらはな こころにたにも はるをまかせて
歌番4210 けふこすは あすはゆきとそ ふりなまし きえすはありとも はなとみましや
歌番4211 さくらはな こつたひちらす うくひすの うつしこころも わかおもはなくに
歌番4212 はるかすみ たなひくやまの さくらはな うつろはむとや いろかはりゆく
歌番4213 よのなかに たえてさくらの さかさらは はるのこころは のとけからまし
歌番4214 いもかなに かけたるさくら はなちらは つねにやこひむ いやとしのはに
歌番4215 はなさくら いまさかりなり おもひこし かさしにしては ちらはちるとも
歌番4216 かつけとも なみのなかには さくられて かせふくことに うきしつむたま
歌番4217 はなさくら いかてかひとの おもてみぬ のちこそまさる いろもいてこめ
歌番4218 はなさくら をるにたもとの ひちぬれは つゆにかかれる いろにそありける
歌番4219 はるさめに あれひてさける さくらはな つねにちらさて みるよしもかも
歌番4220 やまもよに さけるさくらの にくからぬ いもにあひみて こふるころかも
歌番4221 さくらはな さきにけらしな あしひきの やまのかひより みゆるしらくも
歌番4222 やまたかみ みつつわかゆく さくらはな かせはこころに まかすへらなり
歌番4223 たれしかも とめてをりつる はるかすみ たちかくすらむ やまのさくらを
歌番4224 こえぬまは よしののやまの さくらはな ひとつてにのみ ききわたるかな
歌番4225 ちるとのみ みてやかへらむ やまさくら はなのおもはむ こころあるものを
歌番4226 やまさくら ふきくるかせの ぬれきぬは はなのこころを しるひとそほす
歌番4227 ちるにたに あはましものを やまさくら またぬははなの つらきなりけり
歌番4228 みよしのの やまへにさける さくらはな しらくもとのみ あやまたれつつ
歌番4229 わかこひに くらふのやまの さくらはな まなくちるとも かすはまさらし
歌番4230 いそのかみ ふるのやまへの さくらはな うゑけむときを しるひとそなき
歌番4231 やまもりは いははいはなむ たかさこの をのへのさくら をりてかささむ
歌番4232 やまたかみ くもゐにみゆる さくらはな こころのゆきて をらぬひそなき
歌番4233 あしひきの やまさくらはな ひならへて かくさきたらは いとこひめやは
歌番4234 あさことに わかはくやとの にはさくら はなちるほとは てもふれてみむ
歌番4235 あつさゆみ はるのやまへに けふりたち もゆともみえぬ ひさくらのはな
歌番4236 わかやとの いけのふちなみ さきにけり やまほとときす いまやきなかむ
歌番4237 こひしくは かたみにもせむ わかせこか うゑしふちなみ はなさきにけり
歌番4238 ふちなみの かけなるうみの そこきよみ しつむいしをも はなとこそみれ
歌番4239 たこのうらの そこさへにほふ ふちなみを かさしてゆかむ みぬひとのため
歌番4240 みなそこに かけをうつして こむらさき そめてかけたる きしのふちなみ
歌番4241 うつろはぬ まつのなたてに あやなくも やとなるふちの さきてちるかな
歌番4242 みつにさへ はるやくるると たちかへり いけのふちなみ をりつつそみる
歌番4243 ふちのはな もとよりみすは むらさきに さけるまつとそ おとろかれまし
歌番4244 みとりなる まつにかかれる ふちなれと おのかころとそ はなはさきける
歌番4245 かけてのみ みつつそしのふ からころも うすむらさきに さけるふちなみ
歌番4246 よにもにす たれかさけてふ むらさきの いろゆゑにこそ はなもさきけれ
歌番4247 わかやとに さけるふちなみ たちかへり すきかてにのみ ひとのみるらむ
歌番4248 よそにみて かへらむひとに ふちのはな はひまつはれよ とかむまをたに
歌番4249 わかやとの かけともたのむ ふちのはな たちよりくとも なみにをらるな
歌番4250 たちはなは みさへはなさへ そのはさへ えたにしもふれと はやときはのき
歌番4251 ときはなる はなとおもへはや ほとときす はなたちはなに こゑのかはらぬ
歌番4252 としことに きつつこゑする ほとときす はなたちはなや つまにはあらむ
歌番4253 ほとときす なとかきなかぬ わかやとの はなたちはなの みになるまてに
歌番4254 もとくたち きよきつきよに わきもこか みせむとおもひし やとのたちはな
歌番4255 さつきまつ はなたちはなの かをかけは むかしのひとの そてのかそする
歌番4256 やとりせし はなたちはなも かれなくに なとほとときす きなかさるらむ
歌番4257 けさきなき いまたたひなる ほとときす はなたちはなに やとはからなむ
歌番4258 たちはなの もとにかけふむ やとまたに ものをそおもふ ひとにしられす
歌番4259 われこそは にくくもあらめ わかやとの はなたちはなを みにはこしとや
歌番4260 わきもこに あはてひさしく うましたの あへたちはなの こけおふるまてに
歌番4261 かたをかの むかひのみねに しひまくは ことしのなつの かけにせむかも
歌番4262 ххはせむ きみをはまたむ むかへをの しひのхххх ххххххх
歌番4263 わかやとに きみこししひの なかたえて つみのむくひや あひみさるらむ
歌番4264 あしさきの やまさくろさく やみねこえ しかまつきみは いはひまつかも
歌番4265 をふのうらに かたえさしおほひ なるなしの なりもならすも ねてかたらはむ
歌番4266 もみちはの にほひはしけし しかはあれと まつなしのきを をりてかささむ
歌番4267 つゆしもの さむきゆふへに たへかねて うつろひにけり つまなしのきは
歌番4268 よのなかを うしといひても いつこにか みをはかくさむ やまなしのはな
歌番4269 わかやとの けもものしたの つきよさし したこころよし うたてこのころ
歌番4270 はしきやし わかいへのけもも とししけみ なにのみさきて ならさらめやも
歌番4271 はるのその くれなゐにほふ もものはな したてるみちに いてたてるいも
歌番4272 わかそのの すもものはなか にはにちる はたれのいまた のこりたるかも
歌番4273 いまいくか はるしなけれは うくひすも ものはなかめて おもふへらなり
歌番4274 あふからも ものはなほこそ かなしけれ わかれむことを かねておもへは
歌番4275 うくひすに はなしられけは なけれとも はるくるみちの ものにそありける
歌番4276 わかいほは みわのやまもと こひしくは とふとふきませ すきたてるかと
歌番4277 いつれをか しるへともせむ みわのやま みえとみゆるは すきにさりける
歌番4278 わすれすは たつねもしてむ みわのやま しるしにうゑし すきはなくとも
歌番4279 いそのかみ ふるのかみすき かみさひて われやさらさら こひにあひにける
歌番4280 かみなひの かみのよりいたに するすきの おもひもすきす こひのしけきに
歌番4281 わかせこを みやこへやりて まちしたひ あしからやまの すきのこのまか
歌番4282 いはやとに ねはふむろのき なれみれは むかしのひとを あひみるかこと
歌番4283 はなれいそに たてるむろのき うたかたも ひさしきときを すきにけらしも
歌番4284 うちなひき はるさりくらし やまのへの まきのこすゑの さきゆくみれは
歌番4285 ちとりなく さほのかはきり たちぬらし まきのこすゑも いろつきにけり
歌番4286 あたへゆく をしほのやまの まきのはも ひさしくみれは こけおひにけり
歌番4287 はるかすみ たなひきにけり ひさかたの つきのかつらも いまやさくらむ
歌番4288 めにはみて てにはとられぬ つきのうちの かつらのことき いもにもあるかな
歌番4289 ひるはさき よるはこひぬる かふくわのき きみのみみむや わけさへにみよ
歌番4290 わきもこか かたみのかふくわ はなにのみ さきてけたしも みにならぬかも
歌番4291 わかやとに あふちのはなは さきたれと なにしもおはぬ ものにそありける
歌番4292 さみたれに こひすといふなは たたはたて きみにあふちの はなしさきなは
歌番4293 さみたれと ことなしみつる ときしもそ ひとにあふちの はなはさきける
歌番4294 わきもこに あふちのはなは ちりすきて いまいまさける ことあらむいもかも
歌番4295 あしひきの やまにおひたる しらかしの しらしなひとを くちきなりとも
歌番4296 しらかしの ゆきもきえにし あしひきの やまちをたれか ふみまとふへき
歌番4297 さほかはの きしにおひたる わかくぬき それなかりそね ありつつも きみかきまさは たちかくるかね
歌番4298 あなしやま つはきさきたる やへをこえ しかまつきみか いはひつまかも
歌番4299 かはかみの つらつらつはき つらつらに みれともあかす こせのはるのは
歌番4300 おくやまの やへをのつはき つはらかに けふはくらさね ますらをのとも
歌番4301 あしひきの やへらのつはき つらつらに みともあかめや うゑてけるきみ
歌番4302 いなみのの あからかしはの ときはあれと きみにこひせぬ ときはさねなし
歌番4303 ならやまの このてかしはの ふたおもて とにもかくにも ねちけひとかも
歌番4304 いそのかみ ふるからをのの もとかしは ものとこころは わすられなくに
歌番4305 わかせこか ささけてもたる ほほかしは あたにもにるか あをきかさには
歌番4306 すめらきの とほにみよみよ はやふせり さけのむといふそ このほほかしは
歌番4307 ひとこふる なかめかしはは ふるさとの うきねにのみそ しけくみえける
歌番4308 たまもかる おほくのうらの うらかせに つつしのはなは ちりぬらむかも
歌番4309 ほそひれの さきさかやまの しらつつし われににほはせ いもにしめさむ
歌番4310 たきはしる をしひのやまの いはつつし いはまをわけて いやめつらしに
歌番4311 やまこえて とほつのはまの いはつつし わかくるまくに ふふみてありまて
歌番4312 たねしあれは おひにけらしな いはつつし はなさくはるに あはむとやみし
歌番4313 なみまより みゆるこしまの はまひさき ひさしくなりぬ いもにあはすて
歌番4314 こそさきし ひさきいまさら いたつらに つちにやおちむ みるひとなしに
歌番4315 たらちねの おやのそのふの くはもなほ ねかへはきみに つくといふものを
歌番4316 ひきまゆの かくふたこもり せまほしみ くはこきたれて なくをみせはや
歌番4317 わかこひは みやまにおふる はたつもり つもりにけらし あふよしもなし
歌番4318 おくやまの しきみのはなの なのことや しらしらきみに こひわたりなむ
歌番4319 かはつなく よしののかはの たきのうへの あせみのはなそ てなふれそゆめ
歌番4320 わかせこに わかこふらくは おくやまの あせみのはなの いまさかりなり
歌番4321 はるやまの あせみのはなの にくからぬ きみにはしゑや よりぬともよし
歌番4322 いきのをに おひつるわれを やまちさの はなにかきみか うつろひにけむ
歌番4323 やまちさの しらつゆおもみ うらふれて こころにふかき わかこひやます
歌番4324 わかことく ひとめまれらに おもふらし しらくもふかく やまちさのはな
歌番4325 あとおもへか あしくまやまの ゆつるはの ふくまるときに かせふかすかも
歌番4326 もののふの やそをとめらか ふみとよむ てらゐのうへの かたかしのはな
歌番4327 いはのうへの つままをみれは ねをはひて としふかくらし かみさひにけり
歌番4328 あをやきの さねきのはなは いまもかも きみみたるらむ みるひとなしに


コメント

古今和歌六帖 原文 第六帖 前半部

2017年03月12日 | 古今和歌六帖
古今和歌六帖 第六帖 前半部

 字欠歌について、その歌が先行する歌集に載る歌と同じと推定されるものについては先行する歌集の歌で校訂しています。ただし、校訂時の操作ミスから作業データを失い、ためにその校訂部分に対する注記を行っていません。一方、字欠歌を集載する歌集が見つからなかったものは、校訂を行うことなくそのままとなっています。なお、この第六帖では歌番4029と歌番4262の歌が字欠歌となっています。



歌番3544 はるくさの しけきわかこひ おほうみの かたゆくなみの ちへにつもりぬ
歌番3545 のへみれは わかなつみけり うへしこそ かきねのくさも はるめきにけり
歌番3546 いまははや かれはてなまし くさのねの もえてもつひに はるにあへるかも
歌番3547 かすかのの ゆきまをわけて おひてくる くさのはつかに みえしきみかも
歌番3548 うらわかみ ねよけにみゆる わかくさの ひとのむすはむ ことをしそおもふ
歌番3549 はるくれは のへのまにまに おひしける ちくさにものを おもふころかな
歌番3550 やかすとも くさはもえなむ かすかのを たたはるのひに まかせたらなむ
歌番3551 ひとことは なつののくさの しけくとも いもとわれとし たつさはりなは
歌番3552 このころの こひのしけくて なつくさの かりそくれとも おひしくかこと
歌番3553 あしひきの やまもとしけき なつくさの ふかくもきみを おもふころかな
歌番3554 しけさのみ ひことにまさる なつくさの かりそめにたに とふひとのなき
歌番3555 かれはてむ ことをはしらて なつくさの ふかくもひとを たのみけるかな
歌番3556 ひとしれぬ われよりほかに なつくさの しけりあふこそ みれはねたけれ
歌番3557 なつくさの うへにしけれる ぬまみつの ゆくかたもなき わかこころかな
歌番3558 つれつれと なかめせしまに なつくさの あはれややとに しけりあひにけり
歌番3559 なつくさは むすふはかりに なりにけり のかひしこまも あくかれにけむ
歌番3560 なつくさの かりのよひとは わひしくも われにあきかせ ふきそめつるか
歌番3561 ちちははに しらせぬこゆゑ みやけちの なつののくさを なつみくるかも
歌番3562 いそのかみ ふるののくさも あきはなほ いろことにこそ あらたまりけれ
歌番3563 こころなき みはくさきにも あらなくに あきくるかせに うたかはれぬる
歌番3564 いつれをか わきてしのはむ あきののに うつろはむとて いろかはるくさ
歌番3565 あきののの ちくさにさける はなのいろの みたれてものを おもふころかな
歌番3566 かみさふと ゆかすはあらし あきくさの むすひしひもを とくはかなしも
歌番3567 おもふとち あるたにあきは わひしきを くさのかれかれ なるそかなしき
歌番3568 くさかれの のへをはうしと おもへはや ふゆののくさと ひとのかるらむ
歌番3569 わかまたぬ としはきぬれと ふゆくさの かれにしひとは おとつれもせす
歌番3570 やまさとは ふゆそわひしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへは
歌番3571 わすられぬ こころのうちは ふゆくさの かれにしひとを こふるなりけり
歌番3572 わかやとの のきのしたくさ おふれとも こひわすれくさ みれとまたおひす
歌番3573 かしはきの もりのしたくさ としふとも ひかりをいつか みむとたのみし
歌番3574 おほあらきの もりのしたくさ おひぬれは こまもすさへす かるひともなし
歌番3575 わかやとの ゆふかけくさの しらつゆの けぬかにもとな おもほゆるかな
歌番3576 ひとにつく たよりたになし おほあらきの もりのしたなる くさのみなれは
歌番3577 さくらをの をふのしたくさ つゆしあらは あかしてゆかむ おやはしるとも
歌番3578 こといたく さたににもせむ いはしろの をかのしたくさ われしかりては
歌番3579 いくしかを とむるかはへの にこくさの みわかきかうへに さねしことはも
歌番3580 あしかきの なかのにこくさ にこよかに われとよみして ひとにしらるな
歌番3581 あきかせに なひくかはへの にこくさの にこよかにしも おもほゆるかな
歌番3582 しほみては いりぬるいその くさなれや みらくすくなく こふらくのおほき
歌番3583 わかよよも ちよにあらめや ねなしくさ たはれやせまし よのわかいとき
歌番3584 ちちははか いへのしりへの ももよくさ ももよいてませ わかいたるまて
歌番3585 しらなみの はままつのきの たむけくさ いくよまてにか としのへぬらむ
歌番3586 あちきなや いふきのやまの さしもくさ おのかおもひに みをこかしつつ
歌番3587 ちきりけむ こころからこそ さしもくさ おのかおもひに もえわたりけれ
歌番3588 なほさりに いふきのやまの さしもくさ さしもおもはぬ ことにやはあらぬ
歌番3589 しもつけや しめつのはらの さしもくさ おのかおもひに みをややくらむ
歌番3590 かみつけの いならのぬまの おほゐくさ よそにみよりは いまこそまされ
歌番3591 うかりける みきはかくれの かくもくさ はすゑもみえす ゆきかくれなむ
歌番3592 としをへて なにたのみけむ かつまたの いけにおふてふ つれなしのくさ
歌番3593 しほあしに ましれるくさの しりくさの みなひとしりぬ わかしたおもひは
歌番3594 しはつきの みうらさきなる ねつらくさ あひみさりせは われこひめやも
歌番3595 くれなゐの あさはののたに かるくさの つかのあひたも われをわするな
歌番3596 いまもかも さきにほふらむ たちはなの こしまのさきの やまふきのはな
歌番3597 やまふきは あやなくさきそ はなみむと うゑてしきみか かよひこなくに
歌番3598 ちはやふる かみなひかはに かけみえて いまやさくらむ やまふきのはな
歌番3599 をりてもみ をらすてもみむ よしのかは みなそこてりて さけるやまふき
歌番3600 うつるかけ ありとおもはすは みなそこに はるとそみまし やまふきのはな
歌番3601 かはつなく ゐてのやまふき ちりにけり はなのさかりに あはましものを
歌番3602 やへなから あたなるみれは やまふきの したにこそなけ ゐてのかはつは
歌番3603 なかれくる かはつなくなり あしひきの やまふきのはな にほふへらなり
歌番3604 ゆかりとも きこえぬものを やまふきの かはつかこゑに にほひけるかな
歌番3605 やまふきの はなはちとせも さくへきを くれぬるはるの をしくもあるかな
歌番3606 よしのかは きしのやまふき ふくかせに そこのかけさへ うつろひにけり
歌番3607 はるふかみ えたさしひちて かみなひの かはへにさける やまふきのはな
歌番3608 あしひきの やまのやまふき やまならは さくさかりには あふひともあらし
歌番3609 はるふかき いろはなけれと やまふきの はなにこころを まつそそめつる
歌番3610 ひとりのみ みつつそしのふ やまふきの はなのさかりに あふひともなし
歌番3611 いかてわか あはむとおもひし やまふきの はなのさかりに あひにけるかな
歌番3612 もろともに ゐてのさとこそ こひしけれ ひとりをりうき やまふきのはな
歌番3613 わかやとの やへやまふきの ちるをみて はるすきゆくと みるそかなしき
歌番3614 はるのあめに にほへるいろも あかなくに かさへなつかし やまふきのはな
歌番3615 なにしおへは やへやまふきそ うかりける へたててをれる きみかつらさに
歌番3616 やまふきの それにあくひと なくしあらは ひとのしるへく わかこひめやは
歌番3617 わかやとの なてしこのはな さきにけり たをりてひとに みせむこもかも
歌番3618 わかやとに さきしなてしこ いつしかも はなにさかなむ よそへつつみむ
歌番3619 わかやとの なてしこのはな ちらめやは いやはつはなの さきまさるとも
歌番3620 なてしこの そのはなにもか あさなさな てにをりもちて こふるひなけむ
歌番3621 とこなつの はなをしみれは うちはへて すくすつきひの かすもしられす
歌番3622 なかけくの いろをそめつつ はるあきを しらてのみさく とこなつのはな
歌番3623 かはるとき なきやとなれと はなといへは とこなつをのみ うゑてこそみめ
歌番3624 われのみや あはれとはおもふ きりきりす なくゆふかけの やまとなてしこ
歌番3625 ちりをたに すゑしとそおもふ うゑしより いもとわかぬる とこなつのはな
歌番3626 いもとわれと ぬるとこなつの はななれは なへてひとには みせむともせす
歌番3627 いつこにも さきはすらめと わかやとの やまとなてしこ たれにみせまし
歌番3628 こきかきり ことはつみいれて なてしこに うつれるそての いろそみせまし
歌番3629 わかそてに うつらはうつれ てもやめす つみやいれまし なてしこのはな
歌番3630 あなこひし いまもみてしか やまかつの かきほにさける やまとなてしこ
歌番3631 すすしやと くさむらことに たちよれは あつさそまさる とこなつのはな
歌番3632 うつくしと みるたひことに なてしこの はなのなこりは めくしやはあらぬ
歌番3633 あきはきの はなさきにけり たかさこの をのへのしかは いまやなくらむ
歌番3634 しろたへの なみかもたつと みるまてに みたれてさける やまのはきかな
歌番3635 あきはきの したはにつけて めにちかく よそなるひとの こころをそしる
歌番3636 わかやとの はきのはなさく ゆふひかけ いたしていもを みるよしもかな
歌番3637 わかやとの ひとむらはきを おもふこに みせてほとほと ちらしつるかも
歌番3638 たまにぬく けたてたはらむ あきはきの うへわくらかに おけるしらつゆ
歌番3639 よをさむみ ころもかりかね なくなへに はきのしたはも いろつきにけり
歌番3640 はきのつゆ たまにぬかむと とれはけぬ みむひとはなほ よそなからみよ
歌番3641 はなのいろは あまたみゆれと ひとしれぬ はきのしたはそ なかめられける
歌番3642 つまこふる しかのなみたや あきはきの したはもみつる つゆとなるらむ
歌番3643 あきはきを みつつけふこそ くらしつれ したははこひの つまにそありける
歌番3644 さをしかの いかかいひけむ あきはきの にほふときしも ひとのこひしき
歌番3645 おくものは ひさしきものを あきはきの したはのつゆの ほともなきかな
歌番3646 あきはきの ふるえにさける はなみれは もとのこころは かはらさりけり
歌番3647 わきもこに こひつつあらすは あきはきの さきてちりぬる はなならましを
歌番3648 いもかめを みそめのやまの あきはきは このつきころは おくらすなゆめ
歌番3649 いくよへて のちかわすれむ ちりぬへき のへのあきはき みたるへきよを
歌番3650 みやきのの もとあらのこはき つゆをおもみ かせをまつこと きみをこそまて
歌番3651 しらつゆは うへよりおくを いかなれは はきのしたはの まつもみつらむ
歌番3652 さをしかの しからみふする あきはきは したはやうへに なりかへるらむ
歌番3653 あきはきの したはかくれて なくしかの なみたやなにの いろをそむらむ
歌番3654 あきはきは まつさすはより もみつるを つゆのこころの わけるとなみそ
歌番3655 あきはきの したはよりしも もみつるは もとよりものそ おもふへらなる
歌番3656 あきはきの にはへるえたに めてたらは いとうつせみに ひとやおもはむ
歌番3657 うつろはむ ことたにをしき あきはきに をれぬはかりも おけるつゆかな
歌番3658 てにとれは そてさへにほふ をみなへし このしたつゆに ちらまくをしも
歌番3659 あきののに なまめきたてる をみなへし あなかしかまし はなもひととき
歌番3660 をみなへし あきののかせに うちなひき こころひとつを たれによすらむ
歌番3661 あきののに やとりはすへし をみなへし なをむつましみ たひならなくに
歌番3662 あきならて あふことかたき をみなへし あまのかはらに おひぬものゆゑ
歌番3663 をみなへし おほかるのへに やとりせは あやなくあたの なをやたちなむ
歌番3664 をみなへし うつろめたくも みゆるかな あれたるやとに ひとりたてれは
歌番3665 なにめてて をれるはかりそ をみなへし われおちにきと ひとにかたるな
歌番3666 をみなへし おひたるあきの むさしのは つねよりもなほ むつましきかな
歌番3667 たかあきに あらぬものから をみなへし なといろにいてて またきうつろふ
歌番3668 なにしおはは しひてたのまむ をみなへし はなのこころの あきはうくとも
歌番3669 しろたへの ころもかたしき をみなへし さけるのへにそ こよひねにける
歌番3670 をみなへし うつろひかたに なるときは かりにのみこそ ひとはとひつれ
歌番3671 かりにのみ ひとのみゆれは をみなへし いろのたもとそ つゆけかりける
歌番3672 をみなへし にほひをそてに うつしては あやなくわれを ひとやとかめむ
歌番3673 をみなへし ひともとゆゑに あきののの ちくさなからに はなをおもふかな
歌番3674 をみなへし ふきすきてくる あきかせは めにはみえすて かこそしるけれ
歌番3675 つまこふる しかそなくなる をみなへし おのかすむのの はなとしらすや
歌番3676 たなはたに にたるはなかな をみなへし あきよりほかに あふことかたし
歌番3677 あけぬれは つきなくなりぬ をみなへし ひとしれすこそ つまむとはおもへ
歌番3678 ひとのみる ことやくるしき をみなへし きりのまかきに たちかくるらむ
歌番3679 をるからに わかなはたちぬ をみなへし いさおなしくは はななからみむ
歌番3680 はなにあかて なにかへるらむ をみなへし おほかるのへに ねなましものを
歌番3681 をみなへし いろにもあるか まつむしを したにやとして たれをよふらむ
歌番3682 えたもなく ひとにをらるる をみなへし ねをたにのこせ うゑしわかため
歌番3683 をみなへし をりけるえたの ふしことに すきにしきみは おもひいてやせし
歌番3684 をみなへし をりもをらすも いにしへは さらにとふへき ことならぬかな
歌番3685 わかやとに いまさくはなの をみなへし たえぬこころに なほこひにけり
歌番3686 をみなへし うしとみつつそ ゆきすくる をとこやまにし たてりとおもへは
歌番3687 しらつゆの おけるあしたの をみなへし はなにもはにも たまそかかれる
歌番3688 をくらやま みねたちならし なくしかの へにけむあきを しるひとそなき
歌番3689 あきののの つゆにおかるる をみなへし はらふひとなみ ぬれつつやへむ
歌番3690 をみなへし はなのこころの あたなれは あきにのみこそ あひわたりけれ
歌番3691 さをしかの いるののすすき はつをはな いつしかきみに たまくらをせむ
歌番3692 わかやとの をはなかうへの しらつゆを けたすてたまに ぬくものにもか
歌番3693 いかこやま のへにさきたる はなみれは きみかいへなる をはなおもほゆ
歌番3694 のへみれは おふるすすきの あきわかみ またほにいてぬ こひもするかな
歌番3695 はなすすき ほにはおけとも はつしもの いろはみえすて きえぬへらなり
歌番3696 ととめてそ みるへかりける はなすすき まねくかたにや あきのいぬらむ
歌番3697 まねくとて きつるかひなく はなすすき ほにいててかせの かはるなりけり
歌番3698 いつとても ひとやはからす はなすすき なとかあきしも ほにはいつらむ
歌番3699 すきかてに のへはへぬへし はなすすき これかれまねく そてのみゆれは
歌番3700 きみとはむ ひとにはあはて あきかせに なひくをはなを みてやかへらむ
歌番3701 あきののの くさのたもとか はなすすき ほにいててまねく そてとみゆらむ
歌番3702 あきののに いてぬとならは はなすすき はかなきそらを まねきたててむ
歌番3703 はなすすき われこそしたに たのみしか ほにいててひとに むすはれにけり
歌番3704 きみかうゑし ひとむらすすき むしのねの しけきのへとも なりにけるかな
歌番3705 いかはかり かせのつらさに はなすすき ふきくるかたを まつそむくらむ
歌番3706 をくらやま ふもとののへの はなすすき ほのかにみゆる あきのゆふくれ
歌番3707 はなすすき かせになひきて みたるるは むすひおきてし つゆやとくらむ
歌番3708 いまよりは うゑてたにみし はなすすき ほにいつるあきは わひしかりけり
歌番3709 あきつけは をはなかうへに おくつゆの けぬへくわれは おもほゆるかな
歌番3710 めつらしき きみかいへなる しのすすき ほにいててあきの すくらくをしも
歌番3711 いもかりと わかかよひちの しのすすき われしかよはは なひけしのはら
歌番3712 としふとも われわすれめや あふさかの しののをすすき おいはてぬとも
歌番3713 あきかせの ややふくのへの しのすすき ほにいてぬこひは くるしかりけり
歌番3714 しのすすき ほにいてすとも ゆくあきを まねくといはは そよとこたへよ
歌番3715 いつもきく かせとはきけと をきのはの そよくおとにそ あきはきにける
歌番3716 をきのはの そよくおとこそ あきかせの ひとにしらるる はしめなりけれ
歌番3717 をきのはに ふきくるかせそ あききぬと ひとにしらるる はしめなりけれ
歌番3718 あきかせの ふくにつけても とはぬかな をきのはならは おとはしてまし
歌番3719 あさゆふに なてておほしし くさなれは おひてみゆるそ わかやとのをき
歌番3720 ことわりや うらむることも あきかせの そよそよをきの はにそおとろく
歌番3721 いととしく ものおもふやとの をきのはに あきとつけつる かせのわひしさ
歌番3722 あきかせの をきのはをふく おときけは いよいよわれも ものをこそおもへ
歌番3723 みなひとの そのかににほふ ふちはかま きみのみのたを わたるけふかな
歌番3724 をるひとの こころのままに ふちはかま うへもいろこく さきてみえけり
歌番3725 なにひとか きてぬきかけし ふちはかま くるあきことに のへをにほはす
歌番3726 やとりせし ひとのかたみか ふちはかま わすられかたき かはにほひつつ
歌番3727 ぬししらぬ かこそにほへれ あきののに たかぬきかけし ふちはかまそも
歌番3728 をみなへし なかふちはかま おりつれは あきのもみちを そめつけにして
歌番3729 あきかせに ほころひぬらし ふちはかま つつりさせてふ きりきりすなく
歌番3730 ぬれてほす やまちのきくの つゆのまに いかてちとせを われはへにけむ
歌番3731 うゑしうゑは あきなきときや さかさらむ はなこそちらめ ねさへかれめや
歌番3732 ひさかたの くものうへにて みるきくは あまつほしとそ あやまたれける
歌番3733 あきかせの ふきあけにたてる しらきくは はなかあらぬか なみのよするか
歌番3734 ふるさとを わかれてさける きくのはな たひらかにこそ にほふへらなれ
歌番3735 さきそめし やとのかはれは きくのはな いろさへにこそ うつろひにけれ
歌番3736 つきかけも はなもひとつに みゆるよは いつれをわきて をらむとそおもふ
歌番3737 いろそむる ものならねとも つきかけに うつれるやとの しらきくのはな
歌番3738 うつろふと みゆるものから きくのはな さけりしえたそ かはらさりける
歌番3739 いつれをか はなとはわかむ なかつきの ありあけのつきに まかふしらきく
歌番3740 うすくこく いろそみえける きくのはな つゆやこころを わきておくらむ
歌番3741 おくしもの そめまとはせる きくのはな いつれかもとの いろにはあるらむ
歌番3742 みつにさへ なかれてふかき わかやとの きくのふちとそ なりぬへらなる
歌番3743 ををよりて ぬくものにもか あさことに きくのうへなる つゆのしらたま
歌番3744 こころあてに をらはやをらむ はつしもの おきまとはせる しらきくのはな
歌番3745 きくのはな ときもおそきも いままてに しものおかすは いろをみましや
歌番3746 はつしくれ ふりそめしより きくのはな なかりしえたそ またそはりける
歌番3747 つきかけに いろわきかたく しらきくは をりてもをらぬ ここちこそすれ
歌番3748 あさことに つゆはおけとも きくのはな ひとのよはひは くれすそありける
歌番3749 きくのはな ちくさのいろを みるひとの こころさへにそ うつろひぬへき
歌番3750 もとよりの いろにはあれと きくのはな かたえはうつす ところからかも
歌番3751 なみとのみ うちこそみつれ すみのえの きしにのこれる しらきくのはな
歌番3752 ひともとと おもひしきくを おほさはの いけのそこにも たれかうゑけむ
歌番3753 うゑしとき はなまちとほに ありしきく うつろふあきに あはむとやみし
歌番3754 あきをおきて ときこそありけれ きくのはな うつろふからに いろのまされは
歌番3755 なにしきく いろそめかへし にほふらむ はなもてはやす きみもこなくに
歌番3756 あきのよも ふかくなるやと きくのはな かけさへとひて きみにみゆらむ
歌番3757 きくならぬ きくこそわれは おもほゆる きみにあひつく ひとしなけれは
歌番3758 けふひきて くもゐにうつす きくのはな あまつほしとや あすよりはみむ
歌番3759 あたらしき ものにさりける かみなつき しくれふりにし きくにそあれとも
歌番3760 きくのはな ふゆののかせに ちりもせて けふまてとてや しもはおくらむ
歌番3761 わきもこか ひもゆふくれの きくのはな あかすそあきの いろはみえける
歌番3762 ひとくさに さけはかひなし ももしきに うつしてのちは いろかふなきく
歌番3763 かくはかり ふかきいろにも うつろふを なほきみきくの はなといはなむ
歌番3764 にほひけむ さかりはみねと きくのはな なこりをしくも おもほゆるかな
歌番3765 いろもかも にほふきくとも なりてしか われよりはまた あらしとおもはむ
歌番3766 しらくもの うへにしうつる きくなれは いたくをにほへ はなとみるへく
歌番3767 いろかはる あきのきくをは ひととせに ふたたひにほふ はなとこそみれ
歌番3768 くさのかう いろかはりぬる しらつゆは こころおきても おもふへきかな
歌番3769 あきちかう のはなりにけり しらつゆの おけるくさはも いろかはりゆく
歌番3770 あきのつき ちかうてらすと みえつるは つゆにうつろふ ひかりなりけり
歌番3771 わかやとの はなふみちらす とりうたむ のはなけれはや ここにしもくる
歌番3772 はなしあらは かつきてをらむ あきかせに なみたちかへり うたふなかにも
歌番3773 いろふかき つゆのかきりう たむれとも むらさきふかき あきのはなかな
歌番3774 かせさむみ なくかりかねの こゑにより うたむころもを まつやからまし
歌番3775 あきののに くさはをひとも をりきしを にしきのことも みえわたるかな
歌番3776 ちりぬとも みつるいろをは わすれしを にはかにうつる はなのいろかも
歌番3777 うけたむる そてをしをにて ぬきとめは なみたのたきの かすはみてまし
歌番3778 さきはてて いまはあらしと おもひしを にはかくれても にほひけるかな
歌番3779 きくもなほ さきいてぬれは ことはなは それにあらしを にほひけるかな
歌番3780 ふりはへて いさふるさとの はなみむと こしをにほひそ うつろひにける
歌番3781 むらさきの はなゆひしつと つけしをに おもひはふかく むすひこめてき
歌番3782 ちりぬれは あとはあくたに なるはなを おもひしらすも まとふてふかな
歌番3783 みなかみを やまにておつる たきつせの しつくのたえす そそくたにかけ
歌番3784 われはけさ うひにそみつる はなのいろを あたなるものと いふへかりけり
歌番3785 まめなれと よきなもたたす かるかやの いさみたれなむ しとろもとろに
歌番3786 あきかせに みたれそめにし かるかやを われそつかねて ゆふきくれみし
歌番3787 かるかやの ほにいててものを いはねとも なひくくさはに あはれとそみし
歌番3788 かはかみの ねしろたかかや あやにあやに さねゐねてこそ ことにいてにしか
歌番3789 かやののへ いともかるるか みねのうへの まつかえともに ひさしきものを
歌番3790 なぬかかる かやはわかみの うへなれや ひとにおもひを つけてやみぬる
歌番3791 ひさかたの あめもふらぬか はちすはに たまれるみつの たまににむみむ
歌番3792 はちすはに いてゐるつゆの たまみつは うかへるひとの こころとそみる
歌番3793 みとりなりと おもふはかりに はちすはの かはみにさへも しみにけるかな
歌番3794 にこりえは かたふかくこそ あせにけれ みをはちすさへ みれはおいけり
歌番3795 はちすはの にこりにしまぬ こころもて なにかはつゆを たまとあさむく
歌番3796 ふくかせは かをのみそふる わかやとの いけのはちすを とりなつくしそ
歌番3797 つゆをたに たまとなしつる はちすはに おもふこころを いれてみせはや
歌番3798 すみのえの あささはをのの かきつはた きぬにすりつけ きむひしらすも
歌番3799 いひそめし むかしのひとの かきつはた いろはかりこそ かたみなりけれ
歌番3800 われのみや かくこひすらむ かきつはた にほへるいもは いかにかあらむ
歌番3801 かきつはた にほへるいもを いさなみに おもひいてつつ なけきけるかも
歌番3802 きみかやと わかやとわける かきつはた うつろはむとき みむひともかな
歌番3803 むつましく かこひへたてぬ かきつはた たかかたちかは うつろひぬへき
歌番3804 たたちにて きみかこえけむ かきつはた かせをはかりて うつろひぬへし
歌番3805 つねならぬ ひとくるやまの あきつのの かきつはたをし ゆめにみえつつ
歌番3806 からころも きつつなれにし つましあれは はるはるきぬる たひをしそおもふ
歌番3807 わきもこに こひつつあらすは かりこもの おもひみたれて しぬへきものを
歌番3808 はるこまの あさるさはへの まこもくさ まことにわれを おもふやはきみ
歌番3809 わかきみか おゆるかをしさ さたのいけの こもにもかもや かりあけはやさむ
歌番3810 こもまくら たかせのよとに かるこもの かるともわれは しらてたのまむ
歌番3811 わきもこに かけてないひそ かりこもの みたれておもふ きみかあたりそ
歌番3812 こまちかふ さはのわかこも かりにきて いかてよとのの ことをしりけむ
歌番3813 みくまのの かるやみこもの あみかけて ゆふてにおもふ われならなくに
歌番3814 さつきまつ ぬまにおひたる わかこもの そよそよわれも いかてとそおもふ
歌番3815 をみなへし さくさはにおふる はなかつみ みやこもしらぬ こひもするかな
歌番3816 きみかをる やへやまふきの はなかつみ かつみるひとそ こひしかりける
歌番3817 みちのくの あさかのぬまの はなかつみ かつみるひとの こひしきやなそ
歌番3818 あしつのの おひてしときに あめつちと ひととのしなは さたまりにけり
歌番3819 つのくにの なにはのあしの めもはるに しけきわかこひ ひとしるらめや
歌番3820 ひとしれす ものおもふときは なにはなる あしのしらねの しらねやはする
歌番3821 しらなみの よすれはなひく あしのねの うきよのなかは みしかからなむ
歌番3822 おしてるや なにはほりえの あしへには かりそねたらし しものふれるに
歌番3823 なにはめの ころもほすとて かりてたく あしひのけふり たたぬひそなき
歌番3824 きみかため うきぬのいけに ひしとると わかそめそての ぬれにけるかも
歌番3825 あすへては こころほそみの いけにおふる ひしのしたねの なかれこそすれ
歌番3826 とよくにの きくのいけなる ひしのうれを とるとやいもか みそてぬるらむ
歌番3827 わかこころ ゆたのたゆたに うきぬなは へにもおきにも よりやかねまし
歌番3828 こりすまの こもりえにおふる うきぬなは うきみにものを おもふころかな
歌番3829 かくれぬの そこよりおふる ねぬなはの ねぬなはたてし くるないとひそ
歌番3830 くれはつる ことやおそきと ねぬなはの ねぬれはひとの くるもしられす
歌番3831 やまみつに きみはおひねと ねぬなはの くるまにまにも おもひますかな
歌番3832 こひをのみ ますたのいけの ねぬなはの くれはそものの みたれともなる
歌番3833 みるからに おもひますたの いけにおふる あささのうきて よをはへよとや
歌番3834 とききぬの おもひみたれて うきくさの うきてもわれは ありわたるかな
歌番3835 ねをたえて みつにうかへる うきくさは いけのふかきを たのむなるへし
歌番3836 わひぬれは みをうきくさの ねをたえて さそふみつあらは いなむとそおもふ
歌番3837 みつのおもに おふるさつきの うきくさの なみのうへにや たねをまきけむ
歌番3838 こもりえに ひまなくうける うきくさの まなくそひとは こひしかりける
歌番3839 つきくさに ころもはすらむ あさつゆに ぬれてのいろは うつろひぬとも
歌番3840 つきくさの いたつらにある こころかな わかおもふひとの こともつけこぬ
歌番3841 むかしより うちみるひとに つきくさの はなこころとは きみをこそみれ
歌番3842 つきくさの うつろふいろに おもひせは いままてきみを またましものか
歌番3843 つきくさに ころもいろとり すらすとも うつろふいろと きくかくるしさ
歌番3844 よのなかの ひとのこころは つきくさの うつろひやすき いろにそありける
歌番3845 つとにさき ゆふへはきゆる つきくさの けぬへきこひも われはするかな
歌番3846 あさゆふに さきすさひたる つきくさの ひくたへともに けぬへくおほゆ
歌番3847 みちしらは つみにもゆかむ すみのえの きしにおふてふ こひわすれくさ
歌番3848 すみのえに おふとそききし わすれくさ ひとのこころに いかておひけむ
歌番3849 すみのえに ふねさしよせよ わすれくさ しるしありやと つみにゆくへく
歌番3850 うちしのひ いさすみのえへ わすれくさ わすれてひとの またやつまぬと
歌番3851 すみよしと あまはいふとも なかゐすな ひとわすれくさ きしにおふてふ
歌番3852 わかためは みるもかひなし わすれくさ わするはかりの こひにしあらねは
歌番3853 わすれくさ たねのかきりは はてななむ ひとのこころに まかせさるへく
歌番3854 ひとりのみ なかめふるやの つまなれは ひとをしのふの くさそおひける
歌番3855 はなすすき ほにいてほにいてす なきやとは むかししのふの くさをこそみれ
歌番3856 こひしとも いはてふるやの しのふくさ しけさまされは いまそほにいつる
歌番3857 やまたかみ みねのあらしの ふくさとは にほひもあへす はなそちりける
歌番3858 くりこまの まつにはいとと としふれは ことなしくさそ おひそはりける
歌番3859 ひとにのみ いはれのいけの あやなくは ことなしくさの やとにさそはむ
歌番3860 きみみてし ほとのふるやの ひさしには あふことなしの くさそおひける
歌番3861 あかねさす ひるはたたにて ぬはたまの よるのいとまに つめるせりこれ
歌番3862 ますらをと おもへるものを たちはきて かきわのたゐに せりそつみける
歌番3863 ひとしれぬ ぬまにおふてふ ふかせりの わりたにひかは ねもみさらめや
歌番3864 はるさめの ふりはへてゆく ひとよりは われまつつまむ やせかはのせり
歌番3865 かすみたつ かすかのさとに うゑしなき なつなりといひし えはさしにけり
歌番3866 なはしろの こなきかはなを きぬにすり なるるまにまに あせかくかなしき
歌番3867 かみつけの いかほのぬまに うゑしなき かくこひむとや たねもまきけむ
歌番3868 わかやとの ほたてふるとも とりうゑし みちなるまてに きみをしまたむ
歌番3869 みなつきの かはらにおもふ やほたての からしやひとに あはぬこころは
歌番3870 むくらはふ いやしきやとも おほきみの こむとしりせは たましかましを
歌番3871 なにしにか かしこきいもか むくらふの けかしきやとに いりまさるらむ
歌番3872 やへむくら こころのうちに しけけれは はなみにゆかむ いてたちもせす
歌番3873 やへむくら しけくのみこそ なりまされ ひとめそやとの くさにならまし
歌番3874 なにせむに たまのうてなも やへむくら いつらむなかに ふたりこそねめ
歌番3875 むくらおひて あれたるやとの こひしきに たまとつくれる やともわすれぬ
歌番3876 たまかつら かつらきやまの もみちはの おもかけにのみ みえわたるかな
歌番3877 かけておもふ ひともなけれと ゆふされは おもかけたえぬ たまかつらかな
歌番3878 いかさまに おふるものそと たまかつら いかてしのひに ねもみてしかな
歌番3879 あきかせに ふきかへさるる くすのはの うらみてもなほ うらめしきかな
歌番3880 あしひきの やましたしけく はふくすの たつねてこふる われとしらすや
歌番3881 ちはやふる かみのいかきに はふくすも あきにはあへす いろつきにけり
歌番3882 かれかねて しもにうつろふ くすのはの うらみやせまし かせにつけつつ
歌番3883 かせはやみ みねのくすはの ともすれは あやかりやすき きみかこころか
歌番3884 わかやとの くすはひことに いろつきぬ きまさぬきみは なにこころそも
歌番3885 をみなへし おふるさはへの まくすはら いつかもくりて わかきぬにきむ
歌番3886 あしからの はこねのやまに はふくすの ひかはよりこね したなほなほに
歌番3887 たまくしけ みまとのやまの さねかつら さねすはつひに ありとてまたむ
歌番3888 なにしおはは あふさかやまの さねかつら ひとにしられて くるよしもかな
歌番3889 なきなのみ たつたのやまの さねかつら くるひとありと たれかいふらむ
歌番3890 つれなきを おもひしらねの さねかつら はてはくるをも いとふへらなり
歌番3891 やまたかみ たにへにはへる あをつつら たゆるときなく あふよしもかな
歌番3892 やまかつの かきほにはへる あをつつら たつねくれとも あふよしもなし
歌番3893 たえねとは いひてしものを あをつつら またくりかへし やまひとのうさ
歌番3894 かすかのの のへのあさかほ おもかけに みえつついもは わすれかねつも
歌番3895 おほつかな たれとかしらむ あききりの たえまにみゆる あさかほのはな
歌番3896 あさかほは あさつゆおきて さくといへと ゆふかけにこそ さきまさりけれ
歌番3897 このやまの もとにもあらし あさかほの はなをのみみて われやかへらむ
歌番3898 あさちふの をののしのはら しのふとも いまはしらしな とふひとなしに
歌番3899 けさなきて ゆきしかりかね さむみかも このころあさち いろつきにけり
歌番3900 けさのあさけ あきかせさむく ききしなへ のへのあさちは いろつきにけり
歌番3901 やまたかみ ゆふひかくれの あさちはら のちみむためと しめゆはましを
歌番3902 おもふより いかにせよとか あきかせに なひくあさちの いろことになる
歌番3903 しくれのみ まなくしふれは かすかのの あさちのいろも うつろひにけり
歌番3904 あきはきは さきぬへからし わかやとの あさちかはなの いろつくみれは
歌番3905 まくすはふ をののあさちを こころより ひとひかめやも われならなくに
歌番3906 きみかため わかてもすまに はるののに ぬけるつはなそ くひてこえませ
歌番3907 わかきみに けぬはこふらし たまひたる つはなをくへと いややせにやす
歌番3908 つはなつむ あさちかはらの つほすみれ いまさかりなり わかこふらくは
歌番3909 わたつうみの おきなかにひの はなれいてて もゆとみゆるは あまのいさりひ
歌番3910 かたをかに ひのはるはるに みえつるは このもかのもに たれかつけけむ
歌番3911 あちさゐの やへさくことく やへよにも いませわかせこ みつつしのはむ
歌番3912 あかねさす ひるはうちたし あちさゐの はなのよひらに あひみてしかな
歌番3913 はるはきて きのふはかりを あさみとり いろはけさこく のはなりにけり
歌番3914 はるさめに しへゆるむらし はなのくさ こくのはなへて さきみちにけり
歌番3915 あきののは ねこしにこして もてぬとも いはほのたねは のこしやはせぬ
歌番3916 はるののに すみれつみにと こしわれそ のをなつかしみ ひとよねにける
歌番3917 わかやとに すみれのはなの おほかれは きやとるひとや あるとまつかな
歌番3918 やまふきの さきたるのへの つほすみれ このはるさめに さかりなりけり
歌番3919 かすかのに けふりたつみゆ をとめこし はるののをはき つみてくるらし
歌番3920 みよしのの やまのかすみを けさみれは わらひのもゆる けふりなりけり
歌番3921 わかために なけきこるとも しらなくに なににわらひを たきてつけまし
歌番3922 けふりたち もゆともみえぬ くさのはを たれかわらひと なつけそめけむ
歌番3923 あしひきの やまたのさはに ゑくつむと ゆきけのみつに ものすそぬらす
歌番3924 あしひきの やまさはゑくを ともにひかむ ひたにもあはむ おやはせむとも
歌番3925 なつののの しけみにさける ひめゆりの しられぬこひは くるしかりけり
歌番3926 みちのへの くさふかゆりの のちにてふ いまてふことを われはしらめや
歌番3927 みちのへの くさふかゆりの はなゆゑに ゑみせしからに つまといはましや
歌番3928 ひとしれす こひはしぬとも みそのふの からゐのはなの いろにいてめや
歌番3929 すめらきの かみのみやひと まさきつら いやとらしきに われかへりみむ
歌番3930 あしひきの やましたひかけ かつらける ううへにやさらに うめをしのはむ
歌番3931 をとめこか ひかけのうへに ふるゆきは はなのかさしに いつれたかへり
歌番3932 ときはなる ひかけのかつら けふしこそ こころのいろに ふかくみえけれ
歌番3933 ひとしれぬ こころをきみに おくやまの おもひかけてふ くさにおひけり
歌番3934 あさひかけ にほへるやまに てるつきの うつくしつまを やまこしにおきて
歌番3935 わかこひを しのひかねては あしひきの やまたちはなの いろにいてぬへし
歌番3936 けのこりの ゆきにあひたる あしひきの やまたちはなを つとにつめらな
歌番3937 あしひきの やまたちはなの いろにいてて わかこひなむを やめむかたなし
歌番3938 みよしのの みくまかすけを あまゐるに かりのみかりて みたれなむとや
歌番3939 あしひきの やまにおひたる すかのねの ねむころみまく ほしききみかな
歌番3940 をみなへし さくのにおふる しらすけの しらぬこともて いはれしわかせ
歌番3941 しほのねに ねさすこすけの しのひすて きみにこひすて あはてへむとも
歌番3942 みわたせは みもろのやまの いはほすけ しのひにわれは かたおもひそする
歌番3943 おほみやの みかさにぬへる ありますけ ありつつみれと ことなきわきもこ
歌番3944 すかのねの ねむころいもに こひむかも うらおもふこころ おもほえぬかも
歌番3945 おくやまの いはもとすけの ねふかくも おもほゆるかも わかおもひつまは
歌番3946 おくやまの いはかけにおふる すかのねの ねむころわれも あひおもはさらむや
歌番3947 いもかため すかのみとると ゆくわれは やまちまよひて このひくらしつ
歌番3948 みなひとの かさにぬふてふ ありますけ ありてののちも あはさらめやは
歌番3949 ささのはも さえつるなへに あしひきの やまにはゆきそ ふりつみにける
歌番3950 たまささの はわきにおける しらつゆの いまいくよへむ われならなくに
歌番3951 ちはやふる かみのうつきに なりにけり いさうちむれて あふひかささむ
歌番3952 おもふなか さけにゑひにし われなれは あふひならては やむくすりなし
歌番3953 あふことの かたはみくさも つまなくに なとわかそての ここらつゆけき
歌番3954 つくまえに おふるみくりの みつはやみ またねもみぬに ひとのこひしき
歌番3955 こひすてふ さやまのいけの みくりこそ ひけはたえすれ われやねたゆる
歌番3956 われもふり よもきもやとに しけりにし かとにおとする ひとはたれそも
歌番3957 ふるさとと なるそわひしき なつころも よもきのうへの つゆみることに
歌番3958 あきかせや よもきのやとに ふきぬらむ こゑなつかしく なくきりきりす
歌番3959 ときはなる まつにかかれる こけみれは としのをなかき しるへとそおもふ
歌番3960 いしのうへに おひいつるこけの ねもいらす よなよなものを おもふころかな
歌番3961 おくやまの いはほのこけの としひさに みれともあかぬ きみにもあるかな
歌番3962 あふことを いつかそのひと まつのきの こけのみたれて こふるこのころ
歌番3963 みちのへの いちしのはなの いちしろく ひとみなしりぬ いもにこひすと
歌番3964 おほはらの このいちしはの いつしかと わかおもふいもに こよひあへるかも
歌番3965 たたみえむ へたてあむかすに かよひせは みちのしはくさ おひさらましを
歌番3966 みちのへの いつしははらの いつもいつも ひとのゆるさむ ときをしまたむ



コメント

古今和歌六帖 原文 第五帖 後半部

2017年03月12日 | 古今和歌六帖
古今和歌六帖 第五帖 後半部

服飾

歌番3132 わかかたみ みつつしのはせ あらたまの としのをなかく あれもおもはむ
歌番3133 むすひおきし かたみのこたに なかりせは なににしのふの くさをつままし
歌番3134 ゆきのうへの あとをかたみと たのめとも かつかつきえて とむるかたなし
歌番3135 いまはとて かへすことのは ひろひおきて わかものからや かたみとおもはむ
歌番3136 あふまての かたみとてこそ ととめけめ なみたにうかふ みくつなりけり
歌番3137 あふまての かたみもわれは なにせむに みてもこころの なくさまなくに
歌番3138 かきりなき きみかかたみと をるはなは ときしもわかぬ ものにそありける
歌番3139 さくらはな いろはひとしき えたなれと かたみにみれは なくさまなくに
歌番3140 みぬひとの かたみかてらは をらさりき みになすらふる いろにしあらねは
歌番3141 わすれかひ ひろひしもせし しらたまを こふるをたにも かたみとおもはむ
歌番3142 うめかかを そてにこきいれて とめたらは はるはすくとも かたみならまし
歌番3143 うきことを をりをりことに しのふれは つらきもひとの かたみなりけり
歌番3144 いろにより ぬくにはあらす からころも なれにしつまの かたみなりけり
歌番3145 いとまたき すきぬるあきの かたみには えたにもみちそ ちりさしにける
歌番3146 たまほこの みちのやまかせ さむからは かたみかてらに きかむとそおもふ
歌番3147 わかおもひを ひとしるらめや たまくしけ ひらきあけつつ ゆめにしみゆる
歌番3148 たまくしけ おほふをやすみ あけていなは きみなはあれと わかなしをしも
歌番3149 みつのえの うらしまのこか たまくしけ あけさらませは いもにあひなまし
歌番3150 にほひありと ひとにしらるな うくひすの こころみえぬる はなのくしけそ
歌番3151 みつのえの かたみとおもへと うくひすの はなのくしけは あけてたにみす
歌番3152 しらたまの たちわかれにし よひよりは たまのくしけの あけくれはこふ
歌番3153 あきつはの そてふるいもを たまくしけ おくにおもふを みたまへわかきみ
歌番3154 たまくしけ あけはきみかな たちぬへみ ねてわかこしを ひとみけむかも
歌番3155 わかれても けふよりのちは たまくしけ あけくれみえす かたみなりけり
歌番3156 たまくしけ あけかたにある あきのよの こころひとつを さためかねつる
歌番3157 きみにとし おもひかくれは うくひすの はなのくしけも をしまさりけり
歌番3158 うちはへて くるをみるとも たまかつら てにたにとらむ むすひしらねは
歌番3159 へてもみし なかきこころを たまかつら つらなからにし たえむとおもへは
歌番3160 たひをへて かけにみゆるは たまかつら かつらなからに たゆるなりけり
歌番3161 ますらをの ふしゐなけきて つくりたる したもやなきの かつらせわきもこ
歌番3162 わかはかの わさたのほたち つくりたる かつらそわかせ しのはせわかせ
歌番3163 わきもこか はかとつくれる あきのたの はつほのかつら みれとあかぬかも
歌番3164 うはたまの いもかくろかみ こよひもや わかなきとこに なひきいつらむ
歌番3165 ありつつも きみをはまたむ うちなひき わかくろかみに しもはおきまよひ
歌番3166 うはたまの くろかみしきて なかきよを たまくらのうへに いもまつらむか
歌番3167 のちつひに きみをはまたむ うちなひき わかくろかみに ゆきはふるとも
歌番3168 おほよそは たれかみむかも うはたまの わかくろかみを なひきてをらむ
歌番3169 ねくたれの かみけつるよも あはされは こひしきものを けふはくらしつ
歌番3170 くろかみの しろくなりゆく みにしあれは まつはつゆきを あはれとそみる
歌番3171 いてていなは いもこひむかも しきたへの くろかみしきて なかきこのよを
歌番3172 うはたまの わかくろかみを ひきぬらし おもひてひさに けふわたるかも
歌番3173 あさなあさな けつれはいとと みたれつつ わかくろかみの とけぬこころを
歌番3174 たけはぬれ たかねはなかし いもかかみ このころみぬに かきりつらむか
歌番3175 あさねかみ われはけつらし うつくしき ひとのたまくら ふれてしものを
歌番3176 なけきつつ ますらをかけを こふれこそ わかもとゆひの つきてぬれけれ
歌番3177 きみこすは ねやへもいらし こむらさき わかもとゆひに しもはおくとも
歌番3178 きみこすは なそみのかさり はこにある つけのをくしも とらむとおもはす
歌番3179 をとめこか たまくしけなる たまくしの いふかしいまも いもにあはされは
歌番3180 あしのやの なたのしほやき いとまなみ つけのをくしも ささすきにけり
歌番3181 わきもこか くしにあらなむ ひたりての おくてにまきて わかゆはましを
歌番3182 あさつくひ むかふつけくし なるれとも なにそもきみか いやめつらしき
歌番3183 なにはかた なににもあらす みをつくし ふかきこころの しるしはかりそ
歌番3184 ひとひには とへなみしきに おもへとも なそそのてには たままきかたき
歌番3185 つつめとも そてにたまらぬ しらたまは ひとをみぬめの なみたなりけり
歌番3186 ひとことの しけきこのころ たまならは てにまきもちて こひさらましを
歌番3187 ぬしやたれ とへとしらたま しらなくに さらはなへてや あはれとおもはむ
歌番3188 かたいともて わかぬくたまの ををよわみ みたれてこひむ ひとなとかめそ
歌番3189 あしのねの ねむころおもひて むすひこし たまのをといはは ひととらむやは
歌番3190 いもかため われたまひろふ おきへなる しらたまゐてこ おきつしらなみ
歌番3191 しらたまを つつむそてのみ なかるるは はるはなみたの さえぬなりけり
歌番3192 ぬきとむる ひとこそあるらし しらたまの まなくもちるか そてのせはきに
歌番3193 きみとわれ うたかふなかに あらはこそ そていたつらに たまもひろはめ
歌番3194 くものいとを かたいとによりて しらたまの をにしたりとも われたえめやは
歌番3195 まろふたま あふかたつひに あるものを うちはへこひは なとかとそおもふ
歌番3196 わたつうみの てにまきもたる たまゆゑに いそのをくりを かつきつるかな
歌番3197 わたつみの もてるしらたま みまくほり ちたひそのりし かつきするあま
歌番3198 くさまくら たひにもいもは ゐたれとも はこのうちなる たまとこそおもへ
歌番3199 いそのうへに つまきをりたき いもかため わかかつきこし おきつしらたま
歌番3200 たまのをの あひたもおかす みまほしみ わかおもふいもは いへとほくして
歌番3201 たまのをの たえたるこひの みたるれは はなさくのみそ またもあはすして
歌番3202 たまのをを いかてなしけむ なつひきの いとにしあらねは よらしとそおもふ
歌番3203 たまのをの たえてみたれむ こころもて うらふれわたる つきのふるまて
歌番3204 たまのをの たえてみたれむ こころもて うらふれわたる つきのふるまて
歌番3205 あふことは たまのをはかり なのたつは よしののかはの たきつせのこと
歌番3206 たまのをの たえてみしかき なつのよの よはになるまて まつひとのこぬ
歌番3207 しぬるいのち いきもやすると こころみに たまのをはかり あひみてしかな
歌番3208 たまのをを あはをによりて むすへらは ありてののちも あはさらめやは
歌番3209 たまのをの しまこころにや としつきの ゆきかはるまて いもにあはさらむ
歌番3210 かたいとを こなたかなたに よりかけて あはすはなにを たまのをにせむ
歌番3211 いきのをに おもへはくるし たまのをの たえてみたるな しらはしるとも
歌番3212 たまのをの くくりよりつつ すゑつひに ゆきはわかれし おなしをにあらむ
歌番3213 あはれてふ ことををにして ぬくたまは あはてしのふる なみたなりけり
歌番3214 こひしけく まさりていまは たまのをの たえてみたれて しぬへくおもほゆ
歌番3215 したにのみ おもへはくるし たまのをの たえてみたれむ ひとなとかめそ
歌番3216 おもはすは おもはすとやは いひはてぬ なそよのなかの たまたすきなる
歌番3217 おもはすは われしたからむ たまたすき うたてかけたる わかこころかな
歌番3218 たまたすき かけねはくるし かけたれは あなわつらはし ひとのこころや
歌番3219 おもひあまり いともすへなみ たまたすき くもゐるやまに われしめむすふ
歌番3220 ますかかみ たえにしいもを あひみねは わかこひやます としはふれとも
歌番3221 ますかかみ ときしこころを ゆるふれは のちにゆふとも しるしあらめや
歌番3222 ますかかみ てにとりもちて あさなあさな みむときさへや こひのしけけむ
歌番3223 かけみれは むかしににすそ おいにける おもふこころは ふりぬものから
歌番3224 かくはかり こひしくあらすは ますかかみ ねぬひとよなく あらましものを
歌番3225 みをわくる ことのかたさに ますかかみ かけはかりをそ きみにそへつる
歌番3226 ふたこやま ともにこえねは ますかかみ そこなるかけを たつねてそやる
歌番3227 はなのいろを うつしととめよ ますかかみ はるよりのちの かけやみゆると
歌番3228 さととほみ こひわひにけり ますかかみ おもかけさらす ゆめにこそみめ
歌番3229 かはとたに かかみにみゆる ものならは わするるほとも あらましものを
歌番3230 わかこひを ひとしるらめや しきたへの まくらのみこそ しらはしるらめ
歌番3231 まくらより またしるひとも なきこひを なみたせきあへす もらしつるかな
歌番3232 しきたへの まくらよりくる なみたにそ うきねをしつる こひのしけきに
歌番3233 いかはかり おもふいもをか しきたへの まくらかたさり ゆめにみえつる
歌番3234 ゆふされは まくらさためむ かたもなし いかにねしよか ゆめにみえけむ
歌番3235 たまぬしに たまはさつけて かつかつも まくらとわれは いさふたりねむ
歌番3236 いもをこひ わかなくなみた しきたへの まくらとほりて そてさへぬれぬ
歌番3237 みちのくの くりこまやまの ほほのきの まくらはあれと きみかたまくら
歌番3238 しきたへの まくらうこきて いねられす ものおもふこよひ はやあけむかも
歌番3239 ひとりぬる こころはいまも わすれすと つけのまくらは きみにしらせよ
歌番3240 ひとこひて ぬるはるのよは しきたへの まくらねさめに なかれいてぬへし
歌番3241 ひとりねの とこにたまれる なみたには いしのまくらも うきぬへらなり
歌番3242 まくらとて くさひきむすふ こともせし あきのよとたに たのまれなくに
歌番3243 きりきりす まちよろこへる あきのよの ぬるしるしなき まくらとわれは
歌番3244 たひにして あたねするよの こひしくは わかいへのかたに まくらせよきみ
歌番3245 くれなゐの やしほのころも なるるまて いかてたまくら まかむとそおもふ
歌番3246 しるしなき こひをするかな ゆふされは ひとのたまくら まかむこゆゑに
歌番3247 いまさらに きみかたまくら まきねめや わかしたひもの とけつつもとな
歌番3248 おもはしき ひとのまきてし しきたへの わかたまくらを まくひとあらめや
歌番3249 せきなくは かへりにたにも うちゆきて きみかたまくら まきてねましを
歌番3250 わきもこか こさりしよひの うちわひて わかたまくらを われそしてねし
歌番3251 ゆひしひも とくひをとほみ しきたへの わかたまくらに こけおひにけり
歌番3252 かくはかり こひむものそと おもはねは いもかたまくら まかぬよもありき
歌番3253 あしたまも てたまもゆらに おるはたは きみかころもに たたむとそおもふ
歌番3254 さほひめの おりかけさらす うすはたの かすみたちきる はるののへかな
歌番3255 みつひきの しらいとはへて おるはたは たひのころもに たちやかさねむ
歌番3256 あきかせの ふきたたよはす しらくもは たなはたつめの あまころもかも
歌番3257 たなはたの いほはたたてて おるぬのの あきゆくころも たれかとりみむ
歌番3258 たてぬきに みをはうむとも あさはたの おりてはきみに あはしとそおもふ
歌番3259 いくちはた おれはかあきの やまことに かせにみたるる にしきなるらむ
歌番3260 しつはたに おもふこころそ みたれぬる ひとをつらしと うらみきぬれは
歌番3261 くれなゐの こそめのころも したにきて うへにとりきは しるからむかも
歌番3262 いまつくる またらころもの おもつきに われにおもほゆ いまたきねとも
歌番3263 ころもしも おほくあらなむ とりかへて きれはやきみか おもひわすれる
歌番3264 たちはなの しまにしをれは かはとほみ さらさてぬひし わかしたころも
歌番3265 からあゐの やしほのころも あさなあさな なるとはきけと まつめつらしみ
歌番3266 ひくらしに なくともあやな からころも そてこそひちめ こひはさめしを
歌番3267 ふるころも すてつるひとは あきかせの ふきたつときに ものおもふものを
歌番3268 つくはねの にひくはまゆの きぬはあれと きみかみけしし あやにきましを
歌番3269 あきかせの さむきひころは したにきて いもかかたみと かつはしのはせ
歌番3270 いとはやも なきぬるかりか ふるころも あらためきせむ いももあらなくに
歌番3271 さよなかの ねさめねさめに おきゐつつ かへすころもの うらふれにけり
歌番3272 いとせめて こひしきときは うはたまの よるのころもを かへしてそきる
歌番3273 なくさむと たれかいひけむ からころも かへすにこひの まさりけるみを
歌番3274 いつはりの なみたなりせは からころも しのひにそては しほらさらまし
歌番3275 しきしまの やまとにはあらぬ からころも ころもへすして あふよしもかな
歌番3276 うれしさを なににつつまむ からころも たもとゆたかに たてといはましを
歌番3277 しろたへの ころものそてを うちかへし ひとりさねけむ しるしあらはや
歌番3278 よひよひに ぬきてわかぬる からころも かけておもはぬ ときのまもなし
歌番3279 しろたへの そてのかたはし みるからに かかるこひをも われはするかな
歌番3280 たまもかる あまとはなしに きみこふる わかころもては かわくよもなし
歌番3281 あはなくに ゆふけをとふと ぬさにより わかころもては たまそつらつき
歌番3282 みやひとの すれるころもに ゆふたすき かけてこころを たれによすらむ
歌番3283 つるはみの きぬよるひとは ことなしと いひしときより きまほしみおもふ
歌番3284 つるはみの あはせのきぬの うらにゐは われこひめやは きみたちまさぬ
歌番3285 いせのあまの しほやきころも をさをあらみ まとほにあれや いまたきなれす
歌番3286 しかのあまの しほやきころも なれゆけと こひてふものは わすれかねつも
歌番3287 いせのあまの しほやきころも なれてこそ ひとのこひしき こともしらるれ
歌番3288 なれゆけは うけめよるよる すまのあまの しほたれころも まとほなるらむ
歌番3289 いせのうみ しほやくあまの ふちころも なるとはみれと あかぬきみかな
歌番3290 いせのあまの しほやききぬの なれなはか ひとひもきみを わすれておもはむ
歌番3291 なつくさの つゆわけころも きもせぬに わかころもての かわくときなき
歌番3292 なつころも うすきこころと きくからに ことのはさへや もりむとそおもふ
歌番3293 なつころも うすきなからそ たのまるる ひとへなるしも みにちかけれは
歌番3294 なつころも しはしなたちそ ほとときす なくともいまた きこえさりけり
歌番3295 わかために うすきこころの たたれせは なつのころもに たたましものを
歌番3296 わきもこか ころものすそを ふきかへし うらめつらしき あきのはつかせ
歌番3297 あきかせを さむみにはあらす かへしきて こひなくさめむ ころもかせきみ
歌番3298 あきのよの つきのかけこそ このまより おとはころもと みにうつりぬれ
歌番3299 なみのあやを いたくなかせの おりよせそ ころもにたたむ わかつまもなし
歌番3300 わきもこか ころもなりせは あきかせの さむきこのころ したにきましを
歌番3301 かせさむみ わかからころも うつときそ はきのしたはも うつろひにける
歌番3302 たかために うつとかはきく おほそらに ころもかりかね なきわたるなり
歌番3303 からころも うつこゑきけは つききよみ またみぬひとを そらにこそきけ
歌番3304 くさまくら ゆふかせさむく なりぬるを ころもうつなり やとやからまし
歌番3305 かりなきて ふくかせさむみ からころも きみまちかてら うたぬひそなき
歌番3306 ふくかせに ちらすもあらなむ うめのはな わかかりころも ひとよやとさむ
歌番3307 おいさみを ひとなとかめそ かりころも けふはかりとそ たつもなくなる
歌番3308 かりころも こころのうちに ほさなくに なとかみたれて ものおもひをする
歌番3309 かすかのの わかむらさきの すりころも しのふのみたれ かきりしられす
歌番3310 すりころも きるとゆめみつ うつつには いつれのひとの ことかしけけむ
歌番3311 すみよしの とほさとをのの まはきもて すれるころもの さかりすきゆく
歌番3312 みちのくの しのふもちすり たれゆゑに みたれそめにし われならなくに
歌番3313 あさりする あまをとめこか そてなれや ぬれにしころも ほせとかわかす
歌番3314 かにかくに ひとはいふとも おりつかむ わかはたものの しろあさころも
歌番3315 ことしゆく にひしまもりの あさころも かたのまよひを たれかとりみむ
歌番3316 あさころも きれはなつかし きのくにの いもせのやまに をまけわきもこ
歌番3317 とこしへに なつふゆゆけや かはころも あふきはなたす やまにすむひと
歌番3318 きみにより あまのぬれきぬ われきたり おもひにほせと ひるよしもなし
歌番3319 なほきたれ あまのぬれきぬ われほさむ よそふるひとの にくからなくに
歌番3320 にくからぬ ひとのきすなる ぬれきぬは いとひかたくも おもほゆるかな
歌番3321 とひしをる ひともなきみの ぬれきぬは あめのしたにそ ふりてきせける
歌番3322 ぬれきぬと ひとにいはすな きくのつゆ よはひのふとそ わかそほちつる
歌番3323 よそにても にくからすたに あらはこそ しほるしほるも ぬれきぬをきめ
歌番3324 よとともに わかぬれきぬと なるものは わふるなみたの きするなるへし
歌番3325 みやこいてて けふみかのはら いつみかは かはかせさむみ ころもかせやま
歌番3326 いまさらに こふともきみに あはむかも ころもかへすよ ゆめにみえつつ
歌番3327 しろたへの いもかころもに うめのはな かにもいろにも わきそかねつる
歌番3328 そらにとふ あまのはころも もえてしかな うきよのなかに かくものこさし
歌番3329 うめのはな かをふきつくる はるかせに ころもをそめは ひとやとかめむ
歌番3330 あつふすま なこやかしたに ねたれとも いもとしねねは はたへさむしも
歌番3331 にはにたつ あさてこふすま こよひたに つまよしこせぬ あさちこふすま
歌番3332 きへひとの またらふすまに わたせはた いりなましもの いもかをささに
歌番3333 たちておもひ ゐてもそおもふ くれなゐの あかもたれひき いにしすかたを
歌番3334 やまふきの にほへるいもか はねいろの あかもかすかた ゆめにみえつつ
歌番3335 ひとめもる きみかまにまに われともに はやくおきゐて ものすそぬらす
歌番3336 はしきやし あはぬこゆゑに いたつらに このかはのせに ものすそぬらす
歌番3337 いかならむ ひのときにかも わきもこか もひきのすかた あさあけにみむ
歌番3338 なにせむに へたのみるめを おもひけむ おきつたまもを かつくみにして
歌番3339 おもふとも こふともあはむ ものなれや ゆふてもたゆく とくるしたひも
歌番3340 ささらかた にしきのひもを ときそけて あまたはねすみ たたひとよのみ
歌番3341 しらひもを ゆふされかけて ときつれは きみかみそぬふ ひとのしまみゆ
歌番3342 よそにして こふれはくるし いれひもの おなしこころに いさむすひてむ
歌番3343 うはたまの よるのしたひも とけてねよ わかたましひは ゆめにてもこむ
歌番3344 おくやまの しけいりにたちて まとふとも いもをむすひし ひもをとかめや
歌番3345 したひもは とけてやつけぬ たまほこの しをりもしらぬ そらにわふれは
歌番3346 なそひとの かれはつれなき したひもの とけはゆはむと いひてしものを
歌番3347 かきほなす ひとはいへとも こまにしき ひもときあくる きみもあらなくに
歌番3348 こひしとは さらにもいはし したひもの とけむをひとは それとしらなむ
歌番3349 したひもの しるしとするも とけなくに かたるかことは こひすそあるへき
歌番3350 くさまくら むすふとしけむ よひよひは とけさりきやは したのいれひも
歌番3351 わかきぬの ひもとけわたる まゆねかく なれにしきみは こふとしらすも
歌番3352 めつらしき ひとをみむとや しかもせぬ わかしたひもの とけつつあらむ
歌番3353 わきもこか ゆひてしひもを とかめやは たえはたゆとや たたにあふまて
歌番3354 おもへとも ゆめにもみえぬ わきもこそ こよひみえつる ひともきまたむ
歌番3355 けふたいかか まさにおよはむ つくはねの むかしのひとの きけむそのひも
歌番3356 やまさとに ひとめみしより わかこふる はなのしたひも いかにとくらむ
歌番3357 あけたては まつさすひもの いとよわみ たえてあはすは なそいけるかひ
歌番3358 ちきりけむ ことやはたかふ したおひの めくりてあへる つまやなになり
歌番3359 したおひの みちはかたかた わかるとも ゆきめくりても あはむとそおもふ
歌番3360 あつまちの みちのはてなる ひたちおひの かことはかりも あひみてしかな
歌番3361 いにしへの しつはたおひを むすひたれ たれといふとも きみにはまさし
歌番3362 みつかきの ひさしきよより こひられは わかおひゆへあふ あさにひことに
歌番3363 たきものの かはかりおもふ このころの ひとりはいかて きみにしらせむ
歌番3364 たきものの このしたけふり ふすふとも われひとりをは しなすましやは
歌番3365 このしたに ひとりやわひし たきものの それもおもひに たへてとかきく
歌番3366 わかためは ねふたきものを ひとりしも おきあかさしと おもほゆるかな
歌番3367 つゆはかり たのめおかなむ ことのはに しはしもとまる いのちありやと
歌番3368 きえはてて みよりもまさる ことのはを なみたならては なににかはせむ
歌番3369 たのめこし ことのはいまは かへしてむ わかみふるれは おきところなし
歌番3370 あきこそは もみちもちらめ たつたやま はるとてもなと ことのはのなき
歌番3371 ちきりおきし ことのはかはる うきよには ふみもこころも やかてこそふれ
歌番3372 よのなかに たえていつはり なかりせは たのみぬへくも みゆるたまつさ
歌番3373 たまつさも もてこぬものを あきかせの ふきくることに ひとそこひしき
歌番3374 うちよする なみやけつらむ はまちとり ふみこしあとの うらみれとなき
歌番3375 ひとしれぬ みちとおもはすは たまつさな うちたくひつつ ゆくへきものを
歌番3376 やれはをし やらねはひとに みえぬへし なくなくもなほ かへすまされり
歌番3377 やれといはむ わかうしろみも おもほえす こころともれて たたにけならむ
歌番3378 はなちらす えたやあるとて うくひすの ふみみてかくに つゆそおきける
歌番3379 かひなしと おもひなけちそ みつくきの あとそちとせの かたみともなる
歌番3380 たまつさの あるかなきかに ゆくみつの たえせぬきみを あひみてしかな
歌番3381 わすられむ ときしのへとそ はまちとり ゆくへもしらぬ あとをととむる
歌番3382 みつくきの かよふはかりを すくせにて きくもなからに はてねとやきく
歌番3383 あらをたを うちかへすとも はまちとり なほふみつけて あとはととめよ
歌番3384 はるかすみ たちなからみし はななれと ふみとめてける あとそうれしき
歌番3385 きみかため いはふこころの ふかけれは ひしりのみよの あとならへとそ
歌番3386 をしへたく ことたかはすは ゆくすゑの みちとほくとも あとはまとはし
歌番3387 やまのをの かつらはたえて なけれとも こゑはのこせり きくひとのため
歌番3388 ひさにふる たまのをことの ことならは いとかくはかり われこひむかも
歌番3389 あきかせに かきなすことの こゑにさへ はかなくひとの こひしかるらむ
歌番3390 やまとこと ひとにありせは いかはかり ことなつかしき ことちきかまし
歌番3391 たれそこの こゑなつかしき やまとこと ねさめわひしき ひとのきかくに
歌番3392 ことのねを ききしるひとの ありけれは いまそたちいてて ををもすくへき
歌番3393 あしひきの やましたみつは ゆきかへり ことのねさへに なかるへらなり
歌番3394 むつのをの よりめことにそ かはにほふ ひくをとめこか そてやふれつる
歌番3395 みやこまて ひひきかよへる からことは なみのをよりて かせそひきける
歌番3396 なみのおとの けさからことに きこゆるは はるのしらへや あらたまるらむ
歌番3397 ことのねに みねのまつかせ かよふなり いつれのをより しらへそめけむ
歌番3398 こととれは なけきさきたつ けたしくも ことのしたひに いもやかくれる
歌番3399 ひくことの ねのうちつけに つきかけを あきのゆきかと おとろかれつつ
歌番3401 あつまこと はるのしらへを かりしかは かへしものとは おもはさりけり
歌番3402 かへしても あかぬこころを そへつれは つねよりこゑの まさるなるらむ
歌番3403 まつのおとを ことにしらふる まつかせは たきのいとをや すけてひくらむ
歌番3404 いかならむ ひのときにかも こゑしらむ ひとのひさのうへ わかまくらせよ
歌番3405 こととはぬ よにもありとも わかせこか たなれのみこと つちにおちめやも
歌番3406 からたけの こちくのこゑも きかせなむ あなうれしとも おもひしるへく
歌番3407 ふえたけの ххххねこそ かなしけれ ひとふしにして よのみすくれは
歌番3408 ひとりふし いとかくたけの ねなれとも こちくのこゑは きかしとそおもふ
歌番3409 いへはえに ふかくかなしき ふえたけの よこゑやたれと とふひともかな
歌番3410 こまふえの こまにわれのり なくさなむ みきともいはし あなにくけとも
歌番3411 ふえたけの ひとよむなしき こゑにたに よそにふけとも おもはさりしを
歌番3412 ふえたけの いけのつつみは とほくとも こちくてふなを わすれさらなむ
歌番3413 かつらきの こつひこまゆみ あらきにも よらめやきみか わかなつけかね
歌番3414 あつさゆみ ひきののつつら すゑつひに わかおもふひとに ことのしけけむ
歌番3415 あつさゆみ いそへのこまつ たかよにか よろつよかねて たねをまきけむ
歌番3416 あつさゆみ ひきみゆるめみ こすはこす こはこそをなと よそにこそみめ
歌番3417 あつさゆみ ひけはもとすゑ わかかたに よるこそまされ こひしきことは
歌番3418 あつさゆみ はるかなれとも わすられて きみおもひつるの たえむものかは
歌番3419 あつさゆみ はるのやまへに いるときは かさしにのみそ はなはちりける
歌番3420 あつさゆみ すゑのたつきは しらねとも こころはきみに よりにしものを
歌番3421 あつさゆみ ひきはりもちて ゆるさすと わかおもふいもは しるやしらすや
歌番3422 あつさゆみ つるとりはけて ひくひとは のちのこころを しるひとそひく
歌番3423 あつさゆみ ゆつかまきかへ なかみさし さらにひくとも きみかまにまに
歌番3424 てもふれて つきひへにける しらまゆみ おきふしよるは ものをこそおもへ
歌番3425 かくこひむ ものとしりせは あつさゆみ すゑのなかころ あひみてましを
歌番3426 あまのはら ふりさけみれは しらまゆみ はりてつけたる よるみちよにも
歌番3427 おくやまに たつひとつきの しらまゆみ まろやわりなく ひとをうらむる
歌番3428 みこもかる しなののまゆみ わかひかは うまひとさらひて いなといはむかも
歌番3429 みちのくの あたちのまゆみ たむれとも こころこはさは やますさりける
歌番3430 ますらをの ゆすゑふりたて いつるやを のちみむひとを かたりつくかに
歌番3431 つるきたち なのをしけくも われはなし きみにあらすて としのへぬれは
歌番3432 つるきたち みるとりそふる ますらをそ こひのみたれの もとにはありける
歌番3433 うちなけき はなをそひつる つるきたち みにそふいもか おもひくらしも
歌番3434 つるきたち みになそそふる ますらをや こひてふものは しのひかねつも
歌番3435 つるきたち もろはのうへに ゆきふれて しにかもしなむ こひつつあらすは
歌番3436 つるきたち みにとりそふと いめにみつ いかなるけそも きみにあはむため
歌番3437 たちのしり たまくらたゐに いつまてか いもをこひつつ いへこひをらむ
歌番3438 あふことの かたなさしたる ななつこの さやかにひとの こひらるるかな
歌番3439 ひとことに しけしやきみに ふたさやの いつをへたてて こひしかるらむ
歌番3440 ななつこの さやのくちくち つとひつつ われをかたなに さしてゆくなり
歌番3441 かけつれは ちちのこかねも かすしりぬ なそわかこひの あふはかりなき
歌番3442 いまこむと いひしはかりに かけられて ひとのつらさの かすはしりにき
歌番3443 くれはかり われをななめに たのめつつ さよちかきみか かけてはかるか
歌番3444 わかつめる いたつらいねの かすならは あふはかりなし なににかかけまし
歌番3445 なにしおはは たのみぬへきを なそもかく あふきゆゆしと なつけそめけむ
歌番3446 よのひとの いみけるものを わかために なしといはぬは たれかうきなり
歌番3447 ふなてする きみにたむくと ふくかせは なれてとしへし あふきなりけり
歌番3448 そへてやる あふきのかせし こころあらは おもはむひとの てをなはなれそ
歌番3449 ゆゆしとて いむともいまは かひあらし よのつきことは これにつけても
歌番3450 いまはとて こきつるふねの さはりなみ あふきのかせは へにもかけなむ
歌番3451 あふけとも つきせぬかせは きみかため わかこころさす あふきなりけり
歌番3452 あまのかは あふきのかせに きりはれて そらすみわたる かささきのはし
歌番3453 かはほりに わかはりこむる すすしさを おもふかかたの かせそいとふな
歌番3454 ひさかたの あまてるつきを あみにして わかおほきみは かさにつくれり
歌番3455 ひさかたの あめにはぬれす ふるかこと おつるなみたは さすかさそなき
歌番3456 かきつはた ささぬのすけほ かさにぬひ きむひをまつに としそへにける
歌番3457 おしてるや なにはすかかさ おきふるし のちはたかきむ かさならなくに
歌番3458 わきもこか かさのかりての わすみのに われはいりぬと いもにつけこせ
歌番3459 かさとりの やまをたのみし かひもなく しくれにそてを ぬらしてそゆく
歌番3460 ちるまては きてもみるへく はるさめに われをぬらすな うめのはなかさ
歌番3461 かさなしと ひとにはいひて あまつつみ とまりしきみか すかたおもほゆ
歌番3462 わきもこか たもとをたのみ まののうらの こすけのかさを きてそきにける
歌番3463 きみかきる みかさのやまに ゐるくもの たえてはつかる こひもするかな
歌番3464 わかせこか つかひをまつと かさもきて いてつつそみし あめのふらくに
歌番3465 ひとかたの あめふるひひを わかことに みのかさもきて くるひとやたれ
歌番3466 はなかたみ めならふひとの あまたあれは わすられぬらむ かすならぬみは
歌番3467 きみをまた うつつにみぬや あふことの かたみにもりぬ みつはありとも
歌番3468 あかてこそ おもはむなかは わかれなめ そをたにのちの わすれかたみに
歌番3469 いせのうみの おきつしらなみ たまにもか つつみていもか いへつとにせむ
歌番3470 みてのみや ひとにかたらむ さくらはな てことにをりて いへつとにせむ
歌番3471 たまつしま みれともあかす いかにして つつみもたらむ みぬひとのため
歌番3472 うちかはに おふるすかもを かははやみ とらすきにけり つとにせましを
歌番3473 あしひきの やまゆきしかは やまひとの われによしめし やまつとそこれ
歌番3474 をみなへし あきのはきをれ たまほこの みちゆきつとと こはむこのため
歌番3475 ふくかせの わかたもとにし つつまれは おもふひとには つとにしてまし




歌番3476 あはれとも うしともおもふ いろなれや おつるなみたに そてのしむらむ
歌番3477 いろみえて うつろふものは よのなかの ひとのこころの はなにそありける
歌番3478 そめはこそ いろともみえめ すみそめの おほつかなくも たつわかなかな
歌番3479 としふれと いろもかはらぬ きみをしも いかなるいろに おもひそめけむ
歌番3480 よのなかの ひとのこころは はなそめの うつろひやすき ものにそありける
歌番3481 いろなしと ひとやみるらむ むかしより ふかきこころに そめてしものを
歌番3482 おほつかな なにのいろとは しらねとも たたふかくのみ おもひそめけむ
歌番3483 たかまきし くれなゐなれか みわやまを ひたくれなゐに にほはせるらむ
歌番3484 かくらくの とませのやまを すそへらと とよすめかみの まきしくれなゐ
歌番3485 くれなゐの やしほのころも かくしあらは おもひそめすそ あるへかりける
歌番3486 かくはかり こひしわたらは くれなゐの すゑつむはなの いろにいてぬへし
歌番3487 たつたかは いろくれなゐに なりにけり やまのもみちも いまはちるらし
歌番3488 いかにして こひをかくさむ くれなゐの やしほのころも まくりてにして
歌番3489 くれなゐの はつはなそめの いろころも おもひしこころ われはわすれす
歌番3490 くれなゐの はなにしあらは ころもてに そめつきもちて ゆくへきものを
歌番3491 しろたへの わかころもてに くれなゐの しみなむこころ うつろはむやは
歌番3492 くれなゐに そめしころもの たのまれす ひとをあくにし かへるとおもへは
歌番3493 ひとしれす おもへはくるし くれなゐの すゑつむはなの いろにいてなむ
歌番3494 よそにのみ みつつをこひむ くれなゐの すゑつむはなの いろにいてすとも
歌番3495 おもふにも いまはあまりぬ くれなゐの いろにいてなむ ひとののるへく
歌番3496 くれなゐに そてそむあきは すきにしを はるさへなにの いろまさるらむ
歌番3497 くれなゐに そめてしころも あめふりて にほひはすとも うつろはむやも
歌番3498 くれなゐの いろにはいてし かくれぬの したにかよひて こひはしぬとも
歌番3499 あきののは からくれなゐに なりにけり いくしほしくれ ふりてそめけむ
歌番3500 むらさきの ひともとゆゑに むさしのの くさはなへても なつかしきかな
歌番3501 むらさきの いろこきときは めもはるに のなるくさきも あはれなりけり
歌番3502 むらさきの ねはふよしのの はるののは きみをこひつつ うくひすそなく
歌番3503 からひとの ころもそむてふ むらさきの こころにしみて おもほゆるかも
歌番3504 こむらさき ほすひはくれぬ いつくにか たまやとからむ さとはしにして
歌番3505 おもふとも したにやあはむ むらさきの ねすりのころも いろにいつなゆめ
歌番3506 つくまのに おふるむらさき きぬにすり またもきなくに いろにいつらむ
歌番3507 しらねとも むさしのといへは かこたれぬ よしやそこそは むらさきのゆゑ
歌番3508 おもふとも こふともいはし くちなしの いろにころもを そめてこそきめ
歌番3509 やまふきの はないろころも ぬしやたれ とへとこたへす くちなしにして
歌番3510 くちなしの いろにこころを そめしより いはてこころに ものをこそおもへ
歌番3511 ときはなる まつのみとりも はるくれは いまひとしほの いろまさりけり
歌番3512 したもみち ありけるものを まつのはの うへはみとりを たのみけるかな
歌番3513 うみにのみ ひちたるまつの ふかみとり いくしほとかは しるへかるらむ
歌番3514 あさみとり のへのかすみは つつめとも こほれてにほふ はなさくらかな


錦綾

歌番3515 おもふとち まとゐせるよは からにしき たたまくをしき ものにさりける
歌番3516 しものたて つゆのぬきこそ もろからし やまのにしきの おれはかつちる
歌番3517 なそさらに あきかととはむ からにしき たつたのやまの もみちしるきを
歌番3518 なほさりに あきののやまを わけゆけは にしきをきぬに きぬひとそなき
歌番3519 かみなひの みむろのやまを わけゆけは にしきたちきる ここちこそすれ
歌番3520 たちよりて みるへきひとの あれはこそ あきのはやしに にしきしるらめ
歌番3521 もみちはを をしきにしきと みしかとも しくれとともに ふりててそこし
歌番3522 あきかせの うちふくからに のもやまも なへてにしきに おりかへすかな
歌番3523 もみちはを わけつつゆけは にしききて いへへかへると ひとやみるらむ
歌番3524 このもとに おらぬにしきの とまれるは くものはやしの にしきなりけり
歌番3525 からにしき ひもときあけて ゆふへとも しらぬいのちに こひつつやあらむ
歌番3526 あきかせに ちるもみちはは をみなへし やとにおりきる にしきなりけり
歌番3527 たつたかは もみちはおちて なかるなり わたらはにしき なかやたえなむ
歌番3528 もみちはの ふりしくあきの やまへこそ たちてくやしき にしきなりけれ
歌番3529 もみちはの なかるるあきは かはことに にしきあらふと ひとやみるらむ
歌番3530 かきほなる ひとといへとも からにしき ひもときあくる ひともなきかな
歌番3531 なつひきの てひきのいとを くりかへし ことしけくとも たえむとおもふな
歌番3532 かたいとの これかれよそに よられつつ あひなむのちは なにかたゆへき
歌番3533 かふちめの てそめのいとを くりかへし いとにありとも たえむとおもふな
歌番3534 たしまいとの よれともあはぬ おもひをは なにのたたりに つけてはらへむ
歌番3535 かくはかり やめにかくてふ たしまいとの まゆめかきては うれしかりけり
歌番3536 みたれいとの われにはとけす ありしかと たつねてよらむと おもふこころあり
歌番3537 しらぬひの つきしのわたは みにつきて またはきねとも あたたかにみゆ
歌番3538 たまかはに さらすてつくり さらさらに むかしのいもか こひしきやなと
歌番3539 みちのくの けふのさぬのの ほとせはみ またむねあはぬ こひもするかな
歌番3540 たちぬはぬ きぬきるひとも なきものを なにやまひめの ぬのさらすらむ
歌番3541 たかために かけてさらせる ぬのなれや よをへてみれと きるひともなき
歌番3542 ぬしならて さらせるぬのを たなはたに わかこころとや けふはかさまし
歌番3543 しらかはに さらすぬのにも あらなくに なそわかこひの ここちかなしき

コメント

古今和歌六帖 原文 第五帖 中半部

2017年03月12日 | 古今和歌六帖
古今和歌六帖 第五帖 中半部

歌番2800 あかつきを なにしいひけむ わかるれは よひもいとこそ わひしかりけれ
歌番2801 あくるまて あるたにあかぬ なつのよを またよひなから こしかわひしさ
歌番2802 あきののを あさゆくしかの あともなく おもひしきみに あへるこよひか
歌番2803 あしかきに つきはのほりぬ いてこいてこ そのいへのむすめ ものかたりせむ
歌番2804 いにしへの ことかたらへは ほとときす いかにしりてか ふるこゑのする
歌番2805 あるときは ありのすさひに かたらはて こひしきものと わかれてそしる
歌番2806 いつしかも ゆきてかたらむ おもふこと いふきのさとの すみうかりしを
歌番2807 きみとあれと たつたのやまの もみちはは いまやちるらむ みむひとなしに
歌番2808 しらつゆに ぬれつつさよは ふけにけり いまはこえなむ あふさかのせき
歌番2809 ひとしれぬ おもひやなにそ あしかきの まちかけれとも あふよしのなき
歌番2810 おとにのみ こゑをきくらむ あしひきの やましたみつに あらぬものから
歌番2811 たたこえに きみきまさぬる すみそめの たそかれときに そのすかたみむ
歌番2812 ころもても さしかへつへく ちかけれと ひとめをおほみ こひつつそをる
歌番2813 やまのはに いりなむとする つきみつつ われはとなから あらむとやする
歌番2814 かきりなく おもふなみたや かはとみて わたりかたくは なりまさるらむ
歌番2815 よるもねて まつけもあはし しろたへの ころもてとかし きみにあふまて
歌番2816 おきつなみ たかしのはまの はままつの なにこそひとを まちわたりつれ
歌番2817 あめふらむ ひそおもほゆる ひさかたの つきにたにこぬ ひとのこころを
歌番2818 やまたかみ いてすいさよふ つきまつと ひとにはいひて きみまつわれを
歌番2819 みやきのの もとあらのこはき つゆをおもみ かせをまつこと きみをこそまて
歌番2820 きみをのみ おきふしまちの つきかけは やちよもここに ありあけをせよ
歌番2821 あさちふの をののしるしの そらことを いかなりといひて きみをはまたむ
歌番2822 かくのみや きみをはまたむ やまのはに ふけていてくる つきまつかこと
歌番2823 みちのへの くさをふゆのに ふみからし われたちまつと いもにつけたへ
歌番2824 はなみつつ ひとまつときは しろたへの そてかとのみそ あやまたれける
歌番2825 ことならは やみにもあらなむ なつのよは てるつきかけそ ひとたのめなる
歌番2826 すみよしの まつほとひさに なりぬれは あしたつのねに なかぬひそなき
歌番2827 いまこむと いひしはかりに なかつきの ありあけのつきを まちいてつるかな
歌番2828 まつかせの きこえむときは いつもいつも つれなきなみた そてやぬらさむ
歌番2829 つきよには こぬひとまたる かきくもり あめもふらなむ わひつつもねむ
歌番2830 さみたれの たそかれときの つきかけの おほろけにやは われひとをまつ
歌番2831 いまいまと わかまついもは すすかやま ふきこすかせの はやもきななむ
歌番2832 ゆくみつの かけやはみゆる かたきしの まつはくるしき ものにさりける
歌番2833 こぬひとを つきになさはや うはたまの よことにわれは かけをたにみむ
歌番2834 こむといひて こぬよもあるを こしといふを こむとはまたし こしてふものを
歌番2835 こむといひて こさりしよるも ありしかは またぬしもこそ まつにまされる
歌番2836 すみよしの きしもせしとや おもふらむ まつてふことの みえすもあるかな
歌番2837 ゆふけにも うらにもつける こよひたに きまさぬきみを いつとかまたむ
歌番2838 ゆふされは のへのあきはき うゑわかみ つゆにかれかね きみまちかねつ
歌番2839 きみかゆき けなかくなりぬ やまたつの むかへをゆかむ まちにはまたし
歌番2840 わかやとの はきのはなさけり みちきませ いまふつかはかり あらはちりなむ
歌番2841 つきよみの ひかりにきませ あしひきの やまかさなりて とほからなくに
歌番2842 つきよみの ひかりはきよく てらせとも こころそまとふ たへぬおもひに
歌番2843 つきよよし よよしとひとに つけやらむ こてふににたり またすしもあらす
歌番2844 うちむれて こむひとはなほ こかのもり ききのもみちの またちらぬまに
歌番2845 わかやとの はきさきにけり ちらぬまに はやきてみへし ならのさとひと
歌番2846 かりかねの はつこゑききて さきてたる やとのあきはき みちこわかせこ
歌番2847 つきかけに みちまとひして わかやとに ひさしくみえぬ ひともみえなむ
歌番2848 くらきよは うへもきまさす うめのはな さけるつきよに いてまさしとや
歌番2849 すきかてに ひとはとまれと やまのゐの たよりときけは あさくそありける
歌番2850 としをへて はなのたよりに きてとはは いととあたなる なをやたちなむ
歌番2851 わかなつむ はるのたよりに かすかのの はなのこころは しりにしものを
歌番2852 とはるるに あたにはあれと このはるは はなのたよりそ うれしかりける
歌番2853 たまほこの みちゆきふりに おもはすに いもにあひみて こふるころかも
歌番2854 あちきなく はなのたよりに とはるれは われさへあたに なりぬへらなり
歌番2855 なかつきの そのはつかりの たよりにも おもふこころは ききえこぬかも
歌番2856 たまほこの みちはつねにも まとはなむ ひとをとふとも われかとおもはむ
歌番2857 さためなく あまたにかくる むさしあふみ いかにのれはか ふみはたかふる
歌番2858 はまちとり あとたえぬれは あふさかを ふみまとはせる ここちこそすれ
歌番2859 いつことて ふみまとはせる たまつさそ ここはたなへの いそならなくに
歌番2860 ふるさとの ならしのをかの ほとときす ことつてやりき いかにつけきや
歌番2861 やまとへに かりもゆきしか かくしつつ わかをることも かよはしやるを
歌番2862 なみにのみ ぬれつるものを ふくかせの たよりうれしき あまのつりふね
歌番2863 みちとせに はなさくももの めつらしく たかことつてそ われにはあらし
歌番2864 はるはまつ あつまちよりそ わかくさの ことのはつけよ むさしののかせ
歌番2865 わすれなむ ものとはかねて おもひにき こころのうちそ まさしかりける
歌番2866 おほゐかは せきのふるくひ としふとも われわすれむと おもひけむやは
歌番2867 からころも かきたちきみか わするれは かへしてもきす こひしけれとも
歌番2868 うちかへし おもひいつれは いそのかみ ふりにしこひは わすられにけり
歌番2869 わすらるる みをあきかけて くるかりの あまたつらけに みゆるきみかな
歌番2870 みわのやま いかにまちみむ としふとも たつぬるひとも あらしとおもへは
歌番2871 かりかねの まつにとしふる きみゆゑに われはなけきと なりぬへらなり
歌番2872 いまさらに おもひいてしと しのふれと こひしきにこそ しのひわひぬれ
歌番2873 わすれても あるへきものを あしはらに おもひいつるの なくそわひしき
歌番2874 いはくくり おちくるみつの なみまにも ひとをわするる わかこころかは
歌番2875 あきのよの はるひわするる ものなれや かすみにきりや ちへまさるらむ
歌番2876 つらくとも われわすれめや あきやまに なくしかはかり ちきりしものを
歌番2877 あきやまの しもふりおほひ このはちる としはへゆけと われわすれめや
歌番2878 ххひとの ひたひかみゆふ ありそみの ゆふそみこころ われわすれめや
歌番2879 わすられぬ こころそいまは うらめしき かつはかきりと おもふものから
歌番2880 かきりとは おもふものから しかすかに わすられぬへきそ わひしかりける
歌番2881 ささのはに はたれふりおほひ けなはかも わすれむといへは ましておもほゆ
歌番2882 おもわすれ いかなるひとの するものそ われはしかねつ つきてしおもへは
歌番2883 ひさかたの あまてるつきの くもまにも きみをわすれて わかおもはなくに
歌番2884 おほなかの をちかたのへに かるかやの つかのあひたに われわすれめや
歌番2885 つらきひと わすれなむとて はらふれは みそくかひなく こひこそまされ
歌番2886 あしひきの やまたのひたの ひたふるに わするるひとを おとろかすかな
歌番2887 こともつき ほとはなけれと かたときも とはぬはつらき ものにさりける
歌番2888 うめのはな いまはさかりに なりぬらむ たのめしひとの おとつれもせぬ
歌番2889 くれはつる としのこころも はつかしく とはてやきみか はるになしつる
歌番2890 つきかけに われをみしまの あくたかは あくとやきみか おとつれもせぬ
歌番2891 おもひいてて こひしきときは はつかりの なきてわたると ひとはしらすや
歌番2892 みちにあひて ゑみせしからに ふるゆきの きえはけぬかに こふてふわきもこ
歌番2893 わすれにし ひとをそさらに あふみなる おいそのもりと おもひいてつる
歌番2894 つゆしもに ころもてぬれて いまたにも いもかりゆかむ よはふけぬとも
歌番2895 あさなあさな くさのはしけく おくつゆの きえはてむにと いひしきみかも
歌番2896 うちかへし みまくそほしき ふるさとの やまとなてしこ いろやかはれる
歌番2897 いはしろの のなかにたてる むすひまつ こころもとけす むかしをそおもふ
歌番2898 みよしのの たきのしらたま しらねとも かたりしつけは むかしおもほゆ
歌番2899 ときはなる いはやもいまも ありけれと すみけるひとそ つねなかりける
歌番2900 いはしろの はままつかえを ひきむすひ まとさちあらは またかへりみむ
歌番2901 いはしろの きしのまつかえ むすひけむ ひとはかへりて またもみむかも
歌番2902 のちみむと きみもむすへる いはしろの こまつかうれを またもみむかも
歌番2903 としひさに さきたるやとの はなみれは むかしこひしき ものおもひそつく
歌番2904 つきやあらぬ はるやむかしの はるならぬ わかみひとつは もとのみにして
歌番2905 いまのみの ことにはあらす いにしへの ひとそまさりて なきさへなきし
歌番2906 たまくしけ みむろのやまを ゆきしかは おもしろくして むかしおもほゆ
歌番2907 いにしへに なほたちかへる こころかな こひしきことに ものわすれせて
歌番2908 をみなへし みるにこころは なくさまて いととむかしの あきそこひしき
歌番2909 ほとときす こそのふるこゑ きくからに あはれむかしの おもほゆるかな
歌番2910 まゆねかき したいふかしみ おもへるに いにしへひとを あひみつるかな
歌番2911 いはやとに たてるまつのき なれみれは むかしのひとを あひみるかこと
歌番2912 むかしみし ひとはうへしも おいにけり まつのこたかく なりにけるかな
歌番2913 すみよしの ゐとにこしかは はるはなの ましめつらしく わかあへるかも
歌番2914 おほよかに わかおもほえは したにきて けかれにしきぬを とりてきめやは
歌番2915 いにしへの ひとわれなれや ささなみの ふるきみやこの みれはかなしき
歌番2916 うつつにも ゆめにもわれは おもはすに ふりにしきみに このまあはむとは
歌番2917 いままてに わすれぬひとは よにもあらし おのかさまさま としのへぬれは
歌番2918 いそのかみ ふるのやしろの そのかみの ふるきこころは いまもわすれし
歌番2919 ひとりねの よはたのさむさ しりそめて むかしのひとも いまそこひしき
歌番2920 おほしまに みつをはこひし はやふねの はやくのひとに あひみてしかな
歌番2921 いにしへの のなかのしみつ ぬるけれは もとのこころを しるひとそくむ
歌番2922 いそのかみ ふるののみちの くさわけて しみつくみには またもかへらむ
歌番2923 わきもこは とこよのくにに すみけらし むかしみしより わかえましにけり
歌番2924 いにしへの こころもたえす ゆくみつに わかまつかけも けふこそはみめ
歌番2925 はるくれは まつさきくさの さちありし のちもあひみむ こふれわきもこ
歌番2926 みわかはの みなわさかまき ゆくみつの ことかへすなよ おもひそめたり
歌番2927 きみとわれ ひとそさらなる いてきみは ひとのなかこと ききたつなゆめ
歌番2928 いりまちの おほやかはらの いはひつつ ひかはぬるぬる わきなたえそね
歌番2929 かちひとの わたれとぬれぬ えにしあれは またあふさかの せきはこえなむ
歌番2930 きくことを なかくとおもはし ほとときす いむさつきをは すくしやはせぬ
歌番2931 つゆをおもみ なひくなやなき あれふたり むすひしことを ひとしるらめや
歌番2932 きみもあれも うまれはかくて いまたにも えたわかれせぬ きともなりなむ
歌番2933 しらすけの まののすかはら こころより おもはぬきみか きぬにすらるる
歌番2934 みわやまの やましたとよみ ゆくみつの みをしたえすは のちもわかまつ
歌番2935 みつなへの うらしほみつな かしまなる つりするあまを みにかへりこむ
歌番2936 ちはやふる うとのわたりの はやきせに あはすありとも のちもわかつま
歌番2937 ひとつせに なみちへさらひ ゆくみつの のちにもあはむ けふならすとも
歌番2938 きみをおもひ おきつのしまに なくたつの たつねくれはそ ありとたにきく
歌番2939 みわのやま しるしのすきは かれすとも たれかはひとの われをたつねむ
歌番2940 とほつしま たかきありせは しらすとも たつなのはなの たつねきなまし
歌番2941 なにはめの いほりえにゐる あしたつの たつねやゆかむ きみかまにまに
歌番2942 まれにこむ きみみむとこそ ひたりての ゆみとるかたの まゆねかきつれ
歌番2943 としをへて おとつれもせぬ いせのうみの あまのかるてふ めつらしきかな
歌番2944 まつひとの いまみえたらは ххххх ххをりとれる ここちこそすれ
歌番2945 としふれと かくもありけり はるさめに もゆるやなきの めつらしきかな
歌番2946 なにはめの あしひたくやは すすたれと おのかつまこそ とこめつらなれ
歌番2947 やまたかみ さはにおひたる やまゐもて すれるころもの めつらしなきみ
歌番2948 しほみたは ふねはやよそへ わかつまの とこめつらしき ゆきてはやみむ
歌番2949 からころも たつたのやまの はきよりも いもをそきみは めつらしみせむ
歌番2950 をとめこか たまくしけなる たまくしの みることいまは めつらしやきみ
歌番2951 みさこゐる あらいそなみに そてぬれて たかためひろふ いけるかひそも
歌番2952 としふれと いろもかはらぬ ことのはは しけさそまさる なほたのめきみ
歌番2953 わすれしと たのめしものを としふとも かはるこころと うたかふなきみ
歌番2954 わかいのち あらむかきりは わすれめや いやひことには おもひますとも
歌番2955 わかかたに みつつしのはせ あらたまの としのまなかく われもおもはむ
歌番2956 わかせこは ものなおもひそ ことかあらは ひにもみつにも われならなくに
歌番2957 いましはと わひにしものを ささかにの ころもにしつつ われをたのむる
歌番2958 いひしいはは ものはおもはし ひたひとの うつすみなはの たたひとみちに
歌番2959 ちはやふる かみのたもてる いのちあらは たかためとかは われはおもはむ
歌番2960 ことしくは なかはよとまし みなせかは たゆてふことを ありおくなゆめ
歌番2961 あきとてや いまはかきりも たちぬらむ おもひにあへむ ものならなくに
歌番2962 おほふねの ともにもへにも よするなみ よるともわれは きみかまにまに
歌番2963 おもはぬを おもふといはは おほのなる みかさのやまの かみおもひしれ
歌番2964 こよひより われもおもはむ きみもおもへ のちわすれしと まつちかへきみ
歌番2965 われをきみ いひしけかさは そまかはの おろすいかたの あみてちかはむ
歌番2966 あめつちの うちにいてたち ちかひてし われやいまさら つまふたりねむ
歌番2967 わすらるる みをはおもはす ちかひてし ひとのいのちの をしくもあるかな
歌番2968 かけろふの いはかきぬまの かくれには ふしてしぬとも なかれはいはし
歌番2969 をしからぬ いのちなりせは よのなかの ひとのいつはりに なりもしなまし
歌番2970 まことなき ものとおもひせは いつはりに なみたはかねて おとらさらまし
歌番2971 きみかなも わかなもたてし なにはなる みつともいふな あひきともいはし
歌番2972 おほともの みつともいふな あかねさし てれるつきよに あひきたりとも
歌番2973 これをたに おもふこととて わかやとを みきとないひそ ひとのきかくに
歌番2974 かくれぬに おもふことある にほとりの しつめるみつそ ひとにかたるな
歌番2975 あらたまの としのへゆけは いましはと ゆめよりわかせこ わかなつけめな
歌番2976 つのくにの みつとしみては なにはなる あしかりきとも ひとにかたるな
歌番2977 ゆめとても ひとにかたるな しるといへは たまくらならぬ まくらたにせす
歌番2978 ひとつまは もりかやしろか からくにの とらふすのへか ねてこころみむ
歌番2979 またまつけ こしのすかはら われかくて ひとのかくまく をしきすかはら
歌番2980 あしのやの こやのしのやの しのひにも いないなまろは ひとのつまなり
歌番2981 むらさきに にほへるいもを めくくあれは ひとつまゆゑに われこひめやは
歌番2982 さかきにも てはふるなるを うつたへと ひとつまにしあらは こひぬものかも
歌番2983 もみちはの すきかてぬこを ひとつまと みつつやをらむ こひしきものを
歌番2984 たれそこの ぬしあるひとを よふことり こゑのまにまに なきわたるらむ
歌番2985 おほともの みつのはまなる わすれかひ いへにあるいもを わすれかねつる
歌番2986 いせのうみの あまのつりなは くるときも いもはまつらむ あゆめわかこま
歌番2987 いてあかこま はやくゆきこせ まつちやま まつらむいもを ゆきてはやみむ
歌番2988 ひとりやま かさなるものを つきよよみ かとにたちいてて いもやまつらむ
歌番2989 しほかせに けさひえにけり いててこし あしひたくやそ こひしかりける
歌番2990 さむしろに ころもかたしき こよひもや われをまつらむ うちのはしひめ
歌番2991 ひさかたの あまのつゆしも おきにけり いへにあるいもも まちこひぬらし
歌番2992 あまくもの ゆきかへりくる われゆゑに いへにあるいもは ゑましくすやも
歌番2993 うはたまの よはふけぬれと つきしあれは きねとやきみか まちつつあらむ
歌番2994 いつとても おもはさらねと みちかけて いへこひしきは たひにそありける
歌番2995 こひすれは わかみはかけと なりにけり さりとてひとに そはぬものゆゑ
歌番2996 わかやとに かくもをうゑて かくもくさ かくのみこひは われやせぬへし
歌番2997 ひとへのみ いもかむすはむ おひをなほ みへにゆふへく なりぬわかみは
歌番2998 はつまきの をふのしたくさ かけしけみ あるかなきかに わひつつそふる
歌番2999 さくらをの をふのしたくさ やせたれと たとふはかりも あらすわかみは
歌番3000 あさかけに わかみはなりぬ しらくもの たえてきこえぬ ひとをこふとて
歌番3001 きみこふと ころものすそを くたらのの やまのをかはの やせこそわたれ
歌番3002 せみのなく くものうへなる かけくさの かけにやせみは こひやせぬらむ
歌番3003 おほふねの とまるとまりの たゆたひに ものおもひやせぬ ひとのこゆゑに
歌番3004 あさかけに わかみはなりぬ かけろふの ほのかにみえて いにしこゆゑに
歌番3005 ふたつなく こひをしすれは つねのおひの みへにゆふへく わかみはなりぬ
歌番3006 こひにもそ ひとはしにする みなせかは したにわれやす つきにひことに
歌番3007 あつさゆみ ひかはこころに かなはめと のちのこころを しりかちぬかも
歌番3008 あたひとの をこつりさをの あやふさに うけひくことの かたくもあるかな
歌番3009 あたひとは したくつれゆく きしなれや おもふといへと たのまれすして
歌番3010 わりなくて おもひみたるる かるかやの あたなるきみか うしろめたさに
歌番3011 いせのうみに つりするあまの うけなれや こころひとつを さためかねつる
歌番3012 もかみかは のほれはくたる いなふねの いなにはあらす このつきはかり
歌番3013 よのなかを おもひさたむる ほとはかり わかここちにも まかせたらなむ
歌番3014 うたかふも おもへはかなし よのなかを たれうきものと しらせそめけむ
歌番3015 ふちはせに なりかはるてふ よのなかは わたりみてこそ しるへかりけれ
歌番3016 とききぬの おもひみたれて こふれとも なそなにゆゑと とふひともなし
歌番3017 くろかみの しらくるまてと いふきみか こころのうちを いましらめやも
歌番3018 いまさらに とふへきひとも おもほえす やへむくらして かとさせりてへ
歌番3019 そのはらや ふせやにおふる ははききの ありとてゆけと あはぬきみかな
歌番3020 ささなみの なみくらやまに くもゐては あめそふるてふ かへれわかせこ
歌番3021 こひこひて あひたるものを つきしあれは よはこもるらむ しはしありまて
歌番3022 みまさかや くめのさらやま いなみのの いないなきみは さらにならまし
歌番3023 うはたまの ゆふへはかへる こよひさは われをかへすな うちのたまひめ
歌番3024 いれひもの さしてきつれと からころも からくいひても かへしつるかな
歌番3025 ゆふきりに ころもはぬれて くさまくら たひねするかも あはぬきみゆゑ
歌番3026 きみかため いててこさりし つきたにも いらてはたたに かへるものかは
歌番3027 つきよには こぬたにもこそ まつときけ くるをもかへす ものにさりける
歌番3028 うはたまの そのよのうめを てにとりて をらてきにける おもひしものを
歌番3029 ありあけの つきのひかりに あるものを よひのやみをな またきうらみそ
歌番3030 ひとりして ものをおもへは すへをなみ ゆけともいもに あふときもなし
歌番3031 あけかたき とやまのくもの いとはれて かへりしほとは わひしかりきや
歌番3032 あかすして こよひあけなは はるのひの なかくやひとを つらしとおもはむ
歌番3033 みるめなき わかみをうらと しらねはや かれなてあまの あしたゆくくる
歌番3034 ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきはかり うきものはなし
歌番3035 いたつらに ゆきてはきぬる ものゆゑに みまくほしさに いさなはれつつ
歌番3036 うめのはな さきてちりぬと しらぬかも いままていもか いててあひみぬ
歌番3037 あきののに ささわけしあさの つゆよりも あはてぬるよそ ひちまさりける
歌番3038 すみのえの まつにたちよる しらなみの かへるときにや ねをはなくらむ
歌番3039 あきかしは ぬるやかはへの しののめに ひともあひあはす つまなしかちに
歌番3040 ゆけとゆけと あかぬいもゆゑ ひさかたの あきのつゆしも ぬれにけるかも
歌番3041 うはへなき ものかはひとは しかはかり とほきいへちを かへすとおもへは
歌番3042 わかせこを なこしのやまの よふことり きみよひかへせ よのふけぬとき
歌番3043 まてといはは またよはふかし なかつきの ありあけのつきそ ひとはまとはす
歌番3044 みつのおもに うかへるふねの きみならは ここそとまりと いはましものを
歌番3045 まてといはは たへてかしこし にはたつみ せきあへぬまて あめもふらなむ
歌番3046 こひこひて あひたるものを つきしあれは よふかかるらむ しはしあひまて
歌番3047 うちはふき とりはなけとも かくはかり ふるしらゆきに きみいませめや
歌番3048 まてといはは いともかしこし はなのやま しはしとなかむ とりのねもかな
歌番3049 なるかみを とよますはかり さしくもり あめもふらなむ きみをととめむ
歌番3050 けふはかり とまれわかせこ ますかかみ あさことにしも みれとあかなくに
歌番3051 まてといはは ねてもゆけかし しひてゆく こまのあしをれ まへのたなはし
歌番3052 もみちはも しくれもつらし まれにきて かへらむひとを ふりやととめぬ
歌番3053 まてしはし ひとしりぬへみ わかせこを ととめかねてそ まとななつけし
歌番3054 いててゆく ひとをととめむ よしなきに となりのかたに はなもひぬかな
歌番3055 まなつるの あしけのこまや なかぬしの わかことすきは あゆみととまれ
歌番3056 いはのうへに たてるこまつの なををしみ ことにはいてす こひつつそをる
歌番3057 いかてなほ ありとしらせし たかさこの まつのおもはむ こともはつかし
歌番3058 いかてなほ なきなすすかむ あしかもの さわくいりえは みつもにこれり
歌番3059 いかなれは ちひろのふねも かかるらむ かせのさきにも さわくなみかな
歌番3060 つのくにの なにはたたまく をしみこそ すくもたくひの したにこかるれ
歌番3061 いぬかみや とこのやまなる いさらかは いさとこたへて わかなもらすな
歌番3062わかなとも ちなのいほなに たちぬとも きみかなたたは をしとこそきけ
歌番3063 たまくしけ おほふをやすみ あけたらは わかなはありとも きみかなをしも
歌番3064 しらかはの しらすともいはし そこきよみ なかれてよよに すまむとおもへは
歌番3065 なにかその なのたつことの をしからむ しりてまとふは われひとりかは
歌番3066 あらかへは かみもにくみす をしへやし よそふるひとの にくからなくに
歌番3067 いまよりは なのをしけくも われはなし いもによりては ちへにたつとも
歌番3068 おなしなを たちとたちなは からころも きてこそなれめ うらふるくまて
歌番3069 まののいけの こすけをかさに ぬはすして ひとのとほなを たつへきものか
歌番3070 なきなたつ ことはうつせみ よにもあらし ほのかにしても ありこそしけめ
歌番3071 ひとはいさ われはなきなの をしけれは むかしもいまも しらすとをいはむ
歌番3072 たつたやま なけのもみちも あるものを なきなをさへも なかしつるかな
歌番3073 いくはくも ふらぬものゆゑ わかせこか みなのここたく たきもととろに
歌番3074 ふくかせの したのちりにも あらなくに さもたちやすき わかなきなかな
歌番3075 おほそらに わかなのたねも まかなくに いつくのなきな ここらおひけむ
歌番3076 あやなくて またきなきなの たつたかは わたらてやとも ものならなくに
歌番3077 なきなたつ みはあちきなし はなもみち ことなしくさを をりてかささむ
歌番3078 かさすとも たちとたちなむ なきなには ことなしくさの かひやなからむ
歌番3079 おきつとり かもつくしまに わかゐねし いもはわすれす よのことことに
歌番3080 あまくもの よそよりみえし わきもこに こころもみそへ よりにしものを
歌番3081 いにしへに ありけむひとも わかことく いもにこひつつ いねかてにけむ
歌番3082 おもはすに いもかゑまひを ゆめにみて こころのうちに こふるこのころ
歌番3083 くさまくら たひにひさしく なりぬれは きみをこそおもへ こふなわきもこ
歌番3084 はなことに をらむにはあらす わきもこか やとのさくらを えこそわすれね
歌番3085 いもかあたり わかそてふらむ このまより いてこむつきを くものたなひき
歌番3086 いまさらに いもにあはめや はるかすみ たなひくのへの はなとちりなむ
歌番3087 たらちねの おやのかふこの まゆこもり いふせくもあるか いもにあはすて
歌番3088 ももよよも ちよよもいきて あらめやも わかおもふいもを おきてなけかむ
歌番3089 わたつうみの おきのしらなみ たつたやま いつかこえいてて いもかあたりみむ
歌番3090 やまのはに つきもいてぬへし いまたにも いもかりゆかむ おやにまうすな
歌番3091 のちつひに あはすもなりね いもをおきて つまはさためし こひてしぬとも
歌番3092 たまほこの みちゆきふりに おもはすよ いもをあひみて のちこひむかも
歌番3093 ひたすらに わかゆかなくに かとにはと うらこひしらに いもたてるみゆ
歌番3094 しろたへの そてはまよひぬ わきもこか いへのあたりを やますふりしに
歌番3095 しきたへの しらはまなみの よりかへに あらふるいもに こりつつそをる
歌番3096 いもかあたり いまそわかゆく めのみたに われのみみつつ こととはすとも
歌番3097 あつまちの にむかひみちの ちのをにも いもかこころに のりにけるかも
歌番3098 たたいまも みまくそほしき あきはきの しなひにあらむ いもかすかたを
歌番3099 わかせこか くへきよひなり ささかにの くものふるまひ かねてしるしも
歌番3100 わかせこし とけむといはは ひとことは しけくありとも いててあはましを
歌番3101 わかせこか おもかけやまの さかさまに われのみこひて みぬはねたしも
歌番3102 わかせこに わかこひをれは わかやとの くささへおもひ うらかれにけり
歌番3103 われのみそ きみをはおもふ わかせこか こふといふことは ことのなくさそ
歌番3104 あしけくに よけらかへめや はなしひは なこそわかせこ せこかへをせむ
歌番3105 わかせこか ころもありせは あきかせの さむきこのころ したにきましを
歌番3106 いろにいてて こひはひとみて しりぬへみ こころのうちの かくれつまはも
歌番3107 しなかとり ゐなやまひひき ゆくみつの なをのみよせし かくれつまはも
歌番3108 あめとふや かみのやしろの いはひつき いくよまてあらむ かくれつまはも
歌番3109 ますかかみ みつといはめや たまきはる いはかきふちの かくれたるつま
歌番3110 あきののに さをとるきしの いちしろく なきしもなかむ かくれつまはも
歌番3111 あしひきの やましたとよめ なくしかの ことともしも わかこころつま
歌番3112 あきはきの はなののすすき ほにいてて わかこひわたる かくれつまはも
歌番3113 かみなひに うちまふさきの いはふちに かくれてのみや わかこひをらむ
歌番3114 あふなあふな おもひはすへし なのめなく たかきいやしき くるしかりけり
歌番3115 おくやまの いはにこけおひ かしこみと おもふこころを いかにかもせむ
歌番3116 ささのはの こはやわかはや かしこくも きこえつるかな しなならすして
歌番3117 いはたたみ かしこきやまと しりつつも われはこふるか ともならなくに
歌番3118 しつたまき かすにもあらぬ いのちもて なそかくはかり わかこひわたる
歌番3119 はなちとり つはさのなきを とふからに くもちをいかて おもひかくらむ
歌番3120 いせのうみの いそもととろに よるなみの かしこきひとを こひわたるかな
歌番3121 ふもとさへ あつくそありける たかさこの みねにおもひの もゆるときには
歌番3122 てるつきも かけみなそこに うつりけり にたるものなき こひもするかな
歌番3123 かはつなく ゐてのやまふき ちりにけり あはましものを はなのさかりに
歌番3124 いせのうみの ちひろのはまに ひろふとも いまはかひなく おもほゆるかな
歌番3125 やましろの ゐてのたまみつ てにくみて たのめしかひも なきよなりけり
歌番3126 はるのよの ゆめはわれこそ たのみしか ひとのうへにて みるかわひしさ
歌番3127 このよには ひとことしけし こむよには あはむかならす いまならすとも
歌番3128 こむよにも はやなりななむ めのまへに つれなきひとを むかしとおもはむ
歌番3129 うつせみの よのまたのよに うまれても おもはむなかは たえしとそおもふ
歌番3130 このよにて きみをみるめの かたからは こむよのあまと なりてかつかむ
歌番3131 このよにも あはすなりなは こむよにも あはむかならす にしのしやうとに

コメント