竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉集 集歌1222と集歌1197まで

2020年11月30日 | 新訓 万葉集巻七
集歌一二二二 
原文 玉津嶋 雖見不飽 何為而 裹持将去 不見人之為
訓読 玉津(たまつ)島(しま)見れども飽かずいかにせに包(つと)持(も)ち行かむ見ぬ人しため
私訳 玉津嶋よ、眺めていても飽きることはない。どのようにしてこの景色を包み込んで持って行こうか。この景色を見たことのない人のために。
注意 歌順に乱れあります。集歌一一九三の歌の注意を参照のこと。

集歌一一九四 
原文 木國之 狭日鹿乃浦尓 出見者 海人之燎火 浪間従所見
訓読 紀(き)し国し雑賀(さひが)の浦に出で見れば海人(あま)し燎火(ともしび)浪間(なみま)ゆそ見ゆ
私訳 紀の国の雑賀の入り江に出て眺めると、海人の焚くともしびが浪間に見える。
注意 西本願寺本では集歌一一九四から集歌一二〇七までは集歌一二二二の後に配置されます。このため、国歌大観の歌番号と配置順が一致しません。また、集歌一二〇八は集歌一二一〇の後に位置します。

集歌一一九五 
原文 麻衣 著者夏樫 木國之 妹背之山二 麻蒔吾妹
訓読 麻衣(あさころも)着ればなつかし紀(き)し国し妹(いも)背(せ)し山に麻(あさ)蒔く吾妹(わぎも)
私訳 麻の衣を着ると偲ばれる、紀の国の妹背の山に麻を蒔く(または、朝まで抱いていた)私の愛しい貴女。
左注 右七首者、藤原卿作。未審年月。
注訓 右の七首は、藤原卿の作る。未だ年月は審(つばび)らかならず。
注意 原文の「麻蒔吾妹」は、標準解釈では「麻蒔く吾妹」とそのままに訓じます。

集歌一一九六 
原文 欲得裹登 乞者令取 貝拾 吾乎沾莫 奥津白浪
訓読 つともがと乞(こ)はば取らせむ貝(かい)拾(ひり)ふ吾を濡らすな沖つ白浪
私訳 土産に欲しいと願ったら、それを取らすでしょう。その土産の貝を拾う私を濡らすな。沖からの白波よ。

集歌一一九七 
原文 手取之 柄二忘跡 礒人之曰師 戀忘貝 言二師有来
訓読 手に取りしからに忘ると磯人(いそひと)し云ひし恋忘れ貝言(こと)にしありけり
私訳 「手に取った、だから、愛しい人のことを忘れる」、又は、「恋忘れ貝とは、その手に取った貝殻の片身」と磯の人の語った、その恋忘れ貝よ。美しさは、その言葉の通りでした。

コメント

資料編 墨子 巻一 七患

2020年11月29日 | 墨子 原文と訓じ
資料編 墨子 巻一 七患
PDFのリンク先;
https://drive.google.com/file/d/1bw8U-j1YsWs3_ZFgqnTjoVHHlLHFMDy5/view?usp=sharing

《七患》
子墨子曰、國有七患。七患者何。城郭溝池不可守而治宮室、一患也。邊國至境四隣莫救、二患也。先盡民力無用之功、賞賜無能之人、民力盡於無用、財寶虛於待客、三患也。仕者持禄、游者愛佼、君脩法討臣、臣懾而不敢拂、四患也。君自以為聖智而不問事、自以為安彊而無守備、四隣謀之不知戒、五患也。所信者不忠、所忠者不信、六患也。畜種菽粟不足以食之、大臣不足以事之、賞賜不能喜、誅罰不能威、七患也。以七患居國、必無社稷、以七患守城、敵至國傾。七患之所當、國必有殃。
凡五穀者、民之所仰也、君之所以為養也。故民無仰則君無養、民無食則不可事。故食不可不務也、地不可不力也、用不可不節也。五穀盡收、則五味盡御於主、不盡收則不盡御。一穀不收謂之饉、二穀不收謂之旱、三穀不收謂之凶、四穀不收謂之餽、五穀不收謂之饑。歳饉、則仕者大夫以下皆損禄五分之一。旱、則損五分之二。凶則損五分之三。餽、則損五分之四。饑、則盡無禄、稟食而已矣。故凶饑存乎國、人君徹鼎食五分之三、大夫徹縣、士不入学、君朝之衣不革制、諸侯之客、四隣之使、雍飧而不盛、徹驂騑、塗不芸、馬不食粟、婢妾不衣帛、此告不足之至也。
今有負其子而汲者、隊其子於井中、其毋必従而道之。今歳凶、民饑道餓、重其子此疚於隊、其可無察邪。故時年歳善、則民仁且良、時年歳凶、則民吝且悪。夫民何常此之有。為者疾、食者衆、則歳無豊。故曰、財不足則反之時、食不足則反之用。故先民以時生財、固本而用財、則財足。故雖上世之聖王、豈能使五穀常收而旱水不至哉。然而無凍餓之民者、何也。其力時急而自養倹也。故夏書曰、禹七年水。殷書曰、湯五年旱。此其離凶餓甚矣。然而民不凍餓者、何也。其生財密、其用之節也。故倉無備粟、不可以待凶饑、庫無備兵、雖有義不能征無義、城郭不備全、不可以自守、心無備慮、不可以應卒。是若慶忌無去之心、不能軽出。夫桀無待湯之備、故放、紂無待武王之備、故殺。桀、紂貴為天子、富有天下、然而皆滅亡於百里之君者、何也。有富貴而不為備也。故備者、國之重也、食者、國之寶也、兵者、國之爪也。城者所以自守也。此三者國之具也。故曰、以其極賞、以賜無功、虛其府庫、以備車馬、衣裘、奇怪、苦其役徒、以治宮室観楽、死又厚為棺槨、多為衣裘。生時治臺榭、死又脩墳墓。故民苦於外、府庫単於内、上不厭其楽、下不堪其苦。故國離寇敵則傷、民見凶饑則亡、此皆備不具之罪也。且夫食者、聖人之所寶也。故周書曰、國無三年之食者、國非其國也、家無三年之食者、子非其子也。此之謂國備。

字典を使用するときに注意すべき文字
路旅、塗也。三塗、郭門之三道 たび、みち、の意あり。
隊、落也、失也。 おとす、うしなう、の意あり。
道、從也、又引也。 ひく、ひきあげる、の意あり。
単、盡也 つくす、ついやす、の意あり。


《七患》
子墨子の曰く、國に七患有り。七患とは何ぞ。城郭(じょうかく)溝池(こうち)は守るべからずにして而(しかる)に宮室を治むるは、一患なり。邊國の境に至れど四鄰の救う莫(な)きは、二患なり。先づ民力を無用の功に盡(つく)し、無能の人を賞賜(しょうし)し、民力は無用に盡(つ)き、財寶(ざいほう)は客を待つに虛しきは、三患なり。仕者は祿を持し、游者は佼(こう)を愛し、君は法を脩(おさ)めて臣を討ち、臣は懾(おそ)れ而(しかる)に敢て拂(もと)らざるは、四患なり。君は自ら以って聖智と為して而(しかる)に事を問はず、自ら以って安彊(あんきょう)と為して而(しかる)に守備すること無く、四鄰の之を謀(はか)れども戒(いまし)むることを知らざるは、五患なり。信する所は忠ならず、忠なる所の信ぜられざるは、六患なり。畜種(ちくしゅ)菽粟(しゅくぞく)は以って之を食ふに足らず、大臣は以って之を事(つか)ふるに足らず、賞賜(しょうし)も喜ばすこと能はず、誅罰(ちゅうばつ)も威(おど)すこと能はずは、七患なり。七患を以って國に居れば、必ず社稷(しゃしょく)は無く、七患を以って城を守れば、敵は至りて國は傾く。七患の當(あた)る所は、國に必ず殃(わざわい)は有り。
凡そ五穀は、民の仰ぐ所となり、君の養ふことを為す所以(ゆえん)なり。故に民の仰(あお)ぐこと無きときは則ち君の養ふこと無く、民の食ふこと無きときは則ち事(つか)ふ可からず。故に食は務(つと)めざる可からず、地は力(つと)めざる可からずなり、用は節(せつ)せざる可からざるなり。五穀は盡(ことごと)く收まれば、則ち五味は盡(ことごと)く主に御(すす)め、盡(ことごと)くは收まらざれば則ち盡(ことごと)くは御(すす)めず。一穀の收まらざれば之を饉(きん)と謂ひ、二穀の收まらざれば之を旱(かん)と謂ひ、三穀の收まらざれば之を凶(きょう)と謂ひ、四穀の收まらざれば之を餽(い)と謂ひ、五穀の收まらざれば之を饑(き)と謂う。歳は饉(きん)なれば、則ち仕ふる者の大夫以下は皆の祿の五分之一を損じ。旱(かん)なれば、則ち五分之二を損じる。凶(きょう)、則ち損五分之三を損じ。餽(い)、則ち五分之四を損じ。饑(き)、則ち盡く祿は無く、稟食(ひんしょく)して而(しかる)に已(や)むのみ。故に凶饑(きょうき)の國に存すれば、人君は鼎食(ていしょく)五分之三を撤(てつ)し、大夫は縣(けん)を撤(てつ)し、士は學に入らず、君朝の衣は革(あらた)めて制(せい)せず、諸侯の客、四鄰の使は、雍飧(ようそん)すれども而(しかる)に盛(さかん)ならず、驂騑(さんび)を撤(てつ)し塗(みち)に芸(わざ)せず、馬に粟を食はせず、婢妾は帛(はく)を衣(き)ず、此れ不足を告ぐるの至なり。
今、其の子を負ひて而して汲(く)む者有り、其の子を井中に隊(うしな)ふときは、其の母(はは)は必ず従(つき)て而(すで)に之を道(ひきあげ)る。今、歳凶に、民は饑(う)え道に餓(う)うるは、此の疚(やまひ)は其の子を隊(うしな)ふより重し。其れ察すること無かる可けむや。故に時に年歳(ねんさい)の善なれば、則ち民は仁にして且(ひとま)ず良し。時に年歳の凶なれば、則ち民は吝(りん)にして且(すで)に悪(わる)し。夫れ民は何の常か此れ有らむ。為(つく)る者は疾(や)み、食ふ者は衆(おお)く、則ち歳に豊(ほう)は無し。故に曰く、財足らざれば則ち之を時に反す、食の足らざれば則ち之を用に反す。故に先の民は時を以って財を生じ、本(もと)は固くして而して財を用ひ、則ち財は足る。故に上世の聖王と雖(いへど)も、豈に能く五穀をして常に收め而(しかる)に旱水(かんすい)をして至らざら使(し)めむや。然り而(しかる)に凍餓(とうが)の民の無きは、何ぞや。其の時を力(つと)むること急にして而して自ら養ふこと儉(けん)なればなり。故に夏書に曰く、禹は七年の水あり。殷書に曰く、湯は五年の旱あり。此れ其の凶餓(きょうが)に離(かか)ること甚(はなはだ)し。然り而(しかる)に民の凍餓(とうが)せざるは、何ぞや。其の生財を生ずること密にして、其の之を用ふること節あればなり。故に倉に備粟(びぞく)の無ければ、以って凶饑(きょうき)を待つべからず。庫に備兵の無ければ、義は有りと雖も義無しを征(せい)すること能はず。城郭の備全ならざれば、以って自ら守る可からず。心に備慮(びりょ)の無ければ、以って卒に應ず可からず。是の慶忌(けいき)の若(ごと)きも去る心の無ければ、輕(かるがる)しく出づること能はず。夫れ桀は湯を待つの備(そなへ)は無く、故に放たる。紂は武王を待つの備(そなへ)は無く、故に殺さる。桀、紂の貴きこと、天子為(た)り、富は天下に有り、然り而(しかる)に皆は百里の君に滅亡せしは、何ぞや。富貴は有るも而(しかる)に備(そなへ)を為さざればなり。故に備(そなへ)は、國の重(おもし)なり。食は、國の寶(たから)なり。兵は、國の爪(つめ)なり。城は自ら守る所以(ゆえん)なり。此の三者は國の具(そなへ)なり。故に曰く、其の極賞(きょくしょう)を以って、以って無功(むこう)に賜ひ、其の府庫を墟(むな)くして、以って車馬、衣裘、奇怪(きくかい)を備え、其の役徒(えきと)を苦めて、以って宮室(きゅうしつ)観楽(かんらく)を治め、死して又た厚く棺槨を為(つく)り、多く衣裘を為(つく)る。生時には臺榭(だいしゃ)を治め、死して又た墳墓を脩(おさ)む。故に民は外に苦み、府庫は内に単(ついや)し、上は其の楽に厭(あ)かず、下は其の苦に堪(あ)へず。故に國は寇敵(こうてき)に離(かか)れば則ち傷(きずつ)き、民は凶饑(きょうき)を見れば則ち亡ぶ、此れ皆の備(そなへ)を具(そなへ)らざるの罪なり。且(まさ)に夫れ食は、聖人の寶(たから)とせしむ所なり。故に周書に曰く、國に三年の食無きは、國は其の國に非(あら)ずなり。家に三年の食無きは、子は其の子に非(あら)ずなり。此れ之を國備(こくび)と謂う。
コメント

万葉集 集歌1217から集歌1221まで

2020年11月27日 | 新訓 万葉集巻七
集歌一二一七 
原文 玉津嶋 見之善雲 吾無 京徃而 戀幕思者
訓読 玉津島(たまつしま)見てしよけくも吾(わ)れはなし京(みやこ)に往(い)きに恋ひまく思へば
私訳 玉津嶋よ、眺めて良かったことは私にはない。奈良の都に帰り往いくのに、この景色を思い出し恋焦がれると思うと。

集歌一二一八 
原文 黒牛乃海 紅丹穂經 百礒城乃 大宮人四 朝入為良霜
訓読 黒牛(くろうし)の海(うみ)紅(くれなゐ)色付(にほふ)ももしきの大宮人し漁(あさり)すらしも
私訳 黒牛の海は朝焼けに紅色に照り映えている。たくさんの岩を積み上げた立派な大宮に仕える宮人が集うその姿は、まるで浜辺で漁をしているようだ。

集歌一二一九 
原文 若浦尓 白浪立而 奥風 寒暮者 山跡之所念
訓読 若浦(わかうら)に白浪立ちに沖つ風寒(さむ)き暮(ゆふへ)は大和しそ念(も)ゆ
私訳 和歌の浦に白波が立つので、沖からの風が寒い夕暮れは、大和が偲ばれます。

集歌一二二〇 
原文 為妹 玉乎拾跡 木國之 湯等乃三埼二 此日鞍四通
訓読 妹しため玉を拾(ひり)ふと紀(き)し国し由良(ゆら)の御崎(みさき)にこの日暮らしつ
私訳 愛しい貴女のために玉を拾おうと紀の国の由良の御崎に、この一日を過ごしました。

集歌一二二一 
原文 吾舟乃 梶者莫引 自山跡 戀来之心 未飽九二
訓読 吾が舟の梶(かぢ)はな引きそ大和より恋ひ来(こ)し心いまだ飽かなくに
私訳 私の乗る舟の梶は、帰り舟の梶を引かないでくれ。大和からこの景色を恋い慕って来た私の気持ちはいまだこの景色に飽きてはいない。
コメント

万葉集 集歌1212から集歌1216まで

2020年11月26日 | 新訓 万葉集巻七
集歌一二一二 
原文 足代過而 絲鹿乃山之 櫻花 不散在南 還来万代
訓読 足代(あて)過ぎに糸鹿(いとか)の山し桜花(さくらはな)散らずもあらなむ還り来るまで
私訳 足代を通り過ぎ行く、その糸鹿の山の桜花よ。散らずにあってほしい。私が帰り来るまでは。

集歌一二一三 
原文 名草山 事西在来 吾戀 千重一重 名草目名國
訓読 名草(なぐさ)山(やま)事(こと)にしありけり吾が恋は千重(ちへ)し一重(ひとへ)し慰(なぐ)めなくに
私訳 名草山よ、ただ、「なぐさ」の名を持つ山だけだった。私の恋心は千分の一もその姿からは慰められることはない。

集歌一二一四 
原文 安太部去 小為手乃山之 真木葉毛 久不見者 蘿生尓家里
訓読 安太(あた)へ行く小為手(をすて)の山し真木(まき)し葉も久しく見ねば蘿(こけ)生(む)しにけり
私訳 安太へ行く道の小為手の山の立派な木の葉も久しく眺めていないと、その幹に苔が生えていた。

集歌一二一五 
原文 玉津嶋 能見而伊座 青丹吉 平城有人之 待問者如何
訓読 玉津(たまつ)島(しま)よく見にいませあをによし平城(なら)なる人し待ち問はばいかに
私訳 玉津嶋を、よく眺めにいらっしゃい。青葉が照り輝く奈良に住む人が貴方の帰りを待っていて、その旅の様子を聞いたら、どうします。

集歌一二一六 
原文 塩満者 如何将為跡香 方便海之 神我手渡 海部未通女等
訓読 潮満たばいかにせむとか海神(わたつみ)し神が手渡る海部(あま)未通女(をとめ)ども
私訳 潮が満ちたらどのようにするのだろうか、海神の、その神の手を伸ばすような細長い磯にいる漁師の娘女たちよ。
コメント

万葉集 集歌1193から集歌1211まで

2020年11月25日 | 新訓 万葉集巻七
ここでは歌番号に乱れがあります。

集歌一一九三 
原文 勢能山尓 直向 妹之山 事聴屋毛 打橋渡
訓読 背(せ)の山に直(ただ)に向へる妹(いも)し山事(こと)聴(き)きやも打橋(うちはし)渡す
私訳 背の山にまっすぐに向かう妹の山よ、背の君がやって来るのを聞いたのか、架け橋が架けてある。
注意 西本願寺本では集歌一一九四から集歌一二〇七までは集歌一二二二の後に配置されます。このため、国歌大観の歌番号と配置順が一致しません。また、集歌一二〇八は集歌一二一〇の後に位置します。

集歌一二〇九 
原文 人在者 母之最愛子曽 麻毛吉 木川邊之 妹与背之山
訓読 人ならば母し最愛子(まなご)そあさもよし紀(き)し川の辺(へ)し妹(いも)とせし山
私訳 人間でしたら母親の最愛の子でしょう。麻裳も美しい紀の川のほとりの妻と名付けた山よ。
注意 表記では「妹与背之山」ですから、直接の訓じとは違い「妹山と背山」が示されています。

集歌一二一〇 
原文 吾妹子尓 吾戀行者 乏雲 並居鴨 妹与勢能山
訓読 吾妹子(わぎもこ)に吾が恋ひ行けば乏(とも)しくも並び居(を)るかも妹と背の山
私訳 私の愛しい貴女に私が恋い慕って行くと、うらやましいことに並んでそびえている。その妹山と背の山よ。

集歌一二〇八 
原文 妹尓戀 余越去者 勢能山之 妹尓不戀而 有之乏左
訓読 妹に恋ひ余(あ)が越え行けば背の山し妹に恋ひずにあるし乏(とも)しさ
私訳 愛しい貴女に恋い慕い私が山を越えて行くと、背の山が妹山を恋い焦がれることなく並んでいられるのが羨ましい。

集歌一二一一 
原文 妹當 今曽吾行 目耳谷 吾耳見乞 事不問侶
訓読 妹しあたり今ぞ吾が行く目のみだに吾(わ)れだに見えこそ事(こと)問(と)はずとも
私訳 愛しい貴女の住むあたり、今こそ、私が行く。一目だけでも私だけに貴女の姿を見せてほしい。前もって貴女の都合を問わなくても。
コメント