ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

体の歪みの検出と矯正法(11月23日祝に臨床実践塾)

2020-11-12 17:13:08 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



 

新正体法を使うと、このような歪みも矯正できます



先日、
「新正体法の講習をしてくれませんか」という先生がいました。

「なんで?」と聞くと、

「今度、ちょっと広いところに引っ越すのですが、そこだと広いベッドが使えますので、新正体法も活用したいと考えているのです。今までのところは電動ベッドでしたので、電動ベッドだと、幅が狭いので、動診ができなかったのです」

「そうですか。では考えておきます」と、預けてあったのですが、今月の23日(勤労感謝の日)が空いていたので、そこでやることにしました。
「新正体法」は、名古屋から沖縄まで、私が担当して講習をしていましたので、私としては楽な講習になります。

また、新正体法で使う動診は、いろいろな治療効果のビフォー・アフターのけんさにも使えますので、七星鍼法の基礎講座にも含めてあります。
そして、非常に便利で、患者さんも納得しやすいテクニックなので、私は今でも頻繁に使っています。

たとえば、上の写真で、「首が痛い」と訴えて来たとしますと、その時、

① どこに問題があるかを考えます

② どのような治療をするかを考えます

③ どの順序で治療をするのかを考えます

診断法はいろいろありますので、「これが正解」というのはないのですが、この方の場合は、右半身に経筋腱収縮牽引が起こっていますので、とりあえず、その経筋腱収縮牽引を整える事を考えて、大まかな治療をしてから、細かい歪みを矯正していきます。

その場合に、新正体法で使う動診を使えば簡単に歪みが検出できるし、指で行う骨格矯正鍼を使うと、
「あっ!」と言う間に歪みは取れてしまいます。
そして、首の痛みの多くは、上部胸椎の歪みから来ている場合が多いので、この方の場合も、上部胸椎の歪みが取れれば、

「はい。OK」となるわけです。

また、新正体法は、基本が手技療法ですので、鍼灸や柔整などの資格がなくても使うことができます。

ただ、コロナの問題がありますので、今回も少人数で行いたいと思います。
ですから、このブログを読まれている方、
公式LINE登録をしてくれている方、
へのご案内になります。


期日:2020.11.23・祝 (月曜日・勤労感謝の日)
時間:午後1時~3時
場所:新城針灸治療院
参加費:5.000円(七星界理事と特殊鍼法研究会会員は無料)
親睦会:当日決めます
申込み:06-6765-7622

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« NYダウ小休止、一方、ナス... | トップ | 鼠径部の痛みと歪みの検出 →... »
最新の画像もっと見る

診断即治療と虹彩学」カテゴリの最新記事