遊煩悩林

住職のつぶやき

娘が坊主になった

2018年10月09日 | ブログ

おかげさまで10月7日、長女が東本願寺にて得度しました。

台風の影響に配慮して、大谷祖廟への参拝は中止になりましたが、無事に真宗本廟において度蝶と法名をご伝達いただきました。

2009年の妻の得度、
(「妻が坊主になった日」https://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji/e/357837c30f47d3c13d5103b08f1982f6?fm=entry_awp

2014年の長男の得度
(「お坊さんになりました」https://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji/e/b3bcbddc54b51c69ef8a0cad277f245eに続いて、

めでたく「娘が坊主になる」ことができました。

「めでたく」といっても、伝達式で総長から「僧侶になるということは何も特別なことではありません」という言葉のとおりです。

ただ親としては、親のエゴを受け取ってくれて「有り難う」と褒めてやりたいのです。

そんな親子を、ここまでお育ていただいたすべての「おはたらき」に礼を尽くして、また今後のお育てをお願い申し上げるばかりでございます。

 

得度に向かう道中、これまでお育てくださった先生の逝去の報が届きました。

半世紀近くも毎年、伊勢までご足労をいただいた荒山修先生の訃報。

まだまだご指導いただきたかったという悔やみを胸に、得度の翌日、名古屋の東別院で執り行われた葬儀告別式の列に座らせていただきました。

式場の入口には「永遠に還相のお導きを仰ぎます」との弔辞。

式中で「また浄土でお会いしましょうとは申しません」と、還帰されすでに我々を教化する菩薩に出遇う旨の弔辞を聞き及び、先生が聞信された歩みが顕れ出てていたように感じました。

私の一方的な悔やみは、向こう岸からすでに破られていたのでした。

ご遺族を代表して惠林寺住職の荒山信さんは、晩年に奥さまを帯同してお説教に赴かれていたことに触れて、「夫婦・親子こそが同朋の関係、同朋とならなくてはならん」と申しておられたとのご挨拶をいただき、私事ながら娘の得度に際しての激励と受け取りました。

曲がりなりにも度蝶を得て、法名を賜ったということは、僧侶や門徒が同朋となるにとどまらず、親子や夫婦という関係存在の中で互いを同朋として見出していくということに他ならない。

必ず別れていかなければならない親子や夫婦が、永遠に別れることのない朋として出遇い続ける関係を築いていく縁を賜ったということでしょう。

若かれし日の父が、修先生からいただいた色紙が、常照寺の寺務所に掲げてあります。

人に本当に出遇うということはその人を修道存在として観るということです

相手が如何に自分の考えに合わぬ生きかたであろうともその人のなかに

人間として生まれてきた歓びを求めてもがいている心を観るということです

釋研修

修先生、ひとまず有り難うございました。今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

合掌

 

コメント

ボーズのポーズ

2018年10月01日 | ブログ

台風の後始末ではじまった10月。

瓦が飛んで割れた程度で済んだ後始末はまあいいが、次の台風が来るというのか。

何のために始末をしているのかと、落ち葉をブロワーで吹き飛ばしながら思う。

隣家から飛んできた落ち葉である。先の台風では枝が折れて寺の境内に飛んできた。

「ご院主さんごめんね。木の剪定頼んであるんだけどなかなか来てもらえなくて」と隣人は去年から言っている。

しびれの切れた妻は高枝切り鋏を購入して、勝手にちょこちょこ切っている。

掃いても掃いても葉っぱは落ちる。どこにでもある人の営み。都度その始末をしながら人は何を思想してきたのか。

「天才バカボン」の「レレレのおじさん」を思った。

「レレレのおじさん」は、「掃除」を行として阿羅漢となったお釈迦さまのお弟子さまチューラパンタカ(お経では周梨槃特)がモチーフとも言われる。

阿羅漢果というのですから、貧欲・瞋恚・愚痴の三毒を滅するに至った。要するに煩悩を滅したと。

お釈迦さまに教えられた「塵を払い、垢を除かん」と称えつつ。

さて今、そのお釈迦さまから2500年もの時を超えて「ナムアミダブツ」を称えることを教えられながら、どうなんだろうか。

掃き取った葉っぱを掻き集めて処分すればまだしも、境内の葉っぱを外に掃き出しておいてヤレヤレなどと。

門前の掲示板のことばを同時に書き換えたばかりだ。

本当に自分を知るには、やはり人という鏡がなくてはならない

高光大船

「やはり」というところがミソだ。

鏡がないと、やった気になってるんだ。何もやってないのに。

掃き出したはずの葉っぱが風で境内に舞い戻ってくるかのごとく、何もやってない。

わかった気になっているんだ。知ったような顔をしているんだ。自分のことを。

何も知らんのに。本当の自分など。

何かやっとるフリをしているだけだ。鏡に映る自分は。

煩悩を滅した周梨槃特に対して、親鸞は「不断煩悩得涅槃」と説いた。

煩悩を断ぜずして涅槃を得る、と。

人を鏡にして見えてきた自分の姿というのは、何かポーズなんだ。

「ボウズ」でなく「ポーズ」。

何かそれらしいことをやっとるポーズ。

それは鏡によってコロコロ変わる。隣人という鏡。妻という鏡。子という鏡。ご門徒という鏡。

白雪姫の鏡、テクマクマヤコン、八咫鏡・・・鏡もいろいろだが、さてその内面を映す鏡とは。

経教はこれを喩うるに鏡のごとし

1400年ほど昔、善導大師が教えてくれている。

それっぽくポーズを決めるのはいいが、心の中まではポーズでは済まぬ。

江戸川乱歩に『鏡地獄』というのがあったが、人も経もすべて本当の私を映す鏡として「やはり」いただいていかなくてはならぬ。

ところで来週末は娘の得度。

まだ10歳の娘が僧侶になるという。これもまたポーズかもしれないが、台風だけはこっちにきて欲しくない、あっちへ行けという鏡の中の私は、自分の都合のために災難を人に押し付ける鬼だ。坊主のふりをした鬼だ。

 

コメント

無量光明土である

2018年09月22日 | ブログ

阿弥陀の仏国土は、いつか、どこかに阿弥陀の国として閉じられてあるところではない。

諸仏の国土・諸智土・無量光明土として十方に開かれている世界である。

荒山淳

真宗大谷派名古屋教区教化センター『センタージャーナル』第103号
http://www.ohigashi.net/oshie/kyokacenter/center/

 

個人的にこの「無量光明土」という表現が好きなのです。

常照寺ですから。光明山ですから。

 

「ひがん」って何なん?と今日も問われ・・・。

「無量光明土である」と。

「意味がわからんだらお寺に参ってみぃ」

と、いつか言ってみたい。

コメント

終わらない宿題

2018年09月02日 | ブログ

先月末、宿題も片付かないまま中学生の長男は早々に新学期がスタートし、早々に宿題を終わらせた小学生の娘たちがジグソーパズルに興じています。

私も宿題をせねばと、お盆の前に課された課題に向き合うべく伊勢進富座http://shintomiza.whitesnow.jpへ。

三上智恵・大矢英代監督

「沖縄スパイ戦史」

http://www.spy-senshi.com

1945年3月26日にはじまったいわゆる「沖縄戦」は、6月23日の牛島司令官の自決によって指揮系統が消滅して終わったとされています。

この映画では、それを「表の戦争」と呼び、それ以降も続いたゲリラ戦やスパイ戦などの「裏の戦争」を追っています。

とくに地元住民を徴用した「少年ゲリラ兵部隊」、作戦遂行の邪魔になる住民を排除するための「強制移住とマラリア地獄」、住民を疑い殺害する「スパイリストと住民虐殺」という3つの「秘密作戦」に焦点があてられています。

軍隊は自国民を守るのではなく、住民を利用し、排除し、殺し合わせるという戦闘の方針が、いまの「自衛隊法」の中に潜んでいることに言及しています。

そして、いま南西諸島で進むミサイル基地の配備と自衛隊の増強について、やはり「国防」は、国民を守ることではない、と。

過去の問題ではない、今からの問題。

沖縄や南西諸島の問題ではない、ヤマトンチュ・本土の問題。

誰かの問題ではない、私の問題だと教えられ、宿題は片付くことはありません。

 

そして、お盆明けに「戦争」という課題でもうひとつ宿題をいただきました。

『元来宗教家ハ戦争ニ反対スベキモノデアル 反戦僧侶・植木徹誠の不退不転』(風媒社)

著者の大東仁さんから届きました。

ご執筆内容の「裏(付け)」をとるために取材をいただき、ご丁寧にご記名までいただいております。

息子が苦闘している「読書感想文」ではありませんが、いま、私の問題、人生の宿題です。

 

https://www.amazon.co.jp/元来宗教家ハ戦争ニ反対スベキモノデアル/dp/4833105772

 

コメント (2)

ボラード病

2018年09月01日 | ブログ

福島のこどもたちを三重へプロジェクト2018の報告書作成にとりかかっています。

それに併せて、プロジェクト実施前に行われた「スタッフ学習会」の講義録を発行しようと校正作業をすすめています。

スタッフ学習会は、原発事故によって避難を余儀なくされた浪江町のお寺の坊守さまからお話をいただきました。

当日は出席できずに、直接お話を伺うことができなかったのですが、講義録の作成というお仕事をいただいたおかげで、役得というのか、貴重な言葉に出遇わさせていただいています。

講義録の発行は今しばらくお時間をいただくことになりますが、そのお話の中で何冊かの本が紹介されていたことについて。

原発事故の自主避難者に向けられる視線について言及されたお話の中で、一冊の本をとりあげて、

どこかの街。この街にはとても大きな災害があって、人々は一旦この街を離れたんですが戻ってきた。その街で何事もなかったように暮らそうとしているという話。だけどその街の人たちの様子がおかしいんです。最後にとてもすごい「あれ」なので、ネタバレなのでこれ以上は言えませんが、とくに今そうなんです。自主避難の方とかを何か白い目で見ると。でも、自主避難される方というのは、 私は、何かそこに大事なことを問いかけてくる、そういう存在だと思います。ですから、これ、ほんとうにそれでいいのかって、その言葉を消してしまったらこの社会は成り立たない、いけないんじゃないかなと思うような。人々の声を殺していくことの恐ろしさを描いている本です。

と、紹介されました。

最後にとてもすごい「あれ」なので、ネタバレなのでこれ以上は言えませんが・・・と。

これは読まないと、ということで早速購入して一気に読みました。しかも2度。

吉村萬壱の『ボラード病』という本です。

https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167907891

内容についてのコメントは避けますが、プロジェクトに関わっていく上だけじゃなくて、今この社会を生きていく上で非常に大きな問題をいただいたように思います。

そこから着想を得て、

聞法は答えを聞くことではない

何が問題なのか

問いを聞くのだ

と9月のお寺の掲示板に記しました。

ちょうど今日は、あの震災から95年だそうです。次から次へとやってくる災害のなかで、「あの震災」といっても「どの震災」かもはや分からなくなってきた愚かな自覚がありますが、「防災の日」に際して中日新聞の今朝の朝刊に

一日一日、無事で過ぎれば過ぎるほど、確実に来る日が近づいているのだと肝に銘じてほしい

名古屋大学 木股文昭 教授

との言葉が掲載されていました。

これは来たる大地震に対する備えについての言葉ですが、「聞法する」という視点でいえば、毎日仏壇に向かって朝「今日も一日無事で過ごせますように」といって手を合わせ、夜寝る前に「おかげさまで今日も一日無事に過ごせました。明日も・・・」が仏法を聞くという姿勢ではないと感じます。

今日一日を健康で過ごすところには、かならず明日の老病死が担保されている。もっと言うと今日一日さえ何の保証もない。

オギャアと生まれた瞬間から、死にゆく命を生きていかなくてはならない苦しみがスタートしている。

客観的にはそうですが、モノゴコロというか、自分が生きていることを認識したときにはじめて主体的にその問題がはじまっているはずです。

「自分は生きている」という感覚はどこから得られるか。それは唯一「死者」によってです。

死者に出会うことなしには生きているということを真に実感することはできない。彼岸を勤めるというのはそのことを内包しているのだと思います。

お彼岸の準備を始めていますが、その前に大きな台風が迫ってきているといいます。準備、準備に追われて今を生きるのが難しい世です。

「その時」に備えて何が問題なのか、雑音・騒音の中でその問いを明らかに聞いていかなくてはならぬことを思います。 

コメント

マジですか!

2018年08月24日 | ブログ

台風の夜を三重で過ごし、子どもたちは福島に向かう帰路に着いたかと。http://booses.net

今年は見送りにも行けませんでしたが・・・。

17日から24日のプロジェクト日程中、毎年三重の子どもたちと福島の子どもたちが交流するキャンプがあります。

1泊2日のこのキャンプ期間は、小学3年未満の子どもたちと引率の保護者は別行動。

キャンプに参加できない子どもたちとお母さん方、おじいちゃんおばあちゃん、そしてスタッフを入れて20名弱の一行はお伊勢参り?へ。

お伊勢参りといっても、メインはおかげ横丁。

ウチの中1の息子と小4の娘とその友達、そして食事係の妻はキャンプへ。

残された私と小1の娘は、この別日程の宴会担当を仰せつかった。

1件目の居酒屋で盃を傾けていたところ。

孫をキャンプに送り出したおじいちゃんとのおしゃべり中、

「ワシは親父の仕事の関係で岐阜の小学校に通っとった」と。

「私の父親も岐阜なんですよ」。

「あの頃は2つも3つもダムを作っとってね」とおじいちゃん。

「どこのダムですか」

「鳩ヶ谷ちゅうダム」

で、「マジですか!」と。

「それウチのじいさんの寺が沈んだダムです!親父が生まれたトコです!」

ちょっとわかりづらい会話かもしれませんが、とにかくびっくり。

ダム建設のために白川村に家族で住み込んだ人の子と、そのダムによって村を離れた人の子が、今は福島と三重にそれぞれ居住している。

それは普通の話かもですけど、東日本大震災の原発事故で被災し、三重の保養プロジェクトに孫を連れてきたら、そこで出遇った。

で、伊勢でともに盃を傾けている。

すでに1件目の居酒屋から2件目のワインにかわっていたので、ワイングラスを傾けている。

超個人的な感動でしたが、不思議な巡り合わせをいただきました。

伊勢に来た子どもたちは既に新学期が始まっているのだとか。

それも「マジっすか?」ですが、ウチの息子は29日に新学期テストというのに宿題も進まず「マジやべぇ」。

みんな頑張ってね。また会いましょう。

コメント

背景

2018年08月17日 | ブログ

7回目となる「福島のこどもたちを三重へプロジェクト」。

http://booses.net

時の経過とともに、参加者が減っていくのだろうという予想に反して、参加のご希望が年々増えてきていると。

30名の定員の募集ですが、今年は45人の子どもたち・ご家族をお迎え。

1週間あまりの保養ですので、大きな荷物を持って電車を乗り換えるより、バスでの移動の方が安心という保護者の皆さまの声を聞いて、大型バスいっぱいの子どもたちをお迎えスタッフが引率に向かってくれています。

福島駅から二本松I.C〜安達太良S.A〜郡山駅〜郡山カルチャーパーク〜鏡石S.Aを経由して三重へ。

東日本大震災以降も各地で地震や豪雨などの被害が相次いでいますが、福島をはじめ東北の被災者にとっては「風化」、忘れられていくことへの心配や不安が、実は参加者数の増の背景にあるような気がします。

今年もご門徒の皆さまから多くのご支援をいただきありがとうございました。

しっかり遊んで、また改めてご報告させていただきます。

 

コメント

お盆をひっくりかえす

2018年08月02日 | ブログ

連日連夜の暑さで思考回路が機能しにくくなってきております。

寺の門前を賑やかにしてくださっている暑さ知らずのポケモンGo隊の皆さまや、通りすがりの方々にもパッと目に触れやすいように、

合わさらぬ私の手を 亡き人が合わせてくださる

と、シンプルに掲示板にしたためてみました。

お盆を意識してのことです。

お盆くらい先祖さんに手のひとつでも合わせんと申し訳ないとか、故人さまのご供養のためとか、どうも亡くなった人のために何かやってあげないと気が済まない人、世話をやいて満足を得させようという発想の商売などのいかに多いことか。

動機はさておき、お骨や墓石や先祖や故人が縁となってジェスチャーとして手を合わせることがあるかないか。

何か意味はよくわからんけど、「なんまんだぶ」とつぶやきが声にでてくるのと、ちょっと恥ずかしくて声には出せんというのもそれぞれ。

手を合わせるのも、念仏を称えるのも、知っとるけど「できん」、または「やらん」という人もおいでになるのでしょう。

「おいお前たち、オッさん(お坊さん)来たで、ちゃんと手合わせやなイカンぞ」といくらジイさんに言われても、できんもんはできん。やらんもんはやらん。

意味がわからんうちはできんという方は是非とも寺に足を運んでみよう。意味がわかるまで足を運んでみてほしい。

掲示板の言葉を言い換えれば

寺に行く気もない私を 亡き人が寺に足を運ばせる

と。

だいたい「その気」なんて、もともとないんでしょう、自分の方には。

他人に「やれ」とか「行け」って言われてイヤイヤなのかもしれない。

やっとかんとまずいとか、やらんよりはやっといた方がいいだろうというのも内面的にはあるんだろうと思います。

それを供養と呼ぶかどうかは知りませんが。

強制や命令、自己肯定や自己満足がないと私たちはホトケさまに手を合わせるということに動機づけがしにくいのかもしれません。

手を合わせることにすら言い訳が必要なんです。対外的に。

あんたは何で手を合わせとるの?何で寺なんかに行くの?という外部からの声なき問いに防御をはっている。

「無宗教=普通の人」という予防線がいつの間にか気づかぬ間に刷り込まれているのが私なのかもしれません。

故人や先祖は礼拝の対象にはならないことを故人やご先祖さまが教えておってくれるわけです。

故人の供養や先祖の供養を自分の手柄にしようとする根性を教えてくれているというと言い過ぎでしょうか。

どちみち自分が誰かに何かをやってあげている、やってあげないとダメだという感覚から解放してくださるのがホトケさまなんでしょう。

日本の「お盆」は中国から「盂蘭盆」として伝わった。もとはインドの「ウランバナ」だと習う。

ウランバナは「ひっくりかえっている」有り様を示す意味があるとか。

どれだけひっくりかえっても自分から自発的にホトケさまに手を合わせることはできない。

死んでまでして私がホトケさまに手を合わせる人間に育ててくれている人がおられる。その人を諸仏と呼ぶのだ。

南無阿弥陀仏を称うれば

十方無量の諸仏は

百重千重囲繞して

よろこびまもりたまうなり

現世利益和讃/親鸞

コメント

残りの人

2018年07月26日 | ブログ

洞窟に閉じ込められて救出されたタイの子どもたちが9日間の出家・修行生活に入ったという。

タイではこうした出家修行は一般的だとも報道があった。

助かった子どもたちとは逆に、助けようとした潜水士が亡くなっている。

その追悼と、支援した国内外に向けた感謝の意がこの出家には込められているそうだ。

救出にあたっては、最初の4人、翌日に4人と段階的に行われ、「よし、あと5人」、そして最後に残った一人の救出を世界が固唾を飲んで見守った。

救出された子どもたちの出家報道を載せた新聞を目にしながら、この国では「残りの6人」と呼ばれる人々の死刑執行の速報が流れてきた。

「残る6人」の死刑囚のうち、最初2名の執行が報道され、時間が経つにつれ「残る6人」全員の執行が伝えられた。

オウム真理教という教団に出家した彼らが、いったい何のために出家したのかわからないまま殺されてしまった。

出家は家を出て修道し、自己の救済を目的とするものだと思う。彼らも純粋に自分の存在の意味を知ろうと教団に身を寄せたに違いない。

計り知れない被害者の苦しみと、国家によって繰り返される殺人、耳を塞ぎたくなる現実を見聞して、その世界を離れて私も一瞬「出家」してみたいと思った。

彼らによって行われた恐ろしい犯罪を生み出す社会、その彼らを殺していく社会。見殺しにしている自分。この社会に生きることに怖くなったとき「出家」ということが浮かんだ。

ただ、在家仏教徒である。在家信者を自認したときに「出家」は逃避に他ならないものになる。

逃げることの許されぬこの娑婆世界、この社会以外に身をおく場所はない。

殺されたのは「残りの6人」を生きた人ではない。一人ひとりのかけがえのない人生を生きた人間だ。私たちの社会の人と人の間に生きた人間だ。

死刑に処されることもなく生き残っている私もまた、もしかすると国家にとっては「残りの人数」の一人なのかもしれないと思った。

ちょうど昨日、「人権を考える市民の集い」でドリアン助川さんから、「生きる意味がないものはない」と聞いた。

被害者代表の方が「面会したい人(死刑囚)もいた」と、それも叶わぬことになった。

法相や政権を揶揄したり批難したいわけではない。この国家を形成する構成要員である己を憂う。

タイの少年らが追悼の意を示したことにならって、私もまたこの一連の事件で生命を絶たれた人々に憶いをいたして本堂で手を合わせた。

閉じ込められて救出される残りの一人としてか、国家に切り捨てられていく残りの一人としてか。

いずれにしても残りの一人として。

出家は叶わぬが、出世間の教えをいただいている。

コメント (1)

リスペクト!

2018年07月24日 | ブログ

うーん。確か「こんど伊勢で」と仰っていたような。

昨年、息子が作文を読むというので行ったこの集い。

帰りのアンケートにリクエスト記入欄があったそうで。

妻がドリさんリスペクトした、と。

昨年7月に桑名別院の暁天講座で、9月にはいなべ市の講演で。2度もご縁をいただきました。

今度は伊勢で。

ご門徒の皆さまも是非。

*「リスペクト」の使い方おかしいかもしれませんが、使ってみたくて。

コメント