遊煩悩林

住職のつぶやき

是僧是俗

2015年10月28日 | ブログ


ナントカ週間・ナントカウィーク・ナントカデー・ナントカの日とか、年がら年中ナントカの日なんですが、40歳を超えた自称仏教徒の私からすれば、ハロウィン・クリスマス・バレンタインとかいうと違和感を覚え始めました。ゴールデンウィーク・シルバーウィークもそうですが、集金ビジネス的なアレルギー反応かもしれません。
ましてや「自殺者予防デー」「自殺予防週間」とか「北方領土の日」「北方領土返還運動全国強調月間」とかの政府広告が新聞の一面に載ってくるとやはり個人的に「うーん・・・」と。
だったら「沖縄の日」も政府広告で「沖縄返還運動全国強調月間」といって、沖縄を日本から返還しましょう、日本の支配から解放しましょうとやるべきではないか、と。
とにかく・・・「読書週間」だそうです。
誰が決めたかわかりませんが、それなら何か読もうと違和感なく受け入れる私。
違和感とかアレルギーとか言いながらまこと勝手なものです。
アマゾンから「吉本隆明が語る親鸞」という本が届きました。
先週、「あなたにオススメの商品」というアマゾンからのメール。それがこの本。てっきり新刊書かと思ってポチッとクリックしたのですが、吉本隆明が2012年に亡くなる直前に初版が刊行されていたようです。
だったらもっと早くオススメしてくれよと、また勝手なことを思いつつ。
「戦後思想界の巨人」と呼ばれた吉本隆明が、親鸞とその思想について語った講演の音声DVDがついています。糸井重里事務所が発行、企画も発行者も糸井氏です。
糸井氏がプロデュースする「ほぼ日刊イトイ新聞」でも、吉本隆明の思想・文学・宗教・情況など様々なジャンルの講演が聞くことができます。
http://www.1101.com/yoshimoto_voice/

坊さんでない人が語る親鸞の思想に、この頃すごく興味を惹かれます。
坊さんはイイもワルイもカチカチです。お伝えの内容によっては教学的な根拠を求められますから。習ったこと以外は語らないほうがいいのかもしれません。
でも親鸞もその思想も宗派や教団や寺や坊主が独占するものではありませんから、枠にとらわれずに語られてほしいという願望が、「坊さんでない人が語る親鸞」に魅力を感じるのかもしれません。
言い方を変えれば、教団や宗派の構造上に生じる「宗祖」という枠や「聖人」という型に閉じ込めてしまう限定性を、大衆に解放する役割を果たしているのが「お坊さんでない人々」といってもいいのかもしれません。
そもそも「浄土真宗」は組織の名称ではない。いつでもどこでも誰にでも通用する道理なんでしょう。僧侶とか門徒とか区別する問題でもない。実はそれにこだわっていたのはこの私だったことを教えられたような気がします。
「坊さんでない人」というのは、坊主とか檀家とかの括りをよせつけない人というイメージといったらいいでしょうか。
もともと浄土真宗は「在家仏教」なんです。僧侶も俗人もない。それこそ私たち坊さんは教団組織の便宜上「僧侶」に過ぎないと言うとお叱りの声もありそうですが、親鸞さまは「非僧非俗」とお名のりになっておられるのでした。
さて、そうは言っても来月は東本願寺で宗祖親鸞聖人の報恩講が勤まります。真宗大谷派の僧侶として怠らずに参勤したいと思います。是僧是俗の私です。予習を怠らず・・・。
http://www.higashihonganji.or.jp/houonkou/

コメント

主体

2015年10月16日 | ブログ

真宗大谷派三重教区社会教化小委員会主催の「真宗と平和」と題した公開講座が、津市の真宗高田派本山の高田ホールで開催され、委員の端くれとして常照寺のご門徒らと聴聞させていただいてきました。

社会問題をとおして浄土真宗の視点を広く一般に公開することを目的に、講師は僧侶ではなく、また宗派や地域を超えて高田ホールでの開催。

「真宗に立って憲法問題と安保法制に向き合う」というテーマで平川宗信名古屋大学名誉教授にお話をいただきましたが、講義後の質疑応答では「こういった(政治的・社会的)内容の講義であることを事務局(高田派当局)は把握してたのか!」と、おさまらない気持ちを発せられた参加者がいらっしゃいました。

講師の平川先生はこうしたリアクションを想定してかどうかはわかりませんが、講義中にこういっておられたように記憶しています。

自己を問うことは社会を問うことであり、社会問題を自己の問題として問うのが真宗ではないか。逆に、自己を問わないで社会だけを問題にするのは、真宗ではない。それは社会問題・政治問題である。

さらに資料には、

この世の中における自己の生き方を問うことは、念仏者として社会問題を課題として生きていくことです。その意味で、社会問題が、念仏者としてどう生きていくのかという信心の課題となっていく。社会問題を考えていく中でわれわれの信心が問われ、信心が確かめられてくる。そして、真宗とは何かがあきらかになってくる。

とあります。

お寺で、いわゆる政治的問題や社会的問題をテーマにすると必ず批判的な意見が出てきます。それがいけないとは思いません。ましてや健康的な姿といっていいかもしれません。

それによって、なぜ寺が仏教の名の下に、浄土真宗の名の下に、ナムアミダブツの名の下に、親鸞の名の下に、こうした問題を取り上げているのかということを学ぶことができる。

さて、当日の資料に日本の主体性を問うものがありました。

それはいわゆる「アーミテージ・ナイ報告書」という、2012年にアメリカの国務副長官や国防次官補らが共同執筆した文書。

アーミテージ氏、ナイ氏の別名は「ジャパン・ハンドラー」。安保関連法の制定もここに要求されていたとおりだと、先の国会で山本太郎議員が指摘したとおりです。

東日本大震災の翌年に作成されたこの報告書には「原子力は日本の包括的な安全保障に不可欠な要素」と記載されている。

川内原子力発電所の1号機に続いて、昨日、2号機が再稼働したという。

早速、宗派のホームページに「九州電力川内原子力発電所の再稼働に関する声明」が再掲載されました。

http://www.higashihonganji.or.jp/news/important-info/12933/

それは自己を問う信心の課題だからだ。

ただ単に宗派の声に乗っかっているばかりでは元も子もない。国の主体性を問うことは同時に私自身の主体性が問われているのです。

 

コメント