遊煩悩林

住職のつぶやき

浮世ばなれ寺ばなれ

2019年11月01日 | ブログ

いま、お寺は「活性化」が求められているようです。

他人事のような表現をしてしまいましたが、東本願寺のしんらん交流館には「寺院活性化支援室」が設けられ、ホームページにも支援室のページが開かれています。

http://jodo-shinshu.info/shienshitu/

お寺の活性化を支援するといわれると、「お寺の人」からは「まるで普段サボってるみたいじゃないか」とか、「お寺を評価するのか」というリアクション。

ご門徒からは「頑張ってください」と、期待があるのかないのか・・・微妙な声援。

普段、寺に馴染みがない人からすれば、「寺の活性化」ってお葬式をたくさんやるってことだろ、と。

お葬式をしないという時代感覚の中では、それは大事なことに違いありません。

ただ、ここでいう「活性化」は何に対した用語かと考えてみると、それは世間一般に認識されている「寺ばなれ」という言葉に対して用いられているような気がします。

活性化支援の概要はホームページのとおりですが、この「どうして活性化が必要なの?」という項目に、「お寺」は社会の中でどのような役割を果たす場なのでしょうか?とあります。

「社会」における役割ですから、社会的使命、社会的責任を重要視しているのです。

真宗仏教の社会的使命、真宗寺院の社会的責任ですから、活性化といっても単純に参拝客の数や布施の額が増えるとかいうのではないのでしょう。

一般的に、従来どこかの寺の檀家だった人が離壇していく状況をベースに「寺ばなれ」と言っているかもしれません。

しかし内実は、社会に生きる現代人に、寺が接点を持っていないことを「寺ばなれ」というのではないでしょうか。

仮に仏教を求めたとしても、寺は必要がない。仏教は必要だが寺に期待することはないなど、お寺が世間から必要とされなくなってきているとすれば、寺が「浮世ばなれ」しているということです。

仏教に学ぶニーズはあるが、寺がその社会との接点を失っているのではないかという現状認識です。

「寺は昔のままでいい」という声もありますが、時の体制や権力に右往左往してきたことを思えば「昔のまま」というわけにはいきません。

悩みを悩むことさえも難しい時代ですが、実は混迷を極めれば極めるほど接点が生まれる。

世間に寄り添うところに仏がおいでになる。世間を離れて浄土の教えはあり得ません。

社会や社会問題に「接点がない」とすれば、真宗寺院としては機能不全を起こしている。世間の感覚とズレている。

「活性化」は、機能不全を健全化するということでしょう。真宗寺院にそもそも備わっている「社会性」が失われている。それを回復する。

葬式や法事の「おねんぶつ」が、その「接点」なのでしょう。

ということは、です。

故人にいただいた「おねんぶつ」のご縁が、「往相」にとどまって「還相」されない。彼岸が此岸を照らさない。それは真宗仏教でない。

誤解を恐れずにいえば、浄土が死後の話にとどまって、生きている者の課題にならないのであれば、真宗門徒の使命と責任を無自覚に他人事にしている私こそが機能不全でした、社会性を失っておりましたと言わざるを得ない。

真宗仏教の社会的使命、真宗寺院の社会的責任を実践するところに真宗僧侶の名のりがあるとすれば、同時に真宗門徒の使命と責任は何なのか。

真宗僧侶も真宗門徒も私のことですが、「寺の人」だけで考えることではありません。そのことをともに考えていきたいということと、その場が開かれるということが「活性化」という言葉で表現されているのだと思います。

 ここでは「つぶやき」にすぎませんが・・・。

さて、そのことを念頭にしつつ、年末発行の「寺報」の原稿に取りかかっております。

「神都」といわれるこの伊勢の地に、真宗の寺院が開かれてあることの意味を、宗祖の「神祇不拝」観から問うてみたいと思います。

キーワードは、

信心の行者には、天神・地祗も敬伏し、魔界・外道も障礙することなし

『歎異抄』

です。

宗祖が命懸けで遺した言葉をキーワードなどとは不謹慎極まりございませんが、この地域社会、そして平成から令和へという時代にあって、真宗寺院の使命と役割とは何なのか、問題提起を兼ねて今月のお寺の掲示板に発信しました。

宗祖のご祥月です。この言葉を憶念しつつ、報恩講にお参りさせていただきたいと思います。

 

真宗本廟(東本願寺)報恩講

http://www.higashihonganji.or.jp/houonkou/

 

 

 

コメント

非日常

2019年10月14日 | ブログ

台風19号の被害が連日報道されています。

その中で伊勢市の浸水被害もあってご心配の声をいただいています。

常照寺は庫裡に若干の雨漏りがあった程度で「日常」の生活です。

「非日常」を余儀なくされた方々を案じます。

夏休みに伊勢に保養に来てくれた福島のこどもたちがいる聞き慣れた地名。

郡山、須賀川、本宮、伊達、いわき、二本松・・・阿武隈川の氾濫や土砂崩れ。

また、長野や関東、北関東から東北に至る被害。

かつて流罪を赦された親鸞聖人が、越後から常陸へ移られる道中におそらく歩いたであろう土地のことを思った。

越後を経ち、信濃をとおり、上野、下野の国を経て、武蔵から下総を巡り、常陸に落ち着かれたという。

地図を目にしながらふと思う。おそらく川の流れに沿って拓けた道中だったのではないか、と。

関東から帰洛の際には箱根でのエピソードも残る。

19号の爪痕に親鸞聖人の足跡を辿るとはいかがとも思う。

ただ、当時は飢饉に皆が苦しんだとも。

いま、文明の時代にあって、非日常の「苦」のなかに多くの人がおいでになられる。

お念仏とは「非日常」に生きるところにある、と。

謹みつつ。

合掌

コメント

そっちこっちどっち

2019年10月01日 | ブログ

暑いお彼岸が明けていきました。

お彼岸が明けることを「お果て岸-おはてがん-」ともいうそうです。

「彼岸が明ける」にしても「果てる」にしても、こうして文字に表記すると、かろうじてイメージできますが、日常の会話の中ではとくに若い世代には通じなくなってきているような感覚が年々増してきております。

「彼岸が明ける」という表現は、単に彼岸という期間が過ぎたということでなく、「彼の岸」が明らかになったと受けとめることができる表現でしょう。

「彼の岸」はいのちの方向ですから、私がどこに向かうことが願われているのか、その願い、つまり如来の本願に触れてはじめて「彼岸が明けた」ということだと受けとめてみました。

さて「お果て岸」をどういただいたらいいのか。

期日が尽きたといえばそれまでですが、果てるのは彼の岸でなく「此岸」としてみてはどうか。

彼の岸が見定まりいのちの方向性が明らかになったところで、それでも私はこの此岸、此の岸の「業-ごう-」を果たしていかなければならない。

何も彼岸が明らかになったからといって、成仏が確定したからといって成仏したのではない。

菩薩になったわけでも阿羅漢になったわけでもない。

此岸の煩悩を尽くしていくだけです。

なるほど「お果て岸」は、太陽の沈みゆく彼方に、いのちの還る方向を見定める宗教的時間を過ごし終えて、また煩悩の日常に埋没していく様、いのちがどっちを向いているのかわからん生活、まるで浄土を見失った世界に戻っていくことをいうのかもしれない。

そんなことを思いつつ。

仏法を学ぶとは頭で理解することでなく人生の方向を決定することである

和田 稠

『同朋』2018.5月号からの孫引きでございますが、10月の掲示板にしたためた次第でございます。

https://books.higashihonganji.or.jp/defaultShop/disp/CSfDispListPage_001.jsp?dispNo=001001

 

先月の掲示板。

そもそも学ぶということは人世に自己を学び問うことである

荒山淳 名古屋教区教化センター『センタージャーナル』106号

の展開をイメージして。

常照寺の彼岸会では、この「自己を学び問う」をキーワードに荒山先生には熱のこもった法話を頂戴しました。

「いのち」とは、万葉ことばでいう「いきのみち」が縮されたんだよ、と。

「住職」というのは、「仏法住持職」を略してるんだよ、と。

住職の道はどんな道なのか。自己のすすむ道は。人生の方向は。

立場によってどっち向いているのか、いきの道すじはあっちなのかそっちなのか、いっこうに見定まらないそんな私の危うさを言いあてられています。

コメント

そこに反省はあるんか

2019年09月12日 | ブログ

毎年お彼岸の法要後に常照寺では門徒総会を開催しています。

前年度の事業報告と決算、新年度の事業計画と予算が主な内容。

予算といっても、宗派からお寺に「ご依頼」された事柄(金額)をご門徒に「ご依頼」(お願い)させていただく大事な場でございます。

その総会に向けた資料を予め確認すべく、過日、役員会を開催。

お寺といってもシステム上は法人業務ですから、代表役員(住職)・責任役員・総代・会計・監事(監査役)といった肩書の取締役のような方々との重要会議。

で、です。

新年度の事業計画の説明に至って、不備が続々と。

「この資料つくったん誰や!」という話。一般企業であれば責任問題なのかもしれません。

2020は「うるう年」なので、春のお彼岸のお中日は例年と1日「ズレ」が生じるのですが、変更されておらず。などなど。

「誰がつくったんや」と自問自答しながら、緊張感を欠いていると反省をしておるところでございます。

 

さて、お気づきの方もおいでになるかと存じますが、先にご案内を申しております今月の彼岸会のお知らせにつきまして。

9月23日(祝)とすべきところが9月23日(日)の記載になっておりました。

「深くお詫びして訂正をさせていただきます」

9月23日は月曜日でございまして、日曜日ではございません。

お彼岸のお中日でございまして、秋分の日の祝日でございます。

 

「深くお詫びして訂正をさせていただきます」

とはよく聞くフレーズですが、そこに「反省はあるんか」と内なる声が聞こえてきます。

「人世に自己を学び問う」ことをテーマとした秋のお彼岸。

こんなミスをいくら繰り返しても懲りない自己のあり用を問い返したいと思います。

コメント

然り乍ら

2019年09月01日 | ブログ

D'ailleurs,c'est toujours les autres qui meurent.

Marcel Duchamp 1887-1968

デュシャンの墓碑銘にはこう刻まれているという。

さりながら、死ぬのはいつも他人ばかり

"d'ailleurs "は、翻訳サイトによれば「さらに」「しかも」「とにかく」「どうせ」「なにしろ」「ところで」「いずれにしても」「かつ」「また」「その上」「ちなみに」などと訳される。

それを、碑銘の語が「さりながら」「されど」と訳されているところにひっかかった。

デュシャンの、この「さりながら」の前にはどんな言葉が想定されているのだろう。

「私もいつか死んでいかなければならないのだろうか」・・・さりながら、なのか。

それとも、この世を憂いて「私はもう死んでしまいたい」・・・さりながらなのか。

そんなことを思いつつ、常照寺の前住職が亡くなる直前に掲示板に掲げた蜀山人の

今までは他人のことかと思うたに 俺が死ぬとはこいつぁたまらん

蜀山人(大田南畝)1749-1823

という辞世の句を思い出した。

蜀山人は、今までは他人事だった・・・さりながら、俺のことだったと。

 

さて常照寺の彼岸会に法話をいただく荒山淳さんが、名古屋の東別院の機関紙「センタージャーナル」の106号(2018.9.25発行)巻頭言に、小林一茶の句を紹介されていた。

露の世は 露の世ながら さりながら

一茶

この句との出遇いのエピソードの中で、自己の学びの姿勢を自省を込めて展開されている。

http://www.ohigashi.net/app/webroot/files/detail/files/センタージャーナル%20No.106%28圧縮版%29.pdf


「さりながら」をキーワードに、自己を学ぶ彼岸を迎えようと今月の掲示板に掲げた。

そもそも学ぶということは 人世に自己を学び問うことである

そして新学期を迎え、学ぶことの意味を見失っている子どもたちへ。 

 

コメント