遊煩悩林

住職のつぶやき

無量寿(如来)=いのち(生命)?

2011年01月25日 | ブログ

真宗大谷派が掲げる宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌テーマ「今、いのちがあなたを生きている」を親鸞聖人はどう見るのでしょうか。

「今、いのちがあなたを生きている」というような言い方は宗祖の教えを伝えるものだろうか。
本質的には法然・親鸞を弾圧した側の教えだったのではないだろうかと思います。

1月24日に三重同朋会館で開催された三重教区社会教化小委員会の「無量寿(如来)=いのち(生命)?」というテーマの公開講義で講師の長野量一氏が提起された批判的考察です。
講義は「いのち主義と顕密仏教」と題された同氏講述のテキストを中心に行なわれました。
宗祖の御遠忌のテーマにある「いのち」とは、何を根拠にしているのかということを問う内容でした。
宗祖に根拠のない「いのち」という言葉がどこに由来するのかというのです。
阿弥陀如来は

「世」・「時」という時間において寿命量りなき仏です。正像末の時間軸のなかで言われるのであって、それ以外に宗祖は無量寿に「いのち」というような曖昧な意味を加えることはありません。
ですから阿弥陀仏はもちろん「いのち」そのものではありません。形而上の本体でも母体でもありません。Lifeでも大梵生命でもありません。そのように言い募って、倫理と自覚を強制してきた啓蒙思想であるいのち主義こそが法然・親鸞を弾圧した顕密体制の本質だったのです。

顕密体制とは当時の政治経済と宗教が一体となった構造です。大きな寺社は荘園を所有しています。春日神社の荘園の主は春日権現である。年貢を納めなかったならば、権現が罰を与える。神罰がくだる。現世でも暴力を振るわれ、死んでからも地獄行きで、一揆でも起こすならば、末代まで呪われる。(中略)誠の心を持って勤勉に働いて、嘘偽りなく年貢を納めて背かない、そういう心をはぐくむ教育が顕密仏教の重要な仕事だったのです。

御遠忌法要の直近になって大事な問題を提起されました。

常照寺は今週末、宗祖滅後750年目の報恩講を迎えます。
顕密体制による弾圧事件「承元の法難」の映画を上映する予定です。

ところで100年前の1911年1月24日は、「大逆罪」というでっち上げによって幸徳秋水らが処刑された日でした。
大谷派の高木顕明という一僧侶もまたこれに連座したとされて獄中死を遂げています。
大逆事件」という体制権力による弾圧事件です。
国家を支える警察や検察の体制が問われる今日、裁定に民が加わるシステムのなかで、私たち一人ひとりが「いのち」をどう理解しているのかが問われます。
長野氏は、全国の小中学校で「道徳」の教材になっている「心のノート」の「心」「生命」「いのち」の扱いについても言及されました。

「アメーバことば(Ivan Illich)」とも「プラスティックワード(Uwe P¨orksen)」ともいわれる「いのち」。
「尊いいのち」とか「いのちを大切に」とか、「いのち」自体はっきりしないにもかかわらず、知らないうちに常識的に使ってしまっている私。
その自由に姿を変える曖昧さに絡めとられて教団やその僧侶であるじぶんが顕密化しているとすれば、これほど皮肉なことはありません。
ただ、そのことが確かめられる御遠忌となり、今後の教団の行方を方向付けることになれば、ただのお祭りでなく意義深い御遠忌であったといえるのではないでしょうか。

2010

コメント

モチベーション

2011年01月20日 | ブログ

2011

 

月末厳修の報恩講に向けて「おみがき」をします。
お時間に余裕のある方もそうでない方も是非ご参加下さい。
時間中、本堂内で真宗大谷派(東本願寺)製作のアニメDVD「親鸞への道」と「八太のともだち」http://books.higashihonganji.jp/をプロジェクターで上映します。
また引き続いて、おなじく宗派製作の「心に響く法話シリーズ」のCD「幸せの見つけ方(大谷中・高等学校長 真城義麿氏講述)http://books.higashihonganji.jpを放送します。
お子さまやお孫さまもごいっしょに「仏事としてのおみがき」を楽しみにきてください。
わざわざ「仏事としての」というのは、昨年のおみがきの反省(2010年1月24日遊煩悩林:寺に人が来ないのは)をふまえてのことです。
同じ「おみがき」や「おそうじ」をするのでも、「作業としての」と「仏事としての」ではモチベーションが異なります。
極端にいえば、ただきれいになればいいという作業は人を排除しますが、ウマくできる人もそうでない人も、慣れた人も慣れてない人も、高齢者や子どもたちも、役に立つとか立たないとかの目線でなく、その場を共有することの意味を重要視したいのです。

Albon ところで、モチベーションといえばオミガキグッズにも左右されます。
従来の研磨剤でひたすらゴシゴシやるのか、化学薬品で洗浄するのかという方法もしかりながら、その製品のネーミングやデザインまで・・・。
Pikal01ちなみに常照寺のオミガキの歴史的変遷を辿れば、ハミガキ粉のようなチューブ入り研磨剤のアルボンから、少し液状化したピカールへ、そして無色透明の化学薬品ニューテガールへ・・・。
個人的には、オイルサーディンかオイスターの缶詰、もしくは靴磨きクリームのような缶入りの固形のピカールのデザインなんかにはテンションがあがります。
さておき近年、仏具の表面をフッ素やセラミックで加工してTegalオミガキが不要という時代にきました。その技術にお金をかければ現場の手間ひまが要らなくなってきたということです。
それはご門徒の少子高齢化によって「手間ひま」がなくなってきたのか、寺がご門徒の「手間ひま」を惜しんでのことか一概にはいえませんが、手間ひまが要らないというのはご門徒の手が要らないということだとすれば、ご門徒の「手間」は要らないかわりにフッ素コーティングの費用が必要になってくるわけです。
Pikal02仏事としてのおみがきは「わざわざ」手間と暇をかけることなんでしょう。
楽をしたい住職に対して、足を運んでくださるご門徒があるかぎりおみがきの伝統は続きます。

コメント (2)

祈願と本願

2011年01月10日 | ブログ

20110107_113116 彫刻家の瑞甫氏が「聖徳太子は親鸞聖人にとっても大事なお人なんだそうですな」といって、聖徳太子の「孝養像」とよばれる木像をお寺に奉納してくださいました。
この孝養像は、太子が16歳のとき、父の用明天皇の病床を見舞ったときのお姿だそうです。それにしても太子の手には「柄香炉」が握られているので、お見舞いに香炉かよ?と疑問に思い、調べてみました。
太子孝養像は主に「用明天皇の病床に侍って仏に病気平癒の祈願をされたご様子」というのが通説のようです。
柄香炉を持っているのですから、仏前に参っておられるのでしょうが、太子は果たして病気平癒の祈願をしていたのかといささか疑問に思いました。
それによっては、太子の仏教に対するイメージが一変してしまいます。
勝手な希望的解釈をすれば、太子は父親の病気が癒えるための祈願をしていたのではなく、もう助かりようのない父との「愛別離」の「苦」をどう受けとめればいいのかを仏に問うておられたのではないかと思いたいのです。

親鸞は父母の孝養のためとて、一返にても念仏もうしたること、いまだそうらわず
(歎異抄第五帖)

聖徳太子を「和国の教主聖徳皇」と奉讃する親鸞聖人は、父や母の孝行や供養のために念仏を申したことは一度もないといいます。念仏はそういう「質」の事柄ではないということです。

浄土真宗の寺の本堂には聖徳太子の絵姿が奉掛されています。
20060920_175113_3  

コメント

私願と本願

2011年01月06日 | ブログ

元日の未明に坊守の祖母の訃報が届きました。
2日の通夜、3日の告別式に向かう道中、高速道路の渋滞に焦りながらも「別離の情」を噛み締める貴重な時間をいただきました。

おもうに 無常の嵐は 時をえらばず 処をさだめず
老少のへだてあることなし (葬儀勤行 表白)

渋滞の列には初詣に出向かれた方も多いのでしょう。その列に混じりながら、人は皆、何を目的に何処へ行こうとしているのかと考えさせられました。
初詣に参り、「家内安全」つまり「健康」を祈願する人もあるでしょう。
神仏に詣でて、私の願い「私願」が表明されてくるとすれば、初詣の祈願に出向く効は、自分勝手な私願を自覚するところにあるといえます。
除夜の鐘をつき、煩悩に満ちあふれていた自分に気づかされたにもかかわらず、年が明けるとまた、その煩悩を成就するためのお祈りがはじまってくるのです。
神仏をそんな私願を叶える一助としてしか見ることができない私でありますが、今も昔も私願に対する仏の答えは「No」です。
「家内安全」や「健康」は絶対ではない、真実ではないのです。
「生」、生まれたからには「老病死」こそが絶対的な真実であるにもかかわらず、私はそのことに目を向けようとはしない、そしてそれをさせないのが私たちが構成している「世間」ではないでしょうか。
仏教徒にとって祈願は御法度かもしれませんが、許されるものならば「『生』と『老病死』をともによろこんで引き受けていける人間にお育てをいただきたい」というのが具体的な願望として見出されてきます。
しかし、実はその私願がすでに如来によって満たされていたことを知ったときに、それは祈願や願望ではなくなります。
「あなたは人としてこの世に生を受けた以上、老病死をよろこんで引き受けていけますよ」と、すでに私願が叶っているのにもかかわらず、それを知らずに生きているのが私だということです。ただ知らずに生きているだけでなく、老病死を「悪鬼」にして遠ざけてまでいるわけです。
「知らぬが仏」ではありません。「知る」ということをとおして、知らなかった罪を懺悔し、その真実に対する報謝がはじまり、私願を捨てて、本願他力の眼が開かれてくるのでしょう。
私自身の老病死を引き受けることもさることながら、身近な親子兄弟の老病死を看取るという現実も引き受け難いことです。
他者によってはじめて知らされてくるおのれの老病死は、「かならず救う」という仏の本願によって堂々と引き受けていけばいいのです。
初詣の列が、健康や私願を求めて神社仏閣へと向かうのならば、それは目的と行動が乖離しているといってもいいでしょう。
私願が明らかになれば、向かうべき方向も見えてきます。自力で努力せよという方向か、他力にまかせよという方向か。
自分が何を求めて生きているのか、何処に向かっているのか確かめつついきていきなさい、と亡くなった祖母は生老病死を引き受けて仏恩報謝の姿を家族に見せていきました。
毎年正月3日は、子どもや孫が集まる新年会の日でした。今年の新年会は、いとこやその子どもたちも交えて何時になく盛大な新年会となったのでした。

コメント (1)

めでたきことば

2011年01月01日 | ブログ

201101

コメント