遊煩悩林

住職のつぶやき

お宝拝見

2009年10月20日 | ブログ

名古屋栄の松坂屋美術館で開かれている「東本願寺の至宝展」に行ってきました。

東本願寺の至宝展
東本願寺しんらんしょうにんホームページ http://www.higashihonganji.jp/
松坂屋 http://www.matsuzakaya.co.jp/museum/higashihonganji/

Photo_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は幸野楳嶺(http://ja.wikipedia.org/)作の「蓮池図」。
これは真宗本廟(東本願寺)の御影堂の後堂から式務所棟につながる廊下の杉戸に描かれたものといいますから、本山に出仕(袈裟と衣をつけてお参り)された僧侶は薄暗い廊下で観たことがあるのかもしれません。
御影堂には蓮の絵が多数描かれていますが、この蓮池図は一般の参詣者には目に触れることもない至宝といってもいいのでしょう。
個人の好みだけで鑑賞するのはどうかと思いますが、数々の至宝の中でも好きな作品です。どこが好きといわれれば・・・茎に描かれたブツブツも・・・気になるところではありますが、やはりその「水の色」です。私たちがこの世で目にする蓮は必ず「泥水」に咲きます。ところが楳嶺が描いたのは『群青』でありました。この群青色に何を込めたのか、いろいろ想像させられます。濁った泥水からしか咲かない花は、まさしく煩悩の濁りによって輝いてくる世界を表現するものですが、この群青色は欲望の「群れ」としての私たちでありましょうか、それとも極楽では清浄な水からでも「おさとり」の花が咲き乱れるということでしょうか。
仏説阿弥陀経に説かれる七宝の池[金・銀・瑠璃・玻璃(水晶)・硨磲(珊瑚)・赤珠(赤真珠)・瑪瑙(深緑色)]の8つの功徳(軽・清・冷・軟・美・香・飲無厭・飲無患)に由来するといわれるこの図は、明治27年の作とされています。ときの厳如上人に制作を依頼された楳嶺は、人力車で相国寺や御所の弁天池、二条城、神泉苑や伏見まで写生に行ったそうな・・・。
楳嶺が仏説をどのようにいただき、またどんな想いでこの図を仕上げたのか、しばし想いを馳せてみました。
車に乗って松坂屋へ行き、エレベーターで上階に上がり、これは好きだ嫌いだといって作品を眺めて帰ってくるような私にとっては、楳嶺の過ごした時間はとても「豊か」なものであったような気がします。

コメント

自滅

2009年10月14日 | ブログ

京都に向かう電車の車窓から外の景色を見つめています。線路脇に群生する黄色い物体を見ながら、いつか妻と交わした会話を思い出しました。

くしゃみ・鼻水・のどの痛み・・・もしかしたら新型インフルエンザか!なんてことを疑うこともなく、群生するセイタカアワダチソウを見ながら「どうせ花粉症だろう」と妻と車で話していたとき・・・そういえば・・・と、
青木新門さんが「セイタカアワダチソウ」のことを書いていたねと妻が教えてくれた。

北アメリカ原産の草は、種子でも繁殖するらしいが、それより根が地中を縦横に走り、しかもそこから他の植物が育つのに害になる物質を分泌しながら、自分の勢力範囲を拡大していくのだそうである。
何となく好きになれない草だなと思った。そして、戦後アメリカからわが国に入って根づいた思想や思考のことを思っていた。

そして、ある授賞式で同席した大学教授とのやりとりがあります。

「こちらへ来る途中見かけたのですが、セイタカアワダチソウ、すごいですね?」
「ああ、あの草ね」
「日本中、まっ黄色になるのじゃないですか?」
「いや、大丈夫ですよ」
「えっ、どうしてですか?」
「繁殖すると自分で出す分泌物で自家中毒を起こして自滅してしまう。一つ所に永く定着できない可哀相な植物なのです」
と言う教授の静かな口調が、印象的だった。

「納棺夫日記」を著して/青木新門

と、話はここまでです。
何とも言えない味わいですから、何も言うことはないのですが、「戦後アメリから入って根づいた思想や思考のことを思っていた」から「繁殖すると自分で出す分泌地物で自家中毒を起こして自滅してしまう。一つ所に永く定着できない可哀相な植物なのです」というクダリは私たちへの問題提起です。
「何となく好きになれない草」とストレートな隠喩がされていますが、単に何かを揶揄しているだけではないのだと思います。そうとも知らずに自分で自分を壊しているような私たちのあり様を歎いた、悲しみと慈しみの表現にも聞こえます。
自分で自分をどんどん苦しめている・・・。自分が自分を殺している・・・。いったいどんな自分を殺して、どんな自分を生きているつもりなのか・・・考えてみなくてはなりません。

コメント

親育ノ必要とセントウ禁止

2009年10月13日 | ブログ

長男が通う幼稚園の運動会。法事のために子どもの勇姿?を見ることはできませんでしたが、「かけっこ」の結果は2位だったといいます。フライングしたオトモダチの服を一所懸命、引っ張ろうとしていたようで妻は冷や汗をカイタとか。結果はとにかく気になったのはその内容です。眼前に人参をぶら下げられた馬のごとく、オトモダチの服を引っ張るために頑張って追いかけたから2位だったのか。それとも服を引っ張ってやろうとしなければ追い越せたのか。「順位なんかどうでもいいから、張り切っていって来い」といって送り出したものの、気になるところです。これが父親というものか、それとも私ぐらいなのか・・・。
おそらく現場にいれば「人のことはいいからマジメに走らんかい!」とその場の空気よろしく一蹴していたかもしれません。そういえば去年の運動会にビデオ撮影係として参加した時に、園長先生がしきりにいっていたことを思い出します。「『よく頑張ったね』とほめてやって下さい」と。何か行事があると「ほめてやって下さい」「ほめてやって下さい」と。「親育」ということが教育の現場で叫ばれていますが、まるでこちらが「親育園」の園児です。
それにしても、彼は前を走るオトモダチの服を引っ張ってまで勝とうとしたのか?それともフライングが許せなかったのか?真相は究明していませんし、彼の記憶にそのことが残っているのかどうかも不明ですが、前を行くオトモダチを引っ張ってやろうというのは本能的な要求だったのではないか・・・と。
自分のムネに手を当ててみれば・・・です。自力を尽くすこともせず、人の足を引っ張ってでも自分を良く見せたい・・・。彼がそこまで意識したかどうかは分かりませんが、そんな親のこころを彼が実践してみせてくれたわけです。
とすれば、やはり彼をほめてやらなければなりません。

そんな子どもと夕方「今日は銭湯に行こうか」と言っていました・・・が、雑用に追われているうちに遅くなってしまいました・・・。それでも彼はとくに催促もせずにいたので、そんな乗り気でもなかったのかな?と、そのことも忘れて晩酌をやりながら食事を終えました。しばらくして風呂に入ろうと私が服を脱ぎ始めると・・・

「なんでここで脱ぐの?」

「ここで脱いだらイカンよ」

頭をバットで叩かれたような思いでした。
彼はずっと「よしいくぞ!」という私の言葉を待ってくれていたのでした。
とはいってもすでに夜の9時30分をまわっていました。ましてやこちらは一杯やっていますからチャリンコです。彼が行きたい銭湯は車でも10分、自転車だと20分ぐらいでしょうか。その時間と寒さから、妻は「風邪を引いちゃうから明日にしなさい」と諭してくれていますが、「行かなければならない!」という私の使命感だけで寒空の下、銭湯に走ったのでありました。
帰ったのは夜11時30分ごろ・・・。温かい牛乳を飲み干すとそのまま彼はテーブルの椅子に座ったまま眠ってしまったのでした。
運動会の代休で今日の幼稚園はお休みでしたが、どうも鼻をグスグスやっています。

当分の間、銭湯は禁止になりそう・・・です。

コメント

「物」か「者」か?

2009年10月10日 | ブログ

台風が去った朝、二人のご門徒が、境内の台風土産を片付けにきて下さっていました。おかげで常照寺においての後片付は半日ほどで終了。瓦が何枚か飛んで割れたものの大した被害ではありませんでした。
近くの神宮では樹齢何百年ともいわれる50mの木が倒れて参拝ができなくなったとか。各地で様々な被害があったようですが、とってつけたような「お見舞い」のことばは控えさせていただきます。
組内のご寺院やご門徒の被害状況を取りまとめよ!ということです。ご住職をはじめご門徒の皆さまにおかれては、被害状況の大小を問わずお知らせください。
それにしても、大小はとにかく被害に遭われた方に対してその情報を「集め」「報告する」、見舞の言葉をならべる・・・そんなこともままならない、というか面倒がるような自分自身を、寺を心配して後片付に来て下さったお二人の「おこころ」から知らされます。

「情報を『集め』『報告する』」を、「み教えを『知り』『伝える』」、「被害に遭われた人を見舞う」を「参詣を労う」と、やや強引に置き換えてみると、己の横着な姿がそこにありありと・・・。

さて台風の夜、松阪市内で真宗教団連合の仏教講演会が予定どおりに開催されました。
「自由の敵はわがまま」という講題の池田勇諦氏のお話の中で「『物』か『者』か」というフレーズが耳に残っています。
父母を因縁とする「果」としての「私」は、言い換えれば「頼みもしないのにつくられた『物』」としてしか見出せない。それに対して「自」を因とし、父母を「縁」とするところに「私」がこの世に誕生した責任が生まれる。つまりそれが「者」であるのだ、と。要するに「私」の存在責任の因も縁も父母に負託しているのであればそれは「物」に過ぎず、その「因」が「自の業識」にある事実に目覚めたときに「私」が「何のために」存在するのかが明らかになってくるのであって、その「願い」という責任を生きることで「人間」になる・・・そんなふうに聞かせていただきました。
私は「生物」なのか、それとも「生者」なのか。「物」か「人間」か。その正体を確かめる視座をいただきました。
また、その「何のために生きるのか」という問い方が仏教的課題であって、「どう生きるのか」という「対処療法的な都合のいい答え探し」は新興宗教で充分だと、次々と新興宗教を生み出しているのは、他でもない「私」であるとの厳しいご指摘を頂戴しました。

台風の影響で聴講も少なく、ゆったりと聴聞できて逆によかったなんて、どこまでいっても自分に都合のいいようにしか考えられない私でありました。

コメント

自己反省文の発表

2009年10月06日 | ブログ

読書の秋?
鴻上尚史さんの「空気と世間(講談社現代新書)」にたくさんの著者の引用があったので、「世間」の研究者である阿部謹也さんの「世間とは何か(同)」「世間への旅(筑摩書房)」「学問と世間(岩波新書)、「空気」の第一人者である山本七平さんの「空気の研究(文春文庫)」「常識の研究(同)」、冷泉彰彦さんの「関係の空気 場の空気」、佐藤直樹さんの「世間の現象学(青弓社)」を立て続けに読んでいます。何も読書自慢をしているわけではありません。実際のところほとんど手つかずなのですから・・・。
ですが「世間」という「空気」漬けになっていることもあって、今月の掲示板には

空気を知ることは重要だが 読む必要はない

と書して張り出しました。
例によって回りくどい言い方になっていますが、ひらたくいえば、「世間」を知ることは大切だと思うのですが、それに合わせてばかりいる必要はない・・・ということを伝えたいわけです。
わざわざ「世間さま」を敵に回すようなことをどうして寺の掲示板から発信しなければならないかということで、もう少しいえば、「世間さま」に従って生きるだけの人生では「もったいない」のではないですか?という問題提起があるわけです。
寺は「私」を確かめるところだと私は思っていますから、その「あなた」は誰にとってのあなたなのか?「私」は誰にとっての「私」なのか? 単なる世間における「私」なのか、それともそれを超えたところの何かにとっての・・・。
「空気」は「世間さま」の構成要素として用いていますが、それはいわゆる「時代の空気」であり「空間の空気」です。今じぶんが生きているのがどんな時代社会なのか、それをできうる限り知るということは、「私」を発見するためにも大切なことだと思うわけです。
ですが「読む必要はない」というのは、時代社会を知れば知るほど、自分のポジションや居場所がはっきりしてくるわけですから、どうしても社会的に自分に要請されてくる事柄が出てくると思うのです。
その要請に応えることがその人の使命として見出され、また役割を果たすことで満たされることもあるとは思います。
ですがそれがどこまでも「世間的」要請にとどまる限り、その自己満足は「世間の手先」としてのはたらきでしかないと思うのです。

たとえば「環境にやさしく」という配慮は時代社会の要請するところでもありましょうが、かといって車には乗らないようにしようとか、 風呂は一週間に一回にしようという話にはならんわけです。?にもかかわらず「私はエコな生活を心がけています」とかいうわけです。(誰の批判でもありません。そんな私だということです。あしからず・・・)?わざわざ車に乗ってスーパー銭湯に出かけていってサウナに入って・・・で、環境に配慮した石鹼で体を洗う・・・なんていう滑稽なありさまを「知る」ということが肝心なのであって、環境に配慮した石鹼を必ず使わなくてはならないわけではないし、それに配慮したシャンプーボトルにしなければならないわけでもない。?「読む必要はない」というのは、わざわざ環境を悪いことをしよう!というのではありません。環境に配慮したという洗剤を使用している「エコロジーな」自分に陶酔しかねませんよ、という注意です。
「エコ」の例は、余計に分かりにくいかもしれませんが、世間の空気にはそれ(エコな生活)に従わないものを排除しようとする性質があるということに目を向けたいのです。

「世間さま」のご機嫌ばかり気にしていると「私」なんて見つからないのです。もっといえば「世間さま」の言いなりになっているのならば、「私」なんて存在しないにも等しく、いてもいないようなものといっても言い過ぎではないのではないかと思ったのでした。
と、まあ掲示板に貼って、世間さまに向かって発信しているようですが、あくまでも自己反省文を発表しているまでのことであります。

コメント (2)