遊煩悩林

住職のつぶやき

予習

2014年11月22日 | ブログ



「石井光太さんの講演会に行きませんか」と誘われ、著書の東日本大震災直後の釜石市の遺体安置所を追ったルポルタージュ『遺体―震災、津波の果てに』(新潮文庫)を読む機会をいただきました。
11月20日に同朋大学で行われた『3.11を忘れない「震災と日本人の死生観」』と題した「同朋フォーラム」http://www.doho.ac.jp/assets/files/event/2014/shinran/forum_20141021_A4.pdfこの講演に向けて読んでおかなくては、と映画化された『遺体 明日への十日間』http://www.phantom-film.jp/library/site/reunion-movie/とともにお取り寄せして予習をしたのでした。
それなりの準備をしたつもりでしたが、ご門徒の通夜のため参加はかなわなかったのですが・・・。
それでも著書や作品を通して、これまで想像すらしなかった様々なことを知らされ、考えさせられました。
無数の犠牲者に伴う自治体や葬祭業者の遺体処理に係る諸事、棺の手配から火葬に至るまでの経緯・・・。そういえば棺の手配について、伊勢のご門徒が営む葬儀社も棺を積んで被災地に走ったと聞いています。
とくに印象的だったのは、火葬業務が間に合わない想定下で、土葬という埋葬方法に対する遺族の抵抗感が色濃く描かれていたところです。
「仮土葬」つまり、いったん遺体を土葬し、のちに掘り起こして火葬するという手段についての抵抗感は否めないものとして理解できましたが、どうもそれ以上に遺族が火葬にこだわる感覚が表現されているように感じました。その感覚はいったいどういった背景をもったものなのか・・・。
原作には、この期に及んで火葬の順番を優先的に割当ててもらおうとする遺族や、葬儀社に対して従来のサービスが提供されないことに対する遺族の不満なども漏らさずに描写されていて、人間そのもの、私自身が抱えている無自覚な煩悩の闇の深さをえぐり出されたようにも思いました。
震災後、被災地の寺のバザーにわずかな品を送ったことがありましたが、そのバザーは有償のバザーでした。
非常時にあってなお、いや非常時だからこそあからさまな深い闇があったと聞きました。無料で配布すると檀家の方とそうでない方の中にみえない壁、つまり差別がおこる。差別心はみえなくてもそれがことばや行動になってみえてくる。
檀家からすれば檀家でない者が寺に集まってくる物資を持って行くことに抵抗があり、また檀家でない者は檀家でない寺に物をもらいにいくことに抵抗がある。生きていく上で最低限の物であってももらいにいくことができない。全て有償にすることで檀家とそうでない方々の制限を取り払い、同じ被災者として、生き残ったもの同士のいのちの公平性を保とうということだったのでしょう。
さて、これは映画には表現されてませんでしたが、原作に描かれた地元の住職らが抱えた問題もこのいわゆる「檀家制度」の壁でした。
実際のところの判断は難しいところですが、犠牲者のお弔いを通じて「檀家をとった」「とられた」という闇がそこには根強くあったことがうかがえます。
『遺体』は日ごろ私たちがごまかしている意識、目を背けている無意識の自覚化を鋭くせまってきます。
寺や教団が抱える闇、そして何より住職が抱える闇・・・。
世界中の紛争や貧困の悲しみの現実を追って書き綴っておられる著者のお話を改めてどこかで聞ける機会があればと思います。
悲しみの現実をみつめ、深い煩悩の闇を抱える私であることの予習を怠らずにつとめなければなりません。


親鸞聖人はご自身の有りのままの姿を仏さまの智慧の光によって写しだされたお方です。それは、表面上はいくら取り繕っていても心の中は他の人を「怨んだり、妬んだり、やきもちをやいたり、腹を立てたり」する救われ難い、真のひとかけらもない自分の本当の姿だったのです。そしてその煩悩をどうしても消すことのできない自分のありのままの姿に絶望されたのです。
その絶望の中から、そのままのお前を無条件で救うと言ってくださっている如来さまの呼び声に不思議にも出遇われたのです。

智慧の光によって見えなかったものが見えてくる

若藤会「月のことば」(756)より抜粋

コメント

有縁の法

2014年11月06日 | ブログ



先月末、名古屋東別院で開かれた聖典研修に参加させていただきました。
「『仏説阿弥陀経』- その教義と真宗の儀式 -」というテーマの連続講座で、第2回目となる今回は同朋大学の廣瀬惺先生からお話を伺いました。

深藉本願興真宗

お話の中で、『文類偈』のこのことばが印象にのこりました。

深く本願に藉って真宗を興ず

とくに、「藉」という一文字が深く刻まれました。

『教行信証』の信巻に、


行者当に知るべし、もし解を学ばんと欲わば、凡より聖に至るまで、乃至仏果まで、一切碍なし、みな学ぶことを得るとなり。
もし行を学ばんと欲わば、必ず有縁の法に藉れ、少しき功労を用いるに多く益をうればなりと。

とあります。
ここに「有縁の法に藉れ」と。
「解を学ばんと欲わば」、つまり「解学」について「知識として学ぶとするならば凡夫のことから仏さまのことまで学ぶことができる」。
知的好奇心を満たすことは、欲すれば誰でもできる。
それに対して「行学」というのは、「自らの上に救いがあきらかになる学び」なのだ、と。
そして「行を学ばんと欲わば」、つまり「行学」は「必ず『有縁の法』に藉りなさい」と。人間に生まれた本当の意義を、ただ知的な欲求を満たすということ以外に見出すならば、ただしい藉りどころがあるのだ、と。
そこで、「有縁の法」に藉らなければ、ただ知識を得るだけで自分の人生に決着がつかないのだ、とのご教示としていただきました。
さらに「身の藉るところを『藉』と曰う」と。
頭の中で一所懸命に理解しようと頑張っている学びのあり方がいよいよ問われてきます。
私自身の上に救いがあきらかになっていく学びのあり方とは、それこそ理屈で考えていては元も子もありません。
自身の藉るところの「有縁の法」、すなわち本願。
本願に藉れ!は、本願に身を藉せていくということではないと思います。私が「有縁の法」つまり本願にすり寄っていくのではなく、今すでに本願が身に藉っていることを知り、それを身の事実として確かめていく学びのあり方を「自らの上に救いがあきらかになる」といわれたのではないでしょうか。

先月、ある師の一周忌で、師が遺されたメッセージ(写真)をいただきました。
そこに「浄土は本願の浄土である」とありました。果たして私の人生の上に、身の事実として本願の浄土が開かれていることを見出していく行学があるのか。
誰もが、そして他ならぬ私自身「願われている」存在であるということを知っていかなければなりません。

親鸞聖人の報恩講が東本願寺でおつとまりになります。願いがかけられている身を知らせてくださった宗祖のご恩徳に報いるには、その願いをこの身に確かめていかなければなりません。
有縁の法に藉れ、つまり本願に藉れとは、人として生まれ、人として生きるところにいつもはたらいている願いを知らず、気づかず、忘れて生きている私に向けたメッセージに受けとめてられてきます。
11月21日から28日までおつとまりになる報恩講。わずかな時間ですが、親鸞さまの御真影の傍に身を据えて聞信したいと思います。

浄土にてかならずかならず待ちまいらせそうろうべし 親鸞

と今月の掲示板に記しました。

コメント

続・お引越

2014年11月01日 | ブログ

2005年からつぶやいてきた遊煩悩林のブログ。2006年からはNTTコミュニケーションズのOCNブログを利用してのつぶやきでしたが、このたびOCNのサービス終了を受けて、ホームページのサーバーの引越に続きまして、ブログのお引越をさせていただきました。
新しいアドレスは次のとおりです。

http://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji

旧アドレスにアクセスすれば転送されるそうですが、もし”ブックマーク”や”お気に入り”にしていただいている方がいらっしゃれば、ご面倒ですがご変更ください。
ところどころ記事やコメントが落ちてしまっているかもしれませんが、今後とも「遊煩悩林 - 住職のつぶやき -」をよろしくお願いします。
2006年からのつぶやきは692回だと。
途中「アクセス解析」という機能が加わり、訪問者数が表示されるようになり、先週「解析開始時からの通算アクセス数」が102446とカウントされていました。
たまたま検索に引っかかって”つぶやき”を目にされた方もいらっしゃると思いますが、しがない”つぶやき”をのべ10万回どなたかが拾ってくださったことが、励みとなっています。
つぶやきばかりで堂々と演説はできませんが、今後とも”つぶやき”つづけたいと思いますので拾っていただけると幸いです。
どうか今後ともこのブログ版「遊煩悩林」をよろしくお願いします。

コメント