遊煩悩林

住職のつぶやき

穢土を生きる

2008年04月23日 | ブログ

「死刑は殺人だという見方があります。どうですか。」
「殺人などということは断じてありえない。粛々と執行するのみです。そういうことを言う人には怒りを覚えます。」

週刊朝日5月2日号に法相のインタビューが掲載されています。殺人でなければ何なのでしょうか。
誰しもできることならば死刑執行のサインなどしたくないというのが本音でありましょうが、それは死刑に処せられるような犯罪がなくなることを願いとしたところでの言葉でなくてはならないでしょう。しかし昨年のベルトコンベヤー発言といわれる「署名なしで自動的に死刑が執行できる方法はないか」などの発言は、凶悪犯罪はなくならないことを前提にしているところの言葉でしょう。それはそうなのかもしれませんが、法相の立場に求めるのは、死刑など必要のない犯罪のない社会を形成したいという理想です。
「朝日」には、弟を殺害した死刑囚の死刑執行停止を求めた遺族のこんな言葉も載せられています。

「加害者を殺してやったから被害者は満足しろ」といわれているようなもの。国は被害者をひとつの枠にはめこむことで、死刑を固定しようとしている気がします。」

制度としての死刑が認められてあるのに、身内を殺された家族が被告に死刑を求めないとすれば、その遺族には冷たい目が注がれるに違いありません。「死刑」が前提になってしまっていて、それをみんなが寄ってたかってあおっているわけでしょう。それが国や世間がつくりあげる「正義」です。
そしてまたひとつの「正義」の判決が下されました。
光市の母子殺害事件に死刑判決が出ました。
判決後の記者会見で遺族は、妻子と被告の3人の命が奪われることは、社会にとっては不利益であり、被害者も加害者も生み出さない社会をどうつくっていくかということを考えなければならない、と語っておられたのがとても印象的でした。
被害者も加害者もない、つまり犯罪がなければ必然的に死刑も不要なわけです。
一方で死刑を廃止した国における凶悪犯罪に対する処罰は大きな問題のひとつだといわれます。死刑という処罰以外の刑を科さねばならないからです。その受け皿はどうするのか、と死刑制度を議論する中では避けて通れない問題ですが最も基本的な論点からそれてしまいます。
死刑にしなくても必ず人は死にます。死ぬまでをどう生きるか?ということを問うことが重要なのでしょう。被害者にしても、加害者にしても、傍観者にしても、人間の人生はそれがすべてです。そこにしか「生きるよろこび」も「生まれた意義」もないのですから。被害者からすればそれを突然にして奪われたわけです。遺族は公の場で被告の死を訴えていくわけですから、家族の死に遭って、今度は犯人の死を望まなくてはならないのです。これほどまでにつらく苦しい矛盾はないでしょう。もちろん被告が事件を起こしたことによって、その苦しみが起こってくるわけですが、私たち傍観者がまた死刑制度を是認することをもって苦しみを助長していると思うのです。
犯人は殺人を犯し、またその遺族に今度は自分の死を求めさせる苦しみを負わせたといえます。ですが、被告の死をどこまでも求めずには満たされないものを当事者でない私たちが押し付けているとまでいうとはたして大袈裟でしょうか。死刑が前提でなければこの二重の苦しみはないのではないでしょう。当然、なければないで殺してやりたいほどの憎しみを受けとめていく受け皿が求められてきます。社会がその受け皿に相応しいものになっていかなくてはならないのでしょう。それはつまり私たち一人ひとりがどのような社会を望み、実践していくかということを抜きにはないわけです。そこには犯罪を生み出す社会を私たち一人ひとりが形成しているという自覚に立つことがまず必要です。そして「人を殺した」という人間をただ排除するのではなく、どこまでもその反省を促し、その声とその後の歩みを見届けていく社会が求められなければならないのではないかと思います。
お寺は正義の人を育てるところではないと思います。極端にいえば社会の悪を生み出す構成員としての自分を見出す場所なんだと思います。犯罪を前提として、死刑を前提としてある社会でなく、犯罪のない社会を願い、それを実践していく歩みが一人ひとりに求められているのです。被害者を生み、加害者を生む「穢土」に対して、「浄土」を願い、求めて具体的に今何からはじめることができるでしょうか。いや、穢土に生きていることを自覚し、そして浄土を願いとするというところからしかはじまらないのではないのでしょうか。

コメント

罰でなく救いを

2008年04月20日 | ブログ

10日、東京・大阪の両拘置所でそれぞれ2名の死刑が執行されました。昨年の12月から数えると10名の殺人が合法的?に行われたということです。被害者感情を煽る報道につられて、私たちは知らず知らずの間に極刑を求める体質になってはいないでしょうか。大谷派は死刑執行の度に廃止を求める声明死刑執行の停止、死刑廃止を求める声明を出しておりますし、私個人も死刑は殺人であると考えていますから、仏の法に照らして反対の立場でいるつもりです。
「当事者でないからそんなことが言えるんだ」という批判もあります。「もし自分が被害者の遺族だとしらどうなんだ!」といわれると、その立場はもしかするとひっくり返るかもしれません。ですけど、当事者でないからこそ言っていけることがあるのでしょう。少なくとも私が当事者であれば、そうでないところの誰かから、その言葉をかけてもらえることを期待します。その言葉が耳に入るかどうかはわかりませんが、「あなたは被害者遺族でない」ということばは脅しに近い気がします。それを言われると何も言えない、言わさない手法です。想定できないことを前提にするわけですからひとつの言葉狩りです。
「戦争は最大の差別」と聞いたことがあります。死刑も究極の差別のひとつではないかと思います。人間が人間を裁き、この人は殺してもいいという人を選ぶのですから。どうしてそのような犯罪者を生み出したのか、つまり犯罪を生み出しつづける社会を問わずにただその秩序からはみ出たものを排除していく方法。この「排除」は「差別」の条件を充分に満たすものです。生まれた時から殺されていい人なんているわけありません。それがいつの間にかどうしてこの人は殺されてもいい人になっていくのでしょうか。

注目の判決が4月22日に出ます。多くの人がご存知でしょうが山口県光市で起きた母子殺害事件の差し戻し控訴審です。最高裁が差し戻したのは、ずばり「どうして死刑でないのか?」ということでしょう。一・二審の無期懲役に対して「どうして?」と差し戻されたわけです。時あたかも裁判員制度が実施されようかというところでの、司法のトップでのこの扱いにとても恐ろしいものを感じます。この類いの事件はみんな死刑だよ、くらいの軽さになっていないか。逆に言えばテレビを見てああだこうだ言っている私たちのところではもっともっと人間のいのちが軽々しく扱われてきてはいないだろうかということです。
私たち僧侶の中からは、死刑廃止ということが前提ではありましょうが、加害少年(当時)を擁護しようという運動が起こっていることを聞きました。そのときに感じたことは、死刑廃止には賛成だけれども、光市のこの事件の加害者を擁護する運動には参加できない、という矛盾した感覚でした。つまり死刑制度は廃止するべきだと思うけども、彼は死刑になってもしょうがないくらいにしか思っていなかったことに気づかされたわけです。社会的風潮に乗っかって事実を知ろうともせず彼を差別し、殺されても仕方がないとまで無意識に感じていたわけです。それは私自身が検察とマスコミが作り上げた虚像をそのまま加害少年に当てはめていたということ、そしてその社会的風潮のなか、彼を擁護してまで死刑の廃止を訴えることによる個人的な不利益を恐れたということが私の罪としてあります。死刑になって当然という「世間」と対決していくことから逃げたわけです。

マスコミは検察が描いた残虐な強姦殺人の物語を被害者感情に乗っかって煽り、加害者の言葉をぶつ切りにして、少年の死刑を待ち望むかのごとき「世間」を作り上げました。友人にあてた という手紙に無期懲役だから7年もするとひょっこり出てくるなどと書かれていたという報道からこの少年に大人顔負けのしたたかなイメージを植え付けられた のに対して、子どもの遺体を押し入れに入れたのはドラえもんがなんとかしてくれる、被害女性への死後の強姦について生き返らせようとしたという少年の幼稚 さの報道によるギャップがますます恐ろしく、そしてそれを取り巻く大弁護団へのマスコミ・世間の批判が相乗的に私の中で「彼は死刑でもしょうがない」というイメージ をつくりあげていったわけです。
ですが、手紙をあてた友人が拘置所で知り合った友人で、先に出所したその友人との文通を知った検察が手を加えて挑発し、彼の言葉を引き出したものであるという事実。少年は幼い頃から父親の虐待を受け、それによって彼が12歳のときに母親が自殺していること。彼の精神年齢はこの時点でストップ、もしくは退行しているという鑑定からすれば、ドラえもんや再生の儀式とかというのは反省のない悪ふざけの言葉ではなくて、ありのままの少年の言葉であったとも受け取れてきます。
今改めて気がつかされるのは、捜査段階での疑わしい自白によって検察が作り上げた物語を、断片的なマスコミの情報によってテレビや新聞をとおして私自身が再構築していたことの反省です。それは報道されてこなかった事実を知ったときにはじめて気がつかされてきたのです。かといって彼が許されるということをいいたいわけではありません。ですが彼もまた救われなくてはならないのです。もちろん被害者とその遺族が救われなければならないことはいうまでもありません。

被害者と遺族の救いとは一体どういうことか問わずにはおれません。死刑判決を下し、5・6歳程度の精神年齢のまま自分の犯したことを理解させることもなく殺してしまうことが、本当に被害者と遺族の救いになるのか。そして「救い」と称する「殺人」を煽り、容認し、後押ししていくような社会だとしたらそれは本当に被害者を支援する社会だと言えるのか。被害者遺族の男性は、犯罪被害者等基本法の成立に尽力し、全国犯罪被害者の会を設立し被害者支援の活動をしておられることは周知のとおりですし、少年も事件から9年が経ったいま、宗教教誨を受け自分と向き合い、自らが犯した罪を直視し始めているといいます。
被害者とともに救われなければならないのは、加害者である元少年でもあります。同時に、マスコミからの虚像をそのまま真実と思い込み、その偽の真実を正義や善として振りかざしているような私こそ本当に救われていかなければならない存在として見出されてきます。
加害者と被害者がともに救われていく世界とはどんな世界か。それを創造するために私たちは何ができるのか。当事者でないからこそ言っていかねばならない事もたくさんあるのではないでしょうか。
私たちはすぐに「罰」を考えます。釈尊のことばとしてダンマパダ(仏典)に「殺してはならぬ 殺さしめてはならぬ」とあります。それが真実ですが、私たちはすぐに「では、殺人者をどうするか」となるのです。殺した者をどうするかによって、救いがあるのではないでしょう。ましてや殺した者を殺していたのではどこまでいっても救いはありません。仮に「許す」という行為は「救い」の可能性を残すものです。「許=救」でも、「罰=救」でもありません。まず真実の「救」を考えなくてはなりません。
「救われる」ことが真実に出遇うということであるならば、それは「偽」であったことに気がつかされるということでしょう。死刑によって救われる人はいません。罰は真実ではないでしょう。「救い」と称してまやかす「偽」の行為です。
彼を殺させてはいけません。
犯罪被害者に対して何ひとつ間に合わない自分。同時に先日10日に死刑が執行された4人に対して、また近々判決が下される元少年にとってあまりにも無力な自分。もちろん何かやってあげようなんていう思い上がりではありませんが、ともに今の時代に生きている者として「殺してはならぬ 殺さしめてはならぬ(ダンマパダ)」の社会に生きたいと思うのです。
無力ではありますが、全くの「無」ではありません。「無力感」この感覚は何かの大きな原動力にはならないでしょうか。この無力感を共有するところからはじまることを期待しつつ、判決を見守りたいと思います。

コメント

公開講座

2008年04月18日 | ブログ

第27回 真宗公開講座

-人間性を探る-

浄土真宗の教えは聞にはじまり聞につきる教えであります。
聞くことによって成り立つ信仰の道です。
人間には様々な経験がありますが、その中で聞ということは特異な経験です。それは自分の器量をこえた世界にふれる唯一の経験であるからです。聞においてのみ人間の変革があり人が育つということがあるのでしょう。
佛法は難しい、面白くない、などという意見によく会います。そのことに応えて、故正親含英師は、「それは佛法を分かろうとしていて、聞こうとはしていないからだ」、といっておられる。
それでは聞くということはどういうことなのでしょうか。
そして佛法は、私たちの何に応え、どういうものを導き出そうとしているのでしょうか。(講師からのメッセージ)

と き 2008年5月31日(土)午後2時~
ところ 松阪コミュニティ文化センター
    (松阪市川井町690)
講 題 「真宗の宗風、聞ということ」
講 師 伊藤 元(日豊教区徳蓮寺前住職)

聴講券 500円

毎年、桑名別院主催で開かれている真宗公開講座。別院主催ですが、別院にはほど遠い中南勢・伊賀の大谷派寺院が協賛でそれぞれの地域を持ち回りで開催しています。
今年度は南勢の当番ということで、松阪を会場に行われます。浄土真宗のご門徒に限らず、広く社会に開かれた講座ですので、宗派を問わずお誘い合わせの上ご参加ください。
聴講券は常照寺でお取り扱いしています。

コメント

チベットの危機

2008年04月15日 | ブログ
チベット問題が過熱しています。
チベットで起きていることは鎮圧なのか虐殺なのか。
私たちは極端で偏った報道に惑わされることなく正しい眼で、正しい情報を精査していかなければなりません。その眼が問われているともいえます。
チベットの眼、中国の眼、ヨーロッパの眼、日本の眼。それぞれの見方がありますが、さて私の眼は?
ありのままの現実を見つめ、受け止め、そして何を願い、何ができるのか。そして何を実行するのか。願いは行動に示さなくては伝わりません。

Voices on the Crisis of Tibet

チベットの危機に関する声

チベット危機に関する平和的全面解決を求める公開書状

http://www.tibetsupport.net/

日本政府に対する公開書簡のご賛同とオンライン署名を呼びかけています。

Voiceontibet_3

 

コメント

生きる力

2008年04月10日 | ブログ

花が咲かないとその木の存在が認識できない私は、また花が散るのと同時にその木の存在を忘れていく私でもあります。目にも見えないところでのいのちのはたらき、営みに気がつくことのできない鈍感力を持ち合わせた私でもあります。それは朝、目が覚めたときに「生きていた!」という感動などとはほど遠いところにいる私です。
しかしそんな自分であることに毎朝気づかせてくれる存在があります。
我が家のトイレの便座の後方、貯水タンクの上部、手洗いの水がタンクへと滴り落ちる小さな穴に挿した6.5枚の葉です。お寺の庭の常緑樹の茎を切って挿したものです。20080404_003759
こ の葉っぱたち、実はもう4年以上も枯れずにいます。毎日、用を足したときに流す水を吸ってそれを循環させているのです。6.5枚という中途半端な数には理由があります。もとは7枚の葉がついていたのですが、ある時、一枚の葉の先端部分が腐り始めました。もう駄目かなと思っていたのですが、すると半分のところではさみで切ったように葉が自らを数日かけて切り落としたのです。他の葉を生かすためにその0.5枚がその葉っぱの集団を離れたようにも思えます。トカゲの尻尾切りのようにそこから新しい葉が生えることはありませんが、そんなこんなでかれこれ4年もの間、そこで生命を育んでくれているのです。偉そうに言えば、私たちが用を足すことでこの葉が生きていてくれているのです。
葉を挿して最初のひと月頃でしょうか、いっこうに枯れもしないし、腐りもしないのでどうなってるんだろうかと、その茎を引っ張り上げてみました。すると、茎から細かい根が伸びてきているではありませんか。小さい根を出して、何とか限りある水を吸収しようとしているのです。感心しながら、余計なこと をして枯れさせてはいけないと思い、その根をタンクへと戻しました。今ではその根はタンクの中で何本かに分かれ 20cm以上も延びています。20080404_003549
これまで、この葉っぱとは関係のないところでトイレの不調があり水道工事屋さんにも葉っぱを見てもらいましたが、このまま根が伸び続ければ不具合もあるかもしれないとのことでした。いまのところ私たち家族の生活のなかで共存しています。いまでは我が家の大切ないのちであります。
桜 の花はやがて散っていきますが、木が枯れるわけではありません。その見えないところで、誰も気づかないところで行われている大いなる大地の営みがあります。この葉っぱたちからも、生きよ う!生きよう!という力強いたくましい生命を感じると同時に、生きることの意味を模索しながらへ理屈をこねているだけで、生命をすり減らしている自分を教えられます。「意識」は生きることの意味を求めますが、実際は「生きよう!」という無意識の集合体が「私」であり、私を生かしてくれているのでしょう。生きていることに感動のない、鈍感な私を教えてくれる葉っぱたちであります。

コメント