遊煩悩林

住職のつぶやき

28日さま

2006年10月28日 | ブログ

28日さま。真宗、とくに大谷派の門徒にとっての親鸞聖人のご命日のいただき方を表す言葉です。大谷派では11月28日、本願寺派では1月16日にそれぞれ宗祖のご報恩に感謝する報恩講が毎年お勤まりになります。東西本願寺で暦が違うのは、お東(大谷派)は、旧暦11月28日の宗祖のご祥月命日に合わせて11月21日から28日まで報恩講がお勤まりになり、お西(本願寺派)では、旧暦の11月28日を新暦に直して、1月16日に合わせてお勤まりになっているからです。お西で「16日さま」という表現があるかどうかはわからないのですが、お東では「28日さま」は毎月、各寺院で「28日講」という寄合や「同朋会」などの集いが開かれています。
常照寺でも毎月28日は「ご命日の集い」を持っています。特に集合時間を定めているわけではないので朝からご門徒の有志の方々が、それぞれご家庭のお仕事をきりあげて、ボチボチお寺に出てきて下さる。そしてそれぞれがホウキを持ったり、雑巾を持ったり、掃除機を持ったり・・・。というかたちで境内のお掃除をして下さるのであります。
この集いは、28日のご開山のご命日と13日の前住職の命日に持たれています。もともとこの集いは毎月8・18・28日に持たれていたのですが、平成10年に前住職が亡くなってから13・28日に改まりました。平成2年に前坊守が亡くなってまもなく、お寺が呼びかけたわけでもなくご門徒のご意思でこの清掃奉仕とご命日のお勤めが続けられてきています。
お寺に居住させていただいている身としては、ただただ有り難いことでありますので、特にあれをしなさい、これをしてくださいなどの指示は極力しないようにしています。それぞれがホウキで塵を掃くと同時に、こころの塵を掃きとり、雑巾で各所を磨きながらそれぞれのご信心をお磨きになっておられるように感じます。
私たちの本山である真宗本廟(東本願寺)では、2011年にお迎えする宗祖の御遠忌に向けて「お待ち受け総上山」が行われています。御遠忌をお向けする期間だからこう呼んでいるのですが、それまでは「本廟奉仕」という呼び方でありました。このルーツは、先の宗祖の700回御遠忌にまでさかのぼります。当時、真宗本廟は参詣が少なく境内も荒れていたといいます。これではいけないということで集われた全国からのお同行は、昼は掃除と草抜きなどの清掃奉仕、そして夜はお念仏の教えを学ぶ聞法奉仕というカタチで信心を磨かれたといいます。
現在、本山で行われている御影堂のご修復工事は、そういった意味でいえば私たち真宗門徒が失いかけている「ご信心」を回復していく作業ともいわれます。ただ建物を修繕しているのではなく、私たちのこころを修復しているということです。
奉仕の作業はそのままこころを磨く作業でありましょう。「奉仕」ですから強制されるものでもなければ、強制するものでもないというのが私のおもいです。ですが、お寺の奉仕に出てこられて人の作業に文句を言ったり、陰口を叩いたり、悪口を言ったり・・・では、どうでしょう?しかし、そんな我が身が自覚されてくることがまた大事なことなのでしょう。
ですから、お掃除だけで済まさず、お勤めをしてお念仏のみ教えを聞かせていただくのです。仏の教えに出遇ってはじめて、私の愚かな姿が照らし出されてくるのでしょう。

コメント

朋光 -ほうこう-

2006年10月25日 | ブログ

常照寺の機関紙「朋光」は、次号で第30号を数えます。1年に1回の発行でありますから30年目になります。12月中にご門徒にお配りしたいの で、そろそろ原稿に取りかからねば、という頃になりました。ちまたではお歳暮商戦の話題も聞かれます。社会もそこに居る私も、何か先のことばかり気にかか り「いま」を生きてないなぁ、ということを感じます。
さて「朋光」新聞は、常照寺の前身である「山田教会」の焼失した本堂の再建が発願されたことを知らせる第1号からはじまっています。
「朋 光」という新聞のタイトルは、30年前に前住職がつけた名です。自分で編集するようになるまでその意味を考えたことはなかったのですが、前住職亡き今、そ のこころを尋ねるとすれば、そこにはあらゆる人を「御同朋」と敬われた宗祖のおこころをいただいているとともに、なかなかその同朋の横のつながりがもちに くいお寺の実状を踏まえて、見ず知らずのご門徒がそれぞれ宗祖のおこころによってつながりあい、「朋」が「朋」であると見出されてくる、照らしあうことで ともに輝く、そんな「朋の光」がイメージされているではないかと感じられてきます。同時にそんな関係を築いていきたいという「方向」性を「朋光」という音 の響きに込められてあるような気もします。
新聞記者の経歴を持つ前住職亡き後、前住職の友人でもある伊勢文化舎の代表を務めるN氏から「出来るだけの手伝いをするから、続けて」という願いをいただきました。ノウハウのない私が、こうして毎年ささやかながらに継続できているのも、こういった人のおかげであります。
私 が担当してから9号目になります。当初A3版裏表の2頁仕立であった紙面は、A3版2面の4頁になり、第1号からお世話になっている印刷屋さんの好意 で、白黒印刷がフルカラー印刷になり・・・と。そんななかで毎年、何を記事にしようかとひと月もふた月も悩んでいた編集作業でありましたが、近年は1年を 通してお寺とそこに身を置く住職が何を発信し、何を伝えたいのかというテーマを持って過ごさせていただく縁となったように思います。同時に、朋光の編集と このブログによって、自分が何を感じ何を思ったのかを整理する意味をもっていてくれることで、若干ではありますがいろんな原稿を書くのに「はたらき」と なっていてくれています。
考えてみればこのブログも、ご覧になって意見を伝えて下さる方の「目」があることで続けておれる、そんなおかげさまを思います。「監視」の目がなければ「日記」も続かない私なのであります。
日ごろ、お寺から新聞やいろいろなご案内を申し上げる中で、私はお寺に身を置くものとして「何を」「どうして」発信しているのか?ということも考えさせられます。
「お 寺に足を運んで下さい」「年忌を勤めて下さい」「仏法を聞いて下さい」などとお願いばかりしているのですが、いったい何のために「寺に足を運び」「年忌を 勤め」「仏法を聴いて」欲しいのか。どうなって欲しくて、こうやって呼びかけているのか、ということを私自身が明確にして発信し、お願いし続けていきたい と思います。
モノを書くのが苦手という坊守のコラム「如是我聞」も第3号目。
先の課題を念頭に夫婦ともに朋光30号の原稿にとりかかった今日この頃です。原稿に追われ?ブログ版「遊煩悩林」住職のつぶやきが疎かになる気配もあります。その辺はご容赦をいただき、朋光版「遊煩悩林」も楽しみにしてください。
「遊 煩悩林」というタイトルも「朋光」新聞のコラムタイトルに前住職がつけたものです。これもタイトルごと引き継ぎました。「煩悩の林に遊ぶ」というフレーズ が面白いと思い、ブログのタイトルにも使わせてもらっています。出典は親鸞聖人の正信偈「遊煩悩林現神通」から。聖人の著された意味は別のところにあるの ですが・・・。
ところで、ご門徒以外の方で朋光新聞を手元に置きたい方は下記のアドレスにメールを下さい。出来るだけお送りしたいと思います。
E-MAIL jyosyoji@mac.com

コメント

年忌のお知らせ

2006年10月24日 | ブログ

常照寺は「朋光」という名の機関紙を発行している。
機関紙といっても1年に1回の発行なので常照寺年報といった意味あいの新聞である。発行は毎年1月1日付であるが、毎号その年に年忌を迎える方のお名前をお知らせしているので、12月中にはご門徒にお届けできるようにしている。
ご門徒の年忌の案内などは、本堂に貼り出されているお寺も多い。大谷派の場合、1周忌・3回忌・7回忌・13・17・25・33・50回忌、丁寧なところでは100回忌・150回忌・200回忌などと貼り出されているところもある。こういうお寺の場合、ご門徒がお寺に足を運び、我が家に年忌があたっていないかどうかを確認する。年忌をつとめたご家庭は、本堂に貼り出された方の法名が消される。またはその名を記した短冊が剥がされる。だからご法事をつとめないとずっとそこに亡き人の法名が貼り出されてしまうことになる。うっかり法名を見落としていたりしていると、ちゃんと世話をやいて下さる方もあるのだろう。「あんたの家の誰それの○○回忌やな」と。よくできたシステムである。もうひとつ大事なことは、「あの家は誰それの法事もろくにおつとめしない」などといわれんがために、「せんならん」と、こういう効果をもたらすということである。それがいいとか悪いとかいうのではない。ただ、ご門徒どうしの横のつながりが密接であるからこそ、互いの門徒どうしの「監視」の目が行き届くわけである。
しかし、常照寺の場合比較的都市部の寺院形態であるので、ご門徒どうしの横のつながりが少ない。極端にいえば、どこのだれが常照寺のご門徒で、たとえば年忌を迎えるご家庭の、亡き人の法名を本堂に貼り出したところで、それがどこの誰の法名かもわからない。これでは「監視」の効果は果たさないのである。そもそも、人目を気にして年忌をつとめるなんてことはないのだけれども・・・。
常照寺のご門徒でも、亡き人の年忌をつとめない方もおられる。そのかわり毎年のご命日には必ずお参りされる方もある。徹底的にお参りをしない、お寺にはまったく足を運ばない方もある。遠方であったり、足がなかったり、とその事情は様々であるが・・・。こうなると年忌を本堂に貼り出したとしてもまったく意味がない。かといって、「年忌をなんで知らせてくれなかったの?」という方もおられる。そこで、常照寺では、年報というカタチで年忌のお知らせをするようになったのであろう。お伝えするだけであるから、つとめたかつとめてないかということは、そのご家庭の方と住職である私しかわからない。ご門徒の間では、誰の法事がつとまったかなんてことはわからなくても、ご門徒には亡き人にご縁のある親戚という「目」がある。「親戚の目があるから」つとめるということも、お参りするなかではしばしば拝察される。しかしながら、そもそも年忌をつとめるかつとめないかは、ご門徒の自由である。ただ、忙しい日常にあってかけがえのない仏法に出会うご縁である。動機はともあれ、出来る限り仏法にふれる場を大切にしたいものである。法要をつとめなくても、亡き人と別れて時間が過ぎれば年忌を数える。要はその迎えた年忌をどのようにいただくのかということが問われているのである。
「年忌」と いう言葉は真宗的ではないともいわれる。「○○回会」と言い換えているお寺もあります。年忌をつとめるとは、亡き人のご縁に会うということである。
ところで「朋光」でお知らせしている年忌は50回忌までなので、年忌は50回忌でおしまいと思われている方も少なくない。年忌は50回忌以降、50年毎につとめることになっている。2011年には宗祖の750回御遠忌という法要がご本山ではおつとまりになる。「年忌はいつまでやらんならんのか?」と尋ねられることもあるが、私たちは宗祖のご法要に準じていつまでもおつとめさせていただく中で、深いいのちの流れにふれていくことができるのであろう。

コメント

生きるチカラ

2006年10月17日 | ブログ

三重教区が最重点施策に掲げる特別伝道、通称「特伝」の講師と補導による学習会が、桑名の三重教務所で開かれた。
今年度から、特伝の講師と補導を対象に「現代と真宗」というテーマで学習会を持つことになったのだが、その2回目の学習会。今年度中(2006年7月1日~2007年6月30日)に、計6回の学習会を持つことになっている。
学習会では「現代と真宗」をテーマに、この特伝の講師を勤める先生方にお話をいただき、攻究、つまり話し合いを深めて「現代」の問題を明らかにするとともに、現代の諸問題における真宗の教えの視座を明らかにすることが目的である。しかし一口に「現代と真宗」といっても焦点が定らない。どこまで焦点を絞っていくことができるかが、この学習会の課題である。
今回の学習会で提起されたテーマの中で記憶に残っているのは
・「宗教を無視しようとする現実」と「現実を無視しようとする宗教」
・思想の分化による、現代的たこつぼ化
・宗教と社会の求める宗教的要求にあるズレ、ギャップ
などの問題提起である。
・「宗教を無視しようとする現実」と「現実を無視しようとする宗教」ということばは、現実を生きようとすればするほど金銭や物に支配され、宗教とはかけはなれ、また、逆に宗教的な生活を生きようとすればするほど現実に取り残されていく、そんな現代の社会を言い表していることばである。
・「現代的たこつぼ化」というのは、あらゆることが専業化され、思想においてもジャンル分けされ分類が多岐になっていくあり方の中で、専門分野では理解ができても、他の分野においては理解が乏しいために社会的通念に妥協してしまうことがあるのではないか、と。その専門性が「たこつぼ」だと。仏教というたこつぼの中に真宗というたこつぼをつくってしまってはいないか、と。
・宗教と現代の一般的要求のギャップやズレは、社会と宗教団体の関係が健全でないことを如実に表しているように思う。だいたい「宗教団体が求めている宗教的要求」と「現代の社会が求める要求」「現代の個々人が抱える問題に対する宗教的要求」の間には、はかりしれない溝があるように感じる。
しかし、たとえば私たちの宗門が要求する宗教的立場が何で、社会や個人が求める宗教とは何か、などといい出してもキリがない。「教えを社会に強制していくか」「社会に迎合していくか」みたいなところに集約してしまう。
「現代と真宗」を問うときにそこで問われるべきなのは、社会的要求として成り立ってきた宗教そのものが要求する現代的課題とは何か、という問題でないかと思う。
人間の営みの中で成り立ってきた宗教。その宗教が担ってきた役割というものを充分に検証して、その宗教的役割として現代の抱える諸問題に対する立場、その中でとくに親鸞のとった立場に照らしかえしていく作業しか、私たちには出来ないのではないかと思う。

現代の抱える問題はさまざまに現象している。さまざまに現象する現代の諸問題の中で、どこか共通しているように感じるのは、「いじめ」も「団塊世代の定年退職」も「負け組」も、すぐに「死」という発想に結びついているということである。どうして「いかに生きる」という発想にならないのか。であればこそ、真宗の教えが現代において「生きるチカラ」になっていくことを見出していきたいと思う。そして真宗の教えは「生きるチカラ」なんだと発信する作業が必要なのではないか、と。ただ、親鸞を押し付けているだけでは、現実の問題には対応できない。現代の問題を明らかにすることで親鸞の教えに帰る。そんなことが「生きるチカラ」になっていくのではないかと思う。まず私自身が親鸞の教えが「生きるチカラ」になっているのかどうかを検証することからはじめなくてはならない。

コメント

真宗門徒のアイデンティティ

2006年10月16日 | ブログ

真宗大谷派高山教区白川組に所属する淨蓮寺の報恩講にお参りさせていただいた。
高山教区白川組は、都道府県市町村名でいえば岐阜県大野郡白川村というところになる。世界遺産としても有名な合掌集落の白川村である。
とはいっても、今回、実際に報恩講がお勤まりになったのは、淨蓮寺の住職である兄が、お給仕を勤める持仏堂的住居で、伊勢市内の藤里町にそのご本尊や親鸞聖人の絵像やお厨子が安置されている。
ややこしい話だが、要するに籍は高山教区白川組にあるが、実際のお寺は三重教区にあるということである。
人の戸籍であれば、戸籍が岐阜県にあったとしても、実際にその人は三重県に居住しているのであれば、戸籍を移すことはできる。そう考えれば同じことで、寺院の戸籍は岐阜県にあるが、ご本尊などの実態は三重県伊勢市藤里町というところにある。そう考えればお寺が引越したのだから、その籍が移ってしかるべきであろう。
お寺といえども1ヶ寺1ヶ寺が独立した宗教法人格を持つ。オウム以降、宗教法人の移転手続きがすすまない現状がある。宗教活動を制限されているわけではないのだが、偽の宗教によってこんな影響もあるということだ。それ以外にも、お寺の引越にはいくつか問題があるのだが、国の行政手続きも、宗門の行政も、もっとフレキシブルであってほしいと思う。

さて、何度か記したこともあるが、淨蓮寺はかつて白川村大牧というところにあった。
祖父はその住職を勤めていたが、かれこれ50年以上も前にダムの建設によってお寺は村ごと水没した。その結果、寺の名前だけがこの地に残り、お寺の伽藍は動座することを余儀なくされた。その後、金沢・名古屋と家族とともに転々としてきた伽藍を、数年前にお洗濯して伊勢の地に動座した。
だから、高山教区白川組というところに籍を置きながら、伊勢にその寺があるという現象が起こっている。
今年3月に、兄がこの寺の住職の任命を本山で受けた。

ところで真宗寺院の住職の責務は報恩講を勤めることにあるといってもいい。
かといって、正式な形態でない淨蓮寺では、なかなか盛大に勤めることもままならない。しかし、白川村にルーツを持つ親戚らが集まり、賑やかに報恩講を勤めることができた。お寺のDNAというか、やはり真宗の教えを聞くものにとって報恩講をお勤めできることの有り難さというものを感じる。真宗門徒が報恩講を勤めることでアイデンティティを保ってきたことを感じる。
淨蓮寺は今後どうなっていくのか。宗門や関係所轄庁と連携して、名実ともに伊勢の淨蓮寺として成り立つことを望む。

がんばれ兄ちゃん。

コメント