遊煩悩林

住職のつぶやき

まんまんのひと

2011年08月29日 | ブログ

「100万回生きたねこ」の著者で昨年がんで亡くなった佐野洋子さん。?
余命宣告を受けてからも、喫煙と執筆を続けられたといいます。?
「死ぬ気まんまん」というエッセイに、医師とのこんな対談がありました。

佐野 私が「葬式やらないで、家族だけの密葬にしてくれ」って言ったら、
   息子が「そんなこと言ったら、人がだらだら家に来て迷惑だから」と。
?医師 それ、本当ですよ。
?佐野 ほんとうにそうなんだって!?
医師 最近は二人だけの結婚式もありますが、後が大変と思います。
   同僚や先輩のところや、親戚に挨拶回りが大変でしょう。
   結婚式もやっぱり昔の人の知恵だなと思います。
   結婚式をやれば、一遍で済むんですよ。
   みんな気が済むんだから、やればいいんです。
   だから、葬式もそれと同じで、ちゃんとやらなきゃだめですよ。
   それ一回で済むんです。
?佐野 儀式というのはやっぱり合理的にできていますね。

「一回で済む」「合理的」というのは、生々しい現実を見据えているなぁと。
余命を宣告されてからの医師と患者の会話はこれがいいのかもしれません。
そこには宗教色が排除されているようにも感じますが、そうではなく完全に「おまかせ」の境地を感じさせます。
さて問題は、葬儀を催す遺族がその死、というかその生をどのように受けとめて、どのような物語として人生に展開していくかです。

で、もうひとつ。

私は今のように、老人を敬うことを忘れた、役に立たなくなったものはいらないという国に生まれて来てしまった悲劇は、戦後民主主義と一緒に入って来た片手落ちの考えだと考える。家制度をこわした法律のせいだと思う。少なくとも私の子供の頃までは、老人はもっと堂々としていた。
? 誰もが親のめんどうを見たがらず、死ぬと遺産分けでもめる。
? 法律がそうなっているからである。
? 恥ずかしいと思わんか。親に育てられた恩も忘れるのか。
? そして老人の居場所も役目もあった。
? 老人の経験による情報がナマのまま役に立ったのであるが、今や情報は電波にのって、チラチラピーピーというコンピューターがすべて引き受けている。だからもう役に立たないのだ。ゴミと同じなのだ。
? 政府は明らかにゴミと同じ扱いをしている。例外は、金を持っている老人はゴミではない。政治家は、六万円の年金で暮らす人ではないから、下々のことはわからないのである。

「遺産分けでもめる」のが、そのような制度に起因することは同調しますが、ここではただ、法律や政治家・官僚を批判しているだけではないでしょう。?たかが首相が代わっただけですむ話ではありませんし、法律がかわってもやはりもめるんでしょう。
かつて「人は死んだらゴミになる」といった人も確か癌だったと思いますが、それももう古くなってしまいました。?
もはや「人が老いたらゴミにする」のが現代ということです。しかも条件付きで・・・。
?これらは生老病死の四苦の意味が、見失われてきたことを物語っています。?
ですがやはりその「苦」の意味が開かれてこないと、ゴミになるために生き、病み、死んでいくのが人生、それが私たちが生まれた意味になってしまいます。
?苦の意味が開かれてこそ、生まれてきたことの本当の意味が明らかになってくるのでしょう。

コメント

如が来る

2011年08月25日 | ブログ

お盆が明けて、呑んでいると「やれやれ暇ができましたか?」と声をかけてもらいます。いやいや、呑むのに忙しくて・・・と。寝不足、二日酔いの昨日は電車での移動。
車内で、持参したある「唯識」の講義録に「蓮華蔵世界」についての記述がありました。
常照寺のホームページhttp://web.me.com/jyosyoji/には、画家のナカタニタケシ氏http://www.takeshinakatani.jp/の蓮の屏風絵とその題に「得至蓮華蔵世界 即証真如法性身」とありますが、この「蓮華蔵世界」です。
てっきり阿弥陀如来の極楽浄土をこう呼んでいるのだと勝手に思い込んでおりましたが、実はこの「蓮華蔵世界」はもともと「華厳経」に説かれている世界で、そこにおられるのは毘盧遮那仏という仏さまなのでした。それがやがて「浄土論」に展開されるというのですが・・・

唯識という視点が生まれて来る時に、蓮華蔵世界というものが見出されているのは何故か。西方の阿弥陀さんという方向、そして距離、西方十万億仏土という、絶対に届かないということ。アミータ、つまり量るということを破っている。そこの所に、自らの分別というものが破られた時に、言ってみれば存在そのものの根底というか、中心というものが初めて顕わになると。そういう意味で毘盧遮那仏というものが持っている意味というものは、存在そのものとして見えて来るんじゃないかなと。これはこれからゆっくり尋ねて行きたいと思うわけです。(講義録より抜粋)

ゆっくり、しかし生きている間に学んでいきたいと思います。

「自らの分別が破られた時に、存在そのものの根底、中心が初めて顕わになる」と。そして「経典は日常の意識を破って出てくる世界」と表現されています。
経典は文学であって教理ではないという先人の言葉を引かれて、「文学は作文ではない。芸術も自分が生み出したものではない。むしろ、日常生活を破ったところから生まれて来るといえる」

このような表現から何か、仏教を自分たちのしあわせとか癒しを得るためにに利用しているだけではないかと、「しあわせ」という脅迫的な欲望にかられて方向を間違えているのではないかと指摘されているような気がしてきました。
こちらが癒しや幸せとか何かをつくりあげようともがいているわけですが、そこにはやすらぐ場はありません。
つくりあげる、生み出すのではなく、「出てくる」「来る」というのです。出てくるのは「幸せ」とか「癒し」なんていう自己満足ではなく、そんなことで私を満たそうとしていたことを知らせる「はたらき」ですから、なすべきことはそれを「受けとる」「明らかにする」そして出てきたことを「表現する」ということです。
「如来」といいますが、「如」は「真」ですから、真の方からこちらに「来る」のです。方向は「向こうから」です。
しかしそれは日常が破られるということがあって表れ出てくるというのです。日常を破るのは「苦」でしょう。
それが生きるということの内実であって、苦を遠ざけようとする日常に埋没していると、如が来ているのに気づかない。「真」のはたらきに出遇うことができない、つまり生きるということの内実が失われているということです。

二日酔いの一日もまた、日常を離れた感覚ではありますが・・・などと。

コメント

私の行き先

2011年08月14日 | ブログ

Hp2011

常照寺ホームページ http://www17.ocn.ne.jp/~jyosyoji/events.html

コメント

あっちからこっち

2011年08月09日 | ブログ

仏事は誰のために勤めるのか。
遺された者の心情的には亡くなった方のためにというイメージがどうしても強いのではないかと思います。
ましてやお盆となると、一般的に先祖供養という認識を強く感じますから、こちら側(生きている者)が、あちら側(亡くなった方、先祖)に、つまり亡き人のために勤めるという「追善供養」的発想が支配的です。とくに「施餓鬼」ということをいいますと(浄土真宗ではやりませんが)、「餓鬼に施す」だけで済ませてしまえば、私たちが餓鬼のためにやってやる自己満足にしかなりません。(くれぐれも施餓鬼を否定しているのではない・・・)
しかし仏教は死んだ人のための教えではありません。
大切な方、身近な方の「死」が縁となり、私が受けとっていく教えが仏教です。
さて今月の掲示板には、写真家の藤原新也氏の

死とは
死を賭して周りの者を導く
人生最期の授業

というご述懐を、何のひねりもなくそのまま記させていただきました。

遺された者の追善供養によって亡き人を救ってやるのではなく、亡き人が死んでまでして遺された者を導いて下さっている・・・亡き人がそのいのちを賭けて、遺された者が仏さまに手を合わせる人間にしてくださっていると受けとめていく。それが亡き人やご先祖を仏さまと敬っていく姿であり、遺された者のせめてもの態度なんでしょう。
ところで(たびたびですが)常照寺の東屋には

親なればこそ死してなお子を育てる

という表現もあります。

http://www.fujiwarashinya.com/
http://www.higashihonganji.or.jp/special/#/goenki/goenki_gallery

コメント

主客転倒

2011年08月03日 | ブログ

「もうすぐ忙しくなるね」とこの時期よくいわれます。
日ごろは「どう最近?忙しい?」のあとに「お坊さんに忙しいかどうか聞いたらアカンか・・・」とフォローを入れてくださる方も少なくありません。
「お坊さん=お葬式」という一般認識によるもんだと解釈しています。
言うまでもないことですが、「坊さんに忙しいかどうか聞いたらアカン」とフォローされる方は、死人が多いかどうかを聞くのが不謹慎に感じてのことでしょう。
普通の会話であれば「儲かりまっか」「ぼちぼちでんな」ですから、私も「ボチボチ」と応えるのですが、ボチボチ(忙しい)の中身は決して死人の数によるものではなく、子どもの送り迎えだったり、使い走りであったりです。
一般的に「ボチボチでんな」というと、そりゃ商売繁盛で結構ですなというイメージですが、葬式が多くて商売繁盛ってことはありません。
寺が商売かどうかはともかくとして、寺の「繁盛」というのはいったい何を意味するのか。「仏法ひろまれ 世の中安穏なれ」の仏教ですから、「繁盛」は仏法がひろまることです。世の中が安穏なることです。

さてお盆は、お申し出のご門徒を一軒一軒お参りさせていただくのですが、それに対しても同様に「お客さんまわりご苦労さん」という目線があるようです。
俗にいう「檀家参り」を「お客さんまわり」と・・・。
酒席であれば「ご門徒」と「お客さん」についてのお説教をはじめたいところですが、日常の会話の中では「ご門徒は寺のお客さんではありません」などといちいち説明できません。
一般的には檀家や門徒は、寺の行うサービスを受ける権利がある者のように受けとられてきている感がありますが、寺はご門徒の施設です。読んで字のごとくご門徒の施しによる設えですから、ご門徒の財産ということがいえましょう。
ご門徒お一人おひとりの寺であれば、ご門徒が同時に「お客さん」になるということは滑稽なわけです。自分の家でお客さんになっちゃうのですから。(もちろん寺を預かるという態度からすれば、ご門徒をお迎えするという態度も必要ですが・・・)
では、どなたを客人とするかについて

仏法をあるじとし 世間を客人とせよ
蓮如上人御一代聞書

というお言葉をいただいています。

世間、ここではご門徒でない方々を客人としなさい、ということでしょう。
世間には念仏以外の様々な宗教や教えがありますが、それらを信じておられる方々をお念仏の道場にお招きするのであればお客人として迎えよということです。
念仏以外の神や仏を信じる者を決して遠ざけてはなりませんよということです。
とすれば、やはり世間という客人をお迎えするのが、仏法を主とするご門徒なのですからやはりご門徒(檀家)に向かって「お客さん」とは失敬なんだと思うのです。
さて一方で、「最近、寺の参詣はお客さんが多くなった」という声があります。
ご門徒を客人にしてしまっている一人の寺の居住者を指摘して下さる言葉です。

コメント