遊煩悩林

住職のつぶやき

おくりびととおくられびと

2008年09月28日 | ブログ

話題の「おくりびと」を観てきました。
泣きました。そしてその涙は何だったのかを考えさせられています。私を含め、多くの人は身近な人の死とダブらせてそこから知らされてきた大切なことに改めて気がつかされた涙であったのでないかと思います。

全国で大ヒット上映中とのことですでにご覧になった方も多いと思いますが、この映画は主演の本木雅弘が藤原新也氏の「メメント・モリ」という書物に出会ってインドに赴き、そして東本願寺出版部から「いのちのバトンタッチ(tomo-books)」を出版された青木新門氏の「納棺夫日記」に強く影響を受けたことから、企画を立ち上げ、映画化された異色の映画です。
藤原氏の著書がきっかけになったことはメディアが伝えるとおりですが、青木氏の経験に基づくところはあまり報道もされていません。実際に映画のエンドロールにもまったく登場はしませんが、青木氏の著書を読まれた方であれば「納棺夫(「納棺師」の表現は男女差別に配慮してのことか?)という特種な職業ということも踏まえて、間違いなくリンクしていることを感じるに違いありません。
わざわざそんなことを申し上げてよいのかどうかもわかりませんので、ここではとくにそのことには触れませんが、映画を見た感想をとどめておきたいと思います。ただ、藤原氏の著書や青木氏の経験を見聞きした人は数知れませんが、そこから感じたことをごまかさずにここまで表現されてきたことを思えば、本木雅弘という人間の根底のところに流れている「いのち」とその背景にも思いが至るところです。ここにこうして私たちの目に触れるようにまでして伝えなくてはならない何かが「いのち」として彼に流れているのでしょう。

私以外にも、涙し、すすり泣く声が劇場中に響いていました。それは、役者の芝居によることは間違いありませんが、その「間」によってなのだと思います。
まだご覧になっていない方もいらっしゃると思うので、内容には極力触れたくありませんが、なんとも台詞の少ない映画のひとつだと思います。
ですが、その台詞と台詞の「間」にいちばん大切なメッセージが込められてある。脚本中の「石ころ」がポイントのひとつですが、ことばでは伝え切ることができない事柄、もしくはことばで伝えるよりも伝えやすい事柄がそこに表現されてあるのだと思います。

印象的なのはおおまかに3点。
ひとつはワーキングプアという現代の問題。主人公はオーケストラのチェリストという仕事を干されるのですが、それは興行的なストーリー性への配慮でしょう。誰もがその道に入る可能性を示しています。
ふたつ目は、広末涼子演じる主人公の妻の台詞。亭主の仕事を知ってその手を振り払い「汚らわしい」と罵る場面。社会の縮図が描かれています。
そして、ある登場人物の棺のふたが閉じられるシーン。閉じて見送る立場ではなく、棺桶の中から閉じられる側の目線が挿入されていました。あなたは送るだけのひとではありません。送られる人なのですよ。これがメインテーマでもありましょう。
それ以外にも印象的な場面は数多いのですが、とくに記憶に残っているのは私の場合この3点です。
リストラされた男が田舎へ帰り、きっかけがあって職に就く。差別に耐えながらその仕事をまっとうしていく男の人生、それだけの映画ではないのでしょう。
私たちが一体何のために生まれて、何をやって生き、どうなっていくのか、またどうなりたいのかということを問わされる映画です。

ただ納棺師という仕事。この映画を話題にするメディアの方々が、肉親を亡くしたときにその現場に出会ったようなことをいっているのですが、どうなのでしょう?「納棺師」というプロに出会う現場は果たしてどれだけあるのか。
私の場合、父母と祖母の臨終を看てきましたが、2人は病院で亡くなりましたから病院で体をきれいにしてもらいましたし、1人は身内できれいにしました。いま、人の生命がほとんど病院で尽きていくとすれば、そこで最低限の処置はされるわけです。自宅やそれ以外の場所で亡くなったとしても、身内が湯灌すればいいわけです。よっぽどどこかの何とかという納棺師に頼みたいと遺書でも残しておかなければなかなかそんな現場には出会えないのではないかとも思うのです。
たとえば私が死んだときにはこんな納棺師さんにやってほしいなー、とかいう問題ではないのでしょう。映画中に「本来身内がやること」を他人がやっている「超隙間産業」とありました。その認識が大切なのです。
実際の現場では、身内を閉め出して行われている湯灌が一般的なのでしょう。さらには葬儀の一式が金銭化されて、何をしていいかわからないから葬儀社任せになっていく・・・、またそれに反抗しているわけではないのでしょうが、家族葬や直葬が流行する。私たちの生きている現代社会からはそんな経済的な観念、もしくは合理的な観念しか生まれてこないのかもしれません。
葬儀に際してどうしていいのかわからない。だから丸投げ。だから放棄。いろんな理屈をつけてそうやって時代に流されていく私たちなのでありましょうが、ただひとつだけでもはっきりしたいことは、亡き人を前にして自分はどうしたいのか、ということ。そして、いざ自分が送られるときはどうされたいのか。どうしたい、どうされたいと望んでもそれが実現できるかどうかはわからないところの話です。ですが、そのことをはっきりさせてそれを身近な誰かにどうやって伝えていくのか。それが私たちの人生なのではないでしょうか。
「おくりびと」ではそれが「石ころ」でありましたし、身近なところでは毎朝黙々とお内仏(お仏壇)に向かう祖母や父の背中なのでありました。

コメント

何に気づくかということ

2008年09月27日 | ブログ

後輩が経営するガソリンスタンドに立ち寄ったときのこと。
後輩が「忙しいっすか?」と尋ねるので、「彼岸だからね」と応えると、「彼岸はいつからいつまでなんですか?」と。「秋分の日がお中日でその前後3日間がお彼岸だよ」と伝えてきました。「そんなこと僕らの年代ではあんまり知らんでしょ?」「うーん、どうかなー、知っとる人は知っとるし、知らん人は知らん」。「そのままですやん!」と、そこではそれまでの会話でしたが、彼の脳裏は「?」でいっぱいだったような気がします。彼岸とはいったい何なのかということです。仏事としての本当の彼岸の世界に出遇ったことのない彼にとっては・・・。

彼岸の法要をお勤めしました。今年も名古屋東別院の教化センター主幹である荒山淳先生にお越しをいただき法話をいただきました。
「気づくことからしかはじまらない」と締めくくられました。
「まず」気づくことだ、と。それはつまり「気がつかされる」ということです。おのれが気がついたつもりになっていたことが、実は気がつかされたのであった、と。そこにそれを「気がつかせしむる」はたらきがあったことに気がつかされてくるところに大切なことが見出されてくるのでしょう。同時にそれは気づいてくださいという先生のメッセージであったようにも感じます。
では、いったい何に気づくのか。

法話の讚題は讚阿弥陀仏偈和讃の最初に出てくる愚禿釋親鸞作の和讃、真宗門徒であれば幾度となく口にしている

弥陀成仏のこのかたは
いまに十劫をへたまえり
法身の光輪きわもなく
世の盲冥をてらすなり

という偈です。
阿弥陀如来の智慧が光にたとえられて、その光は十劫という、とてつもない時を流れて、「光輪きわもなく」ですから、「際限なく」余すところなく照らしてくださってあるのです。その対象として「私」を「盲冥(もうみょう)」といって言い当てておられるわけです。
「盲」はみえない、「冥」は冥土の冥、つまり暗黒、暗闇ですから、先生の言葉を借りていえば「人のことばかり云うて、自分のことが見えない、見ようとしない」様をいうわけです。
つまり私が「まず」気づかなくてはいけないのは、そんな「私」です。自分のことがはっきりしないのに、他人のことはああだこうだと言い放っている「私」です。そんな紛れもない私の姿に気づいたときに、それを気づかせしめたのは何であったのか、と問うたときに、親鸞という人によればそれが如来の智慧であったと受けとめられてくるのでしょう。

彼岸に遇うというのは、死んだ誰かに遇うのではないのでしょう。先祖の墓に花を手向けて満足している自分に、私に遇うということです。「そうじゃないだろう?」と、その縁となってくれているのが亡き人なのでしょう。
例のガソリンスタンドの彼の「?」が解けるには時間が要るのかもしれません。ですが彼の「?」を大切にしていきたいと思います。

コメント

秋のお彼岸

2008年09月18日 | ブログ

秋の彼岸会
9月23日(秋分の日)午後2時
法話 真宗大谷派名古屋教区教化センター主幹
荒山 淳 先生

彼岸のひととき、是非ともご聴聞ください。
ご参詣をお待ちしています。

彼岸会終会後 門徒総会

・ 2007年度決算
・2008年度事業計画等


常照寺墓所 納骨式と追弔会
9月23日 正午
やすらぎ公園 常照寺墓所にて
ご門徒・有縁の方々の分骨を納め追弔会をお勤めします
これまでに納骨された方々もご自由にお参り下さい

コメント (1)

テレホン法話

2008年09月13日 | ブログ

  真宗大谷派三重教区

 24時間いつでもどこでも こころをひらくテレホン法話

? 0594-23-6191

 

9月11日から20日まで担当しています。
是非ともお聞き願います。

三重教区の社会教化委員会が広く社会に向けて発信しているテレホン法話。365日いつでもどこからでも24時間、2~3分ほどの法話を聞いていただけます。
同委員会では毎月3人、年間36人のお話をほぼ10日おきに更新しています。
法話は毎年「こころをひらく」という1冊の本にまとめられて三重教区から頒布されています。この「こころをひらく」がすでに29号ということですから、かれこれ30年近く電話回線を利用して真宗の教えに生きる人のことばが発信されてきていることになります。
一方的なお話ですからリアクションも少なく、成果が目に見えるわけではありませんが、法話をお聞きになった方のおこころに何か問題が提起されてきたとすれば、何より有り難いことです。

合掌

コメント

自殺予防番組?

2008年09月09日 | ブログ

昨晩、ニュース番組を探そうとチャンネルを巡っていたら「あいのり(フジTV系/月曜夜11:00)」で手が止まってしまいました。
どこまでが本当のことで、どこまでがつくられたものなのか曖昧なので、混乱しないようにわざわざ見ないようにしている番組のひとつではあるのですが、ついつい面白可笑しく編集された番組の策略にまんまとのってしまいました。
ラオスという国を巡る出演者が、現地で「ピア」と呼ばれる具材の入ったスープを食べていました。その「ピア」は牛の腸内物らしいのですが、これをさも現地の人が「ウンコ」といったかのように演出されていて、出演者らも「カレー味のウンコと、ウンコ味のカレー」的な究極の選択の答えといったところでオチがつけられていました。
現地ではポピュラーな食べ物だとすれば、こんな伝え方はないなと思ってしまいます。「ラオスの人はウンコ喰っとる」というイメージを発信しているわけですから。厳密なところまでは判りませんが、腸内物であればウンコではないはずです。ウンコは排泄されて、ようやくウンコなのでしょうから。
村の学校を訪ねる出演者たち。小学5年生の先生が対応していました。同じ5年生でも11歳から16歳?ごろまでの生徒がいるといいます。農作業や家事が学業よりも優先されているために、それから解放された子どもから順に入学するため?だそうです。
学校の先生が出演者らに尋ねます。「日本はラオスに比べてはるかに便利で快適な生活だと思うのですが、どうして自殺する人が多いのですか」と。そして「ラオスでは自殺する人は年に1人いるくらいだ」と。自殺者の統計がどこまで行われているのかは疑問ですが、どうしてそんな質問が出てきたのだろうかと、首をひねりながらも「うーん」と考えさせられます。
その後、村を散策する出演者たち。そこには凧揚げをしたり、コマを回したり、空気鉄砲をつくって遊んだりする子どもたちの姿が映し出されます。古き昭和の日本とダブらせて・・・。
そんな子どもたちにライチを配る親切な少女。少女の家に招かれて出演者らは少女の家族と団欒します。少女の姉妹の子が「お家のお手伝いはつらくないか?」という質問にこう言いました。「お父さんとお母さんのお手伝いができて幸せよ」と。
さて、問題はここからです。これは私自身の問題です。この少女の語ったことばが信じられない、その私の問題です。ただお上手をいっているのだとしても・・・です。本心か、お上手かはとにかく、そのような感覚を果たして持つことができるかという私のこころです。あげくには言わされてるんじゃないかとまで思っている私という問題です。要するに自分自身が、父母の手伝いができることによろこびを見出すことがなく、ましてやそこに自分自身の幸せを対象化することすら考えたこともなかった私が見出されてきたわけです。
この少女のことばのどこまでが本当で、どこまでがつくられたものなのかは別にして、10歳にも満たない少女がそこに存在の意味を見出せる環境であるとすれば、すごく豊かな社会といえるのでしょう。
この国はどんな宗教観に支えられてあるのだろうかと調べれば「仏教とアニミズム、一部にキリスト教【wikipedia/ラオス】」だそうです。アニミズムはいわゆる「精霊信仰」、つまりすべての物事に霊性が宿っているという考え方ですが、さらに驚かされるのは「仏教とアニミズムが混同されて信仰されていることがある」というのです。まさに日本の信仰に酷似しているような感があります。
だとすれば心配なのは、かつて日本でも「親を敬うこと」が、教育勅語によって強制化されていたことを想像してしまいます。果たして大きなお世話でしょうか。
そしてもうひとつ。どうしてラオスの小学校の先生が「自殺」を問うたのか。今朝の新聞一面に載る「政府公報」によって「なるほど!」と通じるものがありました。
9月10日~16日は自殺予防週間(政府公報)なのだそうです。「あいのり」は日本の若い視聴者の「自殺予防」に一役かっている?のでした。

コメント