遊煩悩林

住職のつぶやき

同じ根っこ

2017年06月25日 | ブログ

今年も福島のこどもたちを三重へプロジェクトが開催される。

http://booses.net/2017.html


開催に向けての実行委員会で、スタッフの事前研修会について話し合っていた時、「今や1F(福島第一原子力発電所)から2F(福島第二原子力発電所)に関心が移ってきている」と聞いた。

廃炉が決まっている1Fがまだまだのなかで、2Fの再稼動を目指す動きがあるという懸念です。

数日前にたまたま見かけたこんな言葉が頭をよぎりました。

恥を忘れた人間は 人間であることをやめた人です

洪成潭『週刊金曜日』

「2F」に向けられた言葉ではなく、朝鮮学校への補助金再開を求める活動のなかで生まれてきた言葉ですが、根っこのところでつながっていることを感じます。

福島第一原発の事故が起きた半月後、東日本大震災によって校舎が全壊した東北朝鮮初中級学校に宮城県は補助金の打ち切りを伝えたという。

補助金の打ち切りは何も宮城だけの話ではない。『(週間)金曜日』によれば、「ヘイトスピーチ解消法」が成立するのを先回りして文部科学大臣が各都道府県に補助金交付の再考を促す通知を出していたという。それは「朝鮮学校は人権番外地」とのメッセージだった、と。そして「植民地主義に未だ終止符を打てないこの社会の恥を射抜く言葉として、「恥を忘れた人間は人間であることをやめた人です」と。

沖縄の基地問題も同根です。

さらに『金曜日』には、「恥をそれとして認識すらできぬ者たちが跋扈する今、人間であることの条件は分かち持てるのだろうか」。私の「無関心」が「子どもを狙った恥知らずな差別を支えている」とも。


親鸞は

無慙愧は名づけて人とせず

『教行信証』

という。

http://www.otani.ac.jp/yomu_page/kotoba/nab3mq0000000me1.html


罪に対して痛みを感じ、罪を犯したことを羞恥する心。「慙愧」がなければ人ではない、と。

「恥をそれとして認識すらできぬ者」が私だとすれば、私はもはや人ではない。ひとでなし。

福島のこどもたちの「放射能のないところで遊びたい」ということばによって、ようやく私の人間性が問われ、それに応えようとするみんなが人間性を回復させられている。

コメント

永遠の微調整

2017年06月09日 | ブログ

永代経のお知らせです。

名古屋から荒山優さんにお話に来ていただきます。

うちの子どもたちが優さんに会いたくて会いたくて・・・ 

「優さんは、遊びに来るんじゃないからね。仏さまのみ教えを伝えに来るんだからね。ちゃんとお話を聞こうね」

どうなることやら・・・

ご参詣をお待ちしております。

 

さて「永代経」。

一般に求められる「永代供養」の認識とのニュアンスの違いに、自分のお伝えの行き届かなさを感じることがあります。

故人の「供養」を何らかの都合でできなくなる、といった相談が多く寄せられる時代。

「家系が絶える」「跡取りがいない」「娘が嫁いだ」、なかには「子どもに面倒をかけたくないので、お寺で全部やってほしい」という方も。

例えば、都会に出ていった息子の家族に、(法事とかの)「面倒」をかけたくないので、「お寺で全部やってほしい」というようなニュアンス。

不謹慎ながら、法事を勤めるということが面倒であるということは薄々わからなくもない。でも息子が親の法事に帰省するのは面倒なことかどうかはわからない。まして忙しくしている息子がいつまでも忙しくしていられるかどうかもわからない。

暇になったらやるかということではないですが、子に面倒をかけたくないというのは、「面倒をこなして」きた人からしか出てこないのでしょう。

「ワシに何かあったときは全部お寺に頼んで任せてあるからお前たちは何もしなくてもいい」というのを、いまどきの親心というのか。

親を亡くして何もすることがない虚脱感ほど子どもにとって辛いことはないかもしれないとも憂います。

そこで「永代経」。

その願いを確かめると「永代供養」とは似て非なるものだと思う。

確かに「永代供養」は「永代経」の願いに触れる大切なきっかけ、「ご縁」となることは間違いがない。

だけど、お寺に預けてあるから何もしなくてもよいのとはまったく違う。

「お寺で全部やってほしい」という「供養」とは何だろうか。

お寺がやることは、仏さまの教えを儀式をとおしてお伝えすることだ。儀式をやるだけでなく、お伝えするために儀式がある。誰にお伝えするか。身近な人の死を縁としてその身近な方々にお伝えするのが勤めのひとつだとすれば、伝える人がいなくなるほどお寺や僧侶が虚しいことはない。お伝えする人が誰もいない儀式、それを「修行」というのかもしれない(儀式を執行する側がそのまま教えを受け取る側でもある)。

「永代経」の願いの根底は、念仏の教えに生きる人を永代に生み出し続けることだと思う。その生み出す場となってほしいという願いが寺にかけられている。だから常照寺の場合は永代経のまとまった懇志金はすべてご門徒の「護持会」が受け取るようになっている。

どんな生きにくい時代社会であったとしても、そこにお念仏の教えが生きていてほしいという願い。お寺が護持されるという本質はここにある。

だから、「故人のご供養」として志納される懇志は、永代に寺を存続するための懇志として受け取られる。お寺が存続できなければ当然「故人のご供養」も成り立たない。

ただし、お寺がいくら存続したとしても、その願いを受け取ることがなければどうなのか。

寺を過去の「遺産」にしてはならないのだ。

合理的で効率的な供養が求められている社会の中で、時間とお金をかけて勤める法事の意味は大きい。

面倒臭さの中身は、意味を見出せないという無意識の苦悩なのかもしれない。ただ時間とお金の浪費するだけだと思っていたとしても、そこには願いがはたらいている。

あとはアンテナの調整だ。それを受けとる受信機の精度。お寺にぜんぶ預けたはずなのに毎年、永代経の案内がやってくるのはそういうことだ。

永代経は永遠の微調整なのかもしれない。

「人に迷惑をかけるな」と言われて育つと「人に面倒をかけたくない」という人が多いような気もします。

迷惑と面倒は違いますが、少しぐらい面倒がのこってないと、迷惑をかけ、面倒をみてもらった方は恩返しもできない。恩返しは「故人の供養」ではなくて、微調整され続けることといってもいいかもしれない。

ならば、この私が「願い」の方から微調整されることを「供養」といってもいいのかもしれない。

コメント

念仏したらどうなるんだ

2017年06月02日 | ブログ

先月この「つぶやき」(2017.5.25遊煩悩林)に書いた、修学旅行の余韻の中で出遇った朝日新聞『折々のことば』の解説文中のことば。

学ぶことの意味は、じつは学んだ後でしかわからない

鷲田清一

このまま6月のお寺の掲示板に挙げてみました。

孫引きの引用の解説にあった言葉なので、ちょっとややこしいですけど。

『折々のことば』として紹介されていたのは

つまり、知らないことがあること自体を知らなかったわけだ

という戸田山和久さんのことば。

朝日デジタルhttp://digital.asahi.com/articles/DA3S12952578.html?_requesturl=articles/DA3S12952578.html

選者の鷲田さんがこのことばを引っぱってきた感覚を述べた文章のなかにある。

以下、無断転載ですが、

人は学ぶ前に、つい、こんなの勉強して何になるの、と問う。が、学ぶことの意味は、じつは学んだ後でしかわからない。世界には、自分が知らない領域が「想像をはるかに超えて広がって」いることをこれまでろくに知らなかったと思い知ること、つまり「無知の無知の知」こそ〈教養〉というものだと、哲学者は言う。エッセー「とびだせ教養」(「ちくま」4月号)から。

学生時代に読んだ『ソクラテスの弁明』を思い出した。

調べれば何でも答えがわかってしまうような錯覚のなかにいる時代社会のなかで、「学ぶ」ことの意味。

仏教は「教え」です。仏教を学ぶことの意味。

私たちは「なんまんだぶ」とお念仏をすすめる。「念仏してどうなる」という背景のなかで。

「念仏したら楽になりますよ」

「幸せになりますよ」

「病気が治りますよ」

「商売がうまくいきますよ」

「だから念仏しましょう」とは言わない。

何のためにそれを「する」のかを、予めわかっていて「やる」のであれば、どこまでも自分の分別の枠の中から出ることはできないのでしょう。

そこに自分の枠から解放されていく「救い」という世界は成立しない。

それは「学び」ではなく、「利用」だ。しかも「無病息災」「商売繁盛」という欲望に対して「やる」とすれば、それに対して何の利用価値のないものを利用しようとしているだけに過ぎない。

「何のために」と問い続けることは大事なことだと思う。だけど、その答えを握ってしまったらもう「学び」にはならない。

仏教を学ぶことの意味やお念仏することの意味は、まさしく学んだ後、称えてみることの後にしかわからないのだろう。

とわかったような気になっている自分を戒めることばとして。

コメント