大阪グルメ倶楽部

メンソールのグルメレポート&オフレポート

旬・田なべ(割烹、居酒屋/香里園)

2014年10月13日 16時15分38秒 | ジャパニーズ
 京阪沿線にも、行きたい店は沢山あるのと、それなりに関わりのあるエリアではあるので、行動を起こしたい思いは多分にあるんですが、なかなか実行できていないのが正直なところです。と言うこともあって、本日は香里園にある割烹にお邪魔しました。
 
 割烹だけで、居酒屋のような使いやすい店にしたいというのが亭主の思いらしいです。メンソールは、予約を入れたときに、コース料理をオーダーしたんですが、割烹というのは本来、亭主との会話の中から、何を食べるかを決めていくものなので、次回、行く機会があれば、コースではなくアラカルトで攻めてみたいと思ったりはします。当日は、他に二組の客がいたんですが、でもやっぱり、コース料理をオーダーした方が良いものが食べられるんじゃないかなと思ったりはしました。
 
 先ずは前菜なんですが、左上はブロッコリをあしらった卵豆腐。右上は、冬瓜と鶏のそぼろ、右下は人参を使ったムースだそうです。左下は秋刀魚。上手く山椒をきかせてあるような感じです。




 次が造り盛り合わせなんですが、タコが珍しいです。いずれも新鮮で、もう少し寝かせた方が味が出るんじゃないと思ったりしました。左上に添えてあるのは大葉の入った酢飯です。腹を空かしてくる人がいるから、あるいは造りばかりだと飽きるからと言うことで、好みでにぎり寿司のようにして食べてくださいという亭主の配慮です。確かに酒飲みは、最後の最後まで飯は要らなかったりしますが、飲まない人もいるわけで、こうした目の配り方には温かいものを感じたりします。



 
 続いてが椀物なんですが、牡蠣と生麩です。吸い口と合わせてもやわらかな良い味、良い香りです。下記は揚げてあるようで、当たり前ですが食感が、生ともフライとも違う。本当に一瞬の儚い夢のように、パリッとした歯ごたえを残しつつ、ふわりと消えてしまいました。間隙の一瞬でした。



 
 煮物は蟹餡かけです。和食としては定番の料理のように見えて、舐めてかかりそうになるんですが、なかなか手が込んでいて、唸らせてくれます。旨いです。すでにこの時点で、日本酒を三合程度飲んでいるので、何に感激したかは忘れてしまいましたが…。猪口がグラス製の珍しいもので、一気飲みしてしまいそうになるのが難点ではあります。口の広い猪口の方が、いろいろな味わいを感じることが出来ますし、日本酒というのは意外と強い酒なので、いわゆる猪口に一杯分くらいずつを、チビチビと飲むのが飲み手の身体にも良いという先人の知恵なんじゃないかと最近思うようになりました。



 
 続いてが強肴です。強肴と言っていいのか悩むほどの豪華な皿ではありますが…。左手の天ぷらは蟹です。写っていませんが、抹茶塩が添えられています。その隣が白子です。白子のダシがまた美味しくて、こっそり残しておいて、最後の飯物にちょいと垂らして食べてみたくなるほどです。茗荷のしたが秋刀魚なんですが、前菜の秋刀魚と同じ香りがするのがちょっと残念なところでした。




 飯物は、土鍋で炊きあげてくれる穴子御飯です。添えられるのは香物と、味噌汁です。ここまでで、かなりのボリュームですので、とても食べきることは出来ませんでしたので、残った分は持ち帰れるようにしてもらいました。



 
 ラストは蕨餅です。お茶も、飯時のものと蕨餅の時では変えてくれます。





 今回、5,000円のコース(九品)をお願いしたんですが、ボリューム的には苦しいくらい満腹になります。日本酒も、全部で七合くらい飲んだので、女将には呆れられて様な気が…。コースには、5,000円以外にも3,500円、8,000円くらい、10,000万円くらいのものが用意されているようなので、予算に応じて楽しめそうです。個人的には、亭主との会話を楽しみながら、何をオーダーするかを決めていきたい気はするんですが、この細やかさからすると、やはりコースを予約した方が良いのかもしれんと思ったりはします。なお、コース料理は2日以上前の予約が必要です。



(店  名) 旬・田なべ
(ジャンル) 和食
(所 在 地) 大阪府寝屋川市香里園本町通1-8
(電  話) 072-833-2010
(営業時間) 11:30-14:00、17:30-22:00
(定 休 日) 水曜日
(座  席) カウンタ6、テーブル8
(予  算) 6,000円/人
(予  約) ベター
(カ ー ド) 不可
(駐 車 場) 二台分
(ウ ェ ブ) https://www.facebook.com/shun.tanabe.nihon
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ROKUDAI(シチリア系イタリア... | トップ | 三十四代目圓蔵(熊本産馬肉&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ジャパニーズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事