みどりの野原

野原の便り

6月19日 樹木調べの時に見たもの。オトシブミの揺籃 ナツメ ミミズが田んぼの水中に・・ 

2018年06月19日 | Weblog

樹木調べで、樹名板のヒモを取り替えたり、新しく名前を書いたり。
午前中で作業は終わった。

その時や帰りに見た生き物など。

 
古い樹名板を外したら”ガ”のサナギが現れた。何のサナギかな? 右)ヒメジャノメ

 
エゴノキに付いたオトシブミの揺籃 きっちりしたお仕事をしてる。
            右)若いエゴノネコアシ アブラムシの寄生したもの。

 
ナツメの花が咲いていた。星形で目立つのはガク 雄しべの後の小さいスプーン形のが花弁だ。
写真は見にくいが、右の雄しべの下が見やすい。 右)枯れた切り株に生えたキノコ

帰り、田んぼの水の中に長いもの(20㎝ぐらい)を見つけた。

 
最近の田んぼにもヒルがいるのかと気にかけていたので、最初ヒルかと思ったが、ヒルにしては長い。泥の中を這っている。
タウナギかな? 手が届かないので、草の茎を折り取って引っ掛けて土手へ引き上げてみた。
タウナギではなくて、ミミズだった。種類はわからない。

ミミズって水の中では死んでしまうのじゃないの?
でもおぼれているふうには見えず普通に這いまわっていた。

帰ってからネットで検索したら、「水槽で90日 半年生きている」「シマミミズもフトミミズも水槽で飼える」「酸素が水に溶けていれば呼吸できる」などの記事が見つかった。
「イトミミズは水中で生活できるが、普通のミミズは死ぬ」というのもあったが・・

今日のミミズは水中で快適そうに?這っているように見えた。

2015(H27)11月 タイへ、オオミミズ探索旅行に同行させてもらった時


村人がメコン川の泥の中にいるメコンオオミミズ(メコンオオフトミミズだったか?)を探してくれた。長さ2m50㎝ 縄跳びできるぐらいのオオミミズが何匹も採れたが・・・
そいえば、このミミズ、ずっと水中の泥にいるのか、夜にでも岸に上がるのか? 知らない・・

でも、ある程度は水中で生活できるのではと思えてきた。ずっととなるとどうでしょうね?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月17日 昆虫や生き物 アズキガイ 微小カタツムリ

2018年06月18日 | Weblog

 
オオクチナシに付いた黒点はアザミウマ こんな小さい虫だが、アブラムシと共に農業被害が大きいらしい。 右)イヌビワを割ったら、翅の生えた小さい虫。イヌビワコバチか?

 
今日面白かった陸生貝 アズキガイ 右)微小カタツムリ これで成体らしい。名は不明
アズキガイは溝に溜まった落ち葉をのけると見つかる。
口部に蓋がありタニシの仲間らしい。在来種だとか。

 
捕まえたガガンボ キイロホソガガンボ?  ミツバチも捕まえた。
体色でセイヨウミツバチかな?と思ったが、後ろ翅の支脈で確認 
家に連れて帰って1匹犠牲にしてしまった。セイヨウミツバチだった。

他にも細かい虫をいろいろ見た。

 
   メリケントキンソウ        果実になって固くなったトゲ

 
   バカでかいスミレの葉があった。 アメリカスミレサイシン? 
大きい葉は長さ10㎝ぐらいもあった。

雨の日の観察を予定されていたらしいが、皮肉にもすがすがしい晴天の日だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月16日 室生向渕周辺 正定寺 龍王ヶ渕 ホタルブクロ マタタビ 

2018年06月16日 | Weblog

室生 向渕は「むこうぢ」と読むことを初めて知った。

去年行った「龍王ヶ渕」が目的地だが、周辺にも見どころがあるので公民館の駐車場に車を停めて歩く。


向渕公民館 やまびこホール 階段の下に昭和3年の石標がある。
横には広場があり、元学校のような雰囲気だがそのような記述は見つからない。
今日は休館日のようで閉まっていた。
消えかけた矢印に沿って坂を登る。

 
小さいお堂。まったく表示はないが、下にあった地図から「観音堂」とわかった。
  右)境内にはイチョウがあり、小さい銀杏がなっていた。

それから、ちょっと気になるお寺に行ってみた。

正定寺(しょうじょうじ)

 
ちょうど門の前に来た時、ご住職さんが帰ってこられた。
門の左前には「存覚上人創建」と書かれている。名前は聞いたことはないが、由緒ありそうなお寺だ。
入らせていただいていいですか?と境内へ。

 
 
境内はひろびろとして美しく整備されている。
花や木がたくさん植えられている。「スズランもありますよ」
ここ向渕は自生スズランの南現地。見に行ったことはないが、名前は知っている。
 右)境内に植えられ広がったらしい。何か所かに群生していた。
残念ながら花の時期はもうとっくに終わっている。

「よかったら本堂を見ますか」とありがたいお言葉。
閉まっていた戸を中から開けて下さり、私たちのためにライトアップまでしてくださった。
仏像や絵軸などずらりと並ぶ内陣は金ピカ。親鸞聖人(浄土真宗本願寺派の宗祖)750年御遠忌に金箔を貼り替えられたという。

浄土真宗本願寺派という正定寺、親鸞聖人の玄孫という存覚上人(ぞんかくしょうにん)が通りかかって村人に請われ、寺を開基されて670年という。
門と宝蔵を残して本堂が消失したり、再建や修復を重ねつつ今に至る・・

 
他でも見かける天井の花絵だが、これも親鸞聖人750年の御遠忌の時、檀家さんによって描かれたものと聞き驚く。原画も見せて下さった。
「これを皆さんが1枚ずつ家に持ち帰り、アクリル絵の具で描かれたのです」へ~~。
有名画家が描いたものより値打ちがあるように思った。
描いた人の名前を書いた紙も貼ってあった。
子供向けや地域向けや外部向けの行事もたくさんされていて、開かれたお寺であることがわかる。

本尊阿弥陀如来や親鸞聖人、日本に仏教をもたらし仏教を尊ばれた聖徳太子像もあった。
「聖徳太子は日本のお釈迦様」とおっしゃる。
たくさんの尊像や絵像の中に、親鸞聖人と生母吉光尼(きっこうに)の絵像もあった。

吉光尼の名前を聞いて、息子は身を乗り出した。
「あちこちに道標があって気になっていたんです」「そうですか、〇〇にもあります」「〇〇のどこどこですね。△△にもありますね」「そんなん知ってる人いませんよ」とご住職もびっくり。息子は道標研究家?なのだ。

晩年を向渕で過ごされたという吉光尼。まつわる伝承も多いのだという。
いろいろ説明してくださった。

「吉光尼さんに会えるなんて感激」まるで友達のようにいう。


本堂の横の戸を開けると真新しい木の建物があった。
これは宝蔵で二尊堂というそうだ。昨年改修されたばかりだそうだ。
この中には法然・親鸞両聖人の連座像や吉光尼の毛の名号(髪の毛で書いた南無阿弥陀仏の文字)などが収められているとのこと。正月3ヶ日には開帳される。

そして大晦日から元旦にかけて、村人はお寺に参り、本堂へは入らずに二尊堂へ。
この間「無言」で、年初め、二尊堂での第1声は「南無阿弥陀仏」と唱えるのだそうだ。
「無言参り」という。
年の初め「おめでとう」という。その語源はモンゴルの「おみとう(?)」で、これは南無阿弥陀仏の意味なのだとか。
約1時間ほどいろいろ説明してくださった。

門の前で「ここは街道なんですよ」「五ヶ谷街道はここを通っていたのですか」その話でまた盛り上がり・・「そうです。そうです。よーう知ってますなあ」とまたまた驚かれた。

正定寺を出て、ご住職に教えていただいた「存覚上人腰掛石」を見た後、向渕公民館に戻り、お弁当を食べた。

さて、今から龍王ヶ渕へ。車で行く?歩く?
場所は下って登った山の上。
楽ちんに流されそうになったが「歩いたら色々見れる」と歩くことに。

車道迄下り。
 
斜面にはホタルブクロがたくさん咲いていた。白に混じって紫の花もあった。
橋を渡って集落を登る。花や草も見ながらずっと登り。


龍王ヶ渕・堀越神社の表示版を入る。

駐車場には6台ほど車が止まっていた。(去年は8月 車が1台 人2人)


堀越神社「伝承 堀越頓宮跡」
豊玉姫命が祀られ、旱魃の時にはここで雨乞いが行われるとか。

龍王ヶ渕
東屋には1組先客があったので、池の遊歩道を少し回ったが、ヨシが繁って見通しがよくない。
釣りは禁止と書いてあったが、何人か釣り人がいた。
 
池から突き出した木の上にカメが日向ぼっこをしていた。
黒っぽい体、頭の横のオレンジ色も見えない。おっ。イシガメか・・
ちょっと期待したが、帰って写真を拡大してみたら背中に3本のキール(盛り上がり)
外来のクサガメだった。
途中で引き返して戻った頃には休憩所も小さい桟橋も空いていた。

去年8月にはここでオオマリコケムシの巨大な群体を見た。
今年も見れるかと思ったが見えない。水は緑色で不透明なせいか?季節の関係か?


静かな湖面に向こうの山が映る。絶景ポイントにもなっているらしいが、去年息子に連れてきたもらうまで名前も知らなかった。近くまでは何回か来ているのに。
もう少し水がきれいだといいのになあ。去年もこんなだったかなあ。

休憩して山を下る。
途中で畑にいた方から景色のいいところがあるとの情報を得て、途中から急な坂道を下る。
下りながら、こんなに登ったのかと思う。


おお~っ。絶景かな。 向渕、この静かな山里が大好きになった。
下ってまたやまびこホールまで戻る。
 
帰路、息子は道標の写真を再度撮り、私は途中で見かけたマタタビの所で停めてもらい写真を撮り、今日の一日のドライブハイキングが終わった。

6.7キロぐらいの距離を歩いたらしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月14日 甘樫丘 ネムノキ オカトラノオ ウツボグサ ホタルブクロ

2018年06月14日 | Weblog

甘樫丘の観察会

 
    ウツボグサ               オカトラノオ
これらは植栽されていた。ホタルブクロもたくさんあった。

 
オオムラサキの飼育小屋 中にエノキを植えて、里山クラブのメンバーでお世話されている。
 右)網の外から見ると成虫が飛び回っていた。モンシロチョウの2倍ぐらいもあるかと思えるほど大きかった。

 
今の季節カノコガが多い。翅の白い部分は半透明  右)ナナフシモドキ

 
見慣れぬ葉 でもどうもカエデドコロのようだ。 葉柄の基部に突起もあった。

 
高いところにネムノキの花が咲いていた。   落ちていた花
花がたくさん集まっている。ピンクの糸状のは雄しべのようだ。
じゃあ雌しべは? →のものが雌しべかと思ったが、これは蜜を出す花のようだ。
雄性先熟らしいので、まだ雌しべは出ていないのかもしれないと思ったがどうでしょう?

 
白と緑に塗り分けられた「クズ」アルビノ? 緑色が少し残っている葉もあり、右のように塗り分けたような葉もある。これだけ白い部分が多いと、光合成が出来なくて枯れるかなあ?

帰り道

 
垣根にトケイソウがたくさん咲いていた。 果実も出来ていた。パッションフルーツもこの仲間だ。トケイソウとはよく言ったもので、雌しべが短針長針秒針に見える。
見れば見るほど面白い花だ。
外にあるのは花弁とガク片 その内側にある細いカラフルなものは副花冠、その内側に5本の雄しべと前へ突き出している3本の雌しべ。変わってるなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月13日 うちの庭 トウチクラン ヒメヒオウギ 

2018年06月13日 | Weblog

庭の花

  
         ビヨウヤナギ  キンシバイ 咲き続く

 
   キョウチクトウ 白        ホンコンカポック 果実

 
     トウチクラン      ヒメヒオウギ あちこちに散らばっている。


    真っ赤なゼラニウム

ベランダ

 
大きく育ったイヌホオズキ         花
 
  イヌホオズキ 花と果実          ハマナデシコ

 
ミニトマト 順調に成長 花から実へ。  したから1つ二つと熟していく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月12日 幼稚園児と交流 

2018年06月12日 | Weblog

地元の幼稚園児との交流会が雨で延期になって、今日になった。
ちょっとうっとおしい天気だが、園児の元気な声で雨雲も吹っ飛びそう。

4つの草の名のグループに分かれて、公園近くを一回りする。
オオバコグループ チガヤグループ クローバーグループ そして私の班はカラムシグループ カラムシはどこにでもあって、あまり園児が知らなさそうななのでグループ名にした。

 
カラムシグループは11人。先生に可愛いカラムシの布ワッペンを付けてもらっていた。

カラムシグループは先生と私たち2人のおばちゃんの引率で一緒に花の咲いている草を匂いを嗅いだりくっ付き虫を付けたり、遊んだりしながら歩く。
特にグループ名になったカラムシを覚えられるように葉の裏の色や茎の皮を剥いで引っ張りっこをしたりよく観察した。
エダナナフシを見つけたが、女の子は身を縮めていた。

そして、カラムシの他にも好きな草花や葉を摘んで帰る。

室内へ戻ってから班ごとに画用紙に摘んできた葉や花などを貼り付けた。
これは幼稚園へ持って帰って飾るそうだ。

 
班ごとの発表で、出来上がった作品を見てもらい、カラムシデッポウもポンといい音がして拍手。
他のお友達にもカラムシのこと教えてあげられるようになったかな?

少しの時間だったが可愛い子供たちとの楽しい時間だった。
つないだ手の柔らかい感触もなつかしかった。


園児からかわいいお土産をいただいた。
部屋に飾っておきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月11日 カノコガ・ヨツボシホソバ・アメリカジガバチ・コフキゾムシ

2018年06月11日 | Weblog

映画を見に行ったついでに歩いた時に見た昆虫。

 
アメリカジガバチ 細い糸のような腰 クモを狩るそうだ。
         右)ヨツボシホソバ ♀ きれいなオレンジ色に黒の水玉

 
   コフキゾウムシ 交尾中       ホシハラビロヘリカメムシ


    カノコガ 多い

他、ナナホシテントウやナナフシモドキやバッタの幼虫もたくさんいた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月10日 チョウゲンボウ

2018年06月10日 | Weblog

近くに巣を作っているらしいと少し前から聞いていた。

行く機会もあるのに、始まる時間ぎりぎりに行き、帰りはすっ飛んで帰るので見たことがなかった。今日は家にいたのでちょっと見に行ってきた。

 
行くとすぐ分かった。2羽が飛び交って、近くの家の屋根や電柱に止まったり、巣を作っているらしい施設の大屋根に止まったり・・しばらく姿を観察させてくれた。

 

 
双眼鏡を持った人が来ることもあるらしいが、今日はだれも来ず、行き過ぎる人ばかり。
しばらく独占で見ることができた。     右)左の写真を切り取った。

巣は建物の屋根の下方の段になっている所かと思うが、もう孵化したのかもわからない。
私が見ている間には、餌を運んでいるふうでもなかった。

飛び回っているのは多分雄雌だろうと思っているが、どうだろう。

近くの田んぼは田植え直前。田起こし?の耕運機が田んぼから上がってきた。

 
ムクドリが水の中に2羽入っていた。  ツバメは田をかすめて飛ぶ。
巣材の泥土を集めているのかな?  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月9日 2日目ー2 上野森林公園 モウセンゴケ イシモチソウ ハッチョウトンボ

2018年06月09日 | Weblog

午後、友人宅から車で上野森林公園へ。

以前にも何回か来ている。前のメモを見ると秋に来ていることが多く、この季節に来たのは初めてだった。


ビジターコテージで展示を見た後、公園内へ。

広い園地。まずはサギソウ園へ。

  
         池に続く湿地  木道(八つ橋)がかかる。
一見何でもない草地に見えるが、よく見ると細かい湿原の植物が生育している。

 
モウセンゴケ 赤葉の腺毛から粘液を出して昆虫を捕獲して栄養とする食虫植物だ。
                  右)トキソウもたくさん咲いていたが遠い。

ハッチョウトンボも見えた。湿地の細かい植物はほとんどわからない。

 
園路の近くにイシモチソウの群生があった。こんなにたくさんのイシモチソウを見るのは初めてだ。ちょうど花期らしく白い花が咲いていた。美しい。

 
     ウリカエデ             テリハノイバラ

 
園内には小さい湿地や水たまりなどもある。  オオシオカラトンボ

 
上の左の池で、近くでハッチョウトンボを何匹も見ることができた。
真っ赤な雄 1円玉に納まるぐらいの小ささ。
なぜか雄ばかり。トラ模様の雌も見たかったなあ。
(私のはピンボケだったので、ハッチョウトンボの写真はメンバーの方のを使わせてもらいました)

 
     静かな園路         ミヤマガマズミ 果実をつけていた。

 
     ハンノキ         サクラバハンノキ 幼木には赤い斑が入る。


  コトリトマラズ(メギ科)
固まった葉の付け根に長くて鋭い棘があるところからの命名。実は緑色。

秋に来た時にはコトリトマラズの実も真っ赤になっていた。
マアザミ・リンドウ・ウメバチソウ・スイランなども花が咲いていた。
季節毎にまた違った湿原の様子を見ることができるし、その季節の湿原植物に出会える。

最寄り駅まで送っていただいた。感謝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月9日 2日目-1 お天気も回復 ヤマトテンナンショウ モリアオガエル・アマヅル 

2018年06月09日 | Weblog

朝、雨は上がった。

朝食を挟んで、周辺を散策。

昨日も見たテンナンショウの仲間 いつもよく見かけるのとは違う。
 
 ヤマトテンナンショウではないかと思う。 たくさん見た。

 
アマヅル? ノブドウかと思ったが、ツルの出方が違うし、葉につやがある。
                       右)クロヒカゲ


 
アオギリ(左)とキリ(右)がすぐ近くにあった。
キリの葉柄は中空なのを知っていたので、アオギリの葉柄を切ってみたら、中は詰まっていた。
キリと名は付くが別物だから当然か・・

 
側溝の水たまりにモリアオガエルの卵があった。黄色っぽい粒(卵)が見えていた。
   右)下の水中にはモリアオガエルがいた。卵を産み終えた雌?雄?不明。
     
フキバッタの幼虫らしいものや、エダシャクの仲間など虫や、鳥などを観察しながら歩いた。

周辺には昨日も挙げたシロモジ・アブラチャン・ウツギ・イボタノキやイチゴの仲間・サンショウ・テンナンショウもたくさんあった。
シカが出没するらしい。残っている植物の中にはシカが好まない植物が残っているのかもしれない。
シカがこれ以上増えないとよいのだがと思う。
お昼頃まで周辺を歩木、普段は見ない木や草をたくさん見ることができた。

午後は三重県立上野森林公園へ移動する。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加