マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

ニコデモの人生・・・『人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることが出来ない。』 そして 『聖霊が、あなたにすべてのことを教える。』

2019-05-20 13:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

 


今日は5月20日。月曜日。薄雲り後雨。

今日は月一の『聖書の会

              聖書精読グループの月例会
 
        『OLD TESTAMENT 舊約全書』       
我が家の宝物

       大正五年六月廿一日印刷 大正五年六月廿四日発行
          綿々と、代々、引き継がれる『聖書』

 

  『聖書の会』   

   月一回、7人が集まり、意見を出し合い、聖書の一部を精読、深読する。
   最新の新共同訳聖書、古い聖書、英語の聖書 と、『御言葉』を比較する。
   『聖書100週間』を終了した一夫人が、お宅で開会。それ以来2年半の学びの日々となる。

 

   『今日の精読範囲』 は 『ヨハネ福音書 3章1節~15節』
   ニコデモが、イエスと出会い、人生の大転回をする場面です。
          
・・・人生の大転換! あこがれますよね。

    
    『ファリサイ派で最高法院の議員であったニコデモは、
      ある夜、イエスのもとに来て言った。
 

 「ラビ(先生)、わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることは知っています。
神がともにいられるのでなければ、あなたのなさるようなしるしを、だれも行うことはできないからです。

        イエスは答えて言われた。

はっきり言っておく。
      
人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。

     そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、
  
      『蛇にかまれた者がそれを見上げれば、命を得る。』 民数記21-8

      
      人の子(イエス)も上げられなければならない。
  
    それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。」
                                                           
ヨハネ福音書 3章1節~15節

 

イエス様と話し合った後・・・

   伝承では、ニコデモは、イエスを信じ、キリスト教徒となりました。

 『実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです。』
                                ローマの信徒への手紙  10章17節
       ・・・『パウロの言葉』が実感できますよね。


更に。
その後・・・
 
  ニコデモは、信仰者として、信仰が強まり、誰をも恐れることなく、
          雄々しくなっていくのです。

        
    ユダヤ人指導者たちが、イエスを非難する時、
 
 『我々の律法によれば、まず本人から事情を聞き、何をしたかを確かめなければ、

    判決を下してはならないことになっているではないか。』 ヨハネ福音書7-51 
             ・・・と。 イエスを弁護します。


    イエスの処刑後、
 
 『
イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れてそのことを隠していたマタヤ出身のヨセフが、
   イエスの遺体を取り降ろしたいと願い出、遺体を取り降ろした。
     そこへ、
   かってある夜、イエスのもとに来たことのあるニコデモも、
    没薬と沈香を混ぜた物を百リトラばかり持ってきた。
    
       彼らは、
イエスの遺体を受け取り、
  
  『イエスの遺体を受け取った場所』          於。聖墳墓教会。昨夏の巡礼時に

     
      ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布に包んだ。』

     
       『イエスの遺体を降ろし、香油を塗り、亜麻布に包んだ』     
                       
於。聖墳墓教会。昨夏の巡礼時に  

             
  『場』に手を当てて、ある人は涙を流しながら、祈りの人々が絶えませんでした。
                        

 更に。
その後・・・

       ニコデモは、殺され、殉教したといわれています。


    ニコデモは、
  『新たに生まれる』という『イエスの御言葉』を、最初は理解できませんでした。
      文字通りに、『新たに母から産まれる』ことと思いました。

  『新たに生まれる』とは、洗礼を受け、霊的に産まれるということです。
        神を中心に、『新しい生き方』を始めるのです。
     イエスを知り、神を知り・・・『永遠の命』に生きるのです。

  『新しい誕生』は、聖霊の働きであり、目に見えるものではないのです。
      風は、目に見えなくても、確かに感じることができるように・・・
     聖霊の働きも、目には見えませんが、確かに働いているのです。
      

  洗礼によって『新たに生まれれば、神の国を見ることができる。』のです。
                   ヨハネ福音書 3章3節

 

    『聖書の会』で学ぶ7人は、2人がキリスト者、5人は求道者です。
    5人の女性が、イエス様にラブラブになる日 はいつでしょう?
        『神様の時』を待つ私は、『聖書の会』が楽しみです。大好きです。
            
   

そして。

今日は5月20日。復活節第五月曜日。

『今日の集会祈願』

 『永遠の父よ、約束された聖霊を待ち望むわたしたちの祈りを聞き入れてください。
   移り変わる世界の中にあって、わたしたちが心を一つにして愛の掟を守り、
       いつもまことの喜びに生きることができますように。』

そして。

『今日の福音 イエスの御言葉

   『そのとき、イエスは弟子たちに言われた。

      弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、
    
      『聖霊降臨』            エル・グレコ作品

  あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。」』                  
                  ヨハネ福音書 14章21-26節

   

  イエスは、別れを告げる昇天直前に、母マリアや弟子たちに約束しました。

『わたしは父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われる。』
                   ルカ福音書24章49節

    
        見えなくなったイエス様は・・・
     『聖霊』において、
 私たちは、いつも、イエスと一緒なのです。イエスは共にいてくださるのです。
 私たちは、いつも、三位一体の神様とも一緒なのです。神様は共にいてくださるのです。

 

        ニコデモは、
      イエスと語り合い・・・聖霊を豊かに受けたのでしょう。
      何もかも、聖霊の力によって、一気に、理解ができたのでしょう。

 
    『聖霊』において、
       イエスの御言葉を学びながら・・・
       私たちも、『三位一体の神』がお住まいになる、

       『神の神殿』 になるのです。 コリントの信徒への手紙Ⅰ 3章17節

 

     キリスト者は、『神の神殿』です。
 ニコデモのように、自分の生き様で、キリスト・イエスを証ししなくてはなりませんね。
              聖霊に助けられながら、頑張りましょう! ファイト!

    

皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。
昨夜、関西では大量の雨降りになりました。皆様の所はいかがですか? お元気で!

コメント   この記事についてブログを書く
« 7時間&37242歩&19㎞・・・... | トップ | 『わたしたちが神の国に入る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。」カテゴリの最新記事