katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuの日記

キウイ教室とデイ・サービスのサンプル

2021-11-30 01:58:46 | モザイクタイル教室

今日はちょっとした手違いで、急きょ父の入院先の江戸川病院に行く事になったのね・・・今日の検査の結果次第で明日退院って事になり、その結果報告やら何やらがあるらしいのね。そんな訳でキウイに終わり次第連絡って事になったのね。

まぁしかし、この所良く通っているので、もう見慣れてしまったこの病院・・・以前お知らせしたけれど、何しろあれこれ突っ込み所満載の病院なのね。まず駐車場のペイント・・・何か壁に絵が描いてあるのね。ちょっとしたストリートの絵。

そしてまず出て来るのがエミューの小屋。ちなみに知らない人に簡単な説明をすれば、小型のダチョウ。そして更に歩くと、まずは伊勢海老の水槽があり、総合受付の前には、イグアナやアロワナなどがお迎えなのね。

ちなみに忘れては困るのが、ここは病院なのね。更に至る所の壁や天井にも絵が描いてある。その絵もかなり攻めている外国の地下鉄って感じだったりする。更にここは何室みたいな表示が、ドンキのポップ?って思うような文字だったりして・・

ただ結構見て来たから、簡単な事ではビックリもしなくなったが、案内された部屋について、爬虫類がいる部屋なんですが、大丈夫ですか?・・・って。はいと答えて向かうと、何と白い鳥居の上には白蛇神社って・・・しかも白蛇がいる。

更に他にも蛇がいて、更にイグアナ・・・すると、研修の団体さんかな?ここが白蛇神社の待合室みたいな説明されてて・・・この部屋は入った事が無く、まだあったのか?・・・突っ込む所ってな話。興味があったらググって見てね。

そんなこんな結果は、明日退院の運びとなったのね。所がそうなると、今度は明日、午前中は親父が退院、午後から母の緑内障の手術・・・もはや医者の送迎番長となっているのね。そんなこんなのキウイ教室・・・。

流石にお楽しみ作品にいつまでも掛けている訳にも行かず・・・完成の運びになったが、これだけ凝ったら、流石にキウイでも苦戦するのね。ただ実によく出来ているのね。まずは右から言うのなら、プチクローバーの色使い。

このメタリックの中に赤を入れるのかぁ・・・参考になるのね。メタリックだけなら渋い感じになる所に、パンチの利いた赤を入れる事で、華やかになり、かつ可愛くもなっているのね。欲を言えば幹の部分を余り細かくせずに、2,3パーツに

シンプルにした方が可愛かったかな・・・。左にしても、右のバックはシンプルな水色のみで、よりプチクローバーが目立つものと、左は色んな緑を入れる事で、モザイクっぽく見せていたりして、雰囲気を変えているのね。

しかも両方、1cmタイルで丸だらけ・・・これは地味ぃぃに時間が掛かるのね。見る側としては可愛いな・・・って感想になるだろうが、作り手側で見たら、見た目の可愛さとは逆に、シュールに手間が掛かる事をしていたりするのね。

まぁ何とか終了となったが、季節モノはなるべく早く終えて飾りたい訳で・・・これで明日から飾れるのね。そんな後は、まずは蕨のクリスマスツリーの星を1cmを切っての仕込み。

これでようやく完成。更に来年早々のデイ・サービスのサンプル。

イワシの頭にヒイラギ・・・これはどこぞの地方のものだと思うんだけれど・・・節分の時の鬼除けらしいのね。イワシの頭は臭いって匂いで嫌がらせて、ヒイラギのトゲドケで目潰しらしいのね。でもそれは何時代の話?となるのね。

そこで令和風味を入れると・・・イワシの骨の部分に、藤の花を入れる事で、鬼滅の刃を入れて見たのね。これで鬼除けを更に念押しになるだろうね。後は目地のみ。後は当座の下地はペンギン・・・それだけなら、明日でも何とかなるかぁ・・


この記事についてブログを書く
katsu812さんの出品
他の出品作品をマルシェルで見る
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 蕨市歴史民俗資料館用のクリ... | トップ | 父の退院と母の眼の手術 »
最新の画像もっと見る