新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

「お爺ちゃん」

2018年07月31日 00時02分12秒 | 写真と俳句

 ひょんなきっかけから、私がある人たち(知人の知人たち)に、「お爺ちゃん」と呼ばれていることを知った。

 もう十分に「爺」なのだから、世間一般的には「お爺ちゃん」と呼ばれて不思議はないし、「小父さん」や「お兄さん」よりはよほどいい。

 でも矢張り、病院や床屋の待合室なんぞで、「そこの帽子を被った背中の丸いお爺さん」てな呼ばれ方を想像したら、かなりギャフンだ。

 ましてや、まだまだ若いつもりで交流していた仲間たちから、陰で「お爺ちゃん」と呼ばれていたとしたら、軽快な気分にはなれない。

 と、ここまではこんな書き方をしたのだが、「しからばどんな呼ばれ方をしたいのか?」と問われると、しっくりした案が浮かんでこない。

 うーん、弱ったものだな~。

 それじゃまぁ、「お爺ちゃん」でいいとするか、なぁ、お爺ちゃん。

   爺ィさまと呼ばれ得心韮の花   ひよどり 一平

    (じいさまとよばれとくしんにらのはな)

 ところで、「なんでこんな場面に韮の花が出てくるンだ?」と問われたらどう答える?

 「そこに咲いていたンだから仕方がねーよ」、とでも答えればいいのさ。 

 

コメント (6)

ギャンブル依存症対策を急げ

2018年07月30日 00時47分36秒 | コラム・エッセー

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が、通常国会で成立してしまった。なんたることか。

 パチンコ依存性が300万人以上はいるらしいという日本に、統合型リゾート施設(IR)を造ったら、果たしてどんなことになるだろうか。

 パチンコが悪いことは誰でも知っている。知っていて止められないのがパチンコ依存なのだ。

 確固たるパチンコ依存症対策すら持たない日本が、統合型リゾート施設を作ったらどんなことになるだろうか。心配でならない。

 心配で、心配で、今夜は俳句を作る気分にはなれなかった。

 私如きが國の心配をしても詮ないことなのだが、少なくとも家族や友人をギャンブル依存症から守らなければならないではないか。

 早急に國の対策強化と一人一人の意識改革を図って欲しいものだ。

 

コメント (2)

健康法

2018年07月29日 00時01分02秒 | 写真と俳句

 

  病歴を重ねながら、八十歳をとうに超えてしまった。こんなことってあるのかなと、驚いているのは本人の私だ。

 そんな私に、「あなたの健康法は?」と質問する人はいないと思うが、もしも問われたらなんと答えようか。

 「躊躇することなく、お医者に診てもらうことです!」 

 今の私なら、そのように答える。しかし、いかに何でも、これは健康法とは言えまい。

 つまり今の私に、他人に語れる健康法はない。

 そんな私でも、健康のための努力をしていないわけではない。「長生きしたいから」と言うより、「今を健康でいたいから」なのだ。

  禁煙と節酒については実行しているし、「つとめて歩こう!」ということについても実践中だ。ここのところ暑いので、「一日に何千歩」などの目標は掲げていないけれど……。 

  これに加えるとすれば、「一人カラオケ」を挙げていいのかもしれない。なにしろ、歌うってことは気分がいい。

    青柿に眼を走らせてあと千歩   ひよどり 一平

    (あおがきにめをはしらせてあとせんぽ)

コメント (4)

嫌なヤツ

2018年07月28日 14時08分14秒 | 写真と俳句

 糖尿病患者の診療にあたり、医師が、「次回は奥さんとご一緒に来て下さい」と言うことがあるらしい。食事療法などの指導をするためなのだとか。医師によっては「指導入院」をさせるほどなのだから、治療の重要なステップなのだ。

 だから患者は、奥方を伴って病院へ行き、二人揃って、医師の指導を受けるのだ。

  ところが、患者の中には、これを悪用して女性を口説くヤツが現れる。

 ママや女将に下心のあるヤツは、「女房が病院へ行ってくれないんだよ。だから、ママ、頼むよ、一緒に行くだけでいいのだから」と哀願する。

 うまく行ったハナシを聞いたことがあるところをみると、ママさんを口説くには効き目があるらしい。もっとも、すでにママさんの心の中に、愛が芽生えていたからではないかとも思うが。

 それにしても、そんなヤツは男の風上に置けない。女々しいし狡い。知り合いだったら、引っぱたいてやりたい。

  と、偉そうに言ったが、私にはできない。度胸がないし、付き合ってくれそうな女性もいない。

   ひつじ草うごめく水に応へけり   ひよどり 一平

  (ひつじぐさうごめくみずにこたえけり)

コメント (4)

午後三時

2018年07月28日 00時15分55秒 | 写真と俳句

 台風12号がへそ曲がりな動きをしている。

 日本列島を縦断するとか横断するとか、旗幟鮮明にして動いてくれればいいのだが、なんとも不可思議な動きをするらしい。

 台風には台風の事情や都合があるのだろうが、連続的に災害に襲われている日本列島としては、気儘に動く台風にはほとほと始末に困っている。

 その点、百日紅は一気に咲いてくれて気分がいい。

 何があろうと咲いてしまえ!それが百日紅の処世術なのかもしれぬ。

   百日紅息せき切りて午後三時   ひよどり 一平

   (さるすべりいきせききりてごごさんじ)

コメント (2)