新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

お神籤は凶

2017年03月31日 10時01分02秒 | 写真と俳句

 長閑な日、鎌倉の鶴岡八幡宮を詣でた。

 春休みの期間なので、学生・生徒らしい姿が多かった。

 また、外人の和服姿も目についた。和服を着て散策させるサービスがあるらしい。

 お神籤を引いた。なんと、3本引いた中で、「凶」が2本。ほんものの「凶」か?

 「不遇は本来のものではない」、「二つ同時に願ってはならぬ」、「試験、全力を尽くせ、危ない」、「縁談は早く決めた方がいい」などと書かれてあった。

 そこの作法に従い、「凶」のお神籤を納めた。

   お神籤の「凶」を納めて長閑なり   ひよどり 一平

      

コメント (4)

かそけき白

2017年03月28日 17時31分32秒 | 写真と俳句

 時折、繁縷(はこべ、はこべら)の花を追っかけます。

 腹這いになって接写する姿は、誰にも見られたくありません。

 私の楽しみの密かな一つです。

   斯くかそけきはこべらの白胸痛し   ひよどり 一平

コメント (3)

太平楽

2017年03月26日 23時13分24秒 | 写真と俳句

 無精気味な日々を過ごしています。

 その理由は幾つかあるのですが、果たして正当な理由足り得るかどうか……。

 おおかたは怠け癖によるものです。

    辛夷咲き太平楽と茶碗酒   ひよどり 一平

コメント (6)

つもりなし

2017年03月22日 14時47分42秒 | 写真と俳句

 昨日は終日氷雨。

 今日は風が凄い。空が鳴っている。 

 三つの落椿。落魄の風情はない。落ちたつもりがないのだろうか。

   落椿いのち差し出すつもりなし   ひよどり 一平

  

コメント (4)

目を剥く鯉

2017年03月18日 20時01分31秒 | 写真と俳句

     春の日矢目を剥く鯉の驚かず   ひよどり 一平

コメント (2)