新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

私はひっつき虫(その1)

2014年11月25日 15時10分41秒 | 身辺雑記

 私は「ひっつき虫」である。

 正式な学問上の名称は知らない。そんなものはどうでもいい。

 春の終わりごろに黄色い小さな花を咲かせ、写真のような姿になるのは初冬。

 ここに実を落として、来春に芽を出してもよいし、どこかに動かされ、そこで新しい天地を得てもいい。

 もちろん、わが種族の本意としては、少しでも離れたところへ移動して、そこで新しい芽を吹かせたいはずだ。

 とは言っても、タネの形や備わった機能からして、誰かの力を借りて、遠くへ運んでもらうしか手段はない。

 ここまで刺々しい姿になってしまっては、たんぽぽのように、風にまかせて移動するような軽業はできない。

 ドングリの実や柿の実などであれば、鵯や烏に啄んでもらい、彼らの消化器官によって運んでもらう手段もある。

 しかし、私のような形では、鳥や獣に食べてもらうわけにはいかない。なにしろトゲトゲだらけなのだ。

 残る手段は、通りかかった獣や人間にひっついて、運んでもらうことを期待する。「ひっつき虫」の所以でなのだ。

 ところが、この辺りには野犬がいない。猫も少ない。不景気になったものだ。

 そんなこんなで塞いでいたら、カメラを持った老人がやってきた。私が待つ荒れ地の中にまで、ドカドカと入ってきたのだ。

 「ラッキー!!」 私は老人のズボンにひっついた。

 暖かい日差しの昼ごろであった。 

(続く)

  

コメント (2)

知恵くらべ

2014年11月24日 16時45分10秒 | 身辺雑記

 猪、鹿、猿などの野生動物が、人間界に出没している。

 先日はテレビで、海を泳いでいる猪の様子を見た。

 一生懸命に泳いでいた。余裕がありそう。命がけの雰囲気はなかった。

 とは言っても、餌を求めての行動だったのだろう。命がけだったのかもしれない。

 かねてから、人間と野生の住み分けが話題になっていた。

 野生動物の餌が不足し、やむを得ず、人間の住むエリアにまで入り込んで来たのだという説がある。

 おおかたそんなところに違いない。

 その原因としては、温暖化の影響やら開発の進展など、識者の説は喧しい。

 昔から共存していた鴉も、さまざまな問題をふりまいている。

 早朝からの悪声。ゴミ荒らし。

 地域によって、棲むところは人間と重なっている。

 そんな鴉だが、私はどうしても憎めない。ゴミ荒らしや糞害は困るが、悪声は気にならない。

 散歩の途中で見かけたりすると、カメラがあればパチリ。

 石を投げたり、急に走り寄れば、サッと逃げる。

 しかしゆるりと寄るぶんには慌てて逃げない。2~3歩寄れば、応分に数歩離れるというアンバイだ。

    二歩寄れば五歩離れけり寒鴉    ひよどり

 

 

コメント (2)

可も不可もなし

2014年11月17日 09時39分10秒 | 身辺雑記

 あの人、ほんとに寒がりなのですよ。

 まだ11月の半ばなのに、「寒い、寒い」って、まるで年寄りみたい。

 もっとも、考えるまでもなく、すでに十分にお年寄り。ハッパをかけちゃァ可哀想なのかなァ………?

 でもねぇ、百歳を越えたのならベツだけれど、まだ80歳。老け込む歳じゃァありませんよねぇ。

 だから、アタシはいつも、「歳だからなんて言わないで!」って言っているンですよ。

 言われた時は、「そうだなァ」って、モゾモゾと少しは力んで見せるのです。そこはとても可愛い。

 しかし、それもカラ元気。

 5分も経たないのに、「年寄りには寒さが堪えるなァ………」なんてボヤキます。

 「ボヤキはクスリの一つ」と言う人もいますが、アタシはそうは思わない。クスリなんかじゃない。

 ボヤキは自分の気持ちを萎えさせ、周りの人まで引きずり込みます。

 カラ元気でもいいから、勢いのある言葉が欲しい。私はあの人のそんな勢いが好き!

 いつまでもいつまでも、そんなあの人であって欲しい。

 この猫ちゃん、先日、谷中付近で見かけたのです。

 すっかり着膨れて、しかし神経はピリピリ。可哀想なほど。

 もっとゆったりと生きたらいいのになァって思いながら、パチリとしたものです。 

   着膨れて可も不可もなきこの世かな   ひよどり

コメント (2)

止まり木

2014年11月16日 18時33分32秒 | 身辺雑記

 ケイタイの着信音が鳴った。見慣れない番号だった。

 「私、〇△のM子です」 

 「―――?」 

 一瞬、戸惑った。が、すぐに、声の主に気づいた。

 「やァ、しばらく!!」 

 私が元気で酒を飲み歩いていたころ、月に幾度かは通っていた酒場のママだった。

 「こんど店を止めることにしました」 M子ママが言った。

 「―――?」

 「結婚するんです。だから、もう店は閉めます」

 「それはおめでとう!よかったねぇ~」 

 M子さんは60才をとうに越しているはず。

 数年ほど前、夫に先立たれと聞いていた。

 「相手の人は、私より二つ年下で、3年前に奥さんを亡くした人」

 ………………

 そんなことで、私の「止まり木」だった酒場が、また一つ消えることになった。

 もっとも、この頃の私は、健康を害していて意気地なし。すでに止まり木の必要はなくなっていた。

 

 

 

コメント (2)

がんじがらめ

2014年11月12日 19時51分47秒 | 身辺雑記

 蜘蛛の巣に絡めとられた落葉です。

 なまじのことでは、動きがとれません。

 なぜか、安陪晋三さんのようにも見えますね。

 中国において、APECが開催されました。

 習近平さんの強引な手法ばかりが目立ちました。

 オバマさんもプーチンさんも、習近平さんの掌の上で踊らされていました。

 習近平さんが大物で、オバマさんやプーチンさんが小物だと言っているのではありません。

 主催者が習近平さんなので、彼の演出によって踊らなければならない面はあったでしょう。

 ましてや小国日本の阿倍さんの場合、どうにもこうにもならなかったことでしょう。

 阿倍さんに心から同情申し上げます。

 習近平さんのパホーマンスが異常なのです。

 憎いのは日本。中国の国民は目を見開いて秀さんの一挙手一投足に見入っています。

 どのような形で日本に恥をかかせるか。

 もはや外交上のルールなんぞは無視。日本を足蹴にすれば偉大な人物になるのです。

 なにしろ反日有理のお国柄なのですから。

 もちろん、阿倍さんは承知の上です。靖国神社を参拝する人なのですから。

 そんなAPECが開かれている折も折、日本国内では解散の風。

 「身を切る改革」とか「一票の格差解消」なんぞは、今やどこ吹く風といった気配です。

 そんな風が、首相不在の国内で吹き始めています。

 私は世間知らずなのかも知れませんが、政治不信になってしまいます。

 オモテとウラがあるのだと聞かされても、おいそれとは納得できません。

コメント (2)