新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

年逝かす

2015年12月31日 18時12分35秒 | 名句で勉強

 今日は大晦日。

 いろいろあった平成27年(2015年でした。

 足らざるを言えばキリがありません。総じて申せば、ほぼ想定内の一年だったと思っています。

 感謝の思いを捧げて旧年とお別れします。

 拙ブログにお出で下さった皆々さまには、心から御礼を申し上げます。

 よい新年をお迎え下さったことと存じます。

   得しものも失ふもあり年果つる   ひよどり 一平

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天に唾すること?

2015年12月29日 22時27分00秒 | 身辺雑記

 浮世の義理や情が絡んで、今日も浅草寺へ。

 前回の24日に比べ、さすがに今日は混雑していた。雷門から本堂まで、かなりの時間を要したろう。

 仲見世通りのところどころに、行列ができていた。食べ物屋の店先だ。焼きまんじゅうなど。

 それを買い求めた人々が、食べながら行列に戻ったり他の店を覗き込んだだり………。

 空腹だったせいか、「オレも・・」と思わなくもなかったが、「待てよ・・・?」というブレーキがかかった。

 この混雑の中、歩きながらでは食べられない。また、食べながら歩いたのでは、大いに傍迷惑なのだ。

 食べ歩きの人はよく見かけたが、人がなんとか避けて通るので、食べ歩きの本人はまったく屈託がない。

 も一つ気になったのは「自撮り」というヤツ。

 一人の自撮りはさほど見かけなかったが、2~3人のそれは結構見かけた。

 「こんな人はトクだなァ」と、つくずく思った。

 しかし、直ぐに、六十数年前のわが身を思い返した。そこには、満員列車の中で喫煙をしている不良高校生の姿があった。

 時代が違うと思えなくもないが、それは身勝手な言い分かもしれない。

 たとえ外つ国の人のことであっても、非難がましいことは言えないものだ。

 我が国にも、飛行機の中で、「ステテコ姿の某団体客」と揶揄された時代があったのだから。

 「天に唾する」ことになりそうだ。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

至極平穏で生産性はゼロ

2015年12月28日 22時02分48秒 | 処世雑感

 「もう幾つ寝るとお正月・・・・~」

 この時季、身も心も「年の瀬」という魔物に振りまわされます。さほどのことをするでもないのに。

 「えいッ、いっそのこと!」という気合いで、雑踏の中に身を投じてみました。

 銀座の様子は普段と変わりません。

 

 皇居前も通常の様子です。日本語でない東洋人が、二人~数人の単位でのんびり歩いていました。

 白鳥が浮いていたのですが、このレンズの中には入ってくれませんでした。

 

 風がなかったので、冬の雲が所在なげに浮かんでいました。

 孫と連れだっての外出でした。

 つまりは「家内孝行」のようなものです。

 

 韓国政府との間で、いわゆる「従軍慰安婦」問題の決着に向けた話し合いが持たれているようです。

 三度目の正直がどんな展開を見せるのか?

 私は期待しておりません。かの国との約束は、破棄されるためのもの。

 いい加減にしてほしいと思います。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナルシスト

2015年12月25日 20時04分23秒 | 写真と俳句

 だんだん追い詰められきた感じです。

 今年の暮れは例年よりも時間の進みが早いらしいのです。

 例年のペースで進めて欲しいものです。

    煤逃げやマイクに会へばナルシスト   ひよどり 一平

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬枯れの白い都市

2015年12月24日 07時31分55秒 | 写真と俳句

 葛西臨海公園での撮影会のあと、浅草に寄って、観音様のお詣りをした。

 混雑しているかと思って行ったのだが、さほどでもなかった。

 

 常香炉は人気のポイント。善男善女が頭や胸をさすっていた。

 お線香の煙をかければ、悪いところが治るという説がある。

 あやかろうと思った私は、他人様がとぼしたお線香の煙を、髪の毛乏しい吾が頭に振りかけた。

 外国人もしきりに煙を浴びていた。国籍にかかわらずに御利益があるらしい。さすがに仏教だね。

 境内から望んだスカイツリー。新と旧の妙な取り合わせだ。

 猥雑かなァ~~?

   冬枯れやきしきし軋む白い都市   ひよどり 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加