新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

溶けて流れてノーエ

2013年05月24日 23時46分58秒 | 身辺雑記

Img_31711s

 韓国の中央日報には驚いた。

 なにしろ、「日本への原爆投下は神の懲罰」なのだそうだ。

 また、「日本の軍国主義に対するアジア人の復讐」とも書いている。

 執筆者は同紙の論説委員なのだそうだから、韓国の代表的意見と言えるのだろう。

 中国にしても韓国にしても、「反日記事」は許されるらしい。

 在韓の日本大使館は、さっそく抗議したそうだが、形だけのお芝居に過ぎまい。

 もっともらしく人類愛とか女性の尊厳などと声高に言っているくせに、ことが「反日」論となれば、「すべてオーケー」どころか、歓迎される。韓国という国も、どこかのネジが狂っている。

 もっとも、そんなお国柄なのを知ってか知らずか、「韓流ドラマ」や「韓流スター」に血道を上げている「おばさん」や「おばあさん」が沢山いるのだから、日本という国も、かなり「フトコロが深い国」と言えそうだ。っつまり、国を挙げて「ノーテンキ」なのだ。

 このままでは、いずれこの国も、溶解してしまうでしょうね。

  全山の神と樹と水青嵐   鵯 一平

コメント (3)

カラオケ

2013年05月19日 20時08分49秒 | 身辺雑記

Simg_1905t

 一昨日、仲間たちとカラオケ。

(実はこの4人で前日はゴルフだった。だから、ヨレヨレのカラオケだったのだが)

 4人で4時間余も歌った。もとより乏しい持ち歌なのに、よくも途切れずに続いたものだ。

 もちろん、80歳直前の私が最年長。ほかの人だって、65歳はとうに過ぎている。

 M.Kさんはかなり歌い慣れている。聞くところによると、地域では歌の師匠に近い存在らしい。

 日ごろ彼が歌っているのは、ほとんどが不倫系恋歌だ。しかし一昨日は、母恋いの歌や心に深い傷を抱えている人を歌ったらしいしんみりとした歌もあって、とてもよかった。

 S.Tさんはスポーツマンらしく、爽やか系の歌が多い。難しい歌を、軽くこなしていて、しかも嫌みがない。真似をしたい歌もあるのだが、私には無理だ。同じスポーツでも、私は武道系なので、さらりとした爽やかさがない。

 T.Kさんの持ち歌は、私とかなり重なっている。男っぽい歌が好きなのだ。実直な彼らしく、しみじみと歌っている。カラオケごときものであっても、人柄は出るらしい。

 私の歌は古い。東海林太郎、デイック・ミネ、田端義男などは大好きだ。だから、若い人たちとは合わない。

 一人あたり30曲弱は歌ったのではなかろうか。よくも歌ったものだ。

 終わってから、東京駅の居酒屋で、他の仲間も加わってイッパイ会。実は本来の目的はそちらであって、カラオケは前段のハラゴナシだったのだ。

   悪業といふ過去のあり夏帽子  鵯 一平

  

コメント

疲労困憊

2013年05月15日 21時03分52秒 | 身辺雑記

Img_3210s

 今日は久しぶりのゴルフ。

 それに先だって、昨日、近所の練習場で、付け焼き刃の練習をしてみた。

 案の定、メタメタの状況。20球も打たずに止めてしまった。得たものは疲労のみ。

 そして今日だから、期待できるはずもなかった。

 その上、午後は強風。

 帰路は20キロほどだったのに、まさに疲労困憊の態。

 しかし、得るものはあった。見事なほどキッパリと、老化を再確認させられた。

 それに、やはり新樹は素晴らしかった!

 大いなる新樹のどこか騒ぎをり 高浜 虚子

 世界も日本も、鬱陶しい話が連発している。

 円安に拍車がかかり、株価が連日のように高値を記録していて気分は高揚。

 一方では、政治家の不規則発言が連発され、気分のいいものではない。

 とにかく、当面の日本の舵取りは、安倍晋三氏の肩にかかっている。

 元気な日本を取り戻すには、安倍氏の役割は重い。

 他の政党はまったく期待できない。期待したくもない。

 歴史認識について、自虐的な立場でしかモノを言えなかった日本だったので、日本人が元気になるような見識は歓迎したい。私もおおよそのところは同感だ。

 とは言え、今の段階ではあまり強きにならず、慎んだほうがいいのではないか。

「侵略」の解釈についても、アメリカの立場、中国の立場、韓国の立場など、みなそれぞれだ。

 日本人の中に、「反日」サイドの立場を捨てられない人も多い。

 周辺国の思惑や国内状況を見た上で、発言や行動をしてほしい。

 まずは「反日」日本人を再生産しないため、教育に力を注いで欲しい。

 今の教育では先が思いやられる。

 

コメント (2)