新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

憂国老人

2012年05月31日 11時24分35秒 | 身辺雑記

Img_49661s

 今年の四月、病気のためにぼろぼろになりかけた自分を感じました。

 端緒は私の不注意。防ぎ得た病気だったと思います。

 以前なら、こんなにまでは毀れなかったはず。

 やはり加齢が問題の一つ。「歳には勝てないなァ…」というのが実感でした。

 かつて「人生五十年」と言われていましたが、この頃、寿命の延びること延びること。

「少子高齢化の急速な進展により、国家財政は破綻に向かっている!」などと叫ばれると肩身が狭いやら情けないやら……。私ひとりが悪いわけではないのに。 

 高齢化は体力の向上と医療の進歩。

 少子化は……。いろいろな背景が絡んでいそうです。この問題は複雑だ。われわれ世代にも、反省すべき点はあったように感じています。

 今、消費税アップが大問題となっています。根底にある問題の一つに高齢化があるのかと思うと、なんとも複雑な気持ちとなります。

 65年前の私は、「特攻隊員になって死ぬ!」と決心していた愛国少年でした。しかし今は、「憂国超老年」となって、立ち往生している始末です。 

 まさか自死を選ぶわけにも参りません。

     竜天に登り余命は埒のそと   鵯 一平

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

  

コメント

花は葉に

2012年05月26日 15時23分51秒 | 写真俳句・エッセー

Simg_0049

 四月上旬から今まで、年齢以上に劣化した健康状態であった。

 それでも先週あたりから、やっと自信がついたような感じだ。

 今回の事態は自分の軽率さや不注意から始まったもの。とても情けない。日ごろ臆病に行動をしていた私なのに、初歩的なチェックポイントを見逃していたことに端を発していた。

 お陰で、楽しみにしていた「さだまさしリサイタル」が吹っ飛んでしまった。手配をしてくれていた

ブログ友には申し訳ない仕儀であった。

 6月いっぱいはすっきりできないと思っていたが、やっとこの頃になって、自信めいたものが湧いてきた。もちろん無理はできないが、来週からは、徐々にペースを上げようと思っている。

 それにしても、『歳には勝てない」という現実を、しっかりと再認識させられた。

 今年の夏は、例年の暑さだそうだ。しかし一方では、節電の夏でもある。

 期待していた野田内閣の体たらくには失望している。今頃になって、小沢一郎と会談をして、どうしようと言うのであろうか。

 アリバイ作りのつもりか……?

   詫びることいくつかありて花は葉に   鵯 一平

   別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント