新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

たんぽぽ

2013年04月09日 19時51分42秒 | インポート

Img_2626t3s

 今年の春は、例年になく、強風が吹き荒れました。

 「爆弾低気圧」が日本海を北上し、列島に無残な爪痕を残して走り去りました。

 それでもまだ吹き足りないらしく、今も窓の外は風の音。夕方になって吹き始めたのです。

 桜の花は薄紅の蘂(しべ)を残して、散り果ててしまいました。

 しかし、それはそれで趣きがあります。

   蘂のみの桜となりて明日の夢  鵯 一平

 蒲公英は強い花です。冬のさなかでも、日だまりには咲いています。

 とは言いながらも、絮(わた)を飛ばす風情はまさに麗らかな春の一景です。

   たんぽぽの絮に思いを託したき 鵯 一平

コメント

四月馬鹿

2013年04月01日 20時50分23秒 | インポート

Simg_1067t

 今日は四月一日。

 この日をエープリル・フールと言って、罪のないいたずら程度の嘘なら許されるのだそうだ。

 もちろん、日本古来の風習ではなく、ヨーロッパから伝わってきたものらしい。

 もともと不真面目な私だが、そのような嘘を言ったことがない。

 なんとも無粋な話ではないか。

 四月馬鹿叶ふはずなき老いが恋  鵯 一平

コメント (2)