新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

綸言汗の如し

2010年03月31日 07時40分00秒 | 俳句

「3月末までには決めます!」

 普天間基地の引っ越し先について、鳩山総理は断言していた。

 ところが、昨日のコメントには驚いた。

「3月中と言っても、法律で決まっているわけではない。1日や2日、1週間延びたといっても問題ではない。要は、5月末までにアメリカ側と合意することが大事なのだ」

 大要はそのような内容だったと思う。

 大いに呆れた。

「綸言汗の如し」

 一度口に出した君主の言は、汗が再び体内に戻らないように、取り消すことができない。(広辞苑第六判)

 総理たる者、一度発した言葉は大きい。彼はそれを知らないらしい。

 このような姿勢では、アメリカとの合意が取り付けられるのか。

 アメリカ側が、「こんな総理と相談したくない!」と言い出しそう。

 言い出しはしないだろうが、軽く扱ってくるに違いない。

 まったく困った人だ。

 私なら、自分の言葉に無責任な人とは、相談や交渉をしたくない。

 裏切りを無邪気にやってしまいそうだ。

 憐れ、日本国。憐れ日本人。 

 自分たちが選んだのだから仕方がないね! 自業自得というもの。

 今日、党首討論が行われる。

 どっちもどっちなので、まったく興味がない。外出する。

 別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント (12)

私という政治家がいなければ

2010年03月30日 08時23分05秒 | 写真・エッセー

 鳩山総理の秘書だった勝場被告が、東京地検によって起訴された。

「政治資金規正法違反により、懲役2年」であった。

 それに対する総理のコメントが笑っちゃう。

「私という政治家がいなければ、勝場君もこのような罪を犯さずに済んだ」

 何を意味する言葉なのだろうか。

 もともと、「私は何も知らなかった」は、とても信じられないが、仮にそうだったとして、この言葉は無責任すぎる。

「私という政治家」の存在が、犯罪を起こさせたのか?

「私という政治家」は、犯罪を起こさせる存在だったのか。

 自己弁護をしているのか、勝場被告を擁護しているのか、被告に詫びているのか?

 まったく意味不明。無責任極まりない。

「私という政治家の存在」が、必然的に犯罪を犯しかねないなら、辞めてほしい。

 もっとも、今ここで力瘤を入れても仕方がない。

 もともと呆れた無責任人だったのだ。 

 別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント (8)

鳥の巣箱

2010年03月29日 11時11分26秒 | 身辺雑記

Simg_4319

 先日、公園の片隅で、上のような巣箱を見つけた。

 どんな人がかけたのか、立派な巣箱だ。

 すでに小鳥が出入りした形跡があり、羽毛らしきものが付着していた。

「あっ、いけないっ!」

 私にある予感が働いた。誰かに抗議されるかもしれないと思った。

 それには理由がある。

 10日ほど前のことだ。

 日差しが温かかったので、カメラを持って、同じ公園をぶらついた。

 公園の中を小川が流れている。その小川に、柔らかい日差しが射していた。

「水辺の草を撮ろう」 

 小川の辺へ寄った。柔らかい草が生えかかっていた。

 そのとき、

「近寄らないで下さいよ!」 

 と、抗議調の刺々しい声が私に突き刺さってきた。

「・・・?」 

 何を言われたのだろうか?抗議された理由が、すぐには呑み込めなかった。

「カメラマンの常識でしょう!」

 納得がいった。離れたところから、彼は鳥の撮影をしていたのだ。そのエリアに踏み込んでしまったらしい。

 つまり、勝手にカメラを据え付け、自分のエリアを主張しているのだ。

 私はそれを知った上で踏み込んだのではない。散歩の流れの一環だったのだ。まして万人に共有の公園内ではないか。

 オマエの目的なんぞ知ったことか!ここは公園だぞ!

 言いたかったが抑えた。そんな大人げないことはしたくない。

 カメラマンの場所争いが多いと聞く。実にあさましい。エゴがむき出しなのだ。

 以前、長い時間同じ場所にへばりついている女性がいて、撮りたい花を撮れなかったことがあった。

「なんとまァ、自分しか見えていない人らしい」

 そんな思いを抱きながら、そこを立ち去ったことがあった。 

「たかが趣味のカメラではないか」 

 そのように私は思う。彼の「探鳥撮影エリア」に立ち入ったのはまずかった。しかし、それなりの言い方で伝えてくれてもいいではないか。

 過去にそのようなことを経験していたので、私は素早く巣箱から離れた。

 頭の薄い爺様が、レンズを覗いているかもしれない。

 ウカウカと散歩もできないこの頃だ。

 このようなエゴにこだわる前に、我々には考えるべきことがあるではないのか。

 社会を壊しているのは、若者や子育て世代だけではない。

 そのような世代を育てたばかりか、今もなお社会を壊している。

 いい歳をして、それを自覚していない。

 私もその一員だ。ブログで憂さを晴らしているいること自体、問題かもしれぬ。

    巣箱かけ悪童どもの遠めがね   鵯 一平

 悪童なら可愛いが、禿げ爺では喧嘩になりそう。逃げるが勝ちと決め込んだ。

 このような五七五は、俳句ではないかもしれない。

 別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント (8)

性格は変わらない

2010年03月27日 06時42分31秒 | 身辺雑記

 低体温体質の問題は言われて久しい。

 私の体温も低い。通常では36度までは行かない。

 その低体温が問題なのだそうだ。

 免疫力が著しく下がって、ガンになるケースも多いと、本に書いてあった。

 本に書いてなくても、大方は想像がつく話だ。

 身体の活動が停滞しているからこそ、体温が低いのだ。

 身体活動が停滞すれば、免疫力が弱ってしまうことは当然。

「生まれつきの体質なのだから、仕方がないじゃないか。今さら親を恨んでみても始まるまいよ」

 私はそのように思って諦めていた。

 ところが、医師をはじめ識者たちは、「治せばいいではないか!」と書いている。

 幾つかの方法があったが、「筋肉の増強」は説得力がある。

 筋肉を増強すれば、基礎代謝が多くなるというわけだ。なるほどと思った。

「自律神経を安定させるべきだ」とも言われている。

 しかし、こいつがもっとも厄介な話だ。

「性格を変えろ!」と言われているようなものだ。

 私は寝付きが悪い。「交感神経」と「副交感神経」がうまく入れ替わらない。

 いつまでも「交感神経」が頑張っている。

 私の身体は、絶えず戦闘状態にいるらしいのだ。

 あの大風の中、往復360キロも走って墓参に行くなんぞ、その性格のせいかもしれない。

 私だって、いつまでも闘っているつもりではない。神経が勝手にやっている。

 つまり、性格の問題。育ちが悪かったせいかなァ。

 信仰によって治ることでもなさそうだ。 

 間もなく喜寿を迎えるというのに、なんとも愚かな話ではないか。

 別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

 

コメント (16)

諦めています

2010年03月26日 06時45分00秒 | 身辺雑記

 鳩山内閣には呆れております。

 普天間問題はどのような決着となるのでしょうか。

 政府案がまとまったのかどうか、まだ見えておりません。

 鳩山総理は、「ゼロベースから検討」と言い続けでおります。

「県外案」も捨てていない口ぶり。

 アメリカとどのように交渉を行い、どんな決着となるのでしょうか。

 不祥事らしき問題も次々と発覚しています。

 あろうことか、フアーストレデイが、韓流イケメン男優を公邸に招いてご馳走したとか。

 4~5度にまで回を重ねているのですから、本来ならオオゴトのはずです。

 先日の参院予算委で自民党議員が、そのことを言いかけました。

 しかし、追及はしませんでした。何故でしょうか。私は不思議に思います。

 もっとも、スパイを取り締まる公安委員長が、「路上チュー」なんぞと騒がれています。

 それでもなお、倒閣の話がでません。

 とって替わるべき党も人材もいないという証拠なのでしょう。

 自民党の弱体ぶりも、目を覆うばかりです。

 政党の態をなしておりません。

 語るも情けない日本です。

 別館として、写真俳句ブログの「ひよどり草紙」を開いてます。

 ご覧いただけると嬉しいです。

   → こちら

コメント (8)