新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

四月尽

2016年04月30日 19時36分45秒 | 写真と俳句

 あっという間の四月でした。

 いろいろなことがあったような、さほどでもなかったような。

 ただ、時間だけは早く過ぎ去っていく感じ。

   この道の先は原っぱ四月尽  ひよどり 一平

コメント (6)

竹の秋

2016年04月29日 16時01分49秒 | 写真と俳句

 この季節、さしもの竹も、勢いが衰えてきている。

 あれほどの竹の子を育てたのだから、理の当然と言えること。

 「竹の秋」とはよく言ったものだ。

   旧友の病気の報せ竹の秋   ひよどり 一平

  

コメント (8)

B29の頃

2016年04月26日 21時26分04秒 | 写真と俳句

 太平洋戦争での日本の敗戦は、アメリカの「B29」を措いては語れない。

 B29戦略爆撃機によって、日本国中が蹂躙された。

 昭和20年3月10日の東京大空襲は、この爆撃機によるものであった。

 片田舎の我が家付近が爆撃されたのも、このB29だ。

 もちろん、広嶋と長崎の原爆投下も、B29だった。

 つまり、私の少年期は、このオバケのような爆撃機によって色塗られていたのだ。

 今さら恨み辛みを言っても始まらない。

 哀しいかなB29は、思い出の景色の中に、重要な要素として存在している。

 避難の道すがら、道路や土手に繁茂していたすかんぽも、欠かせない景物だ。

   すかんぽやB29とまみえし頃   ひよどり 一平

   (すかんぽやびーにじゅうくとまみえしころ)

コメント (4)

老いの一念

2016年04月26日 08時26分59秒 | 写真と俳句

  まァ、「老いの一念」などと、肩を怒らすほどのものじゃァありません。

 たとえば、「カラオケの得点は平均点を!」とか、「テレビを見ても怒らない!」など。

 つぶさに公表したら恥ずかしいものばかりです。

   亀鳴くや老いの一念なくもなし   ひよどり 一平

コメント (2)

待てど来ぬ

2016年04月25日 09時08分47秒 | 写真と俳句

 遠くを郊外電車が通り過ぎたのです。

 「今日はアレを撮ろう!」と思い立ち、リュックサックからカメラを取り出しました。

 そこまでは順調だったのですが………。

   のどけしや撮らうと待てど電車来ず  ひよどり 一平

 熊本地震の被災地では、まだ余震が続いている。

 避難所では感染症(ノロウイルス)が発生しているとか。

 余震の収束と復旧の促進を祈ります。

コメント (6)