新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

一月も終わり

2013年01月31日 09時15分00秒 | 身辺雑記

Img_01111s

 一月も今日で終わりです。早いものですねえ。

 明日は節分です。

 今年の冬は、寒い日が続きました。雪もたくさん降りましたね。

 人一倍に寒がりな私にとって、まだまだ油断できない日々が続くようです。

 悲しい騒がしい事件や事故も多かった。

 心が苛立つ国際問題もあります。

 何が真実かはともかく、領土問題にはハラのムシが収まりません。

 一方、アルジェリアの人質問題はショックでした。不意を突かれた感じでした。

 矢張り私たちは、惰眠をむさぼっていたのでしょうか。

コメント (2)

裸木の矜恃

2013年01月15日 09時13分00秒 | 写真俳句・エッセー

Simg_6134

 ここのところ、尖閣諸島に対する中国の動きは度を越している。

 しっかりした工程表に従って、一歩一歩を進めてきているに違いない。

 迎える日本は、いかなる対応策を考えているのだろうか。

 NHKの報じているところによれば、安倍首相はオバマ大統領との日米首脳会談において、「集団的自衛権の見直しを加速させる」と伝えるとか。

 本当だろうか?安倍首相は、そこまでハラを固めてのだろうか。

 自分を守るのは自分しかいない。

 しかし多くの日本人は、もともと「日本は攻められない」と思っている。

「平和憲法を掲げていれば、他国は日本を攻めて来ない」と、思い込んでいる人たちが多い。

「その上、日米安保条約があるのだから、他の国が攻めて来るはずがないではないか」

 まさに幼児のままだ。

「自分の国は自分で守る」のは、当然の権利だし義務でもあるはずだ。その気概があってこそ独立国なのだ。

「自分の国は自分で守る」という大原則に立った上で、「共に戦おう」という話にならなければおかしい。

「共に戦おう」が安保条約だ。

「共に戦おう」というのであれば、集団的自衛権の行使は当たり前。

  蒼天を突く裸木の矜恃かな  鵯 一平

  

 

 

 

コメント (2)

初雪

2013年01月14日 14時53分32秒 | インポート

Img_8350s

Img_8352ts

 今朝まではひどい寒さだった。

 昼とかくになって、寒さが柔らかくなったと思った。

 案の定、外は雪。初雪だ。2~3時間で10センチほど積もった。

 気分のせいか、幾分か温かくなったような気がする。

  初雪や胸にあかりの灯るごと  鵯 一平

コメント (2)

今年は寒い!

2013年01月11日 09時07分31秒 | 身辺雑記

 今年の冬は寒い。

 去年も一昨年も、同じようなセリフを言っていたような気がする。

 が、しかし、矢張り今年の冬は寒い。

 テレビの気象予報士は、もっともらしく何やらの理屈を並べてくれているが、私にとってそんな解説は意味をなさない。寒さをもたらす背景を聞いてみても、私には解決の手立てはないのだ。

 偏西風とやらが蛇行して、大きな寒気団が南下しているのだそうだ。

 こんなことを言って八つ当たりをしていても、寒さから解放されるわけでもなく、暖を得る秘策を求められるわけでもない。単にボヤキに過ぎない。

 これから外出。ご帰還は夕方となる。

 よろよろ歩いて、突き飛ばされないようにしよう。

   うしろすがたのしぐれてゆくか  山東火

コメント (4)

2013-01-01 23:35:34

2013年01月01日 23時35分34秒 | インポート

Img_5949jpgts

 皆様、明けましておめでとうございます。

 とは言え、あっと言う間に年が暮れ、新しい年の初日も、あとわずかとなってしまった。

 まさに時間の早いこと!

 もちろん、それだけ私の動きが鈍くなってきた証拠でもあります。

 今年もまたよろしくご指導下さいませ。

  もうすでに忘れ初めせし浮寝鳥  鵯 一平

 

コメント (4)