新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

これでいいのかなア~

2014年05月28日 15時43分49秒 | 身辺雑記

  永田町では、「集団的自衛権」の論議がかまびすしい。

  いや、政治家以上に躍起になっているのは、マスメディアなのかもしれません。

  そして、マスメディアに洗脳されたり、扇動している「反日的」平和主義者。

  日本国や日本人の平和的生存よりも、「平和憲法」を守りたがっている人たち。

 「日本国憲法をノーベル平和賞の候補に推薦したらどうか」と言って、大声を上げている有識者(?)もいます。

  呆れるよりはむしろ悲しい。

  憲法が残り、国土や国民の生命・財産が失われていいのかと、揶揄したくなります。

  「集団的自衛権」を行使できるようになると、地球の反対側にまで自衛隊を派遣するようになるのではないか!

  やはり論議の順番が違う。

  日本国の国土と国民の生命・財産を守るために必要かどうかで論議してほしい。

  もっとも、血を流すくらいなら、奴隷になったほうがいいと言うのであれば、話は根本から違います。

  すべてを外交で解決できるのかどうか。

  外交の力には、同盟国との連携に基づく「抑止力」があってこそ、真の力が発揮できるのではないでしょうか。

  (個別自衛にこだわり、日本が核武装をしようと言うのであれば、もともと話は違いますが………)

  前のめりな軍事力による抑止力強化論も困りますが、他人まかせの平和論の無責任には、虫酸が走る思いがします。

コメント

万緑

2014年05月26日 14時39分25秒 | 身辺雑記

Img_7450ts

  久しぶりのアップです。

  私の体の中で、怠け癖の虫が、本領を発揮していた様子なのです。

  若い友人が、「この頃、ブログが更新されていませんねェ。毎日とは言いませんが、時折は更新したほうがいいですよ」、と言ってくれた。

  確かにその通りで、この頃の私から、積極性が失われていたかもしれません。

  老化と言ってしまえばそれで終わりなのですが、謂わば、「塞ぎの虫」にとり憑かれような気配でした。

  もちろん、病気をしなかったわけではありませんが、若い頃から病気漬けだったのですから、今さら多少の病気くらいで、さほどのダメージは受けないはずです。

  やはり、怠惰と言うべきでしょう。

  あれほど好きだった写真からも、ずーっと遠のいていました。

  上の写真は、2009年6月下旬、日光いろは坂から撮った「万緑」です。

  「万緑」とは、草木が茂る満目の緑を言う夏の季語。

  万緑の中や吾子の歯生え初むる  中村草田男

  これかれは、心してブログをアップするつもりです。

  時折は覗いていただけると嬉しいです。

コメント