新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

あっ、いけねぇ!

2017年07月31日 00時22分41秒 | 写真と俳句

 偉そうに言うつもりはないが、「老い」は不条理だ。私としては、とても納得できない。

 だが待てよ。

 「納得できない!」と力んでみても、生物は老いる。地球を持ち上げるほどの力があれば違うかも知らないが、核兵器で殺人をしたり、宇宙基地を造る程度の知恵しかないのだから、不老長寿の仕組みを造り変えることは出来ない。

 言い方を変えれば、「生老病死」のシステムは、今のところ、最善の原理なのだ。生まれたら必ず死ぬ。

 つまり今のところ、自分が納得できる「老い方」や「死に方」を実践することしかできない。

 「輝いている老」を生きたいし、「納得出来る死」を迎えたい。

 なーんだ、今までやってきたことと同じではないか。つまり、精一杯生き切ること。

 しからば恋は?うーん、こいつは難しいのではないか。相手があるのだから。

  去り行ける歳月のごと遠花火  ひよどり 一平

 へんな五七五だが、過ぎ去りつつある現在を、大切に生きようということさ。

 孫の母親の十三回忌。孫は十三歳になる。あの時の悲嘆は、今や、息子や孫に対する賛辞と周囲に対する感謝に変わった。

 そしてチョッピリ、私を誉めたい。

 「時」は「クスリ」なのだ。

 あっ、いけねえ、もう寝よう。

 

 

 

コメント (4)

厄介なもの

2017年07月30日 07時25分09秒 | 写真と俳句

 洗いざらい話してしまえば、いっときの胸の内は、さっぱりするにちがいない。

 しかし、その結果として、新しいざわめきが生まれるかも知れないのだ。

 人を傷付けてしまうことは、何よりも怖ろしいし、絶対に避けたい。

 とどの詰まりは、沈黙なのか?

  青柿や言はぬは胸の塞がるる   ひよどり 一平

 (あおがきやいわぬはむねのふさがるる)

コメント (2)

後生願はず?

2017年07月28日 00時02分47秒 | 写真と俳句

 名医先生の診察を受けた。もちろん、先生は私よりも若い内科医。

 「なかなか難しい患者さんだからねェ」  これは先生の弁だ。

 「えっ、気むずかしいということ?」 

 「いやいや、病状が難しいという意味です。とにかくユニークな患者さんです」

 「………?」

 「いろいろ勉強もさせられたし………」

 そう言えば、「お陰で勉強になりました」と、お礼を言われたこともあったっけ。

 治してもらった上にお礼を言われるなんて、患者冥利に尽きる話。

    今更に後生願はず大夕焼    ひよどり 一平

  (いまさらにごしょうねがわずおおゆやけ)

コメント (6)

息せき切って

2017年07月27日 06時53分36秒 | 写真と俳句

 凌霄花(のうぜんかずら)が勢いよく咲き、先を急いで散っている。

 まるで、咲くか散るかの命がけの競争だ。

 「もう少しゆるりと咲いて散ったら?」と声を掛けたが、一切耳を貸さない様子。

 そんなに死に急がなくてもいいのにね。

  凌霄や息せき切って午後に入る   ひよどり 一平

 (のうぜんやいきせききってごごにいる)

 

コメント (8)

ひまわり

2017年07月26日 00時16分03秒 | 写真と俳句

 向日葵が嫌いなわけではない。

 非の打ちどころのない強さは羨ましい。しかし、私には眩しくて息苦しくもあるのだ。

 あまりにも健康で、あまりにも明朗で、あまりにも裏表がなくて………。

   向日葵の天下無双に敵はざり   ひよどり 一平

コメント (6)