新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

鯉は不気味

2020年07月13日 06時36分43秒 | 写真と俳句

    睡蓮や不気味な鯉の大き口     ひよどり 一平

  (すいれんやぶきみなこいのおおきくち)

    ・・・・・・・

 真鯉も緋鯉も、人影を察知すると岸へ寄ってくる。餌を期待しているのだ。

 しかし私は期待に応えない。「餌を与えないこと」が池の極まりだからだ。

 ところが、多くの人は極まりに背いて、パン屑などを撒いている。だから、人影を察知すると鯉が寄って来る。

 私は絶対に餌を撒かない。鯉がどんなに大きな口を開けようと、一切無視。

 ぎょろりの目と大口は、やはり不気味だ。多少なりとも心が乱される。

    ・・・・・・・

 新型コレラの第二波とも思われる感染者数となってきたようだ。

 やはり、核心は東京であり、神奈川、埼玉がそれに準じている。

 そんな折だが、お寺への挨拶やらお墓の掃除やらで、今日は東京へ。

 コロナ対策を考えながら、空いた路線、空いた時間を選んで行ってくるつもり。

 もう暫くの辛抱だ。

 

コメント (1)

トマト喰ふ

2020年07月12日 07時31分08秒 | 写真と俳句

   死ぬるとは何かがぶりとトマト喰ふ    ひよどり 一平

  (しぬるとはなにかがぶりとトマトくう)

   ・・・・・・・

 「生きるとは何か」、「死ぬるとかは何か」を考えた。

 考えたって答は出なかった。だから考えることは止めた。

 トマトに齧りついた。

 トマトはとても青臭かった。

コメント

うたかたの夢

2020年07月11日 10時23分39秒 | 写真と俳句

       a

   去りし日はうたかたなりき滝しぶき    ひよどり 一

  (さりしひはうたかたなりきたきしぶき)

   ・・・・・・・

 写真は数年前に撮った奥日光の龍頭の滝です。

 自宅を朝の3時ころに出て、東北高速道を突っ走り、現地でなんとか駐車場を確保し、それから撮影場所を確保します。

 まずは龍頭の滝を撮り、その上の戦場ヶ原や湯滝を撮って湯の湖へ向かいます。

 時間によっては金精峠を越えて、群馬県の菅沼、丸沼を一まわりして再び奥日光へ。

 気分が乗れば中禅寺湖の遊覧船に乗るのですが、帰りの渋滞が心配なので、昼食もそこそこに帰りの道を一目散。

 家に着くのは午後5時前。

 上の写真はそんな行程の中で撮った一枚です。

 電車で行ったこともありましたが、三脚が重いのと先での自由が利かないので、まだその気にはなれません。

 家族が高速道の運転に難色を示しているため、奥日光や裏磐梯は、既に私の撮影エリアではなくなってしまいました。

 老いるとは、そんなことのようです。やはり、淋しいです。

 あっそうそう、その頃、中禅寺湖の船着き場付近で、気になっていた女性と車ですれ違ったことがありました。車を反転して追って行ったのですが、見失ってしまいました。人違いだったのかどうか・・・?

 夢のようないっときでした。

 

 

コメント (2)

キャッチアンドリリース

2020年07月10日 09時34分49秒 | 写真と俳句

    魚釣りて放つ遊びや大日傘  ひよどり 一平

   (うおつりてはなつあそびやおおひがさ)

    ・・・・・・・

 釣り人は水を入れたバケツを備えている。釣り上げた鮒を入れるためだ。

 しかし、釣り上げた魚はその場て逃がしている。それがこの池の極まりのようだ。

 近隣の農業用水も入り込む池だから、鮒は食べられないのだろう。

 然らば、なぜにバケツを用意しているのか。そのまま釣り針をはずして、ポイとすればいいではないか。

 そのあたりのことは、釣り人に聞かなければ分からない。

 まあ、釣り師の流儀なのかもしれない。

    ・・・・・・・

 東京都の発表によれば、9日の新規感染者数は224人で、過去最多とのこと。

 私は、「そりゃあ大変だ」と思ったのだが、都知事によれば、「ベッドに余裕があるから大丈夫」とのことであった。

 感染が死に直結している老人にとっては、かなり冷ややかなセリフだ。

 選挙が終わったら、緊張感が薄れたのではないですか。

 

 

コメント (2)

スマホがブーブー

2020年07月09日 14時34分16秒 | 写真と俳句

    梔子や出来ぬ約束せぬがよし    ひよどり 一平

 (くちなしやできぬやくそくせぬがよし)

  ・・・・・・・

 通りすがりの家の垣根に咲いた梔子の花。

 ほかにも幾輪か咲いていたが、盛りを過ぎた感じなので、この一輪だけを撮った。

 友人に送ってもらった梔子とは風格が違っていた。あちらは八重でこちらは一重だった。白さもこちらが黄ばんでいた。

 しかしながら、パッチリと目を開けて呼び掛けられたので、撮らせてもらった。

  ・・・・・・・

 今朝は地震で眼が覚めた。スマホがブーブーと鳴った。

 震度は3であった。

コメント (2)