新・ほろ酔い気分

酔っているような気分のまま、
愚にもつかない身辺雑記や俳句で遊んでおります。
お目に留めて下されば嬉しいです。

誰も死ぬ

2016年06月28日 11時19分36秒 | 写真と俳句

 病人は弱気な言葉を吐いた。

 自動車運転や写真の趣味を捨てるような口ぶりであった。

 「オレだって同じさァ。いやーみんな同じだよ」

 病人の表情に、元気がよみがえった。

   病葉の色出でにけり誰も死ぬ   ひよどり 一平 

  (わくらばのいろいでにけりだれもしぬ)

コメント (8)

愛、この不確かなものよ

2016年06月27日 06時03分50秒 | 写真と俳句

 愛は移ろいやすいもの。形を変えやすいもの。流れ去ってしまうもの。

 捕まえたと思ったのも束の間、形を変え色を変え、行く先を変えて流れているではないか。

 特に男と女の愛ほど移ろい易いものはない。

 このもどかしさこそが、愛の真の姿なのだろうか。

   浮き草や愛確かむる術のなし   ひよどり 一平

  (うきくさやあいたしかむるすべのなし)

コメント (4)

小心翼々

2016年06月26日 06時51分08秒 | 写真と俳句

 ある医師から、「あなたは楽天家」と言われた。褒めてくれたのだ。

 「とんでもない。私はトコトン落ち込むタイプです」

 「あなたは病名を告げられると、トタンに対策に走る人です。医師にとって楽な患者さんです」

 「いやァ-、それは臆病だからです」

 「医師としては、臆病でも大胆でもどっちでもいい。落ち込まれるのがイチバン困るンです」

 医師は褒めてくれているらしい。

 でも、なんか妙な気分。私は小心翼々なのだ。

   体重が増えてダリアに褒めらるる   ひよどり 一平

コメント (2)

如何にせむ

2016年06月25日 00時37分50秒 | 写真と俳句

 

                    

           イギリスの国民投票で、EU離脱が決まったそうだ。

         その途端に、為替相場が円高に振れ、株価が下がった。

         更に更に、世界を昏迷の渦が席巻するのだろうか。

           如何にせむ蛍袋の灯を探す    ひよどり 一平

          

コメント (6)

やわらかな闘い

2016年06月24日 11時24分10秒 | 写真と俳句

      花菖蒲やはらに妍を競ひをり    ひよどり 一平 

コメント (2)